提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝統のものなので、海外への贈り物にも喜ばれます。簡単に手づくりできるので、ぬくもりのある贈り物をすることができます。外国人の方は、日本の文化にとても興味があるので、提灯を自分で作ることができることは、とても強みになります。子供は作ることが大好きなので、親子で一緒に作ることもできいろいろのサイズを作ることができます。提灯のほのかな灯りは夏の夜にぴったりで心を癒してくれます。お祭りでよく見かける提灯ですが、もっと日常的に使うことができると楽しいものです。折り畳んで仕舞うこともできるので場所を取らず、また来年も使うことができ、重宝します。和紙と竹ひごと糊という、伝統的な天然素材で作ることができる提灯は、とてもエコで温かみがあります。昔からの知恵を生活に生かしていきたいものです。和紙を通した光を、誇りを持って灯していきたいものです。提灯を子供と一緒につくれば、伝統文化の発見にも繋がって、自由研究にもなります。それを普段使いにできれば、もっと身近に日本の文化を感じることができます。

提灯を作る事の楽しさ

提灯を作る事の楽しさは、伝統的な日本の素材を使って、自然に帰る材料で古くからの知恵を身につけることができることです。昔懐かしい竹ひごや、和紙などを触っているだけで、ぬくもりを感じることができ、昔ながらの感覚がよみがえってきます。手を動かすことは、子供の発育にもよく、一緒に作ることで、とても良い情操教育になります。日本の文化を知ることで、海外に行った時でも、自分を相対化することができ、誇りを持つことができます。外国の方は、日本の文化にとても興味があるので、その場にある材料で、簡単に作ってあげることができれば、とても喜ばれます。文化交流として、日本の昔からの提灯を作ることができることは、とても有意義です。とてもシンプルで折り畳みも可能なので、自然素材といえども、長期間使用することができ、とても重宝します。自分で作ったもので、灯りをともすことのできる楽しさは格別です。ぜひお盆の季節などには、沢山作り、応用して、灯篭流しなどもしてみたいものです。様々に応用がきくのでとても便利です。提灯は手に持って歩くことができるので、風情ある夏の夜の散歩にぴったりです。暗い夜道をほのかに風情豊かに照らしてくれるとても良いものです。

提灯を作る際に用意する物

提灯を作る際に用意する物は、とても簡単で、竹ひごと、和紙と、糸と、型の木です。道具としては、小刀と、刷毛、軍手です。学校行事で使うようなものでは、折り紙や画用紙でも作ることができます。身近な素材で作ることができるのでとても便利です。明かりを透かしたときに、綺麗に見えるものであれば何でも良いので、電気の明かりを使うときなどは、セロファンや半透明のフィルムなどを使うことができます。ステンドグラスのように、切り貼りをして模様を作るととても綺麗です。また、和紙でもいろいろな絵をかいて着色すると、とても綺麗な明かりになります。竹ひごもなければ、金属製のものでも大丈夫です。身近にあるもので、作るようにすると、バリエーションが出て、楽しいものです。ただまずは、伝統的な作り方で作ってみると、日本の伝統文化のよさを感じることができるのでおすすめです。小刀の使い方などを子供に教えることができるので、一緒に作るととても良い勉強になります。いろいろな工作を作るときの基本にもなるので、とても重宝します。普段、和紙に囲まれる生活からはなかなか離れがちなので、昔ながらの和紙を使ったものを作ることは、心にとても穏やかなものをもたらしてくれます。

提灯の作り方の手順

提灯の作り方の手順は、竹ひごを輪にした時の段差をなくすために、竹ひごの先端をまずは削ります。小刀を使って、丁寧に先端を整えていきます。それから、小さな和紙の紙片を使って、竹ひごの先端を固定し、輪にしていきます。その輪を、均一な丸みをつけるために合わせて束にしてから、手でしごきます。そして、木で作った型を組んでゆきます。その糧へ、丸めた竹ひごを型の目にあわせかけていきます。丸みを崩さないように注意します。それが終わったら、それぞれの竹ひごの輪に糸を固定していきます。等間隔になるように注意します。提灯の仕上がりに影響するので丁寧に行います。それが終わると、全体に糊を刷毛でつけていきます。多すぎず、少なすぎずに、丁度いい分量で糊を刷毛で均一に塗っていきます。それからのち、型に合わせて、和紙を貼っていきます。しわがなるべくできないように注意します。すっかり糊が乾いたら、提灯から木の型をはずします。竹ひごの間に筋を入れながら折りたたんだら、出来上がりです。とても簡単であるがゆえに、ちょっとしたことで、仕上がりが左右されるので一つ一つを丁寧にしていくと良いです。作り方を海外の人などに教えてあげるととても喜ばれます。子供と一緒に作っても楽しいです。

提灯の作り方のまとめ

提灯の作り方のまとめは、竹ひご、糸、和紙、糊など、自然素材を使って、子供と一緒に作ることができる、簡単な作り方の伝統文化であるので、おすすめです。提灯は、竹ひごを輪にし、それを合わせて糸で固定し、和紙を貼るだけで、すてきな光を演出することができます。海外の方にはとくに、とても喜ばれます。提灯は、他にも、画用紙や折り紙、セロファンなど、身近な素材で作ることができるので、いろいろに応用することができます。自分なりの光を演出するために、色の組み合わせや絵を描いたりすることができるので、オリジナルのものを楽しむことができます。また贈り物にも喜ばれるので、いろいろに試してみるのにとても良いです。お盆など季節に合わせて、作るととても風情が出ます。手を使うことは、子供の教育にもとても良いので、小刀を使う練習にもなります。手づくりの物を増やすことで、温かみのある生活をすることができます。特に明かりは、心に直接影響するので、心地よい光を演出したいものです。伝統的な提灯の明かりで、日常生活を送ることができれば、とても穏やかに過ごすことができます。提灯は、折り畳んで仕舞うこともできるので、場所もとらず、また軽いので、もち運びも簡単ですし、様々な大きさで作っておくと、提灯は重宝します。

C

ドライカーボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいうドライカーボンとは、簡潔に説明すると、シート状のカーボンを型に貼り付けた後で全体を袋に入れて真空ポンプで引いて...

y001-0406

梅ワインの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ワインを手作りすれば、大量におもてなしのお酒が作れます。買ってくるよりも経済的ですし、好みの味付けも可能です。おもてな...

y001-1241

じんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は四季が豊かであることでよく知られていますが、1年のうちに様々な変化のある風景などを楽しむにはよいものの、ずっと暮ら...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

アクセサリー台紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガラスビーズやパールビーズ、革紐、レースなどを使った手作りのアクセサリーは、作家のセンスとアイデアを活かして作られた世界...

イラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イラストと言うのは、とても便利なものです。暇つぶしに描いて楽しむこともできますし、部屋に飾るために本格的に描くこともでき...

y001-0430

鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

せっかく温かな料理を作っても、すぐ冷めてしまっては、美味しい料理を家族に提供できなくなります。食前に並べる前に作ったり、...

y001-1310

グラニーバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

グラニーバッグというのは、ふっくらとした風船のような形をしているショルダーバッグで、ちょっとしたお出かけの時にとても便利...

y001-1350

から揚げレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

から揚げは毎日の食事としても人気のメニューですがそのほかにもから揚げが登場する場面が多くあります。まずはお弁当です。最近...

y001-0452

天然酵母の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

天然酵母とは、市販のドライイーストのことではなく、自然中に存在する酵母菌のことを指します。ただし、市販のドライイーストが...

y001-0889

もんじゃの簡単な手作...

もんじゃ焼きはよく大阪のお好み焼きと比較対照となる、東京...

包丁の研ぎ方の簡単な...

毎日の食事を作る際に使用する包丁ですが、長く使っていると...

y001-0323

本しおりの簡単な手作...

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえるこ...

y001-0110

ファスナー付きトート...

バックは生きていく上で欠かせない持ち物ですが、意外とこれ...