チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューをなぜ作るかと聞かれて、多くの人は手作りならではのおいしさを理由としてあげるのではないでしょうか。市販のものとは比べものにならないおいしさです。また市販の加工品には、食品添加物がたくさん含まれています。安全基準を満たしているとはいえ、できればあまり取り入れたくないと思うのではないでしょうか。また甘すぎたり、味付けが濃すぎたりして口にあわないことがあるかもしれません。その点チャーシューを手作りするなら、自分好みの味にすることができます。塩分や糖分を控えたいなら手作りに限ります。つまり安心して家族にも食べさせられるチャーシューを作ることが目的と言えるでしょう。またそれ以外にも手作りチャーシューを作るのは、簡単で買うよりおいしいからです。加える調味料も自由にアレンジできることも手作りならではの楽しみではないでしょうか。さらにチャーシューといえば、ラーメンに添えられている貴重な一枚です。ところが手作りすれば、ぜいたくにたくさん食べることができます。初めて手作りチャーシューを食べる人はたいていおどろきます。それは、まさか手作りできると思わないからです。ですからホームパーティーで作ればとても盛り上がります。肉が苦手な人でない限り、大人気の一品です。

チャーシューを作ることの楽しさ

チャーシューを手作りするのはとても楽しいことです。レシピによっては、とても時間がかかります。だからこそ期待がふくらむのではないでしょうか。肉を入れた鍋が、コトコトと音をたてて待っている時間は特別のひとときです。冬はストーブを利用することもできます。部屋いっぱいにおいしい香りが広がります。チャーシューを作るメリットは、手作りなら安心して食べられることです。ハムやソーセージと同様、肉類の加工品には様々な添加物や保存料が含まれています。もちろん無添加に近いものもありますが、全く含まれていないものはあまりありません。一方家庭で手作りするなら、添加物ゼロで作ることが可能です。これなら子供にも安心して食べさせることができます。また別のメリットは手作りすることで、節約できるという点です。市販されているチャーシューは決して安くはありません。一人当たり一度に二枚から四枚ほど食べるなら、四人家族の場合300グラムほど必要です。食べざかりの子供がいるならもっと必要かもしれません。地方やスーパーによって異なりますが、500円以上はするのではないでしょうか。しかし肉から作るなら、その半分以下の値段で作ることができます。

チャーシューを作るのに用意する物

日本で一般的にチャーシューと言われているものは、豚肉に焼きを付けたあと煮込んで味をしみこませているものになり焼き豚や煮豚とも呼ばれています。しかし本場の中国ではチャーシューは煮込んで作るものでは無く、タレに漬け込み焼いてから更に蜜を付け照りを付けたものをチャーシューと呼ぶそうです。ラーメンや焼き飯・丼ぶりなど様々な料理の具材として使えたり、そのまま切るだけでもおかずになり便利な食材なので、1度に大量に手作りして冷凍しておくという方も多いようです。そんなチャーシューを作るのにいる基本的な材料は豚ばら肉又は豚カタロース肉のかたまりと、漬けタレ用として砂糖又はグラニュー糖・しょうゆ・オイスターソース・紹興酒又は焼酎・ニンニク・しょうが・ねぎの青い部分、後から付ける蜜用として水あめ・砂糖・水・はちみつなどが必要となります。そして調理器具には包丁にまな板・漬けタレを作るボウル・豚肉をタレに漬ける底が広めのタッパーなどの容器と蜜を作るお鍋、お肉を焼くオーブン調理器又はガスコンロに付いているグリル・オーブンで焼くならオーブン用のキッチンシート、材料を量るための計量器・計量カップ・大さじと小さじの計量スプーンなどが必要になります。

チャーシューの作り方の手順

タレに漬けて焼くチャーシューの手作り方法の簡単な流れとしては、まず豚ばら肉又は豚カタロース肉のかたまりを縦に長く3等分に切りわけておきます。次にボウルに砂糖又はグラニュー糖・しょうゆ・オイスターソース・紹興酒又は焼酎を入れ、そこにみじん切りにしたニンニクとしょうがを加えてよく混ぜ最後にねぎの青い部分を入れ漬けタレを作ります。そして底が広めのタッパーなどの容器に切って置いた豚肉と漬けタレを入れて、しっかりと豚肉にタレをからませてラップをし冷蔵庫などの涼しい場所で一晩漬けておきます。4~5時間で漬け込む場合は1時間半ごとに、豚肉を裏返してタレをもみ込むという作業を繰り返すといいでしょう。一晩たったら豚肉をタレから取り出し、オーブン用のキッチンシートなどを引いた天板に並べていきます。そして表面に焼き色が付くまで約10~15分間オーブンで焼き、焼き色が付いたら一旦オーブンから出し上下を裏返して更に10分ほど焼きます。この間に鍋に砂糖と水をよく混ぜ、そこに水あめとハチミツを加えて火にかけて煮詰めておきます。そして豚肉が両面とも焼けたら再びオーブンから取り出し、温かい蜜にくぐらせて更に5分ほど焼くとチャーシューの完成です。

チャーシューの作り方のまとめ

チャーシューの手作り方法はとても簡単です。もちろん様々なレシピが存在するので、複雑な工程のものもあります。しかし大抵のレシピは材料もそろえやすく、簡単に楽しく作ることができます。用意するのは肉のかたまりです。チャーシューといえば豚が一般的ですが、チキンチャーシューもあります。肉をタコ糸でしばるなら、形をきれいに保つことができます。もちろんなくてもかまいません。お湯を沸かし、にんにくや長ネギの青い部分を入れます。そしてかたまり肉を入れます。弱めの中火でそのまま2時間ほど煮込みます。お湯で煮込んでいるので、水がなくならないかぎり焦げることはありません。ですから2時間といっても、つきっきりで鍋を見張っている必要はありません。別のことをしていて大丈夫です。圧力鍋なら20分ほどの加熱で、できますので時間の節約になります。ただ圧力鍋と普通の鍋では食感が違い、それぞれに魅力があります。下ゆでが終わったら、調味料で煮込みます。しょうゆとさとうはそれぞれ同量です。好みでニンニクや料理酒などを加えることができます。弱火にして30分ほど煮込みます。あるいは煮込まないで、漬け込んでおくだけでもかまいません。食べる前日に作ると味がしみ込みます。

あんずジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あんずは中央アジアやヒマラヤ西北部が原産地と言われていて、中国では何千年も前から薬として栽培されてきた歴史ある植物です。...

y001-0257

冷凍卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「冷凍卵」という言葉を聞いたことがありますか。冷凍卵とは、生卵を冷凍したものです。解凍してそのまま食べたり、料理の材料と...

y001-0407

梅びしおの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏バテ防止には、梅びしおを作ると良いです。江戸時代から作られていたという記録がある食べ物で、その頃は裏ごしした梅に昆布を...

y001-0990

フォトモザイクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フォトモザイクは、多数の写真を使って一枚の大きな画像を作る手法です。このフォトモザイクを作る楽しさは、一枚一枚の写真は全...

y001-0297

油揚げレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

油揚げレシピは、おつまみ、おかず、などに使えます。もう一品欲しいという時にも簡単に作れるので、いざという時に便利です。油...

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本...

y001-0932

マーボナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボナスを作る理由は、自分自身や料理をおもてなす方に合った味付けにアレンジできることです。市販のマーボナスの素で簡単に...

y001-0716

絞り染めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「絞り染め」は、布の一部を縛るなどして、染める際に染料が染み込まないようにすることで、布に模様を描いて行く技法で、別名「...

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

y001-0691

雑木の庭を作る理由

家を新築したり、庭のある家を入手できたりしたら自分の希望する庭をほしくなるでしょう。庭がよくできれば家と溶け合い、家をさ...

y001-1365

かに玉の簡単な手作り...

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになり...

y001-0386

半熟ゆで卵の簡単な手...

わたしたちが日常よく口にする最も多い食材の一つに卵があり...

y001-0576

新聞紙で作るエコバッ...

新聞紙は一回読むと資源ごみとして出してしまう事が多い紙で...

y001-0798

家計簿エクセルの簡単...

今年こそ家計簿をつけようと年の初めに思う人は少なくありま...