カモミールティーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カモミールティーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハーブティーには様々な効能があり、美容や健康のためによいので毎日の生活に積極的に摂り入れたいものです。中でもカモミールティーはヨーロッパでは古くから万能薬として親しまれているハーブティーで、青リンゴのような優しい香りとほのかな甘さで安眠効果やリラックス効果があり、風邪の予防や喉の痛み、頭痛や胃の不調など様々な症状に効果があります。カフェインを含まないので寝る前に飲むのにぴったりで、妊娠中の女性や小さな子供、高齢者まで誰でも安心して飲むことができるので常備しておけば家族みんなの健康のために役立ちます。カモミールティーは他のハーブティーとブレンドしてみたり、ハチミツを加えて飲んだり、温かくても冷たくても楽しめるので手作り方法を覚えれば自分だけの飲み方を楽しめます。カモミールティーをお酒とミックスするカクテルのレシピもあり、健康的で爽やかなドリンクができます。美容と健康に効くカモミールティーはコーヒーや紅茶は飲みたくないけれど、水では物足りないというときに最適な飲み物です。簡単に作ることができるので、作り方を覚えていつでも自宅にストックしておけば値段を気にせず毎日好きなだけ飲むことができます。

カモミールティーを作ることの楽しさ

カモミールティーは市販のものも出回っていますが、輸入品が多いので原料の産地や栽培方法に疑問が残ります。素材そのものを抽出して楽しむので残留農薬や化学肥料などの影響が気になり、せっかく健康のために飲んでも逆効果になる危険もあります。手作りなら原料のカモミールも安全な環境で有機栽培や無農薬栽培ができるので、安心して楽しむことができます。花を摘み取る作業は手間がかかりますが一つ一つ丁寧に摘んで作る喜びを得ることができて、夏休みなどに子供と一緒に手作り体験をするにも最適です。乾燥させている間はカモミールの香りが心地よく、完成したカモミールティーはかわいいビンやポットに入れると素敵なキッチンのインテリアになります。プレゼント用にも最適で、作り方は簡単なのに手間をかけたレシピに見えるのでびっくりされます。他のハーブをブレンドしたり、乾燥したリンゴやドライフルーツなどを混ぜたりすると自分だけのオリジナルレシピができます。市販のものは花が小さくバラバラになっていて見た目がよくありませんが、手作りならカモミールの大きさを残したままできれいに仕上げることができるので、ポットで抽出している間も目で楽しむことができます。

カモミールティーを作るのに用意する物

基本のカモミールティーの作り方は、一番簡単な手作り方法はドライハーブのカモミールを使うことです。カモミールティーはハーブティー専門店はもちろん、紅茶専門店、またはティーパック入りのものはスーパーなどでも簡単に手に入ります。用意するのは熱湯とドライカモミール。1人あたりティースプーン2杯ほどをたっぷりの熱湯で3分ほど蒸らすと、黄金色の香り立つカモミールティーが出来上がります。美味しいカモミールティーを頂くための基本のポイント3つをご紹介しましょう。ポイントの一つ目は、何と言っても上質なドライカモミールを入手すること。安価なものから少し値が張るものまで様々ありますが、できれば最初は予めティーパックに入ったものではなくカモミールの形がわかるようなドライタイプのもの、産地が確認できるものから始めるのが理想です。ポイントの二つ目は熱々のお湯にしておくこと。お湯の温度が中途半端だと、カモミールの香りを十分引き立たせることができません。そして最後のポイントは、ティーカップも予め温めておくこと。お湯を注いでカップを温めておくと、ティーを注いだ後も冷めにくく最後まで温かいカモミールティーを頂けます。ホテルのラウンジなどでは1杯1,000円はしてしまうカモミールティー。手頃においしく楽しめるのは手作りならではです。

カモミールティーの作り方の手順

続いて、カモミールティーのアレンジレシピを3つご紹介しましょう。基本の淹れ方でカモミールの美味しさがわかったら、ぜひアレンジも試してみてください。どれも作り方はとても簡単です。 まず1つ目は、フレッシュカモミールを使うこと。自宅で育てていないと難しいかも知れませんが、フレッシュのものが手に入ったら、ぜひ紅茶に花弁を2.3個浮かべてみてください。紅茶はスタンダードな、むしろ少しくらい質が悪くても大丈夫です。紅茶が入ったカップに白いカモミールの花が浮かぶと一気に可憐になります。なんといっても、カモミール本来の甘い香りが存分に楽しめます。 続いて2つ目は、好みで甘みを加えること。出きればハチミツなどの優しい甘さのものを加えると良いでしょう。カモミールティーにはリラックス効果がありますから、お休み前などにハチミツを加えて少し甘くしたカモミールはほっと心を和ませてくれます。 最後に、カモミールティーにミルクを加えてミルクティーにすること。甘みも加えるのがおすすめです。ミルクの分量が多い時には、予めミルクも温めたものを加えれば温かさが保てます。ほのかにカモミールが香り、いつものミルクティーとはひと味もふた味も違うやさしいティーが楽しめます。 意外とアレンジ自在なカモミールティー、ぜひいろいろな手作り方法を試してみたいものです。

カモミールティーの作り方のまとめ

カモミールティーを作るときに大切なのは原料になるカモミールの質です。なるべく排気ガスや人通りの多い場所、犬の散歩が行われる場所を避けて、衛生的な環境で育った花を使いましょう。花を摘み取る前に全体を軽く水洗いして、虫や砂、ほこりなどが付いていないか確認して汚れをきれいに落としておきます。洗いすぎると傷ついてしまうので注意しましょう。カモミールの花を摘み取るときはそれほど神経質になる必要はないので、多少花弁が落ちてしまったり茎が混ざっていても気にせずに作業を進めます。乾燥させるときは水気をよく切ってから梅干し用などの大きなザルにキッチンペーパーを敷いて、まんべんなく花を広げて風通しのよい場所に置きます。風の強い日に外に出すと花が飛んでいってしまったり、砂だらけになったりするので気を付けましょう。時々ザルを揺すったりしてカモミール全体が均一に乾燥するようにします。2~3日でカモミールがきれいに乾燥したら保存用のビンや缶などに移します。乾燥剤を入れておけば湿気を防いで長持ちさせることができます。急いで飲みたいときは摘み立ての花を5~6輪ほどきれいに洗ってカップ1杯分の熱湯を注ぐだけでも簡単にカモミールティーが作れます。

y001-0633

手作りケーキレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単な手作りケーキレシピのストックがあると、いろいろなお菓子作りに応用出来ます。お菓子作りは、ある程度のレベルまでいくと...

y001-0703

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登...

y001-0374

美味しいゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいゆで卵を作っておけば、忙しい朝に主食のプラス一品することが出来ます。卵はたんぱく質が豊富で、健康・美容効果があり...

y001-0441

豆乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳は近年人気の飲み物として話題に上ることが多くなってきました。近所のスーパーでは飲みやすく味を調整した美味しいものが沢...

y001-0911

ミツバチ巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチ巣箱を作る理由の多くは、ミツバチが集めるハチミツを採集することでしょう。ミツバチは花から花へ飛び回り、多種多様な...

y001-0410

梅ジュース炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジュースは、健康、美容に非常に効果的で、しっかりアルコールを抜けば子どもから大人まで楽しむことができます。梅は、アルカ...

おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょう。例えば、乳児のいる家庭では、乳汁栄養からの移行食として離乳食...

y001-0003

つまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つまみ細工は、江戸時代から作られている伝統的な髪飾りで、その作り方は、花などをモチーフとしてさまざまな形の「つまみ」を組...

y001-0081

エルゴカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エルゴカバーを作る理由としてはエルゴが邪魔になることが多いからです。外出するときなどに子供をどのように連れて行くかはその...

y001-0745

金柑甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初冬から早春の頃にたわわに実を結び店頭でも目にする機会が多い金柑、普段から食べ親しんでいるミカンを丸く小さくしたような愛...

防災頭巾カバーの簡単...

防災頭巾カバーを作る理由としてはまずは防災頭巾の必要性が...

y001-0926

マジパンの簡単な手作...

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。...

y001-0816

雲の簡単な手作り方法...

青い空をふわふわと漂っている雲をみて、綿菓子みたいで柔ら...

y001-1055

バザー手作りの簡単な...

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利...