はちみつレモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はちみつレモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はちみつレモンは家に置いておくと何かと活用できます。また、とても簡単に作れる上、レモンが余ってしまったときに非常に重宝します。はちみつには高い殺菌作用があるので、レモンの保存に適しています。冷蔵庫に入れておけば半年程度もつので、一度に大量に作っても余る心配はありません。また、はちみつレモンは美容と健康にも高い効果が期待できます。まず、レモンの酸味の主な成分は、クエン酸とビタミンCです。クエン酸は、エネルギーを作り出す回路で働きます。また、クエン酸は疲労回復、血流促進、美肌効果が期待できるすぐれた有機酸です。また、ビタミンCを摂取することで、免疫力が上がります。肝臓の働きを活発にさせ、血中のアルコール分解を助けるので、二日酔いにも効果があると言われています。また、はちみつについても、ビタミンB1、B2を多く含んでいる健康食品として知られています。はちみつに含まれるブドウ糖は、体内で吸収されやすく、エネルギーに非常に早く変換されるため、疲労回復に最適です。また、ピーリング効果もあり、古い角質を落とし、新しい細胞の生成を助けるので、美肌効果も期待できます。また、はちみつに含まれるカリウムが動脈硬化を予防したり、口内炎を予防する効果もあると言われています。

はちみつレモンを作ることの楽しさ

はちみつレモンの手作り方法を知っておけば、さまざまな場面で活用できます。スポーツ時の差し入れとして活用することもできれば、ヨーグルトの上にのせて子どものおやつやデザートにすることもできます。トーストにぬっても美味しいです。炭酸で割っても美味しく召し上がることができます。ハイボールやワインに入れれば、大人も楽しめる飲み物になります。ちょっとしたパーティーにも良いかもしれません。また、紅茶に入れたり、お湯を注げば、身体をあたためリラックス効果もあるドリンクになります。就寝前に飲むのもよいでしょう。お菓子作りでも重宝します。マフィンやパウンドケーキを作るときに入れると良いでしょう。また、料理に使うこともできます。鶏肉を漬けて焼いたり、生姜焼きを作る際にも使えます。鮭やブリなどの魚を漬けて焼いても良いでしょう。はちみつとレモンに含まれる成分が、魚臭さを押さえてくれます。マスタードを混ぜて、サラダのドレッシングにすることもできます。このようにさまざまな活用方法があるので、一度作って冷蔵庫にストックしておくと、日々の暮らしも楽しくなることでしょう。料理で一度に使い切れなかったレモンも、はちみつ漬けにすることで長期間保存できるようになります。

はちみつレモンを作るのに用意する物

レモンにはクエン酸とビタミンCがたっぷり含まれており、疲労回復や風邪予防、免疫力アップに効果がありますが、爽やかですが酸っぱいので沢山食べるのは難しいでしょう。そんなレモンを効率よく摂取できるようにしたのがはちみつレモンです。はちみつレモンは、レモンをはちみつ漬けにしたもので、そのままで食べてもおいしいですが、炭酸割りにしたりお湯割りにしてもおいしく食べることができます。はちみつには高い殺菌作用があり、ビタミンBも豊富に含まれていますので、動脈硬化を予防したり口内炎予防にも効果があります。はちみつレモンは自宅でも簡単に作ることができます。はちみつレモンを作る際に用意するものは、レモンとはちみつだけなので、食べたいと感じたときにすぐに作れて、作り立ての新鮮なものを食べることができます。ハチミツは殺菌効果があるので、冷蔵庫である程度保存をすることができますから、蓋つきのタッパーなどに入れて保存すると密閉されて余計なものが入らなくていいでしょう。煮沸消毒できるパッキンがついたガラス瓶に入れるのも、衛生的に安全でおすすめです。夏は汗もかきやすく疲れやすい環境になりますから、常に冷蔵庫に常備しておくといいでしょう。

はちみつレモンの作り方の手順

はちみつレモンの手作り方法は、レモンを綺麗に洗うことから始めます。レモンにワックスがかけてあることがありますから、それらを洗い流すようによく洗って、キッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。レモン3個をはちみつレモンにする場合は、はちみつの量は200~300gがおすすめです。甘めのレモンが食べたいときは、もう少し増やして調節することができます。レモンは、5mmくらいの幅で輪切りにして、種を取ります。小さな種もしっかり取るようにしましょう。種は腐りやすいので、しっかり取り除くことではちみつレモンを長く保存することができますし、仕上がりもきれいになります。タッパーなどの容器に輪切りにしたレモンを並べて、はちみつをレモンが浸るようにかけます。容器にしっかり蓋をして、冷蔵庫に入れてそのまま一晩寝かせます。一晩置いたら、レモンをひっくり返して、よりはちみつと馴染みやすくします。何度かレモンをひっくり返し、2日ほどたったらレモンにはちみつの味が馴染んで美味しく出来上がっているでしょう。そのまま食べてもおいしいですし、はちみつレモンをグラスに入れて氷水で割るとはちみつレモン水の出来上がりです。無添加で防腐剤も一切入っていないので、安心して飲むことができます。

はちみつレモンの作り方のまとめ

はちみつレモンの作り方は非常に簡単です。材料ははちみつとレモンを用意するのみです。たくさん活用できるので、コストパフォーマンスも非常に高いでしょう。レモンは必ずよく洗ってから使用してください。皮がガサガサしているところはピーラーで剥いておくと良いでしょう。そして薄くスライスします。薄くするとはちみつが浸透しやすく、味もしみて美味しく出来上がります。よく洗って煮沸消毒をした瓶に隙間なく詰めます。次に、レモンが十分浸かるまで、はちみつを流し入れてください。空気の泡が上がってくるまで、気長に待っていてください。もし入りきらなかったレモンがあれば、しぼって果汁のみを入れてもかまいません。ふたを閉めて冷蔵庫で保存します。下にはちみつがたまりやすいので、2、3日の間は、一日一回瓶をゆすって全体を混ぜるようにしてください。1日漬ければ召し上がれますが、2週間以上置いておくと、果汁とはちみつがなじんで味がまろやかになっていきます。食べるときは、下にはちみつがたまっていることもあるので、よく混ぜてからお召し上がりください。長期間保存するためにも、瓶の口を触らないようにしたり、清潔なおたまを使うように注意すると良いでしょう。

y001-1386

お弁当レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんがいる家庭では、幼稚園や小学校の遠足等で、お弁当を作る事が度々あると思いますが、最初のうちはいろんな食材を使って...

手作りアルバムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りアルバムを作るには、いろいろな目的があることでしょう。人によって違うものですが、彼氏や彼女の誕生日や記念日、友人の...

y001-0163

羊毛フェルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

羊毛フェルトで作品を作る理由は、手芸初心者でも簡単に始められる点にあります。しかも必要な材料は少ないです。必要な道具は羊...

y001-0994

フェルトキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

小さいお子さんがいるお母さんは、可愛いわが子のために色々な物を手作りしているという方が少なくないでしょう。赤ちゃんを連れ...

y001-1099

秘密基地の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

秘密基地を子どもと一緒に作ってみましょう!簡単な囲いだけでも作り方はさまざまです。あのドキドキワクワクを楽しんでみましょ...

ミニトマト

ミニトマト育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミニトマトを作る目的を考えてみましょう。ミニトマトを作る理由は、誰がなんと言おうとミニトマトを収穫し食べることではないで...

北欧モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用されていた北欧モビールですが、北欧では室内にこもることが多いためにD...

y001-1087

にんにく酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、ユリ科ネギ属の香味野菜で、日本には2000年ほど前に中国から伝えられたといわれています。疲労回復などの薬用の...

y001-1316

クコ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クコ酒は、ナス科の落葉低木であるクコの果実を焼酎に漬け込んで熟成させた薬用酒です。クコの果実は、古代中国で考案された治療...

y001-0380

美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりは、お弁当の定番です。日本人ならば誰しも一度は食べたことがある食べ物です。握ってラップやアルミホイルで巻...

y001-0562

水ようかんの簡単な手...

水ようかんというのは、夏に暑い日に食べたいおやつとしてゼ...

スヌードの簡単な手作...

寒い季節、セーターやニット、手袋に帽子など、毛糸でできた...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手...

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠か...

y001-0469

竹細工の簡単な手作り...

国内では古くから伝統的に製造されているアイテムとして、竹...