ビーズフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズフラワーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さなビーズを使って作りあげていくビーズフラワーは、様々な色合いや風合いの細かいビーズが連なりあって、可憐で可愛らしい花を作ることができるという魅力があります。生花と異なり、枯れる心配もないので、お部屋のインテリアに添えて飾ると、とてもオシャレに見えます。淡い色合いからビビッドな色合いまで、ビーズには様々な色合いがあります。それらを眺めているだけでも楽しいですが、細かい手仕事が好きな方であれば、時間も忘れて夢中になることができます。また、ビーズフラワー作りの技術が上達してくれば、より繊細で手の込んだデザインのビーズフラワーも作れるようになるので、完成した作品をパーティドレスの飾りとしてアレンジすることも可能です。特に、白い色合いのビーズなどを使って作られる清楚なビーズフラワーは、ウェディングの場で花嫁のドレスや花婿のためのブートニアとして活躍することもできるので、より一層思い出に残るウェディングを演出することに貢献できます。花や植物を育てることが苦手という方でも、ビーズで作られたフラワーが傍らにあれば、自然に笑顔が生まれます。感謝の気持ちが込められたプレゼントとしても喜ばれるのでお勧めです。

ビーズフラワーを作ることの楽しさ

ビーズパーツのサイズは小さいですが、レモンイエローやベビーピンク、ビビッドなレッドなど、色とりどりのバリエーションがあるので、見ていると飽きません。そんなカラフルなビーズを1粒ずつ使って作るビーズフラワーは、ビーズ同士の色合わせを考えたり、どんな作品を作ろうかと様々なイメージを自由に膨らませたりするのも楽しい時間です。手順に従ってレシピ通りに作っていくこともできますが、作っている途中で独自のアレンジがひらめいて、オリジナルのビーズフラワーができ上がることもあります。華やかな雰囲気が魅力的なビーズフラワーは、女性への贈り物としてもぴったりなので、贈りたい方のイメージに合わせてビーズのフラワーを作り、同系色のリボンを小さく結ぶことで、より華やぎを出すことができます。また、ビーズは女の子が大好きなものなので、小さなビーズフラワーを作って、手作りの手提げかばんなどに付けてあげるととても喜んでくれます。同じデザインでも、使うビーズを変えてみることで、違う雰囲気のフラワーを作ることができるので、想像力を膨らませて色々な作品を生み出せます。ビーズのフラワーは、日々の暮らしの中にそっと彩りを添えてくれる可愛いアイテムです。

ビーズフラワーを作るのに用意する物

植物が部屋にあると、それだけでも心和むものです。けれども生花の場合は水遣りなどの世話も大変ですから、なかなか飾るのも難しいと感じる事も多いでしょう。そういうときには、ビーズを使って花を作ってみるのもおすすめです。これはビーズフラワーと呼ばれていて、いろんなモチーフをビーズで制作しています。小さなビーズをワイヤーに通して組み合わせていくだけで、様々な花が生まれます。オリジナルの花を表現しても可愛らしいですし、キットもあるのでそれを参考にしてみても良いでしょう。 手作り方法としても、いろんな技法がありますが、それをみながら作業していけば簡単です。材料もビーズフラワーなのでたくさんのビーズを準備しておきましょう。通していくカラーワイヤーも必要となりますので、作りたい花のカラーに合わせて買い求めておいてください。赤い花なら赤系統、青や緑ならそれに準じた色でワイヤーを揃えておけば、仕上がりも良いものになります。花を作るための素材だけではなく、葉の部分も販売があります。これもビーズで制作してもいいですし、販売されているものを利用して見てもいいでしょう。飾る時のかごやリボンもあれば華やかで美しい作品になります。

ビーズフラワーの作り方の手順

どんなビーズフラワーを制作したいのか考えてから、必要なビーズとワイヤーを揃えていきます。ビーズ自体もカラフルにありますので、最初はループを作って練習しながら製作を進めていくといいでしょう。マーガレットやカスミ草などは形もシンプルなので作りやすいです。花の色を表現するために、白や黄色のものを準備して、葉や茎もビーズで表現するのであれば、緑色のビーズも用意しましょう。 まずはワイヤーで花の芯になる部分を作ります。マーガレットは中心部が黄色いので黄色のビーズを通していきます。花びらの部分は白や透明なビーズを通していって表現するとそれらしくなります。カスミ草は少し大きめのビーズでワンポイントのように通しても良いですし、小さめのものを幾つか通して作るのでもいいでしょう。隙間が開かないように気をつけながら、しっかりと固定しながら作業して下さい。 花が出来たらまとめていきますが、茎の長さや形も考えながら2、3回ねじるようにしながらまとめます。それにフラワーテープを巻いて固定します。花束にしたり、小さなカップや花瓶などがあれば、そこに飾るのも良いでしょう。慣れてきたら複雑なビーズフラワーにもチャレンジしてみて下さい。

ビーズフラワーの作り方のまとめ

ビーズフラワーの手作り方法を難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単な花の作り方を覚えておくと、アレンジもしやすいのでお勧めです。初心者の方は、花一輪から始めると良いでしょう。花弁を作る際にはビーズの他にワイヤーを用意して、ワイヤーにビーズを1粒ずつ通していきます。20粒前後のビーズをワイヤーに通したら、ワイヤーの端の部分から7cmほどのところで、花弁の形になるように輪を作りましょう。同様のやり方で、続けて輪を6個作っていき、6個目ができ上がったら、7cmほど先の方でワイヤーをカットし、輪が細長くなるようにつぶしていきます。ここまでの手順で、同じように6個作っていきます。次に花芯ですが、花芯には三角ビーズを用い、18粒のビーズをワイヤーへ通します。通したら、ワイヤーの先から9cm程度の場所で1粒三角ビーズを通して、その状態のまま2cm程度ねじっていきます。この作業を3回繰り返したら、7cmくらい先の部分でワイヤーをカットし、同じ手順で6個作りましょう。花弁のちょうど中心になるように花芯をセットし、花弁が少し反り返る感じになるように丸みを持たせてまとめます。花弁から下の部分のワイヤーについては、花芯と花弁の分をまとめてねじって、フローラテープを使ってまとめます。同じようなやり方で6個の花を作ったら、6個の花の位置を調整して、まとめてフローラテープで束ねて完成です。

y001-0851

レシピ麻婆豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中華料理が好きだという人は多く、特にピリッと辛い麻婆豆腐は食べに行けば必ず頼むといった人が多いかと思います。ひき肉と豆腐...

ヘアゴムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な種類のヘアゴムが、販売されています。100均ショップでも、購入することができます。安く購入できるにもかかわらず、近...

y001-0931

マーマレードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日の朝食にパンを食べるという家庭には味にバリエーションのきくジャムは欠かせません。ジャムというのは保存性もきくし、季節...

y001-0517

折り紙ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月に子供が待ち望んでいるものといえば、お年玉です。豪華な料理や、正月ならではの遊びを楽しみにしている子供もいるでしょ...

y001-0751

魚煮付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

魚煮付けを作る理由は、どんな食事の場面にも合いやすいですし、旬の魚をおいしく味わうことができるからです。お酒のあてにもな...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおいしいものを自分で作って、食卓に出したい、という思いから作っている...

y001-1226

スパゲッティの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スパゲッティと言えば、性別を問わず、子供から大人まで大勢の方が好きな食べ物ですが、簡単な手作り方法があります。現代の食生...

y001-0023

出勤簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出勤簿はなぜ必要なのでしょうか?言わずと知れた従業員の就業状況を把握するため、毎月の出勤状況を管理するためには必要です。...

y001-0188

竹テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹テーブルをつくる理由としては、普通のテーブル、つまり、木製や合板のテーブルは重量も重く、あまりにシンプルすぎてしまいま...

y001-0813

塩レモンのの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レモンに塩をまぶして発酵させた調味料の塩レモンが話題です。北アフリカのモロッコでは調味料としてごくオーソドックスなもので...

y001-0131

ロケットストーブの簡...

ロケットストーブを作る理由としては、エコに暖房設備を得る...

2WAYワンピースの...

手作りする理由としては、1枚で異なるファッションを楽しめ...

y001-0845

ローストビーフの簡単...

イギリスの伝統料理でもあるローストビーフは、その存在感か...

y001-1154

テレビボードの簡単な...

テレビボードを作る目的は何でしょうか。テレビを見る上で絶...