きんかんジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きんかんジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きんかんは、みかん科ではなく、きんかん科に属する果実で、優しい甘味が特徴になっています。豊富な食物繊維が含まれていて、優れた抗酸化作用があるため、動脈硬化や糖尿病、脳梗塞などの病気を予防する働きがあります。きんかんの季節になると、きんかんジャムを作ってみたいという人が増えています。きんかんジャムの簡単な手作り方法を紹介するので、休日や仕事から帰宅したら作ってみると良いでしょう。包丁やきんかん、上白糖、鍋などを事前に用意をしておくようにして下さい。きんかんは、丁寧に水で洗いしっかりと水気を切っておくようにして、包丁で半分に切っておき、爪楊枝などで種を取り除いておくようにして下さい。きんかんジャムは、ほどよい酸味や甘味がとてもおいしく、パンやパンケーキに付けて食べてもおいしいですし、ヨーグルトなどに加えて食べても良いでしょう。きんかんジャムは、お子様から大人、高齢者の人までおいしく食べることができるので、高い人気があります。自宅でジャムを作っている人も多く、ある程度保存もきくので作っておくと便利です。若い年代の人はニキビや吹き出物などの肌荒れに悩んでいる人が多いですが、ビタミンB群やビタミンCの吸収を良くする成分が含まれています。

きんかんジャムを作ることの楽しさ

きんかんは、水気をよく切っておき、へたと種を取り除いておくようにして、細かく切っておくようにして下さい。 自宅で桃や柿、いちごなどの果物を使って、ジャムを作った経験のある人も多いですが、きんかんは美しいオレンジ色が特徴になっていて、味もとてもおいしいので、高い人気があります。 小学校高学年のお子様や中学生は、料理に関心を持つ人が多いので、休日にお子様と一緒に作っても楽しいです。 手作り方法も簡単ですが、鍋で加熱をする時にある程度の時間が掛かりますし、焦がさないようにする必要があります。 ジャムは時間が経って、冷めると粘度が高くなる傾向があるため、少しゆるい程度で火を止めておくとちょうど良い固さになります。 朝食にパンを食べる人が多いですし、おやつにパンケーキやスコーンを食べる時に、手作りのきんかんジャムを付けて食べると、甘酸っぱく、とてもおいしいのでお子様や高齢者のおやつにも最適です。 小さなお子様や、体の免疫力が低下している高齢者は風邪をひきやすい傾向がありますが、きんかんジャムを適量を食べるようにすると、風邪を予防したり、喉の痛みを緩和する働きがあります。 豊富なビタミンや、食物繊維が含まれているので、美容に役立てることができます。

きんかんジャムを作るのに用意する物

きんかんは秋の終わりごろから冬にかけてたくさん実ります。旬になる頃にはたくさんお店でも見かけますし、もらう機会がある人も多いでしょう。一般的にはよく洗って生食するのですが、それでも食べきれないほどの漁だったりする事はよくあります。そんな時は、ほかの果物と同じようにジャムにしてしまいましょう。きんかんジャムも冬の味覚として作って楽しんでみて下さい。手作り方法もとても簡単な部類に入りますので、朝食のパンにのせたり、ヨーグルトにかけたりといろんな食べ方をする事ができます。 きんかんジャムを作るのに必要な材料は、新鮮なきんかんです。食べきれないと判断したらその分は放置せずにすぐに加工した方が美味しいジャムに仕上げる事ができます。そして、煮込むときに使う砂糖です。これはグラニュー糖などでも構いません。きんかんを計量した時の重量の2~30%ぐらいを目安にして用意しておいて下さい。たくさん作っておけば、長保ちしますのでゆっくり食べる事もできます。工程も難しくないので、時間ができたときにまとめて作っておきましょう。自分で作ったジャムを食べるのは、それだけでもとても格別なものです。身近なきんかんで爽やかな味を楽しみましょう。

きんかんジャムの作り方の手順

用意した金管ですが、まずヘタを取っておきましょう。それから鍋に入れて浸るほどの水を入れて5分ほど茹でていきます。そして、その後は半分に切るなどして種を取り除いていきましょう。この作業をしておくかそうでないかでかなり味わいも違ってきます。その作業が済んだら、そのまままた鍋に入れてもいいのですが、刻むかまたはジューサーなどにかけて細かくしておくと、煮込んでいくのがとても楽になります。 ホーローなどの鍋にきんかんを入れて、数回に分けて砂糖を加えていきます。焦げやすいので、鍋をそこからかき混ぜながらじっくりと様子を見守っていきましょう。最初に予め種を取っていても、かき混ぜている最中に見つけたらまた取っておきましょう。煮詰めていく加減は難しいと感じるかもしれませんが、きんかんのフレッシュさやジューシーさが出るように味をみながら、必要に応じて水も加えながら煮込んで下さい。出来上がったら熱湯消毒をした密閉容器に入れて保存をしておきましょう。食事やおやつの時間にも用意して食べても素敵ですし、紅茶や炭酸などに加えても爽やかです。寒い冬にはお湯を注いで温かな飲み物としても美味しくいただけますから、たっぷりきんかんジャムを作っておきましょう。

きんかんジャムの作り方のまとめ

きんかんジャムは、きんかんを丁寧に洗って、半分に切り、種を取り除いたら、適当な大きさに包丁でカットをして、鍋に入れるようにして下さい。 鍋に上白糖やきび砂糖、適量の水を加えて、30分から40分程度、ゆっくりと焦がさないように、混ぜていくことが大切です。 しばらくの間加熱していると、少しずつ固くなってくるため、少しゆるいと感じる程度で火を止めて下さい。 火を止めてから荒熱を取って、冷ましておくようにして、完全に冷めたら保存容器に入れて保存をしておくようにして下さい。 冷蔵庫に冷蔵保存をしておくことで、ある程度保存ができるので、そのままパンに付けたり、ヨーグルトに加えてもおいしいですが、調理をする時に煮物などの料理に加えても、優しい甘さなのでとてもおいしいです。 30代を過ぎると、健康に不安を感じている人が多いですし、生活習慣病を予防したいという人が増えてきます。 きんかんには、豊富な栄養素が含まれているため、一日に適量を食べることで、美容や健康維持に役立てることができます。 女性はニキビや吹き出物で悩んでいる人が多いですが、きんかんには優れた抗酸化作用がありますし、豊富なビタミンが含まれているので、肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

丸太小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で作った丸太小屋には普段の生活と違う空間があり、ちょっとした息抜きに適した場所であると言えます。そして自然の中で過ご...

y001-1365

かに玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになります。肉や魚がない日でも、卵でメインのおかずになるのも、作る理由...

y001-1403

オムレツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵料理の中でも人気ランキング上位のひとつが、オムレツです。作る理由は、みんなが好きですし、手軽に卵料理が食べられます。朝...

海の近くのシーサー

シーサーイラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

沖縄の守り神であり、見た目が独特なため全国的に認知度が高いことで知られているのがシーサーです。そんなシーサーのイラストを...

y001-1182

チェックシートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チェックシートは、その名の通り、物事をチェックするポイントの一覧表です。工場でより良い製品を生産したり、サービス業でより...

C

ドライカーボンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいうドライカーボンとは、簡潔に説明すると、シート状のカーボンを型に貼り付けた後で全体を袋に入れて真空ポンプで引いて...

y001-0001

甘酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

甘酒には様々な効能があります。また、「飲む点滴」といわれるほど栄養も豊富に含まれています。まず、疲労回復する効果がありま...

y001-0746

巾着袋手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋とは、主に布で作られている袋で、口をひもで絞って中身を封じるものの事を指します。小さめのものが多く、小物を分別して...

y001-0342

米ナスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米国の品種であるブラックビューティを、日本において改良されたのが、米ナスであると言われています米ナスレシピの簡単な手作り...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

y001-0198

張りぼての簡単な手作...

張りぼてを作る理由は、作り方が簡単で、お面や人形などを作...

y001-1362

カブトムシ人工蛹室の...

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節...

y001-0728

胡蝶蘭育て方の簡単な...

祝賀会などの席で飾られることの多い鉢植えの植物というと、...

y001-0295

夕飯献立の簡単な手作...

現代の主婦はすっかり夕食を手作りしなくなってしまったと言...