油淋鶏レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

油淋鶏レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおいしいものを自分で作って、食卓に出したい、という思いから作っている人が多いです。おいしいものを自分ではじめから出来上がりまで出来たときは、嬉しいと感じる人がたくさんいるのです。作る目的は、食卓に手作りのものを出したいから、また出したものをおいしいと言ってほしい、おいしく食べてほしいということが目的です。また、作る理由には子供と一緒に作りたい、一緒に作って食べ物がどんな風に作られるのかを学んでほしい、という目的があるときもあります。簡単に作ることができる手作り方法を知っておくと、いざというときに、さっと作ることができるようになることができます。作る理由にはそんな目的もあるといいます。おいしいものを自分で手作りすることができるのは嬉しいです。それを食卓に出して口にした人が、おいしそうに食べてくれる、おいしいと喜んでくれるのも楽しいのです。手作りできるものはいろいろとあります。ですが、それをさらに材料を使って、自分でおいしい食事にできる、というのも手作りの楽しさです。それを目的として、いくつも手作りのものを保存しておいたり、冷凍することを目的とした場合もあります。

油淋鶏レシピを作ることの楽しさ

作る楽しさや得られるメリットは様々なものがあります。まず、おいしいものを自分の力で作ることができる、という楽しみ、出来上がったものを、おいしいと食べてもらえる嬉しさがメリットです。 楽しいのは、料理を作っている過程にもいろいろとあります。自分で材料などを調節して、自分好みの味にすることもできますし、少し材料を加えるだけでオリジナルのものになったりすることもあるのです。作る楽しさは作っている時間や出来上がった瞬間です。そして、目的は、食卓においしいものを出して喜んでもらうことでもあります。 喜んで食べてくれるところもみたら、また作ろうという思いになるものです。作る楽しさは過程と結果にもありますが、また作りたい、と思うことにあります。メリットも作る楽しさも、その人によって違うものですが、それでも、おいしいものを食べてもらいたい、おいしいと言ってもらいたいということで作る楽しさができたりします。また、簡単に作ることができる、本格的なものを自分で作ることも本当にできるのか、という好奇心を満足させることができる、というのもいいです。手作り方法はいろいろな方法がありますが、レシピを探して、自分にあった方法を見つけることができるのも作る楽しさのひとつです。

油淋鶏レシピを作るのに用意する物

油淋鶏といえば、中華料理の中でも代表的な料理の一つです。 もちろん中華料理屋さんに行けば食べられますが、油淋鶏レシピがあれば自分の家でも作ることは可能です。 名前からして難しそうでうまく作れないんじゃないかという方に簡単にできる手作り方法をお教えします。 この油淋鶏レシピがあればいつでも気軽に作れちゃいます。 旦那さんのおつまみにも、育ち盛りのお子さんにもよ喜ばれること間違いないです。 いつもの唐揚げでは物足りない、唐揚げでもさっぱりと食べたという方にもおすすめの一品です。 〈材料〉4人分 鶏もも肉・・・二枚 揚げ油・・・・適量 片栗粉・・・・適量 レタス・・・・・1/2個 トマト(プチトマトなら5~6個)・・・1/2個 玉ねぎ・・・・1/2個 長ネギ・・・・1/2本 しょうが・・・ひとかけ 〈調味料〉A 醤油・酒・・・各大さじ1 生姜汁・・・少量 〈ネギソース用の調味料〉B 醤油・・・大さじ2 砂糖・・・大さじ1と1/2 酢・・・・・大さじ2 こしょう・・・適量 ごま油・・・小さじ1 下準備 ・鶏もも肉に調味料Aをなじませて下味をつけておきます。 ・レタスは千切り、トマトはみじん切り、玉ねぎは薄くスライスして軽く水にさらしておきます。 ・長ネギ、しょうがはみじん切りにしておきます。

油淋鶏レシピの作り方の手順

〈油淋鶏レシピ・作り方〉 ①ネギソースを作ります。 みじん切りにした長ネギを、レンジで30秒ほどチンして軽く火を通しておきます。 ネギの生の感じが苦手な人は、もう少し長めにチンして完全に火を通すとよいでしょう。 計量カップに長ネギ、みじん切りしたしょうが、調味料Bを全て合わせて混ぜ合わせておきます。 ②調味料Aにまぶしておいた鶏肉に片栗粉をまぶし、揚げていきます。 しっかりとあげたいので二度揚げします。 フライパンに揚げ油を適量入れ、中火にして少し油が温まったところで鶏肉を入れます。 30秒ほどいじらないで放置したら、裏側にしてまたそのままにし、まだ表面が白い状態で一度油から出します。 火を強火にして、片栗粉を落とすとパチパチいう位まで温めたら一気に揚げていきます。 鶏肉の表と裏ににしっかり焦げ目がついて良い色合いになってきたら油からあげます。 温かいうちに食べやすい大きさにカットしておきます。 ③盛りつけ皿にレタスとトマト、玉ねぎを敷いて、その上に鶏肉を置いて、上から先程作っておいたネギソースをかけたら出来上がりです。 鶏肉が温かいうちにネギソースをかけることがポイントです。 夏の食欲のない時でも、ごま油にいい香りと酢のきいたさっぱりした感じが非常に食べやすく、一緒に野菜も取れるので野菜嫌いのお子さんにもおすすめです。

油淋鶏レシピの作り方のまとめ

油淋鶏レシピで用意するものは、鶏肉のもも又は胸肉を1枚、塩こしょうを少々、小麦粉を適量、そしてタレを用意します。タレを作るときには醤油、砂糖、お酒を大さじ1、お酢を大さじ2、ごま油小さじ2、長ネギ2分の1、にんにく2分の1を用意しておきます。 はじめにタレを作ります。長ねぎとにんにくをみじん切りにして、ボウルか器にタレの材料を全て入れて、混ぜ合わせたら30分ほどなじませておきます。油淋鶏レシピでは、このタレがとても重要です。 それからお肉を調理します。鶏肉は皮つきのまま使います。厚みを均等になるように切り開いたり、筋切りをするなどの処理をして、キッチンペーパーでよく水気を取っておきます。その両面に軽く塩こしょうをして、小麦粉をたっぷりとまぶします。肉を揚げるための揚げ油を用意して、先に鶏の皮目を下にして揚げて、次にひっくりかえして両面がキツネ色になるまで揚げます。鶏の皮つきなのでかなり油が跳ねます。揚げるときは注意します。こんがりと揚がったら鶏肉をカットして、その上にあらかじめ作っておいたタレをかけて出来上がりです。 油淋鶏レシピでは、鶏肉はもも肉の方がジューシーで柔らかいので美味しいといいますが、もも肉でも十分おいしく出来上がるので、お好みで選ぶようにするといいです。

y001-0969

ブルーベリーのジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ブルーベリーのジャムはイチゴジャムやオレンジママレードと並んで最も人気のある種類のジャムです。市販品はどうしても甘すぎた...

y001-1210

ソフトボールのグランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

ソフトボールは、野球から派生したスポーツで、グラウンドのサイズが狭く、反対にボールは大きくなっていることが特徴です。この...

y001-0403

梅干しの漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しの漬け方は基本的に塩のみで長持ちをさせることを目的に自宅でつくられるものですが、もちろん手間がかかったり時間がない...

y001-0379

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や...

y001-0749

玉ねぎ種まきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の口に入る物は自分で育てて、自分で食べたい。最近、野菜の価格が高くなることが多くて、少しでも家計の助けになるように、...

y001-1053

バジルソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バジルソースは作るのが簡単で便利な一品です。家庭菜園でバジルを作っていると意外と順調に育って無尽蔵に増えていきます。 ...

y001-1410

オニオンスープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玉ねぎをメインに使ったオニオンスープは、西洋料理の味わいあるスープです。日本では、オニオングラタンスープも有名です。オニ...

y001-0302

目玉焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

目玉焼きというのは、誰もが小さい時から何度となく食べてきた思い出のあるものと言っても過言ではないでしょう。朝ごはんなどに...

y001-0400

梅酒焼酎の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒焼酎は本格的な焼酎で作られた梅酒のことです。焼酎には乙類と甲類があります。甲類はアルコール度数が36%以下、乙類は4...

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せ...

y001-1211

ソフトクリームの簡単...

暑い季節になったらアイスクリームが食べたくなるという方は...

y001-1500

PPバンドかごの簡単...

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い...

y001-1162

テーブルの簡単な手作...

大昔の人は、床や地面に直接ものや食べ物を置いて、作業をし...

練習用ロマンティック...

練習用簡単ロマンティックチュチュを作る理由としましてはい...