干し大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

干し大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根は、アブラナ科大根属の越年草で、春の七草のひとつであるすずしろとして日本では古くより愛用されてきました。ただし、原産地は地中海地方や中東で、紀元前の古代エジプトで栽培されていたことが歴史に記されています。ピラミッド建設労働者の食料とされていたという内容で、その後ユーラシアの各地へと伝わることになります。ちなみに、品種としては現在のはつか大根に近いものと推測されています。日本に伝わったのは弥生時代の頃と考えられており、その後は独自の発展を遂げることになります。現在では、品種・調理法共に世界で最も豊富な状態となっています。また、食用としてだけではなく、独自の有効成分を含有していることから薬用としても利用されています。干し大根もこれらの中の一種で、長期保存が可能ということで多くの人が利用しています。干し大根の手作り方法は、実は非常に簡単です。特別なテクニックや専用の道具などは、一切必要がありません。調理の経験がほとんどない様な人でも大丈夫で、問題なく作ることが出来ます。醤油や酢をつけてそのまま食べたり煮物に使用したりできるので、食卓を彩る非常に便利な存在となります。肉にも魚にも合わすことができるので、使い勝手は抜群です。

干し大根を作ることの楽しさ

大根は、アミラーゼという消化酵素を豊富に含んでいることが特徴です。この消化酵素は、消化をサポートして胃酸をコントロールすることで胃もたれや胸やけを予防する効果があります。このために、市販されている消化整腸剤にも使用されています。 さらに、大根には美容のビタミンとも表現されているビタミンCも豊富です。このために、肌の水分量をキープするコラーゲンの生成を促進します。また、肌のターンオーバーも活性化するので、乾燥肌やシミ、シワなどのトラブルに対して改善効果を期待できます。 干し大根には、これらの大根に含まれている栄養素が受け継がれているので、美容と健康に多様なメリットを得ることができます。また、干し大根にすることにより生の状態よりも食物繊維が多くなっているということも特徴です。 食物繊維とは、植物の細胞壁を構成している成分であり、栄養素としては吸収できないので食品のかすの部分と考えられてきました。しかし、大腸の働きを促進したりコレステロールの吸収を阻害するなどの健康への有効性が判明したために、現在では厚生労働省により一日の推奨摂取量が規定されています。干し大根は、この食物繊維を多く含んでいるので健康的な生活をサポートする効果があります。

干し大根を作るのに用意する物

干し大根を作るときに用意するものは、大根、もしくは大根の皮などです。これは、どちらも干し大根として利用することができるので、自分の好み、もしくはそのときあるもので作るようにするといいです。これを干すためのザルなども用意しておきます。 干し大根は、乾燥させた保存食でもあります。なので、それを保存しておくパックや袋なども考えておくようにするといいです。簡単に手作りすることができる方法は調べるとすぐにわかるので、手作り方法を知らないという人でもすぐに実行することができていいです。家庭菜園で栽培した大根が予定外の大豊作になってしまった、というときなどにも作ることができて便利な方法です。作るときには、たくあんやべったら漬けなども作り終わって、もう作るものがない、というときに一気に作っておく人が多いといいます。 用意するものも簡単に準備することができますし、何科道具がいる、というわけでもないので難しい方法をする必要がないということです。 大根は丸ごと一本購入しても、すべて使うことができなくて困っている、という人にはとてもおすすめできる方法です。いろいろな切り方があるので、どれがいいのかを考えて切ってみるようにするといいです。

干し大根の作り方の手順

干し大根の作り方ですが、まず、大根を細切りにするところからはじめます。 大根の皮をむくのですが、このとき、縦方向にむくようにするとむきやすいといいます。その皮をむいた大根を、5ミリくらいの厚さの輪切りにします。輪切りにした大根を何枚か重ねて、それを大体1、2センチほどの太さに切ります。太さは細すぎないようにすることが大切です。 これを天日干しします。この切った大根をザルに広げて天日干してカラカラに乾燥するまで干しておきます。干し上げるのに約2週間ほどかかる場合があるといいます。天気がいい日に干すことができるのが好ましいのですが、寒い時期でもお日様がきちんとあたるように工夫して干しておくようにします。干し始めて10日目くらいで急激にしなび始めた、という人が多いです。 この方法のほかにも、皮をむかずに大根を細切りにする、という作り方もあります。 出来上がったものを保存しておくときは、ジップロックなどに詰めて、それと同時に乾燥剤を一緒に入れて密封して保存しておくといいです。完全に乾燥しているものなら常温で1年以上は持ちますが、乾燥が不充分な場合、カビてしまったり、腐ったりすることもあるので、気をつけておきます。

干し大根の作り方のまとめ

干し大根の作り方は、まずは大根を細切りにすることからスタートします。皮を縦方向に剥くのが基本で、その後5ミリメートルほどの厚さの輪切りにします。そして、それを重ねたらフライドポテト程度のサイズに千切りします。 これをざるに入れて、次は天日干しです。からからの状態にまで乾燥させなくてはならないので、天候によっては2週間以上かかるケースもあります。かなりの量を作っても乾燥することにより暈は減ってしまいます。 出来あがった干し大根は、ジップロックなどに詰めて乾燥材を入れて保存するのが適当です。通常の条件であれば常温放置も可能ですが、冷蔵庫に入れておけばさらに安心できます。なお、冷凍保存であれば1年以上が経過しても大丈夫です。ただし、茶色に変色してしまうと風味が損なわれるので、早めに消費する方が賢明です。 干し大根は、煮込みからサラダにまで様々な利用が可能であり、食べ過ぎによりデメリットが生じる様な心配もありません。身体に優しい野菜の代表であり、安心して利用することができます。特に、さっと湯がいてサラダで食べるとポリポリとした不思議な食感で、干し大根のイメージを覆すほどの新鮮な衝撃を受けるのでおすすめです。

y001-0452

天然酵母の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

天然酵母とは、市販のドライイーストのことではなく、自然中に存在する酵母菌のことを指します。ただし、市販のドライイーストが...

y001-0336

保冷バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

保冷バッグは季節を通して出番がある、非常に便利なものです。夏はお弁当を始めとする食料品の持ち運びで腐らないように、飲み物...

y001-1461

イチゴの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イチゴの苗を作る理由は、やはりなんと言ってもイチゴの収穫ですよね。これにつきると思います。イチゴの収穫期は、主に4月から...

y001-0966

ブロック塀DIYの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方や購入した土地に住宅を建築している方は、自宅の敷地と隣家との敷地の境目が分かるように境界線とし...

y001-0880

ヨーヨーキルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨーヨーキルトは、パッチワークの手法の中でも独特の作り方であり、人気が昔からあります。そのため根強い人気が現在もあり、多...

y001-1362

カブトムシ人工蛹室の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は様々な生き物が活発に動く時期ですが、それはほかの季節では味わえない様々な生き物と触れ合える機会が増える時期であるとい...

y001-0033

トマトケチャップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代ではなんでも簡単に購入できて、それは物だけではなく食べるものにも同じことが言えます。買うほうが簡単で手軽なのでなんで...

プラ板の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラ板とは何でしょう?簡単に言えば「透明のプラスチックが板状になったもの」です。思わず懐かしくなる方もいるのではないでし...

y001-0419

年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年表とは特定の会社などの団体や、個人の人物などの出来事などを時系列順にまとめた表です。これを作る理由としては、企業などの...

y001-1307

クレープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「クレープ」は、子供から大人までみんなが大好きなスイーツです。専門店かありながらも、自宅で簡単に焼くこともできる手軽なお...

y001-0306

木製本棚の簡単な手作...

DIYの基本としては木工品を作る方法を挙げることができま...

水まんじゅうレシピの...

夏の和菓子と言えば、水まんじゅうを思い浮かべる人が多いで...

肉じゃが

肉じゃがの簡単手作り...

日本のじゃがいもを使った煮込み料理である肉じゃがは、家庭...

y001-0426

肉じゃがの簡単な手作...

肉じゃがは、日本の家庭料理の代表的な煮込み料理のため、い...