さわし柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さわし柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

”さわし柿”というものを知っていますか。このさわし柿の”さわし”とは渋柿の渋を抜くことを”さわす”というので、渋抜きをした渋柿のことを「さわし柿」と呼んでいます。一度は誰でもこのさわし柿を食べたことがあるのではないでしょうか。焼酎で渋を抜いた渋柿は大変甘く、いくつでも食べる事が出来ます。お家の庭などにたくさん渋柿がなった時など、是非この渋抜きをしたさわし柿を作ってみましょう。甘くって子供から大人まで楽しむ事が出来ます。作り方もとても簡単です。これだけで本当に渋が抜けて甘味がでるのと不思議に思ってしまうかもしれませんが、是非自宅で作っておいしく頂きましょう。渋柿が生るけれど、どうやって食べれば良いのか分からないという人でも、この作り方さえ覚えれてしまえば、渋柿をおいしく頂く事が出来ます。せっかく柿がなったのにそのままにしておくのはもったいないです。是非焼酎で渋を抜いて、甘さたっぷりのさわし柿を頂きましょう。渋を抜いた渋柿は本当に甘さがまして、とてもおいしいものです。日を増すごとにどんどん甘味が増していくので、是非出来上がりを楽しみにしておきましょう。甘くておいしいさわし柿を是非頂きましょう。

さわし柿を作る事の楽しさ

さわし柿はとてもおいしい果物です。あの渋い渋柿が、こんなにおいしくなるのかとびっくりするくらい甘くなります。丸ごと一個ぺろりと食べられてしまうくらいです。また、渋柿を焼酎に漬けて、どんどん渋みが抜けていくのを待っているのも楽しいものです。出来上がるまでは少し時間がかかってしまいますが、是非出来上がりを楽しみに待っていましょう。自宅でも簡単に渋抜きをする事が出来るので、本当に出来るのか心配な方でも安心して下さい。見事に渋が抜けて、甘味たっぷりの柿を作る事が出来るでしょう。渋柿をもらった時や、自宅で収穫した際は、是非このさわし柿を作ることをお勧めします。子供達と一緒にさわし柿を作っても良いでしょうきっと待っている実感も楽しく感じるはずです。また、自分たちで作ったさわし柿は格別です。あんなに渋かった渋柿が、こんなに甘く、またおいしく変身するなんてと感動するかもしれません。是非そんなさわし柿を作って楽しみましょう。作る工程さえ楽しく感じてしまうさわし柿、出来上がりが待ち遠しくなってしまいます。また、さわし柿は普通の柿よりも甘みが強く柔らかくなっているので、大人から子供までみんなで楽しむことが出来るでしょう。

さわし柿を作る際に用意する物

ではさわし柿を作る際に用意する物にはどのようなものがあるのでしょうか。用意する物は渋柿と度数が35度以上ある焼酎、皿、ビニル袋、輪ゴム、大きめのタッパです。これだけであのおいしい渋が抜かれた甘味ある柿を作る事が出来るんです。簡単ですよね。焼酎は柿全体を漬けるわけではないので、それほど多い量はいりません。こんなに簡単で本当に渋が抜けるのかと不思議に思ってしまうくらい手軽にさわし柿を作る事が出来るので、是非たくさん作っておいしく頂きましょう。また、柿を水洗いした際は、水が少しでも残っているとカビの原因になってしまうので、しっかり乾燥させてから使います。また、すぐ渋抜きをしたいのであれば、水洗いせずにしっかり拭いてから使用すると良いでしょう。また、柿がたくさんある場合はタッパを数個用意するか、大きいタッパを用意しておきましょう。用意するものも少なくて済みますし、これだけでおいしいさわし柿を作る事が出来ます。焼酎さえ用意をすれば後は特に材料が必要ないので、是非自宅で挑戦してみましょう。作り方さえ覚えてしまえば、自宅で渋柿を収穫した際簡単に作る事が出来るので便利です。是非たくさん作って秋の味覚を楽しみましょう。

さわし柿の作り方の手順

ではさわし柿の作り方を紹介していきましょう。まずは洗うか、拭くかした柿を用意します。お皿に焼酎を適量入れていきます。柿のヘタの部分を浸す程度で良いので、焼酎の量はそれほど多くなくても大丈夫です。小皿にいれたら、柿のヘタを焼酎に浸していきます。軽く浸す程度で大丈夫です。浸したら柿を用意したビニル袋に入れていきます。ビニル袋に入れる際は、ヘタを上に向けて入れていきましょう。また入れ終わったら空気を抜くようにして、ビニル袋を輪ゴムで留めていきます。しっかり留めたらそれをタッパなどに入れて密閉します。そのまま涼しいところに1週間から2週間ほど放置して完成です。途中出来具合を確認して、お好みの固さのところで調節していきましょう。長くおけばその分熟して柔らかくなっていきます。少し固めの方が良いという方は、早めに取りだしていきましょう。また大きめのタッパが無い場合は、漬物用のバケツなど代用しても大丈夫です。またあまり置きすぎてしまっても柔らかくなりすぎてしまうので、時々チェックをして、どのくらい熟したか確認しておきましょう。こんなに作り方も簡単なので是非しっかり覚えておいしいさわし柿を頂きましょう。

さわし柿の作り方のまとめ

さわし柿は本当に甘くておいしいものです。柿のヘタの部分をちょこっと焼酎に浸すだけで、こんなに甘くなるのかと驚く人もいるのではないでしょうか。渋柿の渋み成分であるタンニンは焼酎に浸すことで、苦味成分であるタンニンが変化し、口の中に入れても苦味が溶け出さない不溶性となります。その為、タンニンの苦味を感じることなく渋柿をおいしく頂く事が出来るんです。甘くなった渋柿は本当においしく、いくつでも食べられてしまいます。焼酎一つでこんなにおいしい柿を作る事が出来るのかとびっくりするくらいおいしく作る事が出来ます。また、熟し加減はそれぞれ好みがあると思うので、是非お好みに合わせて取りだしてみましょう。だいた5日目くらいから渋が抜けて食べる事が出来ます。置けば置くほど甘くなりますが、熟しすぎると柔らかくなりすぎてしまうので注意していきましょう。渋柿を食べないなんてもったいないです。是非渋をしっかり抜いて、たくさん頂いてみましょう。毎年実る渋柿が楽しみになるでしょう。たくさん作ってご近所さんにあげても喜ばれるのではないでしょうか。焼酎一つで簡単に作る事が出来るさわし柿を是非お家で作って楽しんでみましょう。

y001-0783

介護レクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

高齢者施設では、度々行事やレクリエーションが行われています。介護レクリエーションを行うことで、高齢者に「笑顔」を増やすこ...

牛乳パック小物入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

気が付くといつの間にかたまってしまう、牛乳パックの山、もちろんリサイクルに出すとは言え、毎日のこととなるとけっこうな量で...

y001-0260

冷凍こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷凍こんにゃくとは、こんにゃくを一度冷凍してからもどしたもので、普通のこんにゃくよりもかみごたえがあり、肉に近い食感にな...

y001-0640

手芸フェルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の趣味を持つことは、毎日の生活にも楽しみが増えるので、とても良いことかもしれません。ですが、これまで、特に趣味といえ...

y001-0056

ミニチュアソファの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今大人もはまる趣味の中にミニチュアの世界というのがあり、子供の頃に好きだった人形遊びなどでも使っていたミニチュアを作った...

折り紙バラ折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手紙を送るときに第三者にわからないようにてがみを入れておくものを封筒といいます。この封筒はお店で購入することができるので...

y001-0861

りんご酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢にはクエン酸がたっぷり含まれていて、疲労回復や体の酸性化防止、ダイエットにも効果があります。酢に含まれている酢酸が、体...

y001-0925

マッシュポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マッシュポテトは、とても美味しい物です。しかし、茹でて潰して味付けをしてと意外と手間が掛かる物の1つです。作るより買って...

y001-0295

夕飯献立の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の主婦はすっかり夕食を手作りしなくなってしまったと言われています。現代では共働き世帯も非常に多く、主婦でも残業してか...

y001-0462

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属し...

y001-0073

毛糸ポンポンの簡単な...

毛糸ポンポンを作る一番の理由としては、やはり可愛さがアッ...

かっこいいジーンズの...

レディースファッションもメンズファッションにもおしゃれに...

y001-0778

割り箸ゴム鉄砲の簡単...

数本の割り箸と数個の輪ゴムがあれば簡単にゴム鉄砲を手作り...

y001-1305

クロスヘアバンドの簡...

アクセサリーショップに足を運ぶと、綺麗なデザインのヘアア...