ダンボール家の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボール家の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ダンボール家を作られる方の作る理由についてですが、単に住む場所がないから、また、雨や湿気などを防げる場所がないからというのがおもな理由でしょう。比較的簡単な手作り方法で作られているように見受けられるダンボール家ですが、案外、そうでも無い様にも見受けられます。こういった家を作られる方は、主に浮浪者ではないでしょうか。浮浪者でない方は、キャンプ場に行って、テントを張ったりします。また都会でそうでない方は、激安の宿に宿泊して、次の日を迎え、その足で会社に行くといった日々を過ごしているものと想定され、ダンボールハウスなどをわざわざ作るということは、そこにある程度長期間に渡り定住する意思があるということでもあるのではないでしょうか。多くの場合、公共的な場所が多い所に定住するためのダンボール家を作るというのは、そういった意味からしても、しっかりした勤め先や、アルバイト先などを持っている方で、何とか生計を立てている方というのは少ないのではないかと想定されます。地下街などに多くありましたが、今では川沿いなどに密集して建っている場合が多いダンボールハウスは、我が国の貧富の差を如実に示しているといえるでしょう。

ダンボール家を作ることの楽しさ

そもそも屋根のついた家というのは、人間が生活する上で最も重要な要素でした。かつては、古代ローマ帝国軍団などは、兵士が夜寝る場合は天幕を張ってその中で寝たと言われます。しかしその後の中世暗黒時代に入ると、何と、そのテントを建てるとの文化は無くなり、十字軍などはあろうことか、夜星空を眺めながら薄い布をかぶって寝たと言われています。その結果、朝起きると低体温症などで多くの十字軍兵士が亡くなっていたという話は良く聞きます。中世の場合、戦場で戦闘で亡くなる人より戦場に行く前段階で、こういった文明の未発達によってなくなる兵士が多く、実際に戦場で刃を交える兵士というのは、疫病や低体温症でなくなる兵士が余りに多かったために、実際の兵力よりかなり少なかったとも言われています。そういったことからも、特に冬場は、絶対的にダンボール家が、それも屋根のしっかりとついたダンボールハウスが必要不可欠になってくるのではないでしょうか。冬場に低体温症にならないためにも、いくら地下街と言えども、屋根のついた家が必要なのは、確かに家の中を見られたくないというのもあるのでしょうが、多くの理由は、絶対的に命を守るという単純なことなのです。

ダンボール家を作るのに用意する物

子供の遊びの一つとして、身近な材料を使って様々な工作を楽しむというものがありますが、夏休みなど、宿題で工作を作るということになると、普段ではできないような大作にチャレンジするのも良い方法です。 比較的大きな工作をする際に、ダンボールを使用するのは有効な方法です。 ボール紙や模造紙などと違い、強度が十分にありますし、上手く組み合わせれば人が乗っても壊れないようなものでも製作することが可能です。 ダンボールで実際に人が入ることの出来る家は、子供の遊び場としても有効に活用することができますし、移動するにも重量が軽いので、家のどの部屋にも簡単に運ぶことが出来るのが利点です。 ダンボール家の手作り方法としては、まず素材となるダンボールを用意しなければなりません。 比較的大きなダンボールは家電量販店やホームセンター、ドラッグストアなどで不要な物を分けてもらうことができますし、きれいな物が必要なときには市販されている物を使用するのでもよいでしょう。 ダンボールを切断する際には大型のカッターナイフを使用すると便利ですが、小さな子供に使わせるには不安なときにはダンボール用のハサミを用意しておくと安心です。 また、接着する際には木工用ボンドを使用すると強度も十分ですが、両面テープを使用すると、家の中を汚してしまう心配もありませんし、子供にも簡単に使うことができます。

ダンボール家の作り方の手順

ダンボール家の作り方の方法としては、まずどういったサイズのものを、どういったデザインで作るかをよく吟味することが大切です。 初めはラフなものでよいので、イメージイラストを描いておくと実際に作る際に作業をスムーズに進めることができます。 おおよそのデザインが決まったら、展開図を描いて寸法を決めていく作業になります。 ダンボール家は大きなものになるので、用意したダンボールの大きさを把握し、材料を無駄なく使用できるようにレイアウトしていく必要があります。 この時、ダンボールの内部に入っている溝の方向にも注意しておくことが大切です。 溝に対して直角に曲げようとすると角が上手く作れない場合がありますし、溝を縦方向に使用することでより強度のあるダンボール家を作ることができます。 基本的な構造が完成したら、余ったダンボールの材料を使って装飾を施すのもよいでしょう。 窓やドアを作るのも良いですし、レンガの様な凹凸を作るとぐっと完成度が上がります。 また、ダンボールを使用しているので、水彩絵の具で簡単に着彩をすることが出来るのもポイントです。 この際には大きな刷毛を用意しておくと広い面積でも短時間で塗ることができますし、ムラもできにくにため綺麗に仕上げることができます。

ダンボール家の作り方のまとめ

ダンボールハウスの作り方については、インターネットで検索すれば一発で出てきますし、また、ダンボールハウスを研究している作家もおりますので、そういった本を購入すれば、直ぐにマスターできるのではないでしょうか。このダンボールハウスは、様々な型があるそうで、連立式の南部曲り屋型など、日本人の緻密性を反映しているような家も見受けられます。作り方は、下敷きを何枚かしいて、その上に毛布などを乗せるのでしょう。そして外壁を二十か三十で囲いあげ、上に屋根を二十位で張ります。ここでやはり重要なことは、屋根を絶対にはるという行為です。この屋根をはるのは、実は、現在、隅田川沿いに連立しているダンボールハウス群にとっては、重要なことであり、この屋根が無ければ、次の日起きた時に、亡くなっている方が多くいるといった状況になりかねないといった感じでしょう。このダンボールハウスについては、どこからか電源を引っ張って来なければなりませんが、多分、違法で盗んでいる場合も多いのではないでしょうか。いずれにせよ、ダンボールハウスは少しの雨や風などでは倒れない様な丈夫で頑丈な造りとして造成しなければならないことは確かでしょう。

y001-0917

ミサンガ6本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはプロミスリングなどとも呼ばれ、つけているうちに切れたら願いごとが叶うといわれています。少し前、Jリーグ全盛期に...

y001-0840

わらびあく抜きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春を味わえる山菜の王様「蕨(ワラビ)」。九州地方では3月中旬頃、東北地方なら5月下旬頃に旬を迎えます。先がくるんとした愛...

y001-1297

ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を使った料理のレパートリーを増やしたいという方は、ゴーヤを使ってゴーヤ佃煮を作ってみるといいでしょう。ゴーヤは数あ...

y001-0516

折り紙メダル折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店頭で販売している封筒のデザインはすでに決まっているので、メダルの付いた折り紙封筒を探すというのは非常に時間もかかり、労...

y001-0229

袈裟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

袈裟とは仏教に携わっている僧侶が着用する布を指しています。なお、袈裟といえば何となく身近ではなく、品が高い衣装というイメ...

y001-1053

バジルソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バジルソースは作るのが簡単で便利な一品です。家庭菜園でバジルを作っていると意外と順調に育って無尽蔵に増えていきます。 ...

y001-1030

ハワイアンキルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハワイアンキルトはパッチワークの作り方の中の一つです。このハワイアンキルトは、ハワイならではの貝、モンステラ、ハイビスカ...

y001-0462

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属し...

y001-0020

おにぎらずの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しくても、簡単に作る事の出来るお弁当の定番メニューとして、おにぎらずというのがあるのをご存知ですか。おにぎらずと...

y001-1452

うどんつゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の主食といえばご飯ですが、ご飯ばかり食べていると、徐々に飽きてくるようになり、食事が進まなくなることも珍しくないこ...

y001-0964

ぶんぶんごまの簡単な...

ぶんぶんごまは昔ながらのおもちゃです。ぶんぶんごまの遊び...

y001-0925

マッシュポテトの簡単...

マッシュポテトは、とても美味しい物です。しかし、茹でて潰...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な...

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で...

y001-0043

シュシュの簡単な手作...

シュシュは買う物と思っていたのですが、案外簡単に手作り出...