手作り凧の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り凧の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代に子供たちの間で人気を持っていた遊び道具として凧を用いる方法がありました。凧は風に乗せて空に飛ばすことを目的にしているものになり、以前は正月の遊び道具として人気を持っていたものとしても知られています。いわゆる和凧と呼ばれる形状を持ったものが使われていた時代がありますが、後に洋凧なども普及した経緯を持っており、現在では地域によっては大きな大会などが開催されることもあります。そんな中、手作り凧として自主製作を行っている方も存在しており、特に和凧の場合では表面に独特の絵柄を書き記す場面もあり、伝統的な遊び道具として利用されている一面を持っています。手作り凧の場合では、簡単に誰でも作ることのできる方法も用意されており、比較的簡単なDIYの手順によって完成させることができます。用途に関しては、空に上げることを目的に製作を進めることが何よりですが、展示用としても活用することもでき、状態次第では室内のインテリアとしても活用することもできます。人によって作る目的が異なる場合がありますが、前提としては凧としての機能性を持っていることが何より大切になるために、一定の知識を持って製作することが基本になります。

手作り凧を作ることの楽しさ

手作り凧を製作する場面では、空に向けて飛ばすことを目的にすることになるために、軽量な素材で空力的にも効果的な方法を見つけることが必要になります。紙飛行機を例にしても、遠くまで飛ばせることのできるものや、そうではないものがあるように、手作り凧の製作に関しては工夫を行うことが必要になるために、学習の一環として利用できるメリットを持っています。DIYとしての技術的な部分では、既に用意されている手作り方法でも簡単な技法と簡単な素材で構成させることもでき、誰でも簡単にできる作り方を利用することによって、失敗の無い工作に仕上げることもできます。現在では古い時代とは異なって、特に子供の遊び道具に関しては、屋内用のものがメインとして利用されていることが特徴になります。その結果として手作り凧を製作した場合では、屋外用の遊び道具として活用することができ、凧揚げを体験したことの無いというお子さんであっても、楽しみながら製作することができ、完成後にも十分に凧揚げを満喫することもできます。デザイン等の細かい部分でも比較的自由に設定することができ、製作者の持っている感性によって体験型の良いDIYとして成立させることのできるメリットも持っていることになります。

手作り凧を作るのに用意する物

 手作り凧の作成は難しいようでいて、その実、それ程難しくはなく、どちらかと言えば簡単とも言えるでしょう。但し、それなりの作り方を調べ上げた上で作成しなければ、はっきり言って飛ぶどころの話ではなくなってしまうことも事実と言えます。まず、この手作り凧を作る際に用意するものですが、まずは材料の用意が必要です。そして、作成を手助けする工具類などの用意も欠かせないものとなるでしょう。最初に材料の用意からですが、材料としては厚手の和紙が必要です。薄いとどうしても強風で破れてしまう可能性が強いからです。また、洋紙もいただけません。洋紙は厚手のものであっても、繊維が細かすぎて直ぐに破けてしまう可能性が強いからです。そこで和紙となるのですが、これは書道用品店などで販売している二双紙以上の紙厚が求められます。この二双紙は読んで字の如く二枚重なり合っていて、かなり厚いので大丈夫でしょう。紙の他に竹が必要です。小さいサイズならばいざしらず、それなりのものを作るのならば、近所の竹屋さんを訪ね、シナ竹等を一本丸ごと購入したほうがよいでしょう。最後に、糸となりますが、これは、ホームセンターなどで多くの種類が販売されているので、そこでお買い求めいただければ良いかと思います。

手作り凧の作り方の手順

手作り方法の手順ですが、まず最初に、竹を削ります。竹を割って、五ミリくらいの平たい線状のものをいくつも作成し、それを英国国旗のように組み上げ、重なり合った部分を紐で縛り上げます。この重なり合った部分ですが、紐で縛り上げる前に、ボンドなどで接着すれば尚、頑丈に出来上がるのではないでしょうか。竹組が出来上がったら、和紙を竹組の上に乗せます。ここで重要なのは、乗せたあと、若干たわみを持たせて、四辺を紙で包み込んで、紙同士を糊で留めます。これで大枠が出来上がりました。この後が問題なのですが、まず、糸を張ります。凧糸というもので、料理で使用するものでも充分でしょう。凧紐を準備したら、それを凧の四隅にくくりつけ、凧紐でピラミッド状に糸を張ります。ピラミッドの頂点からは、一本の凧紐でしっかりと結びます。これで完成と思って手作り凧を飛ばしに行っても絶対に飛びません。飛ばすためには、もうひと手間かかります。それが、凧の左右を止める紐です。凧は平面では飛んでくれません。飛ばすためには、絶対的に、凧を湾曲させなければならないのです。この湾局させるための紐、これが最も重要になって来るのです。この紐をしっかり張れば、完成です。

手作り凧の作り方のまとめ

DIYとして手作り凧を製作する方法としては、簡単にできる手作り方法として、竹ひごとビニールを利用する方法が用意されています。竹ひごはホームセンターなどで簡単に入手することができ、簡単な作り方の場合では曲げる作業を必要としないものになり、誰でも使うことのできる材料になります。竹ひごは程良い長さにカットを行って、左右に2本用意することになります。ビニールはゴミ袋などとして市販されているものを活用する方法があり、例えば白色のビニール袋なども広く販売されています。竹ひごに合わせてビニールをカットすることになりますが、おすすめになる形状としては、ダイヤモンドカットに似ているスタイルで6角形などに仕上げる方法があります。ビニールの両端から少し内側に左右にそれぞれ竹ひごを接着することになりますが、一般的なビニールテープを用いることによって固定することもできます。粘着力が弱い場合では、樹脂製の接着剤を利用する方法もあり、この点に関しては重量が増えないようであれば、いくつかの方法を選択することができます。その後に両端の角に穴を開けて凧の糸を通す作業が必要になり、2本の凧の糸を中央付近で縛り、1本化することが必要になります。この場面では左右のバランスをしっかりと保つことが大切になり、凧の糸の長さを十分に用意することも必要になります。最後に凧の下部に左右に2本の尾を付けることによって、安定感を増すことができます。デザイン的な部分としては、ビニールに対応している塗料などで自由に塗装を施すこともできます。

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

y001-0319

味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人のふるさとの味であるお味噌は様々な料理に使え、万能で美味しくできあがります。発酵食品でもあるので身体にも良く、麹菌...

y001-0187

さわし柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

”さわし柿”というものを知っていますか。このさわし柿の”さわし”とは渋柿の渋を抜くことを”さわす”というので、渋抜きをし...

シフト表エクセルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店舗などを運営する場合どうしても開店から閉店までの時間すべてを拘束してしまうと労働基準法の規定する時間を越えてしまうこと...

ぶどうピアスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

耳の所でゆらゆらと揺れるアクセサリーはとても魅力的です。お店で買う事もできますが、勿論自分で作る事も可能です。今、手作り...

y001-1156

デミグラスソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デミグラスソースは洋食の基本とも言える代表的なソースで、これがなくては味が完成しないほど大切な役割を果たします。煮込みハ...

y001-0605

呪いのかけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

呪いをかけるのはいい事とはされていません。人を恨む暇があれば自分の楽しみをを見つけるのが建設的と言われていますが、法律で...

y001-1402

おもしろ科学実験の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おもしろ科学実験は、その名前が示す通り科学の実験でありながら、面白い内容のものとなっています。この面白い、という部分が実...

y001-0478

大福の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和菓子の中でも人気があるのが、あんこの入った大福です。和菓子屋さんだけではなく、スーパーやコンビニでも、気軽に購入するこ...

人形赤ちゃんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は少子化になっています。本当は三人、四人と沢山の赤ちゃんを育てたかった方もいらっしゃるでしょう。しかし、経済的な問題...

y001-0887

もんぺ型紙の簡単な手...

もんぺというのは、いろいろな作業をするのに便利です。農作...

y001-0297

油揚げレシピの簡単な...

油揚げレシピは、おつまみ、おかず、などに使えます。もう一...

y001-1424

おいしいすし飯の簡単...

家族が集まると手巻き寿司をすると言う人は多いものです。手...

おいしいおかゆの簡単...

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょ...