米ぬか肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米ぬか肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の庭を利用したり、貸し出しを行っている土地を活用して家庭菜園などを行う方が増えている傾向にあります。その目的としては、新鮮で安全な野菜を作ることを挙げることができますが、家庭菜園の場合では手間のかかる作業としても知られており、野菜類などが成長する過程を満喫することもできます。そんな中、肥料として利用することの多いものとしては、一般的なホームセンターなどでも販売されている有機肥料を挙げることができます。化学薬品などを一切使わないものが注目されていますが、DIYなどによって米ぬか肥料を作る方法も紹介されています。米ぬか肥料に関しては比較的簡単に作ることができ、肥料として用いることがメインとされていますが、その性質上として土壌改良にも貢献することができます。数々の手作り方法が用意されているものになりますが、その目的の中には、やはり科学性の物質を使わずに作ることができ、完成後には安心して使うことができるものに仕上げることを目的としている方が多く存在しています。作り方によっては低資金でも製作できるものになり、材料集めに関しても簡単に入手できるもので作ることができます。目的に合わせた量に設定できることもあり、家庭菜園用としては十分に機能することになります。

米ぬか肥料を作ることの楽しさ

野菜や果物などを畑や庭で作ることを目的としている方にとっては、単に黒土を用意することだけではなく、肥料を用いることによって、野菜などの生育に大きく影響することになります。用いる肥料の中には米ぬか肥料というものがあり、このタイプの場合では簡単な作り方が提供されています。作ることに関しては、簡単な作業になりますが、その工程を楽しむことができ、性質上として発酵させることを必要としているために、一定の日数がかかる内容を持っていますが、見事に製作を終えた場合では庭作りに大きく貢献させることができます。市販されている肥料を使うことでも対応できるものになりますが、DIY的な作業を行って、全てを自家製として作り上げることによって、その結果として収穫した野菜や果物に対しても貴重なアイテムとして大切に取り扱うことのできるメリットを持っていることになります。現在ではDIYが何かとブームのように行われていますが、米ぬか肥料のように自然素材のみで構成されるアイテムを製作することに関しては、その目的が家庭菜園になるために、全ての作業を自らが行うことができ、満足度というものに影響することになります。一定の経費がかかる家庭菜園ですが、経費抑制についてのメリットを得ることもできます。

米ぬか肥料を作るのに用意する物

肥料は植物が成長する上で欠かせない栄養素を含んだものです。肥料の主成分としては三要素であるチッソ、リン酸、カリウムがあり、それらにカルシウム、マグネシウムが追加されて五要素があり、これらは植物が成長するために必要な栄養になります。肥料の作り方はさまざまですが、精米所の普及で米ぬかの入手が比較的容易になったため家庭でも簡単に作ることができるのが米ぬか肥料です。 米ぬか肥料は、米ぬかを材料にして作るものですが、主要な材料が米ぬかであり、このほか油かすや魚粉など加え、また発酵を促進するための発酵剤を用意する必要があります。割合としては4キログラムの米ぬかに対して油かす、魚粉が1.5キログラムです。なお、発酵を促進するための菌は自然界に存在しており、自然界の菌を利用しても米ぬか肥料を作ることができます。また油かすや魚粉などを加えないで作る方法もあります。 米ぬか肥料の養分としてはリンとミネラルが豊富なものの、そのほかの栄養素が少ないため施肥には注意が必要です。なお、栄養素のうちリンに関しては実付きを良くするため、古くからスイカなどの肥料として使われてきましたし、現在では米の生産でも利用されています。

米ぬか肥料の作り方の手順

米ぬか肥料の手作り方法はさまざまですが、もっとも簡単な方法としては、米ぬかをポリバケツや発泡スチロールの箱などに入れ発酵促進剤と水を加えることで自然発酵することで作ることができます。 ポリバケツなどの容器のほか、段ボールや紙袋でも代用することができますが、発酵中には湿気が多く出るので濡れても良い場所に保管する必要があります。また紙製の容器は濡れるともろくなるので屋内に保管する必要があります。発酵中は熱を発し、高い場合には70度以上になる場合もありますが、正常な発酵温度は50度程度です。発酵が終了すると温度が下がり、またそれまで粉であったものが結合し、塊になります。施肥する場合にはこれらを砕いて行うことになります。 作り方のコツとしては、米ぬかとそのほかの材料をしっかり混ぜあわせることで適量の水分を与えるという点です。また適度に発酵させるためには温度管理が重要で、20度以下など寒い時期の場合には比較的、温かい場所に置く必要があります。また温度が上がりすぎるのも発酵に悪影響を与えるので注意が必要です。 米ぬか肥料が完成するまでの時間に関してはその発酵の度合いによって異なりますが、おおむね1週間程度で完成します。

米ぬか肥料の作り方のまとめ

DIYなどとして米ぬか肥料を作ることを決めた方の場合では、最初に材料集めを行うことが必要になります。勿論、米ぬかを用意することになりますが、一般的な方法としては米ぬかを販売しているショップなどを利用することができ、簡単に入手することが可能です。その一方で米の精米を行っているお店などでは廃棄してしまう米ぬかを持っている場合があり、お店によっては無料配布を行っているものも利用することができます。米ぬかを入手することができたならば、手作り方法の中では他にも腐葉土や油粕などを必要としています。ビニールシートなどの上でそれぞれの材料を程良く混ぜ合わせることになり、発酵することによって肥料の温度が高くなる傾向にありますが、あまりに高温にならないように配慮することも大切になります。混ぜた肥料はスーパーマーケットなどで販売されている米用のビニール袋などに入れておくと、経費をかけずに済ませることができます。配合することがおすすめになるものとしては、他に竹炭や若干の水があればより一層効果的になります。完全に発酵が終わるまでには3ヶ月程度を必要としているものですが、土に利用するタイミングによっては短期間で利用することもでき、畑などの土の中で発酵させることもできます。注意点としてはシーズン中に十分に発酵させない状態で使用してしまった場合では、害虫が発生する可能性を持っているために、タイミングを十分に見極めることによって、簡単に仕上げることができます。

y001-1259

シナチクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シナチクはメンマとも呼ばれています。シナチクは麻竹という竹を乳酸発酵させたものです。麻竹は日本にはない竹で、日本の竹とは...

y001-0064

フリースネックウォーマーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖かく保温性に優れ、しかも軽いというのが特徴です。市販のものもある...

y001-0721

広島風お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きには関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの2種類が在ります。この二つの大きな違いは焼きそばやうどんの麺を使うかど...

y001-1059

パウンドケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パウンドケーキとは、小麦粉、バター、砂糖、玉子の4種類を使って焼き上げるお菓子のことです。これらの材料をそれぞれ同量を混...

y001-0410

梅ジュース炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジュースは、健康、美容に非常に効果的で、しっかりアルコールを抜けば子どもから大人まで楽しむことができます。梅は、アルカ...

y001-1096

にぎにぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出の品として残しておくことができます。作る理由や目的は、赤ちゃんに...

y001-1049

ハチマキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハチマキは運動会やイベントなどで作ることがあります。売られているものをそのまま購入するというケースもありますが、手作り方...

釜戸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏になるとキャンプを楽しむ人が増えます。キャンプは、春から晩秋の頃がシーズンであり、一般的にキャンプは管理施設などを利用...

練習用ロマンティックチュチュの簡単な手作り方法や作り方・DI...

練習用簡単ロマンティックチュチュを作る理由としましてはいろいろあると思います。一口にチュチュといいましてもロマンティック...

y001-0629

手作りちょうちんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使われ続けているなじみ深い照明器具です。おもに野外で使われることが多...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単...

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせ...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作...

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近...

せんべいの簡単な手作...

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校...

y001-0730

股関節ストレッチの簡...

身体が硬いと、それだけで様々な不調が生じやすくなるという...