ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらなどのレシピで料理を作ることが出来ます。少々ほろ苦さがあるので、大人の味として古くから親しまれているのです。この蕾が成長をして花を開花させ、更に成長をしたものが緑色をした茎と葉を持つふきに成長します。葉の部分は佃煮などにして食べることが出来る食材でもあり、茎は煮物として重宝します。因みに、ふきと言うのは栽培が行われたものが一般的に出回っており、自生しているものはあまり多くは在りません。栽培しているものは自生しているものと比べると灰汁が少ないため、灰汁抜きなどの下処理も簡単に行えると言うメリットも在ります。ふきのレシピ、手作り方法を覚えておけば、煮物料理などを作ることが出来ますし、ふきは10月頃から翌年の5月頃が旬となるので、7か月の中で料理の食材として利用出来るなどのメリットが有ります。因みに、ふきは多年草の植物であり、地中には多くの根を張り巡らせており、植え付けを行う事で毎年増えると言う特徴が在り、庭で栽培をする人も多いのです。また、食物繊維が豊富に含まれている健康野菜でもあるのです。

ふきレシピを作ることの楽しさ

便秘に悩む人などがふきを使ったレシピを覚えておけば、食物繊維が豊富に含まれているため便秘の解消にも繋がります。 因みに、食物繊維は腸の中を綺麗にしてくれる効果を持つのですが、水分を含む事で膨張する性質が食物繊維には在るため、満腹感を味わえるなどの理由からも少量でもお腹を満たしてくれます。 それ故にダイエットをしている人などにも最適な食材なのです。 山の恵み、春の恵みとしての食材でもあり、同時期に旬を迎えるたけのこや若芽と言った食材との相性が良く、たけのこ、若芽、そしてふきの3つの食材を使った煮物料理などは日本人の好きなレシピの一つです。 薄味に仕上げてあげることでそれぞれの食材の味を楽しめるなどのメリットが有りますし、ふきはほろ苦さが残る食材でもあり、お酒のおつまみなどにも最適な食材なのです。 自生しているものは灰汁が強いのですが、お店で販売しているものは大半が栽培されたもので、自生しているものよりは灰汁が少ないため手軽に利用出来る食材と言えます。 因みに、ふきには幾つかの種類が有るのですが、山野に自生しているものは栽培されているものは別の種類であり、山ぶきとよばれるもので、佃煮でも有名なきゃらぶきの材料として利用されているのです。

ふきレシピを作るのに用意する物

春が過ぎたあたりから初夏に旬となってくるふきはみずみずしく、煮物としても佃煮にしても美味しく食べることができる山菜です。春の訪れとともにでてくるふきのとうは、実はこのふきの地下茎から出てくる花を言います。このふきのとうも天ぷらなどにするとほろりとした苦さが癖になる山菜で人気がありますね。ふきにはいろいろ種類があり、全国で一番出荷されているのは愛知県の尾張ふきと呼ばれるものです。みずみずしくて柔らかいのが特徴で、煮物とかにぴったりの品種です。山に自生している物は山ぶきと呼ばれ柔らかく味が濃いのが特徴で、佃煮のキャラブキとして使われています。他にも秋田ふきと呼ばれるものもありますが、こちらは固いのが特徴で野菜として出荷されることはなく砂糖漬けの加工品となることが多いようです。 今回フキのレシピとして紹介したいものは、ご飯のおかずとしてもぴったりのふきの煮物です。4人分の材料はふき一束、塩 適量、だし汁2カップ、薄口しょうゆ大さじ3、本みりん大さじ2、酒大さじ2です。一緒に厚揚げなどを入れても美味しいと思います。 他にもふきがあまりそうならキャラブキやフキ味噌など、フキの下処理は同じなので作っても美味しいと思います。

ふきレシピの作り方の手順

ふきの煮物の簡単な手作り方法ですが、まずフキにはあくがあるので、それをとる下処理から始めます。家にある一番大きな鍋を用意してその大きさに合わせてフキを切ります。きちんと鍋に入ることを確認してから、フキをまな板にうつして塩をふりかけ、ゴロゴロと板ずりします。これはフキを色よくゆでるためです。鍋に湯を沸かしたら塩がついたまま入れてゆでます。ゆで時間は細い部分で3分程度、太い部分で5分程度が目安です。ゆであがったら冷水に取り皮をむきます。全部むいたら冷蔵庫にしまいやすい長さに切って、水をつけた状態で冷蔵保存しておきます。水は毎日取り換えて2~3日で使い切ってください。これで、下処理は終わりです。続いて煮物のレシピを紹介します。 フキのレシピは、まずは鍋に調味料をすべて入れて煮立たせます。そこへ下処理をしておいたフキを入れて落し蓋をし、ひと煮立ちしたら取り出します。すぐにうちわなどで仰いで冷まします。この作業をする事で色がきれいなままです。鍋の煮汁も冷ましておき、冷めたらフキの上にかけて30分くらい味をなじませます。味見をしてみてよく味がしみ込んでいたら食べやすい大きさに切って皿に盛りつけて完成です。かつお節などをのせるとよりおいしいです。

ふきレシピの作り方のまとめ

栽培されているものは10月に入ると店頭に並べられ、天然の自生しているものは春を代表する野菜であることからも、3月から5月にかけてが旬となります。 夏場は入手が出来ませんが、それ以外の季節であればいつでも入手が出来ますので、煮物料理などを作る時の食材として利用出来ます。 尚、ふきの煮物を作る時は、フキを30センチほどの長さに切ってから、一掴みの塩をまな板の上にのせたふきに振りかけて、両手でまな板の上を転がすようにして塩を馴染ませていきます。 これは板ずりと呼ばれる調理方法であり、板ずりを行う事で灰汁を取り出す効果を期待することが出来るのです。 塩が点いた状態で熱湯の中で茹でてあげてから、ふきの皮を剥いていきます。 少々面倒な作業ではあるのですが、皮を剥いてあげることで食べた時に口の中に皮などが残らずに美味しく戴くことが出来るようになります。 尚、皮を剥く時は一挙に皮を剥けるようにするため、なるべく長めにしておくことが大切です。 そのため、まな板の上で転がす時などは30㎝ほどの長さにカットをしておく方が、剥き易くなるということなのです。 また、茹でる時間は3分ほどで良く、鮮やかな緑色になった段階でお湯から出してあげて冷水につけてあげれば下ごしらえは完成となります。 後は砂糖や醤油、出汁などで煮込めばふきの煮物を作ることが出来ます。

y001-0852

レシピ肉料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理のレシピは、日常的な食生活には、欠かせないくらいよく登場するメニューです。毎食のおかずのために作ることもありますし...

フレンチトーストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フレンチトーストは、朝食に作ることもできますし、おやつを目的として作ることもあります。外はカリカリ、中はしっとりのフレン...

y001-1238

スカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴムを使った、簡単なギャザースカートの作り方をご紹介します。長方形にカットした布を2枚縫い合わせただけの簡単なスカートで...

y001-0804

夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体力が落ち、さらに夏バテを招くといった悪循環に陥りがちです。暑い日...

y001-0183

テープカット花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テープカットをする際、真ん中に花が付いています。このテープカットの花を是非手作りしてみましょう。色々な式典など、何かの記...

y001-0818

運動会お弁当レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

運動会の時のお弁当と言うのは普段子供に作るものとは異なり気合が入ると言う人も多いものです。また、運動会のお昼ご飯は学校の...

y001-0795

果実酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒というのは一般的に、果汁から作られた醸造酒であり、原料の果実の酸味や風味を持っているのが特色になっています。それと...

y001-1478

アルミ缶クラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アルミ缶を使って実用品や美術性の高い作品を生み出していくアルミ缶クラフトは、本来捨てられてしまうものを再利用する意味でエ...

y001-0529

切干大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年海外でも和食がブームになっていますが、和食の良さは美味しいだけでなくヘルシーで体に良いという点が大きいでしょう。家庭...

y001-0819

瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものから、普段食べているものがどのように作られているのか、また、自分で...

y001-1387

お弁当の簡単な手作り...

市販のお弁当ではなく、手作りすると経済的でヘルシーに作る...

酢玉ねぎの簡単な手作...

酢玉ねぎを作る理由は、ダイエットや健康のためです。血液が...

y001-0759

牛乳でバターの簡単な...

少し前からバター不足が続いていて困っている方も多いかと思...

y001-0190

学校経営計画の簡単な...

学校は、小学校、中学校、高校と学校種によって全く違った学...