鍋でご飯を炊くの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋でご飯を炊くの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊きたてのご飯というのは、日本人にとっては格別のものであり、美味しいご飯というのは、そのままでもいくらでも食べられてしまうほどに美味なものと言う事が出来ます。最近は色々な機能が満載の炊飯器も多く販売されており、中のお釜が厚いことにより美味しく炊き上げる事が出来たり、その素材もチタン製であったりなど、昔にくらべると色々な選択が出来るようになりました。その反面、土鍋を使って昔ながらの方法でご飯を炊くというスローフード派の人たちも増えているという背景もあります。鍋でご飯を炊くと、お米の一粒ひと粒がふっくらとして美味しく炊けるために、ご飯好きの人の中には炊飯器ではなく、あえて土鍋で炊くものしか食べたくないというような人もいる程です。また海外に住んでいる日本人の中には、現地で販売されている炊飯器を使っているけれど、やはり質があまり良くないので美味しいご飯にありつけないという声も耳にするものです。その結果、結局はお鍋でご飯を炊くという結論に至り、それが一番美味しいのだという人も少なくないと言います。お鍋で炊くと、微妙な火加減調節なども自分でする事が出来ますし、好みでおこげなども作る事が出来るので楽しさもあります。

鍋でご飯を炊くを作ることの楽しさ

お鍋でご飯を炊くというのは、なかなか大変なのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はそれ程複雑なものでもなく、簡単に家庭でも出来るものなので是非ともチャレンジしてみることをお奨めします。手作り方法としては様々なやり方がありますが、土鍋をお持ちの方であれば是非とも土鍋で炊飯をするという方法を試してみられることをお奨めします。それはどうしてかというと、普通の片手鍋などは、アルミニウム製であったりステンレス製の物も多いため、熱伝導という観点からみた場合には、土鍋とは比べ物にならないからです。土鍋は一度あたたまると、熱をしっかりとキープしたままの状態になるため、ご飯がふっくらとして美味しく炊けるのです。自分の好みの炊き加減に合わせて時間を調節したり、お水の量やお米の種類、そしてその日の体調や気分によって好きな硬さのご飯を炊くと言う事が出来るのはお鍋で炊くからこそ出来る事であり、何にも代えがたい喜びともなるものです。お寿司の寿司めしを作る時には少し硬めに炊き上げるのが大切になりますし、おにぎりの場合には、柔らかくふっくらと炊いてあげることで冷めてもモチモチのご飯となって美味しく味わえるのです。

鍋でご飯を炊くを作るのに用意する物

鍋でご飯を炊くために最初に必要なものをあらかじめそろえておきましょう。用意する材料は、お米と水です。道具は厚手の鍋と計量カップです。炊き上がったときに混ぜるためのしゃもじも必要です。またキッチンタイマーがあると時間を正確に計ることができます。お米は普段食べているものでも好みのお米でも構いません。どんなお米でも簡単に鍋で炊くことができます。使う鍋も基本的にはどのような鍋でもいいのですが、厚手の方が焦げにくいので向いています。土鍋を使ってもおいしく炊くことができます。またフタは必ず必要ですので、フタ付きの鍋を用意してください。別の鍋のフタを使う場合は、できるだけ同じ大きさできっちりフタができるものを使用してください。途中で若干吹きこぼれることがあるので、鍋とフタの間に隙間があるとガス台が汚れてしまいます。計量カップがない場合は湯のみやコップなどでも代用できます。お米を炊くときに使用する水は水道水で十分です。もちろんミネラルウォーターや市販されている水だと、さらにおいしく炊けます。またIHクッキングヒーター、ガス、カセットコンロなど、どんな熱源でも鍋でご飯を炊くことができます。さらにあると便利なものは布巾や鍋敷きです。

鍋でご飯を炊くの作り方の手順

鍋でご飯を炊く方法はとても簡単です。準備は炊飯器で炊くのと変わりません。まず計量カップで炊きたい量のお米をよくとぎましょう。お米の種類にもよりますが、三回から五回ほど水をかえてとぎます。お米をとぎおわったら、同じ分量の水を計ります。それに一割程度の水をプラスしたものを、お米の入った鍋に入れます。水の分量は好みやお米の種類によって変わりますので、ベストな水分量をみつけましょう。少なくとも30分はおく必要があります。お米のおき時間が短いと、芯が残りますし、おき時間が長いと水分を吸収しすぎて炊くときに焦げやすくなるので気をつけましょう。鍋を火にかけたなら、沸騰するまで強めの中火にします。沸騰したら弱火にします。フタがガラス製でないと、沸騰したかどうかわかりにくいことがあります。そのような時はフタを開けて確認しても大丈夫です。そして弱火にしてから時間を10分計り始めます。時間になったら火を消してそのまま10分蒸らしましょう。最後にしゃもじで底から全体をかき混ぜれば完成です。鍋でご飯を炊くのは手作り方法という程複雑ではありません。だれにでも簡単にできます。また炊飯器で炊いたのとは違うおいしさがあります。

鍋でご飯を炊くの作り方のまとめ

お鍋でご飯を炊く時の最大のポイントというのは、やはりいかにお米をちょうど良い加減で浸水させられるかにあると言います。いくら高級で美味しいと言われるブランド米であっても、洗米をしてからすぐに薄いアルミ製の内がまの粗末な炊飯器で炊いてしまえば、安いお米をしっかりと洗って水に浸けてからどっしりとした土鍋で炊く方が美味しいと言っても過言ではないのです。夏場であれば炊飯をする30分前くらいにはお米を洗い、水に浸けておきましょう。冬場は寒いので、1時間くらい前にはお水に浸け始めておくとお米にしっかりと水が入るので、炊きあがった時にパサパサしないのです。最近の炊飯器は、忙しい主婦などの強い味方となって最新の技術を駆使して出来ているものも少なくないので、帰宅してお米を洗ってそのまま「お急ぎモード」で炊いたものなども、結構美味しく頂けるものです。しかし、お鍋を使ってご飯を炊く場合には、必ず浸水させてあげるという事が重要なポイントなのです。美味しいお米を炊けるようになれば、ちょっとしたおかずしか無いような時でも、贅沢なお食事を頂いている気分になるものですし、お漬物とお味噌汁さえあれば何杯もおかわりが出来るというような事も珍しくありません。

y001-1156

デミグラスソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デミグラスソースは洋食の基本とも言える代表的なソースで、これがなくては味が完成しないほど大切な役割を果たします。煮込みハ...

y001-1295

コーンスープを作ることの楽しさ

コーンスープは洋食のスープの中でも、人気が高いスープです。好きな人が多いのも作る目的のひとつになります。コーンスープが登...

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-0230

かすみ草リースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リースとは、「永遠」を表わす縁起の良いアイテムです。リースの全体の形が輪になっていることから、永遠に続く幸せを意味します...

y001-1254

じゃがいもレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもは、和でも洋でも、色々な方法で食べることができる、とても便利な食材です。結構日持ちもしますから、使い勝手が良く...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向...

y001-0683

四文字熟語一覧の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

四文字熟語一覧を作る理由は様々です。受験生が入試対策のために作ることもよくあります。特に中学受験や高校受験では、公立入試...

y001-0536

青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。また、栄養面においても非常に優れてお...

y001-0119

洗面ボウルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お洒落なカフェや、レストランなどに行くと、素敵なトイレの内装にうっとりしてしまうことがありますね。よくあるタイプのトイレ...

y001-0794

果実酒ぶどうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒といえばぶどうで作られているワインが有名ですが、果実酒は最も古いお酒だということを知っている方も多いのではないでし...

y001-1243

ジンジャーエールの簡...

ジンジャーエールのもとになったものができたのはイギリス発...

子供エプロンフリルの...

ねんねの赤ちゃんだったお子さんが成長し、歩くようになり、...

y001-0771

巻物の簡単な手作り方...

ハレの日のご馳走に、運動会やピクニックのおべんとうに欠か...

y001-1400

おやつレシピの簡単な...

昼食や夕食の間のつなぎとしてだったり、あるいは日々の癒し...