酒まんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酒まんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小麦を使った生地にお酒を加えて作るのが、酒まんじゅうの和菓子です。ほのかにお酒が香る小麦の記事の皮で、甘いあんこを包んで、蒸して作るおまんじゅうです。作る目的は、おやつの和菓子に酒まんじゅうを作ることもあります。香りのよいもちもちの皮に、深い甘みのあるあんこの坂まんじゅうは、お茶菓子にもピッタリです。酒まんじゅうは、お茶菓子だけでなく、お祝いやお彼岸、ギフトなどにも重宝します。酒まんじゅうを作るときには、基本的に酒粕を材料に使います酒粕には、葉酸やビタミンB6とか、食物繊維など、豊富な栄養成分を含んでいます。アミノ酸にも関係するのがビタミンB6の栄養成分で、肌の健康状態にもプラスの働きをもたらします。タンパク質も豊富で、ビタミンやミネラル成分も含んでいます。食物繊維も豊富であるために、便通も良くなります。腸内環境が良くなるということは、健康にも大切なことですし、美肌のためには必須のことです。麹酸もたっぷりであるため、美白やシミなどにも効果的です。ビタミンB群も豊富である為に、肌への保湿成分もy¥高いものです。レジスタントプロテインの成分も含まれていて、体内の油を吸収して排出する作用があるので、無駄な油分吸収を抑制してくれます。

酒まんじゅうを作ることの楽しさ

酒まんじゅうを作る楽しさは、作りたてのあんこの入ったおまんじゅうが、すぐに食べられることです。酒粕を使うことで、仄かに良い香りも楽しめます。作る目的としては、お茶請けであることが多いですし、行事で和菓子を振舞うときにも作ることができます。酒まんじゅうの簡単手作り方法では、売っているおまんじゅうより美味しく作ることもできます。材料は酒粕を100gに、日本酒を大さじ3杯、薄力粉を120gにベーキングパウダーを小さじ2杯、砂糖を100gとあんこを500g用意します。こした酒粕を日本酒と砂糖を加えて混ぜ合わせます。小麦粉を広げたバットの上に生地を置いて、20個分くらいに分けます。あんこも20個くらいに、丸めて分けておきます。あんこを生地で包みます。水を入れた蒸し器に、お酒を小さじ1杯入れて沸騰させて、おまんじゅうを15分間蒸します。となりとの間隔は、5cmくらいあけることで、となり同士の生地がはりついてしまうのを防ぎます。更かしたら常温において、熱をクールダウンさせます。常温で冷やすと、皮に艶が出てきます。中に入れるあんこは、粒餡を使用しても良いですが、こしあんを使うと、なめらかさを食感として味わえるおまんじゅうになります。

酒まんじゅうを作るのに用意する物

たくさんのおまんじゅうがありますが、お土産などでもよく購入して食べる機会は多いです。定番の和菓子としてもよく見かける中で、酒まんじゅうも名前を聞きますし、スーパー等の和菓子コーナーでも見かけます。それぐらいポピュラーなおまんじゅうとして親しまれているわけですが、これもルーツをたどれば日本最古のおまんじゅうと言われているぐらいです。生地を作る工程で麹を使ってお酒を造るのに似ている事から、このように呼ばれています。 難しそうに見えるかもしれませんが、手作り方法も事前に読んでおけば、思った以上に簡単にできるのが酒まんじゅうです。材料としては、作りやすいレシピを参考にする場合には、生地のために小麦粉、酒かす、日本酒、イスパタと呼ばれる膨張材です。中に入れるあんはこしあんの方が一般的ですが、粒あんの方が好きならそちらを使っても構いません。もしイスパタがないようであれば、ベーキングパウダーや重曹でも代用は可能なので、材料を買い揃える前に探しておいてもいいでしょう。ふんわりとしたお酒の香りが漂う、どこか大人の味わいがする酒まんじゅうは、是非とも一度作ってみて下さい。出来立ての温かなものは本当に格別な味わいです。

酒まんじゅうの作り方の手順

生地から作っていく事になりますので、下準備としてボウルに砂糖と酒かすを入れてよくすり混ぜます。ここに日本酒を加えて滑らかになるまで混ぜていきます。酒かすは以外にいろんな会社から販売がありますが、もともとの水分量が違っていたりしますので、使う前に日本酒をふりかけるなどしておくと作業がしやすいです。その後は小麦粉とイスパタをふるってから酒かすの中に入れて混ぜ合わせていきます。 広めの台の上に打ち粉を振ってから、混ぜ合わせた生地の素をさらによく練り込んでいきましょう。生地の分割は好きなサイズで行って下さい。あまり大きすぎても作業がしにくいので、大体8等分や12等分ぐらいするといいでしょう。生地を等分した数と同じ数だけあんこも分けておきます。等分した生地を手のひらなどを使って丸く平たく伸ばして、そこにあんこを置いて丸く形作り、底にへぎ板があればつけておきます。市販のまんじゅうなどについているあの薄い木の板のようなものです。ここまで頑張れば後は蒸すだけです。蒸し器に入れて約10分ほど蒸し上げれば、美味しい手作りの酒まんじゅうの出来上がりです。ふんわりと立ち上るお酒の香りに、蒸している最中も楽しみに待てるでしょう。

酒まんじゅうの作り方のまとめ

酒まんじゅうの簡単な手作り方法では、ホットケーキミックスを使うレシピもあります。材料は酒粕が100gに、ホットケーキミックスが200g、日本酒を70gと牛乳を50cc、あんこが300gに、内子用の薄力粉を適量用意します。器に牛乳と、ちぎった米麹を入れて、1分間加熱をします。つぶをゴムベラで潰して、お酒も加えてフードプロセッサーで混ぜ合わせます。ホットケーキミックスを入れたら、ゴムベラで混ぜてから、生地を20等分して丸めます。中のあんこは、15gで丸めておきます。打ち粉をして10cmくらいに生地をひろげて、真ん中にあんこを入れて丸めます。蒸し器に、5cmサイズのクッキングシートをカットして、おまんじゅうをのせて、15分間蒸したら完成ですもっと簡単に作りたい時には、電子レンジを使った手作り方法もあります。材料はホットケーキミックスを150gと、酒粕が30gに牛乳が120g、上白糖が大さじ2杯、それにあんこ適量です。材料を全て混ぜて、電子レンジで加熱します。それを泡立て器で混ぜ合わせてから、ホットケーキミックスを入れて混ぜます。ココットなどに生地を半分入れて、あんこを入れて、また生地をのせます。500Wの電子レンジで5分間加熱すれば出来上がりです。

y001-0176

美味しい黒糖梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で梅酒を作ることになったきっかけは、梅をたくさんいただいたからでした。その時住んでいた地域では、多くの家が農作物を手...

y001-1298

ゴーヤチャンプルーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食欲が減退してしまう夏に、一皿でパワーを与えてくれる夏バテ対策にぴったりな料理がゴーヤチャンプルーです。ちょっと疲れが取...

y001-0219

玄関ドアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玄関ドアを作る理由としては、まず不審者の侵入を許さないという大切な役割を持っています。人間はプライベートの空間を確保しな...

海の近くのシーサー

シーサーイラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

沖縄の守り神であり、見た目が独特なため全国的に認知度が高いことで知られているのがシーサーです。そんなシーサーのイラストを...

お正月寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月寄せ植えは、年末になるとあったらいいなと思うものです。これが玄関先にあると、かなり豪華な印象を与えます。これから新...

y001-0380

美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりは、お弁当の定番です。日本人ならば誰しも一度は食べたことがある食べ物です。握ってラップやアルミホイルで巻...

y001-0381

飛び出す絵本型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

絵本に分類される種類の中には飛び出す絵本と呼ばれるものがあります。このタイプの絵本は比較的古い時代から販売されているもの...

y001-0379

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や...

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

北欧モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用されていた北欧モビールですが、北欧では室内にこもることが多いためにD...

y001-1173

ちゃんぽんの簡単な手...

ちゃんぽんという言葉を聞いて多くの人が思い浮かべるのは長...

y001-0005

塩レモンの簡単な手作...

話題になっている塩レモンを手作りで作る理由についてを皆さ...

マキシスカートの簡単...

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカー...

y001-1496

アートバルーン花の簡...

風船はそれ自体が夢があるような雰囲気を持っているので、見...