美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいかき揚げの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かき揚げというのは、てんぷらなどを作る際に一緒に作ることが多いでしょう。一つの食材を使うのではなく、いくつかの食材の味や香りを楽しむことができるものなのです。そのまま違った調理方法で楽しめるような食材を使うことも多いのですが、複合的にいくつかの味を楽しめるのはとてもよいものです。また、扱い方などもわりと簡単であり、コツを掴めばかなり上手に美味しいものを作ることができるのです。例えば、5月くらいになると駿河湾の桜海老が出回るようになります。いろいろな調理法があるのですが、特にかき揚げは美味しく食べることができる調理法として知られています。ですから、食材を美味しくいただくためにもかき揚げにするという場合もあるのです。また、冷蔵庫にいろいろな野菜が余っていたら、そういったものを有効利用するために使うという場合もあるのです。少しずついろいろな野菜などを使うことによって、衣で一つにすることができ、美味しく野菜を取り入れることができたりするのです。このように、日ごろの生活では食材をいかに美味しく調理することができるのかということが問題になるので、その調理の一つとして、かき揚げというのもありなのです。

美味しいかき揚げを作ることの楽しさ

美味しいかき揚げを作ることになると、まず食材の組み合わせを考えることになります。これは、人によっても好みがあったりするので、その人が食べやすい組み合わせで考えるといいでしょう。特に香りが強いものである葱や三つ葉は両方入れてしまうと香りや味がぶつかってしまうので、どちらかにしてみるといいでしょう。また、人参やごぼう、たまねぎなどは食べやすく、加熱しやすい薄さや大きさにしていくようにします。こういった工夫も楽しみの一つです。 そして、できばえを左右する最大の問題は揚げ方と衣との調和です。さっくり揚げるためには、小麦粉や片栗粉は氷水でさっと混ぜて、手早く揚げていきます。その揚げ加減を見ながら、出来上がりを待つものいいものです。 美味しいかき揚げはさっくりとしていて、素材の美味しさが引き立っているものでもあるので、その過程をいかに手際よく、楽しみながらできるのかということが大切になることでしょう。 また、美味しいかき揚げを自分だけでなく、人にも提供してあげることによって、誰もが笑顔になることでしょう。旬のものを取り入れながら、その季節の味覚を楽しむことができるのもメリットの一つでもあることでしょう。

美味しいかき揚げを作るのに用意する物

美味しいかき揚げを作るには、いろいろなコツがあります。それを知っていることで、かなりできばえや食感、味も変わってくることでしょう。コツもさることながら、材料も大きく関係してくる要素になります。まずは準備段階から考えて行きたいと思います。 まず食材を混ぜ合わせるボールが必要になることでしょう。具材を切るにも、まな板や包丁は必要です。また、菜ばしを使うことによって、上手に混ぜることができます。たねができたら、揚げていきます。揚げる際にはお玉やスプーンで形づくり、揚げ油に放します。この際にクッキングシートに分量のたねを入れて、油に放つという方法もあるのです。クッキングシートの場合では、そのまましばらく一緒に油に入れて型崩れしないようにして、加熱によって堅くなってきたら、シートだけ取り出すようにしていきます。揚げるときにも菜ばしを使っていくといいでしょう。揚がったら、油を切ることができるバットに乗せて、油を切ります。 食材に関しては、いろいろな野菜を準備するといいでしょう。色取りを考えると、人参の細切りや三つ葉、ごぼうのささがき、たまねぎのスライス、じゃがいもの細切り、青ねぎなどもいいでしょう。また、桜海老や芝エビ、イカなどを入れても風味と味がプラスされて美味しいかき揚げができるのです。

美味しいかき揚げの作り方の手順

美味しいかき揚げを簡単に作るには、どうすればいいのでしょうか。意外に作るのが難しく、手作り方法を検討する人も多いことでしょう。プロが作るようなできばえにするためにも、ちょっとしたコツを知っておくといいでしょう。 まず、食材を選んでいきます。相性もあるので、味がぶつかりすぎてしまうような組み合わせは避けたほうがいいでしょう。たまねぎや三つ葉、人参あたりは無難な食材であり、ほかの具材との相性もいいものです。それにたんぱく質源であるエビなどを加えていくといいのです。洗って切るといった処理をしておきます。 次に小麦粉と片栗粉を混ぜたものに具材を入れて軽く混ぜます。そして溶き卵を軽く混ぜます。ここで混ぜすぎると、小麦粉のグルテンが形成されて、べたっとしてしまいますので、注意しましょう。 また、衣になる粉と水や氷を先にさっと混ぜておき、そこに具を入れて混ぜて種を作るという方法もあります。 そして、揚げていくのですが、170度の揚げ油にお玉やスプーンで入れたり、クッキングシートにたねを入れて、そのまま油に放つ方法でもいいでしょう。揚げている間には、ある程度加熱が進み、堅くなってきたら、かき揚げに2~3箇所菜ばしの穴を開けて、揚げていくと上手に揚げることができます。

美味しいかき揚げの作り方のまとめ

美味しいかき揚げの手作り方法としては、まずは食材を切ったりして具を選ぶことから始めます。桜海老やしらすのシーズンでは旬の食品を使いながらも、野菜などを贅沢に使っていくといいでしょう。たまねぎはスライス、人参やじゃがいもは細切りにするといいでしょう。また、三つ葉や葱は3cmほどの長さに切っておくといいのです。 小麦粉と片栗粉を混ぜた粉を具に少しまぶします。そして、粉に氷水を入れてさっと混ぜたものにそれを入れていきます。そして170度の揚げ油で揚げるのですが、お玉やスプーン、最近ではクッキングシートを利用する方法などで、かき揚げがばらけないように揚げていくといいでしょう。ある程度火が通って堅くなってきたら、菜ばしで穴を開けて火が通りやすいようにしていきます。 両面さっくりと揚がったら、油を切ることができるバットに上げておきます。ここで油きりをしっかりすることで、さっくりとした美味しいかき揚げができるというわけなのです。 そして、大根おろしやしょうがなどのそりおろしと天つゆや塩や山椒などを添えて食べると一段と美味しくなることでしょう。好みもありますし、具の種類によっても味わいが異なるので、それぞれに合わせていくといいでしょう。

y001-0807

可愛いアルバムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日々成長していくこどもの記録、家族や恋人とどこかへ出かけた記録。せっかく写真を撮ってもそのまま携帯電話の中にデータとして...

y001-0760

牛乳から生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シチューなどの料理に生クリームをほんの少し加えただけで、格段にコクの出方が違います。しかし、生クリームは乳脂肪分が高いも...

イラストレーター波の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

基本的に、イラストレーターは図形がとても書きやすいソフトで、処理にも様々なバリエーションが含まれており、自分で描きたい図...

y001-0738

渓流仕掛けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヤマメ、イワナ、ハヤ、アマゴなどの魚は山奥に在る渓流に生息しています。普段は人が訪れないような場所、周囲は川の流れや風の...

y001-1036

パペットの作り方!簡単に可愛い手作り人形が作れる

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

y001-0864

リボンの結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リボンというのは、女性なら誰もが好きなアイテムといえましょう。その用途としては、ラッピングなどをはじめとして、自己流のア...

y001-0165

角松の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お正月には様々なアイテムを揃えなければなりませんが、その中でも神事にとって大切なアイテムが「角松」です。角松とは神様がそ...

折り紙うさぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世の中にはささやかなものですが知っておくと想像以上に利便性のあるもの、使えるものというのがあって、折り紙封筒もそのひとつ...

y001-1381

ガーランドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーランドと聞いてもどういうものなのか想像出来ない人も多いことでしょう。アメリカなど欧米では一般的に使われているメジャー...

y001-0897

もちもちポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もちもちポテトは、じゃがいもと片栗粉を混ぜて揚げることで、サクサクした食感と内側のもちもちした食感を同時に楽しむことがで...

y001-1327

きゅうちゃん漬けの簡...

きゅうりは一年中、店頭に並ぶので手に入りやすい野菜ですが...

y001-0821

飲むヨーグルトの簡単...

飲むヨーグルトは年齢に関係なく飲むことができて、さらにア...

y001-0556

水出しコーヒーの簡単...

コーヒーは日本茶や紅茶と同じように多くの人に好まれている...

y001-1385

お面の簡単な手作り方...

幼稚園や小学校低学年くらいの年齢の男の子にとって、戦隊や...