エルゴカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エルゴカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エルゴカバーを作る理由としてはエルゴが邪魔になることが多いからです。外出するときなどに子供をどのように連れて行くかはそのときによって異なります。ベビーカーに乗せてずっと乗せている、もしくは歩かせたりするようなときは使いません。でも子供が小さいときなどはベビーカーだと泣いてしまって収まらないことがあります。このときには抱っこをして泣き止ませるしかありません。エルゴをつけているときは邪魔になりませんが、いざ子供がベビーカーなどにいるときなどは邪魔になります。このように考えている人は多く、いろいろな人を見たり聞いたりしてみるとエルゴカバーを作って収納していることがあるようです。エルゴ自体が複雑な形をしているので作り方は難しいように感じることがありますが、実際のところは布を縫い合わせるだけなので非常に簡単にできる場合があります。別の袋などに入れてしまうと他のものが入れられなくなったり、ベビーカーの下などに入れておくのもあまり見た目がよくないですが、エルゴカバーを作ってそれを身につけていれば邪魔になりません。自分で作るようにすればデザインなども自分で考えることができるので、おしゃれにすることも可能です。

エルゴカバーを作る事の楽しさ

エルゴカバーを作る事の楽しさとしては、作ることによって日常的の面倒なことを減らすことができることです。育児においては非常に忙しいと何もできないと考えてしまうことがありますが、ちょっとした工夫をすることで大きく変える事ができます。周りの人などもそのようにして子育てをしていて、自分自身でもより楽に子育てをする方法を知ることができる楽しさがあります。エルゴカバー自体は服ではありませんが、身につけることが多くなります。となると身につけたときにおしゃれかどうかを考えることができます。コーディネートをする事ができます。作り方が難しいと一つを作るのも大変と考えるようになりますが、一つ作って簡単なことがわかるといろいろなバリエーションで複数作ることができます。明るい色のときはこのタイプ、落ち着いた色の時にはこのタイプなどそのときに応じて使い分けることができるようになります。自分の普段着ている服に合わせてコーディネートをする楽しみがあります。自分で作れば修理なども簡単に行うことが出来ます。破けたり紐の部分が切れたりしてもその部分を留めてしまえばすぐに直すことができるので、使っていく過程を考えながら作れる楽しみがあります。

エルゴカバーを作る際に用意する物

エルゴカバーを作る際に用意する物としてはまずはメインの部分の布になります。エルゴを中に収納するときに外側になる部分になります。家にあるあまりものの布を利用することもできますし、おしゃれにしようとするなら布を別途購入してもいいでしょう。あまり薄いとすぐに破けてしまいますからある程度は厚地のものを用意したほうがよいです。エルゴに関しては種類によってはクッション性が高いものはかさばることがあります。丈夫なタイプにしておかないと周りの布に負担がかかりやすくなります。エルゴカバーで包んだときに留めるときのための材料がいります。マジックテープやボタン、ホックなどがあります。これで本体はできますがこれだけだと持つことができませんから持ち手の部分の材料が必要です。肩から提げる場合、腰に巻いてウエストポーチのようにする場合があります。どちらにしても紐のようでいて紐のように細いと使いにくくなります。幅のあるベルトのようなものがあると簡単に作ることができるかもしれません。紐に関してはどのように体につけるかがありますが、ウエストポーチのようにするのであればそのための材料を用意します。プラスチックなどでできている部品です。

エルゴカバーの作り方の手順

エルゴカバーの作り方の手順としては、まずはエルゴを折りたたんだときの大きさがどのようになるかを調べます。布製のものならかなりコンパクトになりますが、クッション性の高いものだと大きくなります。肩にかける部分などを収納して、コンパクトになるようにします。その大きさがわかったらそれを包むことができるように布を測ります。ぴったりにしすぎると急いでいるときに入らなかったり破けてしまいますからある程度余裕を持たせます。余裕を持たせすぎると今度は中でぐらぐら動いて持ちにくくなります。サイズをゴムや紐などで調節できるようにする作り方もあります。布のサイズが決まったら周りを縫ってほつれないようにします。後は包んだときに留めることができるようにボタンやマジックテープなどを縫い付けます。ここまでは非常に簡単に作ることができそうです。少し大変なのは紐の部分でしょう。少し丈夫目の紐を布に取り付けますが余り簡単にしすぎるとすぐに切れてしまいますから、何重にも縫い合わせるようにしたほうがいいでしょう。紐を取り付けることができたら完成になります。実際にエルゴを入れてみて肩などにぶら下げて紐や袋の大きさなどを調節しておきます。

エルゴカバーの作り方のまとめ

エルゴカバーの作り方のまとめとしては、自分の好みの色で邪魔になりやすいエルゴを収納できるエルゴカバーを簡単に作ることができます。最初に作るとあまりに簡単なのでまた作ってみたくなるかもしれません。そうすると周りの友達からも色違いなどを指摘されていい気分になるかもしれません。また別の人が作っているエルゴカバーがあればそれを見せ合うのもいいでしょう。全く同じ作り方ではないでしょうから、別の人がどのように作っているかを知ることで新しい方法を知ることができるかもしれません。自分のほうがいい方法を知っているならそれを教えてあげるようにして、友達が持っているほうが良ければその方法を教えてもらって真似をするようにします。そうするとより使いやすくておしゃれなエルゴカバーを作ることができます。子育てに関しては今は男女で行うことが多くなっていますから、夫用のものを作るのもいいでしょう。女性が持つ場合は女性らしい鮮やかな柄のものなどを作るのがいいですし、男性用のものとなるとシンプルなデザインのほうが好まれることがあります。これを作ることで夫が積極的に抱っこをしてくれたりすることもありますから、どんどん作るようにします。

y001-1167

つばめ巣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ツバメという鳥は、日本では古来より決まった季節になると家屋などの建物にやってきて、巣作りをして卵から孵った幼鳥を育ててき...

y001-0601

小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで屋外用の小屋を作る方法があります。作ることに関しては一般的に市販されている物置の場合では、金属製のタイプのものが...

y001-0013

庭鳥小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

野鳥はバードウォッチングなどの趣味がある人も多いので、日常生活でも楽しみを与えてくれる生き物ですが、そうなると飼ってみた...

y001-0455

釣り糸の結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

釣りの仕掛けを作る時に必ず出てくるのが釣り糸の結び方をどうするのかと言う事を考える事です。釣り糸の結び方には幾つかの方法...

y001-0551

炊き込みご飯レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊き込みご飯というのは、白いごはんとは異なり、いろいろな味を楽しむことができます。その季節の食材を使いながら、旬の味わい...

y001-0082

カリカリ梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは梅雨の時期が終わる頃から、最盛期を迎えます。多くの家庭で長年梅干し作りは行われ、常に食卓にある食材でした。しかし...

y001-1172

チョコバナナの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョコバナナは、バナナにチョコや様々なトッピングを施したお菓子のことです。お祭りなどの屋台や出店で販売されることが多く、...

y001-0652

七夕飾りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕というのは1年に一回だけあるイベントであり、このときに笹の葉に短冊や飾りをつけて七夕というイベントを楽しむ行事なので...

y001-0768

甘酢あんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭料理において避けたいのはマンネリというものですが、どうしてもそれぞれの好き嫌い、調達できる食材、調理法を考えていくと...

y001-1397

お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きは関西が発祥と言われている小麦粉を使った料理です。関西人はお好み焼きをご飯のおかずとして食べる事が出来る、おか...

y001-1059

パウンドケーキの簡単...

パウンドケーキとは、小麦粉、バター、砂糖、玉子の4種類を...

y001-1195

たまご料理の簡単な手...

たまご料理というと、目玉焼きに卵焼き、スクランブルエッグ...

y001-0841

わらじの簡単な手作り...

わらじは軽くて履きやすく、健康にも良いとされる、日本古来...

y001-0804

夏の料理レシピの簡単...

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体...