FGノットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

FGノットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルアーフィッシングをするにあたってFGノットは必要不可欠であり絶対に覚えて頂きたい結び方です。ルアーには種類が様々ありフローティングでしたら文字通り水面を浮くルアーです。バイブレーションでしたら底に着きながらルアーを引っ張ってくる釣り方になります。シンキングでしたらリールを巻くスピードによって沈み種類によっては底まで到達します。FGノットはPEラインとショックリーダーと結ぶノットとして最も多くのフィッシャーマンに支持されており、簡単でありながら強さに定評があります。手作り方法も多くで紹介されており学びやすさも人気の要因と言えます。なぜルアーを結ぶのにPEラインだけでなく、ショックリーダーを結ばないといけないのかと疑問に思う方も居るかると思いますが、PEラインだけでルアーを結んだ場合、PEラインは比重が軽いため投げてる途中や着水時にルアーに巻きついてしまうということが一つに上げられます。他にはPEラインは横擦れに弱く切れやすいという性質を持っています。このため横擦れに強いフロロカーボンをショックリーダーとして使用しPEラインにFGノットを用いリーダーと結束します。このようにライントラブルを未然に防ぐためにFGノットはルアーフィッシングにあたり必要不可欠なのです。

FGノットを作ることの楽しさ

FGノットは釣りに行くのにあたって事前にPEラインとリーダーを結束していく必要があります。それは結束に慣れていれば5分程度で作れるのですが、慣れていない人では15分以上かかってしまうからです。また2本の釣り糸を編むように結束するため夜など視認性の低い状況下では難易度が上がってしまう。と言った理由があげられます。 編むため初心者の内は、ハーフヒッチをかけている最中など一つ網目を間違えると凹凸が出来てしまい。綺麗にFGノットを作れないといった現象が起きます。これも回数を重ね慣れてくると凹凸のない綺麗なラインになり、実際に釣り場で投げた時もガイドにFGノットによる結束の突っ掛かりの抵抗が少なくストレスフリーで釣りに集中できるので上達したな。と喜びを感じます。 FGノットの他にもPEラインとリーダーを結束する方法はあるのですが、なぜ定番となり人気が高いのかと言うと、やはり外れにくいと言う強度に定評があるからと言えます。釣り場によっては底が貝殻だらけなど藻や水草が大量に生い茂っている場合がるからです。ルアーのロストを防ぐためにもあまりそのポイントに投げたくないのですが、魚はそういった障害物があるところを隠れ家とし好む性質がるので投げなればなかなか釣れてくれません。そういったポイントで、もしルアーが引っ掛かてしまった場合強い力でルアーを引っ張るため強い強度のFGノットが役に立ちます。

FGノットを作るのに用意する物

ルアーフィッシングを楽しむ人は多いものですが、ルアーフィッシングを楽しむ時にはラインを選ぶと言う人は多くいます。 しかし、このラインは他のラインとは異なり、専用のラインであることからも高額な物が多く在ります。 釣り場の環境によっては、この高価なラインが根スレなどを起こしてしまい、傷がついたたために、魚がヒットした瞬間ラインが切れてしまうと言う事も起きやすくなります。 そのため、高額なラインでもルアーフィッシングを楽しむ場合には定期的に交換と言う事が必要になるわけです。 FGノットは、こうした交換を極力防げる方法として存在しているラインの接続手法であり、PEラインとリーダーを結ぶノットとして標準的に利用されているものなのです。 尚、FGノットは手作り方法をマスターする事で簡単にラインとPEラインを結ぶ事が容易に行えるようになりますし、FGノットは摩擦によるラインの劣化を防止するノットの中では定番の手法でもあるのです。 用意するものは、ラインとPEラインのみであり、後は手作り方法をマスターして2つのラインをしっかりと結ぶだけという事になります。 また、FGノットはノットの中では強度も高いと言われているのです。



FGノットの作り方の手順

FGノットは高価なラインを根スレなどによりダメージを防止する目的でライン同士を接続し、高価なラインを守る目的で行うノットの手法の一つです。 ノットを作ることで強度はどうなのか、切れてしまわないかと不安に感じる人もいますが、FGノットはノットの中でも強度が高いと言った特徴が在ります。 また、FGノットはPEラインをリーダーラインに対して食い込ませる摩擦抵抗を応用した結束手法であり、ノットにありがちな結び目が大きくなると言う事が無いのも特徴なのです。 これはPEラインをリーダーラインを食い込ませるように結ぶため、リーダーライン側を結ばない事からも、結び目が小さくて済み、且つ、強度が高いと言う手法になります。 手作り方法としては、最初にリーダーラインにPEラインを10回から15回程編み込んでから、リーダーラインおよびPEラインを一緒にライン先端部で巻き付けて留めておきます。 次に、ラインの先端部分で、ハーフヒッチを10回、リーダーラインの先端部分を2~3ミリほど残してカットをし、ライターなどを使って火であぶって留めコブを作ります。 後は、リーダーラインの先端部分に、本線にハーフヒッチで6回ほど巻き付けてあげて、再びライターを利用して留めコブを作れば完成となります。

FGノットの作り方のまとめ

以上を踏まえFGノットの必要性を理解して頂けたかと思います。 今までルアーフィッシングに出向き、投げた直後に結束が解けてしまい高いお金を出して買ったルアーだけが海の遠くに飛んでいってしまった経験がある方や、岩場などにルアーがひっかりPEラインとリーダーがすっぽ抜けてルアーをロストしてしまった人、ましてやせっかく大物が掛かったのに結束が解けすっぽ抜かれた経験がある方には、絶対にFGノットをおすすめしたいです。慣れてしまえば簡単であり5分ほどで完成します。 FGノットを行う際のコツですが、網目を間違えてしまった場合大きなミスでなければそのまま無視をし作成を続けても完成するのですが、綺麗なラインを作るためにめんどくさがらずにやり直して下さい。あとは網目をぐっと力を入れ締めていくためどうしてもラインに摩擦熱が生じ傷んでしまいます。そのため時折、締めた結べ目に唾や水でラインを湿らせながら編みこんでください。ハーフヒッチをかけていく時も同様、湿らせてください。 釣りを楽しむにあたってライントラブルは最も防ぎたい事柄です。一見難しいような結び方ですが、慣れてしまえばとても簡単です。また手作り方法なので編んだラインに愛着も湧きます。 FGノットの作り方をマスターし快適なルアーフィッシングを楽しんでください。



肉じゃが

美味しい肉じゃがの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい肉じゃがを作る理由は、なんといっても定番の日本食であり、ほとんどの日本人が好きなおかずだからです。目的としては、...

せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校の帰りにはコンビニエンスストアやスーパー、ファーストフードなどが...

ペーパークラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペーパークラフトは、誰でも手軽に安価に安全に楽しめる、創作系の趣味の1つです。作るのに必要な道具も家庭にある簡単な工作道...

カマンベールチーズ

自家製チーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自家製チーズを手作りするのは、だれにでも簡単にでき、その上おいしいからです。また安心して子供にも食べさせることができます...

y001-0251

和紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和紙というと、高級なイメージを持っている人も多いかもしれません。それは、和紙が現代においても、大量生産することをしない、...

y001-0525

折り紙くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手紙を送るときに中身が出ないようにするため封筒の中に入れて送ることになるのですが、これはそれ以外に第三者に中身を見られな...

y001-0523

折り紙トトロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒という道具は、手紙を相手に送るときに使うものであり、これがあると中身のを確認されずに相手に手紙を送ることができるので...

y001-0792

果実酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

体に良いもの、美容に効果的なものは積極的に取り入れたいもので、そのために努力をしている人も多いです。しかしながら世の中に...

y001-0095

リースプリザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リースとは幸せの象徴です。玄関ドアやお部屋のインテリアに飾れば、幸せをもたらしてくれると言われているハッピーアイテムです...

y001-0527

折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、紙1枚から誰でも始められる手軽な創作活動です。普段、絵や音楽等の芸術や創作の活動をしていない方でも、紙があれば...

y001-0503

洗濯バサミ猫型紙の簡...

雑貨品に分類されているアイテムの中には洗濯バサミ猫と呼ば...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な...

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおい...

y001-0725

厚揚げの簡単な手作り...

厚揚げはそのまま食べても美味しいですし、煮物に入れても、...

手作りアクセサリーの...

アクセサリーは男性でも女性でも自分を引き立ててくれ、そし...