ゴーヤチャンプルーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴーヤチャンプルーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食欲が減退してしまう夏に、一皿でパワーを与えてくれる夏バテ対策にぴったりな料理がゴーヤチャンプルーです。ちょっと疲れが取れないときや夏風邪を引きかけている時、ゴーヤと豆腐、卵があれば一番シンプルなゴーヤチャンプルーが作れます。夏の野菜の代表格のゴーヤは、苦みがあって苦手という人が多いのも確かですが、おいしいゴーヤチャンプルーを食べればきっとゴーヤのファンになるはずです。最近は苦みの少ない品種も出回っているのでそれを利用するのもいいですが、やはりゴーヤは苦みがあってこそ、そのパワーが発揮されるのです。その上ゴーヤチャンプルーは作るのが簡単。きっちり計量したりしなくてもおいしい一皿になるのは、作る人にも食べる人にも嬉しいものです。ゴーヤチャンプルーには、ゴーヤ、豚肉、豆腐、卵の他、あり合わせの野菜をなんでも使うことができます。もともとチャンプルーというのは、沖縄で野菜と豆腐を炒めたものを指します。ここにゴーヤが入ったものが一番ポピュラーになったのですが、やはり夏バテに効くゴーヤをはずすわけにはいかないでしょう。ゴーヤチャンプルーは作るたびに、少しずつ違った風味が楽しめる料理です。キッチンの火のそばに立つのが嫌な夏場でも、誰にでもおいしく簡単にできる一品なので重宝します。

ゴーヤチャンプルーを作ることの楽しさ

ゴーヤのビタミンCは他のトマトやキュウリなどの夏野菜やキーウィに比べても高く疲労回復や夏風邪の予防にも役立ちます。また血糖値を下げる効果もあり、美肌にも一役買ってくれる頼もしい食材です。 豚肉にはビタミンB1が含まれていて糖質をエネルギーに変換して体にパワーを与え、自律神経の調整をしてくれます。豆腐の大豆たんぱく質は免疫力を高め、サポニンには抗酸化作用があります。完全栄養食品である卵やその他ありあわせの野菜を入れることで、一皿でいろいろな栄養素が含まれた栄養価の高いものになります。 ゴーヤの苦みの成分であるモモルデシンには、胃の粘膜を保護して食欲を高める働きや元気を生み出す力があります。塩でもんで水にさらすと苦みは薄くなりますが、その分モモルデシンの効果も薄まってしまいます。 チャンプルー一皿で、かなりの数の必要な栄養素を摂ることができるのです。そして中華鍋(またはフライパン)1つで、材料を順番に炒めていくだけなので調理は簡単、味の決め手はだしと塩、醤油です。 ゴーヤチャンプルーには好きな野菜を入れても楽しめます。しいたけ、しめじ、えのきなどのキノコ類、ニンジン、キャベツ、小松菜、ピーマンなどは相性がよいでしょう。

ゴーヤチャンプルーを作るのに用意する物

冷房の使い過ぎによる電気代の節約を考えるに当たり普及しているのが、建物の壁に網を張りその下に植物を育てることで日陰を作るグリーンカーテンです。そのグリーンカーテンをする際に、真夏に旬を迎える野菜を育てることでエコでありながら収穫もできる利点としてゴーヤを育てることが多いのです。ゴーヤは沖縄の方言で、本州では主ににがうりとして販売されているものです。ゴーヤは表面に凹凸があるような緑色の野菜であり、現地では夏バテ防止の野菜として食べられています。実際にゴーヤの栄養素には、風邪の予防や疲労の回復そして肌荒れなどに効果の栄養素であるビタミンCが同じ成分を含んでいる野菜の中でも特に含有量が多く加熱しても壊れにくい性質を持っています。そしてにがうりと名前が付いているように味を表現するうえで口の中全体に広がる苦みが特徴ですが、その苦みはモモルデシンという成分で胃腸の粘膜を保護し食欲を増進する他にも脳の神経に作用して気分を爽快にさせる効果があるためゴーヤは栄養面でも夏にお勧めできる野菜なのです。しかし苦みがあるというのは人間が本能で危険な味の要素として認知しているものであり、ピーマンと同様に苦みが強いことで食べづらいと言えます。そこで現地沖縄では苦みのあるゴーヤを食べやすくする方法として考えたのがゴーヤチャンプルーです。

ゴーヤチャンプルーの作り方の手順

ゴーヤチャンプルーのチャンプルーは炒めるという沖縄の方言で、その名の通りにゴーヤの炒めものを意味します。ゴーヤの苦み成分は油と混じると、油が膜となって苦み成分であるモモルデシンを包み込むことで苦みが強く感じないで食べることができます。ゴーヤチャンプルーの簡単にできる手作り方法としては、ゴーヤを半分に切った後に中身のワタを取り除き塩をまぶして苦みのある水分を出した後に水気を取ります。次に現地では硬く作った特注の豆腐を使いますが、自宅では木綿豆腐に重しをのせて水気を切るかペーパーでくるみ電子レンジで1分加熱して水分を切った後に一口大に切ります。そしてフライパンもしくは中華なべに油を多めに入れて加熱した後に、塩味をつけた卵を溶き入れて焼いて半熟状態で取りだします。そして卵を焼いた鍋に再び多めの脂を入れて豆腐を両面焼いた後にゴーヤを入れて豆腐ができるだけ崩れないように炒めた後に、取り出しておいた卵を加えて醤油とお酒そして塩コショウで味をつけた後に鰹節を乗せて出来上がりです。ゴーヤチャンプルーにすると調理油で包まれる他にも豆腐にも大豆油が含まれていることでより苦みが感じにくく、さらに卵のたんぱく質と相まって夏バテ防止の料理と言えます。

ゴーヤチャンプルーの作り方のまとめ

手作り方法は、ゴーヤを半分に切って種を出して薄切りに、他の野菜を入れるならそれらも薄切りにします。 豆腐を水切りしておきます。豆腐は木綿豆腐が適しています。しっかり重しを乗せて水切りをする本格派もありですが、沸騰している湯に豆腐を大きめに割り入れてザルにあけたり、ペーパータオルで包んでレンジにかけたりするだけでも水切りできます。 大きめのフライパンか中華鍋にごま油を入れて、中火で薄切り豚肉を炒めたあと野菜類を入れて炒めます。ニンジンは細切りにして火が通りやすくします。炒めるときに少し長めに炒め、蒸し煮にする時も柔らかくなっているかみてみましょう。 しいたけなどのキノコ類、ピーマンは、ゴーヤと一緒に入れます。小松菜などの葉物野菜ならゴーヤに火が通った後入れるとよいでしょう。 野菜が柔らかくなったら水切りした豆腐を入れてさっくりと混ぜ、だしの素を入れてふたをし、少し蒸し煮にしたら、醤油を鍋肌から垂らして最後に溶き卵を入れてやさしく混ぜます。卵が固まったら塩加減をみて、こしょうを好みでふります。 豚肉は栄養価が高く是非入れたい食材ですが、豚肉以外でもおいしいゴーヤチャンプルーができます。コンビーフやツナ缶があればそれでもOK。豚肉と豆腐のかわりに厚揚げでもかまいません。

ネックレス手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女性が身に着けるファッションアイテムは、衣服だけではありません。さらに美しさを引き立たせるように、ネックレスやバングル、...

y001-0873

らっきょう漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょう漬けは、カリッとした歯ごたえが魅力で、カレーの付け合せとして知られています。らっきょう漬けはカレーの辛さを中和...

y001-0258

冷凍庫霜取りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的な家庭用として利用されている冷蔵庫には、冷凍庫の部分が設置されていることになります。冷凍庫だけの機能を持っているも...

在庫管理表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本では、購入された食品の2割近くが食べられることなく、廃棄されるとか。皆さまも身に覚えがあるのではないでしょうか。スー...

y001-1398

お化け屋敷の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お化け屋敷を作る機会は、学園祭の出し物や、地域の催し事といったイベントに関連する事が多いでしょう。多くの方は屋敷へ入る側...

y001-1299

コーヒーゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとした休憩や食後には、コーヒーを欠かせないという人も多いでしょう。コーヒーには覚醒作用や精神を落ち着かせるような働...

y001-0098

バルーンアートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

人間の社会を生きていく上で必要なものはたくさんありますが、経済力や仕事や人間関係のテクニックなども重要な要素になります。...

y001-0163

羊毛フェルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

羊毛フェルトで作品を作る理由は、手芸初心者でも簡単に始められる点にあります。しかも必要な材料は少ないです。必要な道具は羊...

y001-1022

ビーズクロッシェの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズクロッシェをご存知でしょうか、これはレース針でビーズを編んでいくテクニック、方法のひとつで、ヨーロッパで生まれて、...

しめ縄の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ縄とは、そもそも邪気を払ったり、穢れを断つために、作られるものです。その具体的な用途は、家庭の玄関であったり、床の間...

y001-0898

メンマの簡単な手作り...

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材にな...

y001-1388

お茶漬けレシピの簡単...

お茶漬けは手作り方法がとても簡単で料理を普段しない人でも...

y001-0469

竹細工の簡単な手作り...

国内では古くから伝統的に製造されているアイテムとして、竹...

y001-0323

本しおりの簡単な手作...

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえるこ...