ジンジャーエールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジンジャーエールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジンジャーエールのもとになったものができたのはイギリス発祥のジンジャービアというショウガと糖分を発酵させて作ったものです。これは現在モスコミュールなどのカクテルの材料として使われています。では現代の私達に馴染み深いジンジャーエールはいつできたのかといいますと1890年のカナダでした。作ったのはジョン・J・マックローリン氏で生姜の汁にフルーツジュースやフレーバーエキスを混ぜた飲み物を作り、これをドラッグストアで売るようになりました。日本では大正時代にはすでにジンジャーエールが作られていました。カナダ系のジンジャーエールは甘みが強く、ショウガの辛味はそれほどしません。どちらかといえば甘めのビールのような味わいです。一方日本の会社のイギリス系の味にこだわったジンジャーエールはショウガの風味が強く、かつてのジンジャービアのような味わいです。ドライと名前がついているジンジャーエールは甘みがあるもので、ついていないものは辛味の残っている英国風のものだと覚えておくとわかりやすいです。これに関しては好みがありますので自分で実際に飲み比べてみるのが良いでしょう。同じ甘めのものでも製造会社が違えば微妙に味も違うのです。

ジンジャーエールを作ることの楽しさ

ジンジャーエールを使っていろんなカクテルを作ることができます。例えば有名なのがモスコミュールです。モスコミュールはウォッカとジンジャーエール、フレッシュレモンジュースで作る少し甘みの残る辛口カクテルです。甘口のお酒が好みの方はルジェアップル・ジンジャーを飲んでみるのもオススメです。このカクテルはブラウン色で青リンゴのリキュールとジンジャーエールで作られます。自宅でも簡単に作ることができるお手軽でおいしいカクテルです。エル・ディアブロという赤いカクテルも作ることができます。カシスリキュールとジンジャーエール、テキーラ、フレッシュレモンジュースで作りますが、テキーラを入れていることで刺激のある味わいになっています。またジンジャーエールはお肉料理に使うことで柔らかいお肉に仕上げることができます。例えば鶏肉の照り焼きや豚肉のジンジャーエール煮、焼き豚なども作ることができます。ジューシーで柔らかいお肉は年齢問わず食べてもらうことができるのがメリットです。手羽先を調理する時にも程よい甘みをつけることができますのでよく利用されています。料理好きな方はジンジャーエールを使って何か作ってみるのも良いでしょう。

ジンジャーエールを作るのに用意する物

ジンジャーエールとはショウガ入りの甘さのある炭酸飲料になり、少し辛口でスッキリとした味わいが夏の暑い時期などにはピッタリの飲み物です。しかもショウガには体を温める効果がありますので、冷たくして飲んでも体を冷やしすぎないという夏バテ防止の効果もある飲み物でもあります。このジンジャーエールは元となるシロップさえ作っておけばすぐに作ることが出来る飲み物です。手作りをすればショウガをもっと強めにや甘さ控えめになど、自分好みに調整することも可能になりますし、炭酸飲料としてだけでなくお酒で割ってカクテルやチューハイなども作ることもできます。ではそのシロップを作るための材料ですが土ショウガにハチミツと砂糖・鷹の爪、スパイスとしてシナモンとグローブそしてレモン汁が必要になります。人によっては砂糖を三温糖やきび砂糖に変えたり、土ショウガよりも辛味が少ない新ショウガを使ったりします。後はシロップを割るための炭酸水も用意しておきます。次に作るための調理器具ですが包丁・まな板に材料を量る計量器と計量カップ、土ショウガを細かくおろすためのフードプロセッサー又はミキサーとレモンの絞り器、そして材料を煮るためのお鍋が必要になります。



ジンジャーエールの作り方の手順

ジンジャーエールの簡単な手作り方法は、まず土ショウガの皮をむき大雑把に包丁で刻んでおきます。その刻んだ土ショウガとハチミツをフードプロセッサー又はミキサーにかけて細かくおろしてお鍋に入れ、そこに砂糖とシナモン・グローブ・鷹の爪などのスパイスを加えて30分程そのまま置いて待ちます。お鍋に入れた材料からお水が出てきたら火にかけて、焦がさないようにかき混ぜながら10分位煮詰めます。この時出てくるお水の量が足りなくて焦げ付きそうならば、別にお水を足してあげて下さい。そして材料が煮詰まってきたら火を止めシロップの粗熱が取れるまでそのまま待ちます。粗熱が取れたら中に入っているシナモン・グローブ・鷹の爪を取り出して、最後に絞ったレモン汁をそこに加えたらジンジャーエールのシロップが出来上がります。次にコップに炭酸水50mlに対しシロップ大さじ1の割合で混ぜると、手作りジンジャーエールの完成になります。ここにミントなどを入れると更に爽やかな印象に仕上がります。また出来上がったシロップを入れる容器は冷蔵庫で保存するにしても、雑菌の繁殖などを抑えられる煮沸消毒したガラス瓶などにした方が衛生的に保存することができます。

ジンジャーエールの作り方のまとめ

ジンジャーエールの手作り方法はそれほど難しいものではありません。ショウガには体を温める作用もありますし、殺菌作用や食欲増進作用などもありますので、いつでも飲んだり使ったりできるようにストックを用意しておくのが良いです。そこでオススメなのがジンジャーエールをいつでも作れるようにジンジャーシロップを作っておくことです。そうすれば一から作らなくてもいいので簡単です。しょうがを2袋分と砂糖200g、レモン2個分で作ることができます。ショウガはよく洗ってから皮付きのまま薄くスライスし、レモンは皮をむいて薄くスライスします。そして材料すべてを炊飯器に入れたら保温で5時間ほど放置しておくだけです。保存容器に具を入れたままでも抜いてしまったものでもいいので密封した状態で冷蔵庫へ入れておきます。これはとても簡単な方法で、もう少し本格的に作りたい場合はクローブやカルダモンなども入れます。飲み物として飲みたくなったら、シロップに炭酸を注いで出来上がりです。入れる分量の目安はシロップが1に対して炭酸を3くらいにするとちょうどいいです。お好みでレモンやライムをしぼってかけてよく混ぜて飲みましょう。夏には氷を入れて飲むとスッキリします。



y001-0885

やまもも酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

やまももは、中国大陸や日本を原産としているヤマモモ目ヤマモモ科の常緑樹になる果実です。20種類ほどの品種があり、やや酸味...

y001-0644

捨てアドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

捨てアドを作る大きな理由としては、迷惑メール対策ということが挙げられます。インターネットには様々なネットワークサービスが...

バッター液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで家の中を思い通りにアレンジするのは楽しいことですが、毎日の食事の支度は手間がかかるものです。ですから出来る限り簡...

y001-0753

牛丼レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今や日本の国民食化している、牛丼。大手牛丼チェーン店が、どこに行ってもあるような状態になっている昨今。牛丼を食べるなら大...

ゴムアクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学生くらいの女の子のおしゃれというのは、化粧をすることはまずないので、だいたいは洋服や靴、かばん、アクセサリーになりま...

y001-0628

手作りトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トートバッグと呼ばれるバッグは一般的に物を入れる部分がマチ付きの四角い形で、持ち手が2本ついているものです。マチが深いも...

y001-0516

折り紙メダル折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店頭で販売している封筒のデザインはすでに決まっているので、メダルの付いた折り紙封筒を探すというのは非常に時間もかかり、労...

y001-1256

しめ鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ鯖は生きのよい鯖を酢でしめたレシピです。好みが在るのが特徴ですが、好きな人はお寿司屋さんで青物の魚を食べるケースが多...

y001-1424

おいしいすし飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族が集まると手巻き寿司をすると言う人は多いものです。手巻き寿司のメリットは、好みのお刺し身を各自選び、自分が好きなよう...

y001-1028

ハンカチポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハンカチポーチといって、いろいろなタイプを考えることでしょう。ハンカチやティッシュを入れるための子どものポケットポシェッ...

y001-1455

ウッドデッキの簡単な...

家を建てるならウッドデッキのある家がいい、そんな夢を思い...

y001-0145

ティッシュカバーの簡...

ティッシュカバーを作る理由は少しでも自分の部屋をおしゃれ...

y001-0064

フリースネックウォー...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手...

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠か...