そうめん流し竹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

そうめん流し竹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。様々な政策が打ち立てられるものの、消費の回復の兆しはなかなか見えません。消費が回復しないことによって、サラリーマンの年収が減少傾向にあります。そのため家計における節約志向は一層高まるばかりです。住居費なども賃貸住宅をやめて、中古の安い分譲マンションに引越し、固定費を抑えようとする人も目立つようになってきました。また当然のことながら、水道光熱費、通信費などの見直しも行われるようになっています。しかし水道光熱費などは生活上、最低限度必要であり節約するにも限度があるのが事実です。そのため被服費、嗜好品、食費などを徹底して節約する人も現れています。とくに食費はその食材の質を抑えたり、外食を控えたり、ファーストフードやコンビニエンスストアの食事に依存しないようにすることによて大きく節約することができます。とくに家族の楽しみである外食を抑えれ、徹底して手作りの食事を毎日摂取することにより、一ヶ月の食費は二分の一に抑えることができます。しかし家族の唯一の楽しみである外食をなくすのは非常に寂しい現実です。そこで家庭で手作り料理でありながら、そこに外食のようなエンターテイメント性を追及する傾向が見られます。家庭の食事でもエンターテイメント性を高めることができます。その代表的なものが流しそうめんといえるでしょう。

そうめん流し竹を作ることの楽しさ

流しそうめんなどを家庭で行えば、子供たちも非常に喜び、外食に勝る楽しみを家族で共有することができるようになります。また非常にエンターテイメント性が高い食事であるにもかかわらず、そのコストは非常に安くつく傾向にあります。こうした流しそうめんなどを家庭で行うことによって、食費の大幅なコストカットを実現することができます。こうしたコストカットのほかにも様々なメリットがみられます。それはこうした楽しい食事は子供の食育において非常に有効であると言えます。必ずしも外食だけが贅沢で楽しい食事ではないということを子供たちに教えることができます。そして食事も創意工夫次第で非常に楽しいものとなることを体感して学習することができます。とくに偏食や好き嫌い、食が細い子供に、こうしたエンターテイメント性の高い食事を与えることは非常に良いことだと言えます。食事することに楽しみや喜びを実感するようになると、子供は食に対して強い関心を抱くようになります。すると次第に好き嫌いや偏食なども少なくなり、食べることが大好きな子供に成長していきます。また幼少期に食の楽しさを覚えると、大人になっても食に対して非常に強い興味を持ち、自ずと自炊をして毎日食事を摂るようになります。健康面から考えても自炊の食事は非常に良いと言えます。

そうめん流し竹を作るのに用意する物

日本には世界では珍しい四季があります。日本人は季節の移ろいを肌身に感じるとともに、それに即した風物詩を楽しむ独特の文化を持っています。春には桜の木の下でゴザを敷き花を愛でながら酒を酌み交わしたり桜弁当を広げてみなで食する文化があります。また秋には栗拾いやキノコ狩りなど秋の味覚を収穫しに行き、それをバーベキューなどで食べる文化も存在します。また冬には鍋を囲み、魚介などの海の幸を味わう食文化があります。なかでも夏の風物詩、流しそうめんは涼を感じることができる日本独特の食文化です。竹を二つに割ったところに水を上部から流し、そこにそうめんを落とし入れ、みなで箸ですくって食べます。こうした食文化を海外で見ることはできず、日本独特でありエンターテイメント性も高いことから外国人にも非常に人気です。旅館やホテルによっては外国人を喜ばせるイベントのひとつとして、流しそうめんをするところも多々あります。また子供たちにとっても夏にそうめんをみなで食べることは非常に印象深い思い出の一つになります。実際に流しそうめんをするにあたって用意するものは、水と竹筒、めんつゆといった程度です。自宅のベランダでもできるものであり、父親が子供たちと一緒に手作りするのもよいでしょう。

そうめん流し竹の作り方の手順

手作り方法はいたって簡単です。それは竹を二つに割ってしまい、それを重ねて連結させ上流と下流を作ってしまえば、流し台は完成します。しかしもっとも大変なことは、どこで長い竹を調達するかということです。こうした場合、ホームセンターなどに行って手に入れるのが一番ですが、竹を用意しているホームセンターは実際少ないといえます。しかし昨今の流しそうめんブームにより、プラスチック製でできた竹に見立てたキッドなども販売されているのでそうしたものを用いて自宅で実践してみるのも良いでしょう。また流しそうめんをする際には、上流からホースなどで水を流しっぱなしにしなければいけません。そのためその水を受ける比較的大容量のゴム製のプールなどを用意する必要もあります。その残りの水をどこに流すかということも問題になるので、キャンプ場など屋外でするのが理想的だと言えます。流しそうめんは彩が白だけで無機質な感じがするので、ピンクやグリーンに着色されたそうめんを用いて流すのも良いでしょう。またそうめんばかりでは飽きてしまうので、上流からさくらんぼなどを流してみるのも面白いでしょう。子供たちはそうめんとは違ったものが流れてくることに驚き、非常に喜んでくれます。

そうめん流し竹の作り方のまとめ

流しそうめんなどは簡単な手作り方法がないと考えがちです。しかし現代では非常に簡単な方法で作ることができます。竹を竹林から伐採し、二つに切断し、それを連結させて流し台を作るのが一般的です。しかし現代ではなかな自分で竹林に入って伐採することは難しいことです。しかしホームセンターなどを覗けば竹に見立てた緑のプラスチックで出来た流し台などが販売されています。こうしたツールを購入すれば簡単に組み立てられ、流し台をつくることができます。一度購入してしまえば、何度も使うことができるので非常に経済的です。流し台ができたら、ベランダや庭にそれをもって行き、上流からホースで水を流します。水流は緩やかにするのがポイントです。勢いがよいと、なかなかそうめんを箸でつかめなくなるので、緩やかな水流で行うと良いでしょう。水の流れが整ったら、一定の間隔をあけながら上流からそうめんを投入します。そうめんだけでも楽しいものですが、子供たちを喜ばせるためにそうめん以外のものを水に流すのもおすすめです。たとえばさくらんぼやみかんなど、子供たちが大好きなフルーツを時折流してやるのもお勧めです。非常に面白みがあり、さくらんぼをうまく箸でつかむことができたら子供たちをほめてあげると良いでしょう。

y001-0669

紙芝居の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙芝居は昔から受け継がれる子供のための娯楽です。今ではアニメのほうが主流になっていますが紙芝居も同じよに子供に見せれば喜...

y001-0834

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を...

y001-0888

もんぺの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというと、作業をするときに動きやすく、汚れてもいいような作業着のズボンのことですが、それぞれの人で使いやすく工夫を...

y001-0811

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っ...

折り紙箱折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代はお金さえ出せば、なんでも手に入る時代です。そういう時代にもかかわらず、手作りを楽しむ人は多くなっています。手作り作...

モッツァレラチーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

モッツァレラチーズは日本でもおなじみで人気があるチーズの一つです。フレッシュタイプで水牛や牛のお乳から作られます。原産は...

y001-0960

ヘアアレンジ子供の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供のヘアアレンジは大人同様、様々な方法があります。近年ではアニメのキャラクターなどもとてもおしゃれで個性的なヘアアレン...

y001-1074

ネギ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

味噌は、穀物を発酵させて作られた食品であり、日本では古くより調味料としても使用してきた歴史を持っています。醤油と共に日本...

y001-0829

囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

囲炉裏を作るための目的は、昔と今では大きく違います。昔は調理や暖房も兼ねて使うことが基本で、大切な火種を守るためにも役立...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷらがあり、とても美味しいと人気がありますが、なかなか自分で作ってみ...

y001-0345

物置基礎の簡単な手作...

一戸建て住宅の場合では屋外に物置を設置される方が多く存在...

y001-1291

こどもポシェットの簡...

近年、ハンドメイド雑貨が流行しています。大手のフリーマー...

y001-1096

にぎにぎの簡単な手作...

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出...

y001-0951

ペットボトル風車の簡...

ペットボトル風車は、手作り方法で誰でも簡単に作れるもので...