ビーズキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズで小物を作ることで、ちょっとしたアクセサリーのような状態で使うことができたり、置物などの装飾品と使うことができたり、さらにはバッグなどに付けてみてもいいでしょう。それを作ることで、いろいろなキャラクターをまねしたオリジナルの一品にすることができたりします。色合いや大きさ、形などの自分の好みにできたりするので、いいのでしょう。また、そういった小物を自作することで、自分はもちろんのこと、人のためにも何かをすることができるという気持ちになれることでしょう。特に好きなキャラクターをあしらったビーズ細工を子どもなどに作ってあげると、大切にしたりする気持ちが芽生えたりすることでしょう。普段使いにバッグなどに付けてみてもいいですし、飾り物として少し違った存在感で飾っておくのもいいものです。市販のものと違った価値観で見ることもでき、それなりによいといえましょう。このように、観賞用として作られるものが多いのですが、購入した置物やアクセサリー、キーホルダーとは違って、リーズナブルでありながら、オリジナルのものを作ることができたりするのです。
使い方は人によって異なりますが、ハンドメイドというのは気持ちを伝えるためにも効果的なのです。

ビーズキャラクターを作ることの楽しさ

ビーズでキャラクターと作ってみるのもかなり楽しいものです。今はディズニー系のキャラクターであったり、スヌーピーやトトロなど、テレビで出てくるものなど、身近なものも多いものです。自分や作ってあげる人の好みでその構造などを理解しながら、作り方を知ってみるのもいいでしょう。 ビーズで作るには、平面でのときと感じが違うので、見え方が違ってくるのですが、かわいいマスコット的なものとして、飾りにしてみたり、キーホルダーのように鍵やバッグなどに付けてみてもいいでしょう。自分で作るものでは、愛着がわいたりしますし、工夫しながらオリジナルのものを作ることもできれば、思い入れも違ってくることでしょう。 このように、ビーズ細工で好きなキャラクターを作ったりすることで、毎日の生活で観賞することができたりするので、ハリと潤いを与えることができるでしょう。作る過程においても、形が出来上がってくる楽しみもあったりするので、手作りをするのはとてもいいと実感できることでしょう。 手軽にできるものでもあるので、一つ作り上げることによって、次に何を作ろうかというモチベーションにもつながることでしょう。得られるメリットも数多くあるということなのです。

ビーズキャラクターを作るのに用意する物

ビーズ手芸というと繊細なアクセサリーなどを想像します。でも実はとても簡単にキャラクターなどを作ることができるアイロンビーズというものがあり、人気が広がっています。 これはアイロンを使って簡単に様々なキャラクターなどのモチーフも作れるもので、糸を通して様々な形を作るビーズとは手作り方法が違います。直径が8ミリメートルほどのストローを輪切りにしたような形状をしたビーズを専用のプレートの上に並べて絵柄を作ったところに、アイロンの熱を利用することでビーズどうした溶けて接着し、冷えればしっかりとモチーフが作れるという仕組みです。現在多くのメーカーから販売されていますが、スワロフスキーのものと比較すると材料が安く、しかも簡単に誰でも楽しめるのが魅力です。幼稚園くらいの子供であれば一緒に造って楽しめるので、親子で作品を作れるというのも多くの人から支持されている理由のひとつです。 作業をする前に用意するものは専用のプレート、ピンセット、作りたいキャラクターなどの下絵、接着のためのアイロン、ビーズとアイロンの間に挟むアイロンペーパーなどです。子供たちの人気のキャラクターのモチーフやレシピが紹介されたサイトや本なども沢山あります。

ビーズキャラクターの作り方の手順

お気に入りのキャラクターを作りたいときには、専用のキットなども市販されているので、必要な色のビーズが必要な分量だけ入っているので無駄なく失敗なく作ることが出来ますが、自分でモチーフを用意する作り方の時には必要なカラーのビーズを準備します。まずはプレートの上に好きなキャラクターなどの絵柄に沿ってプレートにビーズを挿してゆきます。このときにピンセットでひとつずつ挿していきます。ビーズを絵柄にあわせて置いて終わったら、ビーズの上にアイロンペーパーを乗せ、ペーパーの上から中温程度に暖めたアイロンをのせてそっと押えるようにします。アイロンの熱でビーズの表面が溶けるまで押えて、アイロンをはずしたら自然に温度が下がるまでそのままの状態にしておきます。熱が冷めたらアイロンペーパーをはずし、プレートから作品をはがせば完成です。このときにアイロンは必ずウール用程度の中温にすることに気をつけます。温度が高すぎるとビーズが溶けすぎたり、時にはプレートまで溶けてしまうこともあるので温度管理には十分注意します。逆にアイロンの当て方が不足しているとビーズがきちんと溶けずに接着が弱くなってしまうので、時々アイロンをはずして様子を見ながら充てるようにします。なれてくれば平面だけでなく立体的なものも造れるようになります。

ビーズキャラクターの作り方のまとめ

ビーズでキャラクターを作るときには、材料を集めることから始めましょう。手芸屋さんなどに行くと、いろいろな形のビーズが品揃えよくあることでしょう。最近は、100円ショップなどでもあるので、リーズナブルに自分の欲しいと思えるようなものを作ることができるのです。 簡単な手作り方法としては、まずそのキャラクターの特徴を知って、それを表現できる色や風合いのビーズで立体的に形作っていくようにします。例えば、となりのトトロのキャラクターを作りたいときには、スワロフスキービーズなどを使って、目や手足なども違った種類のビーズを使うことで、それらしいアクセサリーなどにすることができるでしょう。立体的に仕上げるには同じ穴に両側からワイヤーを通したりしていくようにするのです。それぞれのパーツの色を微妙に変えることによって、素敵に仕上げることができるのです。 作るときには、通常の手芸用のビーズを利用したとしても、同様に花や動物などもできるのですが、それだけでなく、自分や身の回り人の好きなキャラクターをビーズ細工にしてみるととてもよいものです。 それぞれのキャラクターの特徴を掴みながら、材料を集めて作っていくようにするといいでしょう。

y001-0066

木の物置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

荷物というものは時間が経つと部屋の中に増えていきます。これは生活をしていく中で仕方がないことであり、そのような方の中でそ...

y001-0414

廃油石けんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

廃油は工場などで発生するばかりでなく、家庭でも割と多く発生するものです。天ぷらやフライなどの揚げ物を作った時に、大量に余...

y001-1454

うどレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどは山菜の一つであり、漢字で書くと「独活」になります。「独活」と書いて有っても、これを「うど」と読める人は少ないと言え...

y001-1070

のし袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冠婚葬祭で贈るお祝いの現金を包むのし袋は、一般的な雑貨店を初めとして様々な店舗で売られています。そのため市販の商品を購入...

y001-0407

梅びしおの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏バテ防止には、梅びしおを作ると良いです。江戸時代から作られていたという記録がある食べ物で、その頃は裏ごしした梅に昆布を...

y001-1052

バジルレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イタリアンを作るときに欠かせないハーブと言えば、「バジル」を思い浮かべる人も多いでしょう。バジルは生ではサラダやピッツァ...

y001-0778

割り箸ゴム鉄砲の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

数本の割り箸と数個の輪ゴムがあれば簡単にゴム鉄砲を手作りすることが出来ます。その手作り方法は、割りばしを銃身と持ち手、ト...

座布団の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

座布団やクッションなどは、買えばある程度の値段がします。そのわりには、気に入ったものがなかなかないという経験をされた人も...

y001-1438

エクセル領収書の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

領収書はお金のやりとりを行う場合に必要になる機会が多い書類として知られています。市販の既成品も数多くありますが、その中に...

y001-1147

どぶろくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どぶろくは漢字で濁酒と書く、日本酒の醸造の中途段階のもろみを搾っただけの、白く濁った酒のことです。清酒は澱(おり)という...

人形の簡単な手作り方...

手芸用品でよく使うものにフェルト生地がありますが、このフ...

スヌードの簡単な手作...

寒い季節、セーターやニット、手袋に帽子など、毛糸でできた...

y001-1352

カラメル焼きの簡単な...

カラメル焼きは砂糖と重曹と水、できれば卵があれば意外に簡...

y001-0097

蛇腹カードケースの簡...

蛇腹カードケースを作る理由としては、収納面で優れているこ...