マカロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マカロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は、国内のものに限らず、世界中のお菓子が食べられるという、とても魅力的な国だと、世界中の人から評価されています。
そんな日本で、海外のお菓子が流行るのはよく見かけられる光景ですが、ここ数年で注目度を増してきているのが、マカロンというお菓子です。マカロンはイタリア発祥のお菓子で、フランスで家庭のお菓子として盛んに作られています。マカロンは中央のクリームを挟むように、上下に生地が乗っています。生地の表面はつるつるしていますが、口に入れてみると、さくさくとした食感がやわらかく、とても食べやすい食感をしています。やわらかいお菓子を食べたい人には、おすすめのお菓子となるでしょう。海外のお菓子ではありますが、ハンドミキサーやオーブンがあれば、後は材料を揃えるだけで、割と簡単に作れてしまいます。自宅で本格的な海外のお菓子を食べる目的として、マカロン作りをしてみるのもよいでしょう。ホールケーキのようにどっしりとしている訳ではなく、片手で手軽に食べやすい大きさをしているため、友人などへあげるために、持ち運びにも便利です。市販品のお菓子に飽きてきたと感じてきた時に、気分転換に手作りお菓子を作るというのも、ストレス解消になります。

マカロンを作ることの楽しさ

手作りをしたマカロンのよさは、出来立ての味を楽しめるのが、何よりも大きいでしょう。市販品のお菓子だと、長持ちさせるために防腐剤などが多少なりとも含まれている場合が多く、安全に食べられはしますが、本物の味を楽しめるかというと、微妙なところです。手作りをすれば防腐剤のような余計なものを使いませんので、材料そのものの味を堪能することができます。健康的なお菓子を食べるという意味でも、手作りをする意味はとても大きいものがあります。 材料を揃える手間などはあるでしょうが、いっぺんにたくさんの量を作ることができますので、市販品のように価格を気にすることなく、好きな量だけ作れるメリットもあります。知り合いをたくさん呼んだり、子供の友達が遊びに来た時などに、リーズナブルに大量のお菓子を用意できます。 また、生地の部分は色素でピンクやイエローなどの、カラフルな色をつけられますし、パウダーを加えることで、味に変化を与えられます。クリームの部分も同様で、ホワイトチョコレートやキャラメルクリーム、ローズシロップなどの好みの味にできるのが、嬉しいところです。 作りやすいお菓子とあり、少量から始めれば、失敗してもやり直しが効きやすいのが魅力です。

マカロンを作るのに用意する物

マカロンはフランスを代表するお菓子です。このマカロンはさまざまな種類があることで知られています。一般的によく知れ渡っているタイプものはメレンゲ、さとう、アーモンドプードルなどが使用されおり、それをオーブンで焼き上げた半円形のマカロンです。本場フランスではマカロン・パリジャンと呼ばれており、日本のものと比較してやや大きいサイズとなっています。一見、作るには難しそうに感じるお菓子ですが、コツさえおさせてしまえば簡単に作ることができます。今回はチョコクリームがサンドされたマカロンの手作り方法となります。用意する材料は、アーモンドプードル100g、パウダーシュガー150g、卵白100g、グラニュー糖60g、バニラエッセンス6滴程、食紅は少々となっています。サンドするチョコクリームに必要なの材料は、ミルクチョコレートあるいはホワイトチョコレート50gです。生クリームは大さじ7杯となっています。上記にあげたグラニュー糖ですが、ない場合はふつうの砂糖でもかまいません。バニラエッセンスもお好みでご使用ください。これらの材料はマカロン24個分のレシピとなっています。このレシピは生地を失敗させる心配がありませんので初心者に向いています。

マカロンの作り方の手順

はじめに下準備をおこないます。まずはアーモンドプードルとパウダーシュガーをこしざるなどを使用してこします。こしたら食紅を入れよく混ぜあわせます。つぎに別のボールでメレンゲ作りをおこないます。ボールに卵白を入れたらグラニュー糖を3回にわけて投入します。このとき角が立つまで泡だて器で混ぜることが失敗しないコツとなります。メレンゲが完成したらバニラエッセンスを加えて、先ほど用意しておいた粉類も一緒にボールにいれます。二つ目のコツは、混ぜるときは切るようにさっくり混ぜることです。粉っぽさが消えたらゴムベラを使用してボールに生地を押しつけて泡を潰します。この作業はマカロナージュといわれるのもので、2~3回ほど繰り返しおこないます。完成の見極めポイントは、生地につやが出て、ヘラですくうとリボン状に落ちてゆく感じです。絞り袋に生地を入れて、クッキングシートが敷かれた天板のうえに絞り出します。このとき3cm位の間隔をあけておくといいです。絞り出したら1時間ほど放置して乾燥させます。130度に余熱されたオーブンで25分焼き冷まします。焦げそうになったらアルミホイルで覆うと防ぐことができます。刻んだチョコと生クリームを600wで1分加熱し、よく混ぜて冷やしておきます。冷蔵庫で10分冷やしてから泡だて器で角が立つまで混ぜます。あとはチョコクリームをサンドしたらマカロンの完成です。

マカロンの作り方のまとめ

基本的なマカロンを25個程度、作る場合の手作り方法です。 オーブンを使いますので、まず210度にオーブンを温めておきます。グラニュー糖17gと乾燥卵白小さじ2を予め混ぜ合わせておきます。アーモンドプードル50gは粉糖90gとふるいにかけ、冷蔵庫に入れておきます。 ボウルに卵白50gを入れ、コシを切ったら、小さじ1のグラニュー糖と乾燥卵白を混ぜたものを入れ、ハンドミキサーで泡立てます。角が立ったらグラニュー糖と乾燥卵白の残りを、2回に分けて入れ、さらに泡立てます。固いメレンゲ状になったらアーモンドプードルと粉糖をふるいながら加え、ゴムべらで切るように混ぜます。混ざったら、他のボウルに移します。 ゴムベラの面で、ボウルの側面に生地をすりつけるように混ぜ、艶が出たら絞り袋に入れ、オーブンシートに3cmの円形に出し、最後に鉄板の底面を軽く叩いておき、1時間程度放置します。熱したオーブンで3分焼き、140度に下げて7分程度焼きます。 焼きあがったら別に作ったクリームを挟み、密閉容器に入れて冷蔵庫で1日冷やせば完成です。 クリームは水、グラニュー糖、卵黄などの材料をハンドミキサーで混ぜたものに、やわらかくしたバターを混ぜれば簡単にできます。

y001-1452

うどんつゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の主食といえばご飯ですが、ご飯ばかり食べていると、徐々に飽きてくるようになり、食事が進まなくなることも珍しくないこ...

y001-0301

夜会巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

友人の結婚式の披露パーティーに招待された、華やかなパーティーに出席する、などと言う場合に女性が気になるのがヘヤースタイル...

y001-0332

抱っこひも手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

赤ちゃんが生まれると、いつまでもあやしていたいほど、いとおしい存在ですが、生活をする上で、いつまでもあやしている訳にはい...

y001-0744

金魚ねぶたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

東北地方のお祭りとして有名なねぶた祭りがありますが、お祭りで利用されているものには金魚ねぶたと呼ばれるものがあります。国...

y001-1114

一般常識テストの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般常識テストを作る目的は様々あります。友達同士で出題し合う場合もありますし、学校の先生が進学や就職試験のために学生に出...

y001-0249

燻製器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製の味を一度知ってしまうと、やみつきになってしまう人も少なくないことでしょう。しかし、作り立ての燻製の味は、その香りも...

y001-0358

氷こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

氷こんにゃくは現在、夢の食物と注目される食べ物です。氷こんにゃくを作り、食べる主な目的の1つにダイエットが挙げられます。...

y001-0535

席札の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

席札とは、自分が利用するテーブルの上に置かれている、自分の名前が書かれた小さなカードのことです。ただカードが置かれている...

y001-1177

ちまきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ちまき」は、うるち米やもち米、米粉などを用いて作った餅やお米そのものを笹などで三角形に包み、イグサなどで縛り、そのまま...

y001-1195

たまご料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たまご料理というと、目玉焼きに卵焼き、スクランブルエッグにゆで卵、そしてポーチドエッグなどといったシンプルなものが多いこ...

y001-1481

アップヘアスタイルの...

アップヘアスタイルを作る目的は、髪をスッキリさせることと...

y001-0313

迷路の簡単な手作り方...

子供から大人まで幅広い年齢層の方にとって楽しめるアイテム...

帆布バッグ 作り方の...

カジュアルなシーンやマザーズバッグ等として帆布バッグが流...

y001-1142

トマトの雨よけの簡単...

トマトはナス科に分類される植物であり、乾燥を好む性質があ...