ものさし入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ものさし入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ものさし入れは学校などでも使うことがあるので、必要になって作る、という理由があります。また、裁縫が苦手な人にお願いされて作る、ということもあるといいます。手作り方法も簡単ですぐに出来上がり、可愛いものを作ることができるのも手作りをする理由だといえます。目的はいろいろとありますが、ものさし入れだけではなく、お箸を入れておくものとして使用することもできるので、それぞれで必要なものとして作っています。また、市販のものではなかなか自分の好みのものがないので、手作りをして自分の好きなものを使いたい、という目的もあります。自分の好きなものを使いたい、というのが作る理由や目的になっています。市販のものをDIYして、自分だけのオリジナルのものを作る、というのも楽しいです。必要なものでも、どうせなら使いたいと思えるもの、使っていても飽きないようなものがいい、という理由で手作りをしている場合が多いです。作り方も簡単ですし、自分なりに工夫をすれば、使いやすいものを作ることができるようになります。作る理由や目的はいろいろなものがあるのですが、それでも、手作りで自分のお気に入りのものを使うことができる、というのは作る目的だといえます。

ものさし入れを作ることの楽しさ

作る楽しさや得られるメリットはたくさんのものがあります。たとえば、自分の子供に作るものなら、子供が自分のものだと判断しやすいものを作ることができるというのはメリットです。自分のものだというしるしをさりげなくつけることができるので、とても便利です。また、好みの布や大きさにすることができる、色や柄を考えることができるというのも作る楽しさです。手作りしたものを渡したときに喜んでもらえる、というものも作る楽しさやメリットです。 布なども選ぶ楽しさや出来上がったものを見ることができるというのは、作る楽しさや得られるメリットで大きなものになります。必要なものを自分で作る楽しさは作った人にしかわからないものだといえます。また、出来上がりをどんな風にするのか、ということを考えてながら作っていて、本当にその思ったとおりに出来上がったときはとても感動します。お願いされたものを渡したときに、思った以上に喜んでもらえたとき、嬉しいと思ってもらえたときも作ってよかったと感じることができます。これは手作りをするときの楽しさにも得られるメリットとしても感じることがあります。作る楽しさや得られるメリットは、作った人にしか感じることができないものだといえます。

ものさし入れを作るのに用意する物

ものさしは学校で使用するという学生さんも多く、購入時にはそのまま使用できるビニールの袋に入っているものもありますが、それでは味気ないものです。小学生や中学生、高校生であれば30㎝定規や三角定規などを、また専門学校に通うようになると服飾系の学校では洋服の型紙を作ることから50㎝定規やdカーブルーラー、L尺など特殊なものもあります。その形に合わせて、がんばる子供さんへものさし入れを作ってあげてはいかがでしょうか。 ものさし入れを手作りする時に必要な道具には、本体の布の他に逆さにしてもものさしを落とさないように蓋をする部分が必要になります。巾着のような形にしたい場合にはひもを用意しますが、マジックテープやドットボタンでとめるデザインでも構いません。また、持ち手を付けたい場合には共布から作ってもいいですが、既製品のテープを利用すると簡単です。 他にも、オリジナル性を高めるための装飾として、別布を切り替えてみたり、表と裏を違った布を使用したいという場合には数種類の布を用意し、また女の子であればレースやフリル、男の子であればポイントとなるワッペンなどを付けてあげると他の人からも注目されるものさし入れになるでしょう。



ものさし入れの作り方の手順

ものさし入れの手作り方法はデザインによってさまざまですが、ミシンがなくても手縫いでも作れます。先に型紙を作成しますが、特殊な形の物差しでない限りは直線なので初心者でも簡単に作ることができます。 どのデザインであっても共通して言えることは、小さすぎず、また大きすぎないサイズにすることが重要です。せっかくの手作りなのだから、そのものさしにぴったりのサイズにしたいものですが、あまりぴったりでは子供さんの出し入れが難しくなってしまいます。ある程度余裕を持った寸法で型紙を作るようにします。 布は、購入した時にはノリがかかっているのでパリッとしています。そのまま使用すればきれいに作れそうなものですが、裁断をする前に水洗いをしておくことが重要です。ノリを落とすことはもちろん、生地によっては縮むものもあるので、長さのあるものさし入れでは短くなる可能性もあります。あらかじめ縮ませておけば、後でものさしが入りにくくなったというトラブルもありません。 水通しをした後に裁断して縫製をしますが、出し入れに力の入る底の部分は補強布を当てたり二度縫いをするなどの強度対策をしておくと、毎日持ち歩くものさし入れも安心でしょう。

ものさし入れの作り方のまとめ

ものさし入れを作るときに必要なものは、まず簡単な作り方では、生地、はさみ、縫い針、糸、伸び止めテープなどを使います。はじめに、作りたい長さの大体2倍くらいでゆとりを少しもたせた長さと広さ、そして縫い代1センチほどをとって布を裁断します。中表で、輪になる部分を上にして折ります。ミシンで入れ口を残して、そのまま下まで縫い切ってしまいます。上も下も止め縫いをしっかりとしておきます。次に、左から1枚を右側に倒して、この状態で底のラインの右半分の3枚を縫っていきます。底ラインに、ミシンを掛けて、そのミシン目に沿って縫い代を折り上げます。縫い代を折上げたまま、左側の1枚も右側に倒して4枚重なった状態で、ミシン掛けをします。下の返し口から表に返してまつり縫いで処理して完成です。 ほかにも、フェルトを使ってものさし入れを作ることができます。自分の好みの柄や色のフェルト生地とバイヤステープ、マジックテープなどを用意します。ものさしに合わせて少しだけ大きめにフェルトをカットします。そして中表に縫い合わせて、表にかえしてバイヤステープでふちをしっかりと塗って、入り口の蓋部分とそこが合わさるところにマジックテープをつけて、出来上がりです。



y001-1065

バーベキュー料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアでのバーベキュー料理は自然がスパイスとなるので、誰が作っても美味しいと言ったメリットが有りますが、バーベキュー...

y001-0023

出勤簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出勤簿はなぜ必要なのでしょうか?言わずと知れた従業員の就業状況を把握するため、毎月の出勤状況を管理するためには必要です。...

y001-1161

テーブルベンチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家の中で食事をする時に、昔ながらのちゃぶ台やこたつテーブル、座敷テーブルを置いて、そこに料理を乗せて食べる習慣があります...

y001-1054

パジャマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とするものと言えます。もちろん、浴衣を着て休む方やネグリジェなど、人...

y001-1198

たこレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

数ある魚介類の中でも、たこは日本人に馴染の深い魚で、世界のたこ消費量の約6割を日本が占めていると言います。たこには様々な...

y001-0419

年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年表とは特定の会社などの団体や、個人の人物などの出来事などを時系列順にまとめた表です。これを作る理由としては、企業などの...

y001-0653

自由研究理科実験の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みの課題で、みんなが頭を悩ませるのが「自由研究」です。もともと自由研究は、大正自由教育運動の中で、新しく誕生した成城...

y001-1279

こんぺいとうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポルトガル由来のお菓子、こんぺいとう。子どもの頃によくおやつで食べたりしたので駄菓子の印象が強いですが、本来こんぺいとう...

ピザ生地の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イタリア料理の代名詞として世界中で愛されているピザは、食べたことのない人はいないくらい有名です。冷凍ピザや宅配ピザもいい...

y001-1459

イノシシ罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎年、山で餌がたりなくなってきたイノシシが農地に現れては畑や農作物を食べ荒らしにやってきます。また警戒心が強く大きな牙を...

y001-1175

チャーハンの簡単な手...

炊飯ジャーにある白ご飯と冷蔵庫の残り物で料理を作ろうと思...

ポストイットアートの...

毎日の仕事や、生活の中であると便利に使えるのが、ポストイ...

y001-1142

トマトの雨よけの簡単...

トマトはナス科に分類される植物であり、乾燥を好む性質があ...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの...

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考え...