鮎塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高原や渓流などの行楽地に出かけた時、鮎塩焼きが売られているのを見たことはありませんか。近くの水辺で釣ったばかりの、あつあつの鮎塩焼きはまた格別なおいしさです。またヤナ場や渓流では釣ったばかりの魚をその場で焼いて食べることもできますね。
鮎のつかみとりは早いところでは5月から遅くとも8月から10月にかけて行われており、ヤナの上や渓流などで行うことができます。捕まえた数で料金を払う仕組みのところが多いです。新緑のさわやかな風の中で暑さを忘れて自分の手で鮎を捕まえるのは、それだけで楽しく目的の半分は達成したと思って良いでしょう。捕まえた魚はプロの料理人に焼いてもらうのもよし、自分でその場で焼いて食べてもおいしいです。渓流では、入漁料を払って釣る場合と、施設に併設された場所で釣る場合などがあります。入漁料を払い渓流釣りで釣った魚は自宅に持ち帰って焼くことの方が多いですが、渓流のそばに調理施設や食事処がある場合は、釣った魚をその場の囲炉裏で焼いて食べることができます。また隣接した施設がある場合は釣り道具のレンタルや餌の販売を行っているところもあるので、手ぶらで行って帰ることもできます。ただ鮎釣りに行く時は、鮎塩焼きの簡単な手作り方法を覚えておけば、より楽しく、よりおいしい塩焼きが堪能できますね。

鮎塩焼きを作ることの楽しさ

鮎は別名川魚の女王と呼ばれています。独特の香りを持つため、香魚ともいわれています。木炭を使って焼くと皮はパリっと、中はふっくらと香ばしく焼けます。そのため店先で鮎塩焼きを出していると、おいしそうな香りに誘われて人が集まってきます。ヤナや釣り堀などのそばにある店の中には、客の手で焼くことのできる炉辺が用意されているところもあるので、家族や友人たちとわいわい言いながら自分たちで焼いて食べるのも楽しいです。 施設によっては、鮎釣りやつかみ取りの料金の中に、鮎塩焼きが含まれているお得なコースもあります。もし魚を捕まえた後に焼いて食べる予定があるのでしたら、申込みコースを間違えないようにしましょう。 最近はイベントとしての鮎のつかみどりを行っているところもあります。川やヤナに魚を放流し、来場した人たちで捕まえるというものです。もちろんその場で魚を焼いて食べられる設備も用意されています。 来場した人にとっては、新鮮な鮎の味を堪能できるだけでなく、生きた魚をつかむ体験自体なかなかないですので、大人も子どもにまじって大はしゃぎでイベントに参加する人が多いです。捕まえた鮎を持ち帰るには、クーラーボックスなどを用意し、鮮度をできるだけ保持するようにしましょう。

鮎塩焼きを作るのに用意する物

夏の川魚の代表格の一つに鮎という魚があります。 六月ごろから鮎釣りが解禁され、旬は7、8月の夏真っ盛りになります。 清流の女王と呼ばれる鮎ですが、独特のその身は独特の風味があり香魚とも呼ばれ日本料理では重宝されている魚の一つです。 鮎など川魚の多くは漁や釣りの解禁の時期がありその時期にしか手に入らないことが多く、鮎は一年魚なので一年のうち食べられる時期は限られてきます。 鮎を入手するには魚屋やスーパーで購入することができますが、スーパーでは置いていないことが多いです。 また最近では鮎の養殖も盛んになってきて、旬の時期以外にも食べることができるようになってきています。 しかし冷凍され出荷されるものが多いため、自分で釣って入手するか鮎釣りが盛んな場所や漁をしている場所の近くで新鮮な物を手に入れたいものです。 鮎塩焼きの手作り方法は簡単に作ることができ、用意する材料は鮎、塩で作ることができます。 塩もそれぞれ味が違いますので好みの塩を用意しましょう。 そして使う道具は竹串とグリルまたはオーブンを使用します。 竹串は踊り串として鮎の躍動感を出すために使い、グリルやオーブンは家庭で炭火などを用意するのは手間なのでそれの代用として使います。

鮎塩焼きの作り方の手順

鮎塩焼きの作り方ですがまずは鮎のぬめりやうろこを取ります。 多めの塩をとり、鮎の表面を尾から頭に向かい撫でるようにしてぬめりやうろこを取ります。 うろこが取りにくかったら包丁で尾から頭に向かって軽くこそぎ落とします。 次に肛門のあたりを押さえて、フンを出します。 鮎は内臓も食べることができるので腹は開かずに、フンだけを取ります。 またこのように腹を開かないため、見た目的にも焼き上がりが綺麗になります。 そして水洗いをして、布巾などで水気を綺麗にふき取っておきます。 次に竹串を刺しますが、鮎の頭を右にして腹を手前にします。 口から竹串を入れ、えらから出しそこから1cmほど腹側に差し込みます。 そうしたら頭が手前で背が上になった時に、くの字になるようにして竹串を刺しますがこの時右側には竹串が出ないようにします。 そして尾が上向きになるようにして、尻びれ付近から竹串を出します。 全体に塩をかけ焼きますが、胸鰭や尻ビレには化粧塩をするのが一般的です。 しかし家庭で作るさいには化粧塩はしなくてもいいため、焦げないようにアルミホイルでくるむとヒレが焦げなくおいしく食べられます。 皿に鮎塩焼きを盛る時はそのままだと味気ないので、新生姜などを添えましょう。

鮎塩焼きの作り方のまとめ

売っているのもおいしいけどやはり自宅で食べたい場合は、下ごしらえをしっかり行いましょう。内臓だけではなく鮎のうろこやぬめりをしっかり取るのはもちろんのこと、キッチンペーパーで水分を取ってから、塩を上の方からぱらぱらとまぶします。塩はできるだけ味の良いもの、あら塩か岩塩がお勧めです。後はグリルで焼くだけですが、焼きすぎると硬くなりますので火加減には気を配りましょう。ポイントは強火の遠火といわれています。自宅で焼く時は最初は強火で、塩がふいてきたら弱火で片面10分と覚えておきましょう。オーブンで焼く時は220度に設定します。 釣り堀や施設によっては、鮎塩焼きを自分たちの手で最初から最後まで作らなければならないところもあります。その場合併設の炊事場で鮎の下ごしらえをした時、ゴミなど持ち帰らなければならない場合がありますので、施設のルールはあらかじめ確認しておきましょう。また包丁やまな板などの道具はレンタルできるのか、自宅のものを持参しなければならないのか、も確認する必要があります。後は塩を振り、竹串に刺したら炭火で焼きます。囲炉裏ではなくバーベキュー場で焼くところもありますが、例え網の上にのせるところでも、鮎は竹串に刺した方が美しい姿のまま焼けますので、竹串があれば刺してから焼くようにしましょう。

y001-0002

梅ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジャムを作る理由は簡単に梅の成分を摂取することができるからです。梅には健康によい成分がたっぷりと含まれています。梅干で...

y001-0225

ブルーベリージャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブルーベリージャムと言えばパンに塗ったりヨーグルトに混ぜたりと、何かと活躍する機会が多いものです。ブルーベリージャムは、...

y001-1366

カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼を作る理由には、たまにはガッツリとした肉料理を食べたいことが第一にあります。野菜ばかりを食べていると、気力や体力が...

y001-1335

キッズエプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんの将来のために、今から少しずつ身の回りのことを教えてあげられたら安心です。お掃除やお洗濯、ちょっとしたお料理のお...

y001-0991

フェルト王冠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フェルト王冠は赤ちゃんのかわいい写真を撮りたいときや子供の誕生日会、王様ごっこやお姫様ごっこなどで大活躍してくれるアイテ...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが、じつは東北や関東でも郷土料理として食べられています。冷やし汁は...

y001-0390

箸袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お弁当などを作って仕事場で食べている方や学校でのお昼休みに利用している方、給食や外食であっても、いわゆるマイ箸として自前...

かごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

真っ平らなテーブルの上に道具を置くだけでは、テーブルに衝撃が加わり、揺れ動いた時に、置いた道具が床に落ちてしまう恐れがあ...

y001-0367

美味しい梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒は日本が誇るリキュールの一種として全国で楽しまれているお酒です。非常に甘みが強く作られていますのでお酒が苦手であると...

y001-0148

温度センサーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

温度センサーを作る理由としては、すなわちそれは趣味の電子工作の楽しさということが言えます。自分で図書館に行き、電子工作の...

y001-1504

GMAILの簡単な手...

GMAILアカウントは作っておくことで色々な機能をより便...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作...

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けし...

y001-0969

ブルーベリーのジャム...

ブルーベリーのジャムはイチゴジャムやオレンジママレードと...

木製スロープの簡単な...

木製スロープを作る理由としては、自宅内にある段差を解消す...