塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っていることから、日本の食文化と深く関わっている魚といえます。鯖は日本近海で一年中穫ることができますが、塩鯖に向いている真鯖は、秋から冬にかけて旬になっていて、この時期の鯖を秋鯖と呼びます。脂も乗りも良く、「秋鯖は嫁に食わすな」という言葉があるほど、重宝されています。この秋鯖だけでではなく、水温が下がるとともに旨味が増していくといわれています。2月に穫れる真鯖は、寒鯖と呼ばれ、秋鯖よりも脂が乗っていて、栄養も高くなっています。どちらも美味しい時期ですので、味わってみるといいですね。真鯖は、一度に大量に穫ることができますが、鮮度が落ちるのが早いため、すぐに内臓を取り出して、塩鯖にすることで流通しやすくしていました。昔は冷蔵や冷凍などの保存ができなかったことから、保存期間を長くする工夫をすることで、長く鯖を楽しむ工夫をしていたのでしょうね。鯖は大量に穫れることから、安売りしていることも多い魚です。塩鯖は家庭でも簡単に作ることができるので、美味しい鯖が手に入ったら、多めに作っておくことよいでしょう。

塩鯖を作ることの楽しさ

塩鯖はそのまま焼いて食べても美味しいですが、いろいろなレシピに使うことができるので、まとめて作っておくと便利です。冷蔵でも2週間程度保存することができますし、冷凍しておけばさらに長期的に保存しておくことができます。塩鯖を焼き物で食べる時には、網焼きやホイル焼き、フライパンでも焼くことができるので、好みの焼き方で楽しみましょう。他にも竜田揚げや南蛮漬け、味噌煮などにしても美味しく食べられますし、トマト煮やカレーに使っても美味しいです。最近では、塩鯖をパンに挟んで食べるサバサンドも人気になっています。脂の乗った塩鯖は、和食だけでなく、いろいろなアレンジができるので、手作り方法を覚えて料理のレパートリーが広がる楽しみを得られるでしょう。 塩鯖を使ったしめ鯖は、昔から作られている料理で、お寿司にして食べても美味しく食べられます。冷凍しておいた塩鯖でも簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみましょう。日持ちするしめ鯖を作る時には、解凍した塩鯖をすぐに酢で締めることが大切です。長めに酢で締めることによって、身の中心部まで酢を浸透させることができるので、生食で起こしやすい食中毒を防ぐ事ができます。

塩鯖を作るのに用意する物

塩鯖は食卓の焼き魚の定番としても食されることが多い魚の一つです。人間にとっても必要となる栄養成分であるEPAやDHAを沢山含んでいる青魚で、とてもヘルシーな魚となります。 塩鯖はスーパーなどでも切り身として販売されているので、そのまま焼いて食べることが出来ますが、新鮮な切り身が入ったので塩鯖を簡単に作りたいというケースもあります。それ以外でも新鮮なうちに冷凍に保存して、後で食べたいという場合もあります。 手作り方法も簡単で、基本は切り身としておろした鯖に塩をまんべんなく振りかけるだけで良く、後は塩味が浸透するのを持っていれば良いからです。ただ美味しい塩鯖を家庭でも簡単に作りたい場合は、それを可能にする用意すべきものが幾つか存在します。 まず始めに振りかけるための塩で、また切り身の状態によっては下ろす必要があるので、その場合骨抜きなどの器具です。また塩をかけると切り身から水分が出てきて、それが切り身の腐敗を進めてしまうので、その水分を取り除くために吸収するキッチンペーパーが必要です。 その他にトレーや皿だと魚から出た水分が溜まってしまうため、ザルか網付きタッパがあると良いです。なお切り身の表面に酒を薄く塗ることで、鯖特有の臭みを消すことも可能であるため、酒も用意しておくと良いでしょう。

塩鯖の作り方の手順

塩鯖はその名の通り鯖に塩を振りかけるだけで、作り方としてはシンプルに出来るものですが、ただおいしい手作り方法にはある程度、時間がかかることを熟知すべきです。まず始めに切り身として下ろした生鯖を用意します。 原則的に身の厚い所は塩を多めに振りかけ、身の薄いところは塩を少々振りかけます。そして皮にもまんべんなく塩を振りかけておきます。塩の目安としては、指で一掴みの分量となります。 皮を下向きにした状態のまま、ザルか網付きタッパの上に載せ、そのまま冷蔵庫でラップをしないで約5~6時間冷蔵庫内に放置しておきます。冷蔵庫内は乾燥している状態なので、よく切り身の表面が乾燥します。 ただ塩味を効かせたい場合には、半日は漬け込むと良いです。なおザルや網付きタッパに載せるのは、切り身から出た水分に漬け込ませないためです。 無ければトレーや皿を斜めに向けるなどして、切り身から出た水分を下に押しやる方法も効果的となります。なお5~6時間経った後に一度水で洗い流し、キッチンペーパーを用いて切り身の表面の残りの塩や水分を拭き取り、乾かします。 そして焼く前には、キッチンペーパーに少量の酒を含ませて、それで切り身を拭いてから焼くと臭みも消えて美味しく焼くことが出来ます。

塩鯖の作り方のまとめ

塩鯖の作り方は、まず鯖を三枚に下ろして、腹にある骨を削ぎ取ります。開いた鯖の身と皮の両面全体に塩を振っていきましょう。身が厚いところは多めに、身が薄いところは少なめに振るようにします。塩は好みの塩加減で構いませんが、長期保存したい時や、しめ鯖にしたい時には、強めに塩を振っておくといいですね。また、天然塩など美味しい塩を使うと仕上がりが良くなります。塩を振ったら、鯖を皿やタッパに載せて、ラップなどをせずに冷蔵庫で約12時間程度、一晩寝かせて乾かしていきます。この時、身から汁が出るので、皿やタッパの上に網や割り箸を敷いて、身に汁がつかないようにしましょう。一晩置いて鯖が乾いたら塩鯖の完成です。皮のほうが乾ききっていなかったら、ひっくり返してさらに乾燥させましょう。すぐ食べない時には、冷凍保存しておくと鮮度を保つことができます。天気が良ければ、天日干しをしても美味しくできますよ。天日干しする場合には、鯖を3~4時間塩水につけておくようにしましょう。市販の塩鯖は添加物や保存料が含まれていることがありますが、家庭で作れば安全ですし、塩と鯖だけで簡単に作ることができるので、ぜひ試してみるといいですね。

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-0826

移動ポケット型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

移動ポケットは、パンツやスカートのウエスト部分にクリップやピンで留めることができ、付け替え式のポケット型ポーチです。就学...

y001-1025

パンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パンツというと、いろいろな種類があります。ショートパンツやロングの長いパンツ、今年流行ったガウチョパンツなど、その時期だ...

y001-0430

鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

せっかく温かな料理を作っても、すぐ冷めてしまっては、美味しい料理を家族に提供できなくなります。食前に並べる前に作ったり、...

y001-0850

レジンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこのレジンを使ったレジンクラフトというものが流行しており、自分でオリ...

y001-0497

草刈機混合油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のシーズンに入ると、草刈りなどを行う場面が出てくることがあります。農業などを営んでいる方の他にも一般的な一戸建て住宅の...

y001-0784

画像編集フリーソフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

画像編集はフリーソフトでも簡単に作ることが出来るものです。手作り方法も簡単で、画像を見ながら切り貼りしたり、コメントなど...

y001-0585

蒸しまんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しまんじゅうを手作りするのは、まず安心できるおやつになることです。それにお店で購入した蒸しまんじゅうでは甘さが足りなか...

y001-0796

家庭菜園野菜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

念願の一戸建て住宅を購入したら、自宅の庭を使って家庭菜園を楽しむのもいいですね。家庭菜園とは庭やベランダで自家製の野菜や...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが、じつは東北や関東でも郷土料理として食べられています。冷やし汁は...

y001-0188

竹テーブルの簡単な手...

竹テーブルをつくる理由としては、普通のテーブル、つまり、...

y001-0377

美味しいすき焼きの簡...

すき焼きには様々な野菜とお肉が入っており、とても栄養価の...

y001-0502

銭太鼓の簡単な手作り...

楽器に分類されるようなアイテムには、珍しいものとして国内...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手...

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷら...