おいしいカルボナーラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいカルボナーラの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カルボナーラというのは、もともとイタリアン料理のスパゲッティの一つであり、日本でもトマトソースやミートソースに並ぶくらいの人気のパスタソースです。玉子や生クリームを使った、ホワイト系のソースでありながら、コクがあってチーズや黒コショウの風味を活かしたものであり、少しコクのある味わいを楽しみたい人には最適です。また、小さな子供から年配者に至るまで、喜ばれるような万人に愛されるパスタ料理で、人をもてなす際にも好き嫌いがあまりないので、適しているといえましょう。普段使いの日常の料理にも喜ばれる一方で、ピザなどと共に来客があった時に提供するのもいいでしょう。生クリームを使っているこの料理は、庶民的になった卵を利用しており、その卵が固まるのを防ぐために考案されたレストランの方法になります。毎日の生活の中で、日常的に常備されている玉子や生クリーム、ベーコンなどを使うことによって、トマトソースとはまた違った味わいを楽しむために作られるパスタソースなのです。ちょっとしたコツを知ることで、各段においしいカルボナーラを作ることができるので、さまざまな材料を揃えたら、その手作り方法をマスターしたいものなのです。

おいしいカルボナーラを作ることの楽しさ

カルボナーラを作るときには、食べさせる相手によって、いろいろな状況が考えられるでしょう。小さな子供に作ってあげる場合や大好きな彼や彼女に作ってあげる場合、そして友人や知人などをおもてなしする場合など、その時のよって、ちょっとした工夫をしてみるといいでしょう。 材料は生クリームを入れるのが基本ですが、それを牛乳にすればあっさりした味わいになりますし、玉子だけにすれば、玉子の濃厚な味が引き立ちます。また、相手によってもコショウやにんにくの効きを変えるようにしてみてもいいでしょう。また、作り方によっては熱の作用で凝固しやすくなるので、そのあたりの加減も気をつけていきます。こういった工夫をしていくことで、相手を思いやり、喜んでもらえることを期待できるのです。 さらに、パスタやピザのようなイタリア料理などでは、少しずつ取り分けて、他の人とシェアをしながら食事を楽しむことができるというメリットがあります。作るだけでなく、食べるときにも親睦を深めることができるというのは、とても楽しいことでもあります。 このように、おいしいカルボナーラを作ることによって、作る本人はもちろんのこと、食べる人も嬉しい気持ちにすることができるのです。

おいしいカルボナーラを作るのに用意する物

おいしいカルボナーラはお店でしか食べることが出来ないと思いがちですが、自分で簡単に手作りする事も可能です。 日本のレストランやファミレスなどで出てくるカルボナーラは、生クリームを使ったレシピが多いのですが、本来のカルボナーラというのは卵だけで作るものなのです。 イタリアのレストランでカルボナーラを頼んだ場合、日本との違いに驚いてしまうかもしれません。 そもそもカルボナーラという名前はイタリアでは「炭焼きのパスタ」という意味なんだそうです。 レシピの由来には諸説あり、正しいことははっきりとはしませんが、カルボナーラにかかっている黒コショウを炭に例えているのではないかという事のようです。 それではここでは日本風ではなく、出来るだけイタリア風のカルボナーラの手作り方法を紹介します。 材料にはまず新鮮な卵が使われます。そしてイタリアではパンチェッタという塩漬けにした豚のバラ肉(生ベーコン)を使用するのですが、日本ではあまり売られていないのでベーコンでも代用できます。 そしてチーズはパルミジャーノ・レッジャーノを使用します。これは最近はスーパーなどでも手に入ります。 そして主役ともいえる黒コショウですが、出来れば粗びきのその場で挽いて使うものがいいです。

おいしいカルボナーラの作り方の手順

材料はパスタ、オリーブオイル、卵、にんにく、ベーコン、パルミジャーノ・レッジャーノチーズ、黒コショウ、塩です。 まず鍋にたっぷりの水を入れ、火にかけ、塩を適量投入します。沸騰するまでの間にソースを作ります。 にんにくはみじん切りにしておき、ベーコンを短冊切りに切っておきます。 このタイミングで麺を茹で始めましょう。 フライパンにオリーブオイルを入れたら、にんにくを投入し、それから火にかけていきます。 弱火からじっくり火を入れると、にんにくの香りがオイルに広がってきます。 そうしたらフライパンにベーコンを投入し、カリっとなるまで炒めてから火を止めます。 小さなボールに卵を割り入れ、塩とパルミジャーノ・レッジャーノチーズをすりおろして入れていきます。 もしこのチーズが手に入らなかった場合、市販のパルメザンチーズで代用しても大丈夫です。 そして黒コショウも挽いて投入し、よく混ぜておきましょう。 麺が茹であがったら先ほどのフライパンに投入するのですが、フライパンが冷めていたらその前に少し火にかけ温めておきましょう。 麺の水気を切り、フライパンに投入し少しオイルと合わせます。 そして先ほどボールに作った卵液をフライパンに投入し、手早く混ぜ合わせます。 ここで火が通ってしまうとおいしいカルボナーラが台無しなので、卵が固まらないうちに火から外しましょう。 この火加減が難しいのですが、ここをクリアしたらおいしいカルボナーラの完成です。 食べる前に、再度黒こしょうをかけると見た目にも良いです。

おいしいカルボナーラの作り方のまとめ

カルボナーラにはさまざまな材料や作り方があるので、どうすればいいのかと迷ってしまうことも有るでしょう。ここでは、簡単に失敗せずにできる、オーソドックスな生クリームや玉子を使ったレシピを紹介しましょう。 ソースは生クリーム、玉子、パルメザンを混ぜておきます。玉子は常温にしておき、フォークなどでよく溶いておき、生クリームやパルメザンをミックスします。ここに事前に粒こしょうを入れておいてもいいでしょう。 スパゲッティは沸騰した湯に塩を入れてゆでていきますが、表示のゆで時間の少し前に一本取り出してゆで加減を確認して、アルデンテの状態になったら、ざるにあげます。この時に茹で汁を少し残しておきましょう。 ゆであがったスパゲッティをオリーブオイルとにんにくで炒めた角の細切りのベーコンのフライパンに混ぜて、さらに混ぜてあったソースに和えるようにしていきます。味を見ながら調味料で調整をするといいでしょう。 フライパンにソースを流すとその熱でソースの玉子が凝固してぼたぼたのカルボナーラになってしまうことがあるので、フライパンでは和えないようにするといいでしょう。 このように、熱の加減と材料の選び方などを知っておいしいカルボナーラを作りましょう。

y001-1176

チャーシューの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チャーシューをなぜ作るかと聞かれて、多くの人は手作りならではのおいしさを理由としてあげるのではないでしょうか。市販のもの...

y001-1028

ハンカチポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハンカチポーチといって、いろいろなタイプを考えることでしょう。ハンカチやティッシュを入れるための子どものポケットポシェッ...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-1236

すし酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お寿司を作ろうと思った時に、必ず必要な物はすし酢になります。最近では簡単にお寿司が作れる様に、粉末の酢飯の素が売っていた...

y001-0324

北海道いももちの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テレビでも取り上げられることがあるご当地グルメ北海道いももちは、小腹がすいたときのちょっとしたおやつとして重宝します。北...

しそ巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土料理というのは昔から伝わってきたもので、その土地に根付いた食材を用いて作られています。食というのは生活と直接結びつい...

y001-0878

ヨモギ団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨモギはキク科の多年草で、野や山などの至るところに自生しています。日本や中国では、食用や薬用として古くから使用されてきた...

y001-1081

体力をつける方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

体力は、ある程度持つことで、様々なウイルスや病原菌の攻撃から体を守ることができます。体力の定義として「行動体力」と「防衛...

y001-0642

車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

模型製作などを趣味として行っている方が存在しており、主にプラスチック製の模型がメインとして販売されているものを利用するこ...

y001-1363

かば焼きのたれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どこからともなく漂ってくる香ばしさにそそられる食欲、かば焼きは味と香りで人々の胃袋を掴んで離しません、かば焼きといえば穴...

ポストイットアートの...

毎日の仕事や、生活の中であると便利に使えるのが、ポストイ...

y001-1326

キュウリのきゅうちゃ...

夏場になると、夏野菜を多くもらったり栽培をしていたら大量...

y001-0914

みたらし団子の簡単な...

おいしいみたらし団子、お好きな方も多いと思われます。あま...

エプロンの簡単な手作...

エプロンは非常に様々な用途で使用されており、形や素材など...