トマトの雨よけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトの雨よけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトはナス科に分類される植物であり、乾燥を好む性質があります。この性質は他のナス科植物とは違うものですから、トマト専用の対策が必要です。露地栽培では水の管理が難しくなりますから、トマトの雨よけが必要になります。トマトの雨よけがなければ、梅雨の時期を中心にして根腐れを発生させやすくなります。水分が過剰に多くなることで、果実の旨味が薄まって甘みも乏しくなります。原産地のアンデス地方の気候に近づけて育てることが目的となり、旨味の強いトマトを作ることに成功している生産者も増えています。露地栽培で原産地の栽培環境にするために、水分の量だけは再現できる状況です。温度や湿度が高いのは仕方ないとしても、トマトの雨よけを設置すれば良いわけです。乾燥状態で育てたほうが良いことは、経験的にも分かっていたことです。しかしながら、雨が多い季節に対策をすることに躊躇する機会も少なくありませんでした。簡単に作れるようになった背景には、農業資材の種類が増えたことも影響しています。軽くて使いやすいビニールシートがあるおかげで、トマトの雨よけが簡単に作れるようになったのです。便利になったことで、家庭でもトマトの雨よけを使う理由がはっきりしました。

トマトの雨よけを作ることの楽しさ

トマトの雨よけを使うことで得られるメリットによって、グルタミン酸が非常に多いトマトが実ります。茎から果実へは養分が送られることになりますが、実をよく見ると細い筋があることが分かります。筋は放射状に伸びていますが、乾燥状態で育てると発達して強い甘みを保つようになります。このようなトマトは温室栽培で作ることが多いですが、トマトの雨よけを使えば露地栽培でも作ることが可能です。トマトの雨よけを使って育てたトマトは、塩を使わなくても十分な甘みがあることが分かります。乾燥状態で育てると、トマトは生き延びるために土中の養分を強力に吸い上げていきます。厳しい育て方ではありますが、トマトの生命力と土が持っている養分を最大限に活用できる方法です。この栽培法を着実に行うことで、トマトの栄養分までも凝縮させられるメリットがあります。自然本来の味となるため、野菜が苦手な子供にも食べやすくなることも魅力です。糖度は果物に負けないほどに高くなり、野菜としての芳香も残ります。トマトの雨よけを作ること自体も楽しいもので、物作りの知恵も活用できます。工夫次第によって収量を増やして、美味しくすることもできるのは素晴らしいことです。

トマトの雨よけを作るのに用意する物

家庭菜園で気軽に挑戦できるトマトですが、トマトは雨を嫌うためにトマトの雨よけが必要になります。 このトマトの雨よけを簡単に作ることが出来るので、栽培を始める際には用意をしましょう。 まず、手作り方法で一番簡単な作り方は、トマトの傍に支柱を立てて、使わなくなった傘を括り付ける方法です。 傘がトマトの雨よけとして使えるので、廃物利用で出来ます。 次に、いくつか複数のトマトを植えている場合には、傘では雨よけになれないので、ビニールの透明なシートを準備します。 これも、支柱を何本か立てて、ビニールシートを括り付けますが、この時、両脇が低くなるようにします。 ビニールシートの中央に雨が溜まりやすいので、両脇を低くしておいて中央を高くしておくと、雨が溜まりづらくなるからです。 このほか、トマトの雨よけは本格的に設置できる市販品もありますが、その分、コストがかかってしまうので、雨よけという目的であれば、最低限、支柱やビニールシートがあれば、誰でも気軽に出来ます。 支柱に括り付ける時には、紐をいくつか切っておくと結びやすくなるので便利に使えます。 紐も家にあるもので構わないため、ずれないように結びつけると簡単にトマトの雨よけが出来ます。

トマトの雨よけの作り方の手順

トマトの雨よけがの作り方の手順は、購入してきたトマトの苗が30㎝ほどの高さになったら、始めます。 まず、トマトの苗を傷めないように注意をしながら、支柱を土の中に差し込んで行きます。 周辺にも、トマトの苗が生育するにつれて大きくなるので、何本かの支柱をさしておきましょう。 この際に、トマトの苗がある中央部の支柱を長めにして、周辺はそれより短い支柱を選びましょう。 この上に、透明なビニールシートを掛けて行きます。 雨が溜まってしまうと後々、排水をする必要が出てくるので出来る限り、ビニールシートを張ったようにして、中央部を高くするのがポイントです。 ビニールシートの端を支柱に紐を使って結びつけます。 このようなやり方であれば、誰もが気軽に出来るトマトの雨よけであり、トマトに直接、雨が当たらないことで生育が良くなります。 成長するにつれて、高さが足りないと思った時には、ビニールシートの位置を調整をすれば済むので簡単に出来ます。 トマトの収穫が終わって不要になった時も、支柱と合わせてビニールシートは折りたたんで仕舞うことが出来るので、置き場所もスペースを取りません。 また、来年のトマトの雨よけとして使えるので、便利です。

トマトの雨よけの作り方のまとめ

トマトの雨よけを作る前には、畑の畝立てをする必要があります。水はけしやすい土壌を最初から作っておけば、長雨や豪雨にも対処できます。手作り方法は簡単で、1本だけのトマト用としても作ることができます。1本のトマトの苗に対しては、4本の主柱を立てていきます。支柱は園芸用のものや、篠竹などを使うことができます。さらに、アーチ型の支柱を2つ用意して、上面でクロスさせるように固定します。こうすることで、トマトの雨よけの骨格が完成します。この骨格の部分にビニールシートをかぶせて、小さな穴を開けて麻ひもを通して縛り付けます。ビニールシートは丈夫なものを選ぶことが重要で、紐を通すための穴があるものを選ぶと特に便利です。当然ながら、太陽光を通す素材を選ぶ必要もあります。主柱は4本でしたが、風に強くするためには、支柱をさらに足して補強しておきます。支柱の梁をクロスさせるように固定すれば、台風のときでも安心です。普段の雨に対しては問題ありませんが、暴風雨のときには濡れてしまうこともありますから、台風が接近する前にはビニールシートを側面にも取り付ける必要があります。根元にはビニールのマルチを張り巡らせて、雨水の過剰な浸透を防ぐようにします。

y001-0316

蜜蜂巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

これまで限られた人のみに許可されていた養蜂ですが、平成25年より施行された改正養蜂振興法によって誰でも制限無く養蜂を楽し...

y001-0118

チョウトウコウ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チョウトウコウ酒を作る最大の理由としては、薬用酒として有効成分を摂取するためです。チョウトウコウはカギカズラと呼ばれる植...

y001-0766

間違い探しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

間違い探しと言うのは、雑誌のコーナーでお馴染みのゲームですが、テレビゲームで発売されたこともあるゲームでもあります。 ...

y001-0743

金魚飼い方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縁日の夜店で金魚すくいに励む子供のほほえましい姿がよく見られますが、実際には大人も夢中になれる遊びです。名人と呼ばれる人...

y001-1318

きんかんジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きんかんは、みかん科ではなく、きんかん科に属する果実で、優しい甘味が特徴になっています。豊富な食物繊維が含まれていて、優...

y001-1224

スプーンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お気に入りのスプーンがあると、毎日のお食事が楽しくなるものです。自分で手作り方法が分かると、意外と簡単に作ることもできま...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

y001-0858

レクリエーションゲームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

レクリエーションゲームとは、その名の通りレクリエーションをする時に楽しむゲームのことです。そして、レクリエーションという...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-0323

本しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえることもありますがごくシンプルなので、しおりを手作りするときにはデザ...

立体星の簡単な手作り...

DIYとして作ることのできる工作物の中には紙を利用したア...

y001-0148

温度センサーの簡単な...

温度センサーを作る理由としては、すなわちそれは趣味の電子...

y001-0649

七夕折り紙の簡単な手...

七夕をするときに必要になるものといえば、笹でありこの笹に...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単...

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行わ...