凍り豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

凍り豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐は、鎌倉時代には食べられていたことが文献上でも確認されており、非常に長い歴史を持つ食べ物です。畑の牛肉とも呼ばれている栄養価の高い大豆の有効成分を効率的に補給できるので、極めて優秀な健康食品として知られています。特に、植物由来の食品でありながらたんぱく質を豊富に含んでいることが魅力です。凍り豆腐は、この豆腐を凍らせてから乾燥させた食品で、日本の伝統的な保存食です。尚、高野豆腐とは高野山の土産物として江戸時代に珍重された凍り豆腐のことで、基本的な内容は同様です。ただし、日本農林規格では凍り豆腐を正式名称として採用しています。凍り豆腐は、寒冷地で発達した食品であり、保存性が高いのが特徴です。冬の間の食料として用いられてきたことを、窺い知ることができます。低カロリーである上に栄養価が豊富であり、しかも腹もちが良いということからダイエットでの利用にも向いています。この凍り豆腐は、実は自宅でも簡単に作ることができます。自作であれば、添加物について不安を覚えることもありません。健康食品としての有効性を十分に堪能した上で、美容と健康の向上に役立てることができるのが凍り豆腐を作る理由であり目的といえます。

凍り豆腐を作ることの楽しさ

凍り豆腐は、特に女性におすすめの栄養素を含有しています。それは、大豆イソフラボンというポリフェノールの一種であり、女性ホルモンのエストロゲンと非常に良く似た構造であることが特徴です。このために、エストロゲンの分泌量が低下する中年期以降の女性の健康をサポートする効果を期待できます。 エストロゲンの分泌量の低下により、心身に様々な不調が生じるのが更年期障害です。症状は非常に多様であり、不眠症やうつ病など精神的な不調に見舞われるケースもあります。凍り豆腐に含まれている大豆イソフラボンは、これらの更年期障害による多様な症状の根本的な原因に対して効果的です。 また、他にもたんぱく質の吸収をサポートする亜鉛も含んでいるので、栄養バランスを整えるという効果も期待できます。さらに、このたんぱく質は普通の豆腐の約7倍も含有しています。たんぱく質は身体を構成する非常に重要な栄養素ですが、女性の場合は不足しがちとなります。特に、ダイエットの時に不足すると肌荒れや薄毛に見舞われる危険が高くなります。このために、凍り豆腐は特に女性に向いている健康食品であり、快適な日常生活を過ごすために多様なメリットを得ることができます。

凍り豆腐を作るのに用意する物

大豆を使った食品を少しずつでも食べていく事で、より健康な体作りをしていく事ができます。豆腐を食べる機会はとても多いですが、最近は凍り豆腐にも注目が集まっています。この呼び方だとあまりなじみがないかもしれませんが、高野豆腐と言われると何となく煮物に使われるあの食材だろうかと思い出す事もあるでしょう。 凍り豆腐は市販されているものを利用して食べている事が多いですが、これも手作り方法がありますので自家製のものを作る事が出来ます。材料は木綿豆腐を用意しましょう。他にも絹豆腐などありますが、木綿が一番作りやすいですし、リーズナブルに作る事が出来ます。作り方も本当に簡単なので、豆腐の特売があったときにまとめて購入して作っておけば、手作りの美味しい凍り豆腐が食べられます。 この凍り豆腐を使ったレシピも豊富にあります。定番はやはり普段の煮物の具材としていろんな野菜と煮付けていくことですが、大豆は畑の肉とも言われているぐらいなので、肉の代わりに揚げたり炒めたりするのもヘルシーな食べ方です。しっとりとした含め煮も昔から食べられている一品として人気がありますから、自分の好きなものを作ってどんどん大豆を生活の中に取り入れましょう。

凍り豆腐の作り方の手順

まず凍り豆腐自体を手作りする場合ですが、購入してきた木綿豆腐を厚さ1cm幅に切ります。これらを一つずつラップに包んで、冷凍庫で約1日かけて凍らせますとそれで完成です。本当にこれだけで出来てしまうのですから、是非とも気軽に作ってみて下さい。急ぎで作りたい場合にはアルミなどの金属バットに敷いて凍らせて下さい。3~4時間ほどで出来上がります。食べる時には常温で自然解凍して水気を絞り、早めに使いたいときはレンジを使って1分ほど温めてみて下さい。 そんな凍り豆腐を使ったレシピは本当に豊富すぎるぐらいですが、定番の含め煮はシンプルですしあっさりとした味わいで作っておくと重宝します。戻した凍り豆腐を食べやすいサイズに切り、鍋にだし汁、砂糖、醤油にみりんを入れて煮立たせた所に凍り豆腐を入れて10~15分ほど弱火で煮付ければ出来上がりです。 卵とじも人気があるメニューです。豆腐の切り方は薄切りでもさいころの様な形を作ってもいいので、食べやすい大きさに切ります。ニンジンやたまねぎ、インゲンなどもあればこれらも薄切りにして、まずは野菜から火を通します。火が通ればここにだしや醤油などの調味料と高野豆腐を入れ、味付けしたとき卵を入れて少し加熱すれば出来上がりです。いろんな料理に凍り豆腐は使えますので、いろんなレシピを楽しみましょう。

凍り豆腐の作り方のまとめ

凍り豆腐の手作り方法は、実は非常に簡単です。用意するものは、豆腐とサランラップだけで、豆腐は木綿豆腐でも絹ごし豆腐でも構いません。まず、最初に豆腐を水切りを行い、次にラップで包んで冷凍室に入れて1日かけて凍らせます。 凍らせた豆腐は、常温に数時間置くか冷蔵庫に移すかにより自然解凍します。そして、ラップの上から水分を絞り出せば完成です。市販のものとの大きな違いは、保存性を高めるためのアルカリ処理をしていないということで、アンモニア臭がすることはありません。つまり、新鮮な状態の凍り豆腐が食べられるということです。 尚、出来あがったものは、つるして陰干しにすると乾燥して保存食として利用できます。ただし、市販されているものほど日持ちすることはありません。また、冷凍する回数を1回から2回にすることにより、さらにきめが細かくなり、より美味となります。手間をかけるほど上質に変化するということです。 凍り豆腐は、毎日食べることにより善玉コレステロールを増加させるということが研究により判明しています。これにより、動脈硬化指数が低下します。これは、自作による凍り豆腐であれば、添加物や保存料を加えていないので、さらに安全性を高くすることができます。

y001-1046

はちみつ梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しとは梅の実を塩漬けした後、3日間程天日干しした、日本の伝統的な漬物です。梅干しは健康食品としても知られ、疲労回復や...

y001-0400

梅酒焼酎の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒焼酎は本格的な焼酎で作られた梅酒のことです。焼酎には乙類と甲類があります。甲類はアルコール度数が36%以下、乙類は4...

y001-0498

巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYに代表されるような手作り品の場合では、用いられることの多い素材として木材を挙げることができます。木材は素人であって...

y001-1182

チェックシートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チェックシートは、その名の通り、物事をチェックするポイントの一覧表です。工場でより良い製品を生産したり、サービス業でより...

y001-0372

美味しい鶏団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご飯のおかずとして、幅広い年代に人気のある美味しい鶏団子、一度にたくさんの量を作り置きしておけば、お弁当の準備も簡単にす...

y001-0319

味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人のふるさとの味であるお味噌は様々な料理に使え、万能で美味しくできあがります。発酵食品でもあるので身体にも良く、麹菌...

C

混合燃料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「混合燃料」とは、2ストロークオイルと燃料を混合させた液体のことで、2ストロークエンジン内部の潤滑と共に、熱サイクルの燃...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エクセルを方眼紙のように使うことです。具体的にいうと、デフォルトで...

y001-0539

生姜焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生姜焼きを作る目的となるのは、何よりもスタミナを増強するためにあります。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれていますから、...

y001-1311

クマのぬいぐるみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くからクマのぬいぐるみは、子供から大人まで多くの人々に親しまれています。作る理由は、何と言ってもクマのぬいぐるみの可愛...

y001-0389

八宝菜レシピの簡単な...

料理の中には肉や魚などメインとなる食材があり、それに合わ...

ドクダミ化粧水の簡単...

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、...

液体肥料の簡単な手作...

液体肥料を作る理由は、市販されているもの買うと、結構値段...

y001-0579

食べるラー油の簡単な...

近年、節約志向の高まりと共に、「外食を減らそう」という人...