半襟つけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

半襟つけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

半襟は着物を着る時に長じゅばんの衿につけて使います。半襟は汚れ防止の役割の他におしゃれとして楽しむ事もできます。着物の種類や用途に合わせてさまざまな種類があります。金、銀の刺繍入りのものは礼装用として使います。無地や色の半襟、素材の違いなどいろいろな種類があります。正絹、ポリエステル、木綿、麻などがありそれぞれ使用目的にあわせて使います。ポリエステル、木綿などは簡単に自宅で洗濯する事もできるので便利です。紬や小紋などおしゃれ着として着用する着物には適しています。着物の色や柄にあわせて好みの半襟をつけます。襟元から少しだけ見えるものですが重要なアイテムのひとつです。半襟はいろいろな種類が豊富にありますが自分好みの生地がみつかったら簡単に手作りする事もできます。手作り方法は幅16センチ長さが112㎝位の長方形の布地を用意して半襟用に作ります。長い方の端を1センチ折り曲げて粗く縫います。短い方も同様にします。この状態ですぐに長じゅばんの衿につける事ができます。縫うのが面倒な時にはピンキング鋏で切っておくとほつれ防止になり縫う手間もなくより簡単です。残り布や端切れを利用すると素敵な半襟ができます。手ぬぐいを利用して作るのも良い方法です。

半襟つけ方を作ることの楽しさ

手作りの半襟は長方形の布地があれば誰でも簡単にできます。オリジナルの半襟はどこにもない自分だけのもので楽しみも増えます。着物にあわせていろいろ用意しておくと着物を着る楽しみもふえます。着物に合いそうな残り切れを探したら生地をそのまま利用して端だけ縫い半襟にするのもよいですが、オリジナルの良さを生かしてビーズで刺繍したりレースをつけたりして個性的な半襟を作るのも楽しみです。半襟に適している模様は細かい柄、単色の方が着物にあわせやすいです。季節にあわせていろいろ作る楽しみもあります。夏にはレース柄やリネンの生地などが涼しげです。冬用には厚手のウールなどが暖かい感じがして季節感がでます。半襟つけ方は針と糸で長じゅばんに留めていきます。汚れたら付け替えるので簡単に大きい縫い目で留めていきます。長じゅばんの背中心と半襟の中心を合わせて待ち針をとめて端から順に縫っていきます。もっと簡単に取り外しができる半襟つけ方もあります。両面テープを使って長じゅばんに留めていく方法やピンを使う留め方です。取り外しが簡単にできる便利な方法です。両面テープを使う半襟つけ方は粘着力が強い方が固定しやすいです。好みにあわせては半襟つけ方を工夫するとよいです。

半襟つけ方を作るのに用意する物

半襟をつける前に長じゅばん、半襟、襟芯、糸、針、待ち針、アイロンを用意します。半襟は着物の衿を汚さないための汚れ防止の役目があります。着物にあわせておしゃれを楽しむ事もできます。着物の下に着る長じゅばんにつけますが簡単に付け替えができるので半襟つけ方を覚えておくと便利です。半襟の種類はさまざまあり刺繍が施されている半襟、ビーズの半襟、色物の半襟などがあります。素材も正絹や塩瀬、ポリエステル、木綿などの種類があります。お手入れ方法は生地の種類により異なります。ポリエルテルや木綿の半襟は自宅で洗う事ができますが、金、銀、刺繍入りの半襟や正絹の半襟はクリーニング店に依頼した方がよいです。自宅で洗う場合ポリエステルや木綿の半襟は洗濯機の弱水流で洗えます。洗った後は軽く絞り陰干しをしてアイロンをかけておくときれいに仕上がります。塩瀬の半襟を自宅で洗う場合はおしゃれ着用洗剤を使い手洗いします。お湯やぬるま湯は縮む原因となるので使わないようにします。半襟で四季を楽しむ事ができます。素材や色、模様で襟元の変化を楽しむ事ができます。春は梅や桜、夏には紫陽花、朝顔、秋には桔梗や撫子、冬は水仙や寒椿などのように四季の変化にあわせて色や柄を選ぶ事ができます。



半襟つけ方の作り方の手順

半襟つけ方は着物の種類やお出かけ先など用途にあわせて付け替えます。汚れたらきれいな半襟につけかえます。半襟をつける前に全体にアイロンをかけしわを伸ばしておきます。アイロンの温度は絹の場合は中温で裏側からかけます。ポリエステルの場合は当て布をしてからかけます。半襟の両端を2センチから3センチおり軽くアイロンをかけます。折りあげたところをしつけで留めておきます。しつけ縫いは折り目を固定するためにします。半襟の耳の方を1.5センチ折りアイロンをかけ折り目をつけます。長じゅばんの襟表側、背中心と半襟中心を合わせて待ち針で留めます。背中心から両肩あき、半襟の端まで待ち針を留めていきます。半襟の端からくけ縫いをして表側の完成です。次は長じゅばんの裏側をだして長じゅばんの襟の幅にあわせて表側同様待ち針で留めていきます。軽くアイロンをかけておくとくけ縫いがやりやすいです。半襟の端まで縫えば表側、裏側の半襟つけ方が完成です。長じゅばんの襟の内側に襟芯を入れます。半襟は手作り方法で作る事もできます。好みの端切れや余っている八掛、手ぬぐいなどを利用して手作りで作る事もできます。着物や季節に合わせてオリジナル半襟を作るのも楽しいです。

半襟つけ方の作り方のまとめ

半襟の作り方は長方形の布地があればすぐに作れるので便利です。ピンキング鋏で裁断するとほつれもなくより簡単に作る事ができます。残り切れや端切れ、手ぬぐいなどを利用して好みのものが作れます。オリジナル半襟は作る楽しみもあります。季節にあわせて夏は夏用の涼しげな素材を選び冬には冬らしい素材を選ぶ楽しみもあります。布地の柄や色で選ぶほか選んだ生地に刺繍をしたりワッペンをつけたり、レースなどをつけてオリジナル半襟を作ることもできます。オリジナル半襟は自分で好きなように工夫することができ、お値段も安く済みます。半襟が作れたら長じゅばんの襟につけるだけです。半襟つけ方は糸を針を使って縫いとめる方法以外にも簡単に取り外しができる方法があります。両面テープを使って長じゅばん襟と半襟をとめる方法です。汚れたらすぐに取り外すことができます。テープは粘着力があるほうがしっかり固定できますが難点はべたべた感が残る場合があることです。ピンを使いとめる方法もあります。長じゅばんの背中心と半襟の中心を合わせて両方2~3か所ピンでとめます。後は着物の中で見えない部分なので長じゅばんの外側の襟をピンで何か所かとめます。針と糸を使うより簡単に取り外しができます。



y001-0797

家計簿無料ダウンロードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

日常生活で使うお金に関しては、人によって生活環境が異なるために、入出金管理に関しては多くの方法が用いられていることになり...

y001-0065

ペンケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペンケースを作る理由は自分だけの入れ物を作る目的があります。市販されている物を使用すると他の方と同じになってしまうと言う...

y001-0733

犬の洋服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近はペットブームの影響もあり、多くの人がペットを飼っています。特に犬を飼っている人が多く、家族の一員として可愛がられて...

y001-1258

しば漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しば漬けは、京都の伝統的な漬物のひとつであり、また比較的作るのが簡単な漬物で家庭でも作ることができます。特に夏野菜の茄子...

y001-1216

セミロングまとめ髪の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お洒落を楽しむなら洋服を着替えるように髪型もその日その日で変えたいものです。ただ、セミロングだと中途半端な長さなのでまと...

y001-1348

カレーうどんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うどんは夕飯のメニューにしてもいいですし、主食とは別にサイドメニューとして食べることもあるでしょう。うどんは種類が多く、...

黒にんにく炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにくは発酵食品です。近年では発酵食品の優れた効果が見直されていて、摂取した事で生じる免疫力の向上、滋養強壮と疲労回...

y001-1401

おやきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「おやき」は、長野県の名産品の一つで、小麦粉・そば粉などを水で溶いて皮を作り、薄くのばしたその皮で様々なあんを包んで焼い...

y001-1035

ハムエッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつもの朝食が物足りないというのなら、ハムエッグを作ってみてもよいでしょう。ハムエッグとは、ハムを加えて目玉焼きを作った...

y001-1096

にぎにぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出の品として残しておくことができます。作る理由や目的は、赤ちゃんに...

y001-0675

指笛吹き方の簡単な手...

世界中で吹かれている指笛は多くの場合舌の裏側に指をつける...

マキシスカートの簡単...

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカー...

y001-1505

FGノットの簡単な手...

ルアーフィッシングをするにあたってFGノットは必要不可欠...

レジンピアスの簡単な...

レジンピアスを作る理由、目的は人によって様々です。たとえ...