美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合います。誰もが口にしたことがある味噌汁ですが、簡単に作れるからこそ、作り方にこだわる人は少ないかもしれません。しかし、ほんの一手間を加えるだけで、簡単に美味しい味噌汁を作ることができるのです。食欲がわかない時でも、汁物は簡単に食べることができます。だしの旨味がしっかりと引き立ち、程よい塩加減の美味しい味噌汁はより一層食欲をかき立てるでしょう。二日酔いにも、効くと言われています。時間に追われている朝にも、手早く作ることができ、ささっと食べることができるので、重宝します。また、豆腐、大根、わかめをはじめとして、一度にたくさんの食材を摂取することができます。味噌も健康的な食生活には欠かせません。「味噌は医者いらず」という言い伝えもあるくらいです。味噌は大豆から作られますが、大豆が発酵することによってアミノ酸やビタミンが生成され、栄養価はさらに高いものになっています。味噌汁は高価な食材を使わずに、美味しく栄養たっぷりのものを作ることができるので、日本人ならば上手な手作り方法を覚えておいて決して損はしないでしょう。

美味しい味噌汁を作ることの楽しさ

美味しい味噌汁を作ることができるようになれば、毎日の食事も楽しくなります。タッパーに入れて冷蔵保存もできるので、一人暮らしでも重宝します。基本的な作り方をマスターすれば、様々な具材のバリエーションで楽しむことができるでしょう。いろいろな具材を試して、自分好みの味噌汁作りに奮闘するのもまた楽しいでしょう。また、その日の健康状態によって、具材を変えることもできます。例えば、ビタミンを多くとりたいときは、ほうれん草などの野菜をたっぷり入れるとよいでしょう。味噌汁に入れて合わない野菜はほとんどないと言っても過言ではないので、冷蔵庫の残り物を減らしたいときにも非常に最適です。また、二日酔いに効果的だということも知られています。味噌には、良質なたんぱく質、ミネラル、塩分が含まれており、それらは肝臓の働きを助ける効果があるからです。また、豆腐、しいたけ、大根、キャベツもアルコールの分解を促進してくれます。それら全てを一度に摂取することができるので、回復力も高まるでしょう。また、味噌汁を飲むことで身体があたたまります。身体をあたためると、代謝が高まり、汗をかくことでデトックス効果も期待することができます。

美味しい味噌汁を作るのに用意する物

美味しい味噌汁は人の心をホッとさせてくれる効果があり、疲れた時、癒されたい時には必要となるものです。また野菜類を多く入れれば必要な栄養素もとれますし、何よりも味噌というのは発酵食品の中でも健康を維持するために欠かせないものです。塩分を心配する方もいるでしょうが、味噌汁に関しては1日1回くらいなら何の問題もなく、むしろ健康のために積極的に摂取したいものです。 しかしながら美味しい味噌汁というのは簡単ですが手間もかかるもので、基本となる作り方を知っておく必要があります。もちろん、毎回しっかりと作る必要はないのですが、いざという時のために知っていて損はないのです。 では味噌汁の材料ですが、出汁用の水、コンブ、そして味噌、さらに具を用意しておく必要があります。具に関してはお好みのものでよいですが、最初は基本である豆腐の味噌汁ということで、豆腐とわかめ、葱を用意します。調理器具は鍋、おたま、菜箸、計量カップ、包丁とまな板という基本的なもので構いません。味噌をとくための専用の器具もありますが、初めてならそこまで用意する必要はないです。そして作り方の順序を理解すること、このことがもっとも大切になってきます。



美味しい味噌汁の作り方の手順

美味しい味噌汁の手作り方法になりますが、まずは基本となる出し汁をとっていきます。今回のレシピは4人分で、鍋に水4.5カップ、昆布10センチ角を入れてふたをしないで火にかけていきます。弱火で20分ほどかけて、沸騰前になったら昆布を取り出します。昆布や鍋に小さい気泡が出はじめるのが合図になります。これで出し汁の完成となります。ポイントとしては風味が落ちるので決して沸騰はさせない、また出し殻は捨てずに活用しましょう。 次に豆腐をさいの目に切って、長ねぎは小口切りに、生わかめは水で洗い、乾燥わかめは水でもどして水気を切っておきます。鍋にだし汁を320ccいれて火にかけ、豆腐とわかめを入れて煮立てます。だしが沸騰し、具材に火が通ったら一度火を止めます。沸騰を沈めたら味噌を溶き入れ、煮立たせないように注意しながら火を入れます。沸騰する直前で長ねぎを加えて火を止めます。味噌はそのまま入れずに必ず溶いて、沸騰する直前に火を止めることが大切です。 煮え花を椀によそって完成、吸い口を添えるのは食べる直前にしましょう。 簡単に作る場合は出し汁の代わりにインスタントの出汁のもとを使えばよく、基本を守れば美味しい味噌汁が作れます。

美味しい味噌汁の作り方のまとめ

美味しい味噌汁には、まず具材が欠かせません。豆腐、わかめ、長ねぎなどの基本的な具材から、ブロッコリー、トマト、鮭などさまざまな組み合わせで楽しむことができます。いろいろな具材に挑戦して、自分好みのものを見つけると良いでしょう。手軽に作りたいときは、顆粒だしが重宝します。切った具材のうち、根菜は水から入れると良いでしょう。水が沸騰し、野菜に火が通ったら、いったん火を止めます。沸騰がしずまったら、味噌をといて入れます。このときに日本酒を少し加えるとコクが出ます。水10に対し、味噌1が基本の割合です。水600mlであれば、味噌は60gを目安に入れましょう。そして再び、煮立たせないように注意しながら火を入れます。長ねぎや下ゆでをしたほうれん草はこのときに入れます。沸騰する直前に、顆粒だしを入れて、火を止めて完成です。顆粒だしは最初に入れてしまうと、風味がとんでしまうので最後に入れるようにします。仕上げにしょうゆやすりごまをいれても、味に深みが増すので良いでしょう。こだわりたいときは、だしを取ると非常に美味しい味噌汁を作ることができます。水に対し、昆布と煮干しを1%入れ、冷蔵庫で一晩置いておくだけで出来上がりです。それに同じように具材を入れ、味噌をときいれると、一段と美味しい味噌汁の完成です。



y001-0825

一閑張りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内には数多くの伝統工芸品に分類されているものがあり、中には非常に貴重で高価なアイテムも存在しています。伝統工芸品の中に...

y001-0088

パンチェッタの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バンチェッタは、とても美味しく料理に使用すると一気に高級感が増すのでとても役立つ食材のひとつです。イタリア料理などでもよ...

y001-1168

つけ麺スープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つけ麺スープは、つけ麺を美味しくいただくことを目的として作ります。ラーメンの一つではなく、もはやオリジナルの発展をしてい...

y001-1001

ヒラメの昆布締めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヒラメは、カレイ目カレイ亜目ヒラメ科に属する魚の一種で、太平洋の西部に分布しています。刺身や寿司ネタに用いられる高級食材...

y001-0815

影絵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

影絵は、木や紙などで作られた人形や手などの身体の一部の後方から光を当てて、その影をスクリーンに投影したもの、又はそれによ...

どくだみ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どくだみはいろいろな場所に群生しているので馴染みのある草花のひとつです。匂いが独特な事もあり、雑草として処理してしまう人...

y001-0110

ファスナー付きトートバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY...

バックは生きていく上で欠かせない持ち物ですが、意外とこれとても良いという品に出逢うことは少ないです。人それぞれ持ち方や使...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エクセルを方眼紙のように使うことです。具体的にいうと、デフォルトで...

y001-1259

シナチクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シナチクはメンマとも呼ばれています。シナチクは麻竹という竹を乳酸発酵させたものです。麻竹は日本にはない竹で、日本の竹とは...

y001-0425

肉まん皮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉まんの皮を自宅で作れば、中に入れる具を変えていろいろな味が楽しめるようになります。肉まんというと市販の出来合いのものを...

y001-0391

箱庭の簡単な手作り方...

国内では古い時代に流行していた背景を持っている趣味の一つ...

y001-0614

手作り凧の簡単な手作...

国内では古い時代に子供たちの間で人気を持っていた遊び道具...

レゴ貯金箱の簡単な手...

お金を貯めるということは私たちにとって安心を与えてくれる...

y001-1214

そうめん流し竹の簡単...

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。様...