美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合います。誰もが口にしたことがある味噌汁ですが、簡単に作れるからこそ、作り方にこだわる人は少ないかもしれません。しかし、ほんの一手間を加えるだけで、簡単に美味しい味噌汁を作ることができるのです。食欲がわかない時でも、汁物は簡単に食べることができます。だしの旨味がしっかりと引き立ち、程よい塩加減の美味しい味噌汁はより一層食欲をかき立てるでしょう。二日酔いにも、効くと言われています。時間に追われている朝にも、手早く作ることができ、ささっと食べることができるので、重宝します。また、豆腐、大根、わかめをはじめとして、一度にたくさんの食材を摂取することができます。味噌も健康的な食生活には欠かせません。「味噌は医者いらず」という言い伝えもあるくらいです。味噌は大豆から作られますが、大豆が発酵することによってアミノ酸やビタミンが生成され、栄養価はさらに高いものになっています。味噌汁は高価な食材を使わずに、美味しく栄養たっぷりのものを作ることができるので、日本人ならば上手な手作り方法を覚えておいて決して損はしないでしょう。

美味しい味噌汁を作ることの楽しさ

美味しい味噌汁を作ることができるようになれば、毎日の食事も楽しくなります。タッパーに入れて冷蔵保存もできるので、一人暮らしでも重宝します。基本的な作り方をマスターすれば、様々な具材のバリエーションで楽しむことができるでしょう。いろいろな具材を試して、自分好みの味噌汁作りに奮闘するのもまた楽しいでしょう。また、その日の健康状態によって、具材を変えることもできます。例えば、ビタミンを多くとりたいときは、ほうれん草などの野菜をたっぷり入れるとよいでしょう。味噌汁に入れて合わない野菜はほとんどないと言っても過言ではないので、冷蔵庫の残り物を減らしたいときにも非常に最適です。また、二日酔いに効果的だということも知られています。味噌には、良質なたんぱく質、ミネラル、塩分が含まれており、それらは肝臓の働きを助ける効果があるからです。また、豆腐、しいたけ、大根、キャベツもアルコールの分解を促進してくれます。それら全てを一度に摂取することができるので、回復力も高まるでしょう。また、味噌汁を飲むことで身体があたたまります。身体をあたためると、代謝が高まり、汗をかくことでデトックス効果も期待することができます。

美味しい味噌汁を作るのに用意する物

美味しい味噌汁は人の心をホッとさせてくれる効果があり、疲れた時、癒されたい時には必要となるものです。また野菜類を多く入れれば必要な栄養素もとれますし、何よりも味噌というのは発酵食品の中でも健康を維持するために欠かせないものです。塩分を心配する方もいるでしょうが、味噌汁に関しては1日1回くらいなら何の問題もなく、むしろ健康のために積極的に摂取したいものです。 しかしながら美味しい味噌汁というのは簡単ですが手間もかかるもので、基本となる作り方を知っておく必要があります。もちろん、毎回しっかりと作る必要はないのですが、いざという時のために知っていて損はないのです。 では味噌汁の材料ですが、出汁用の水、コンブ、そして味噌、さらに具を用意しておく必要があります。具に関してはお好みのものでよいですが、最初は基本である豆腐の味噌汁ということで、豆腐とわかめ、葱を用意します。調理器具は鍋、おたま、菜箸、計量カップ、包丁とまな板という基本的なもので構いません。味噌をとくための専用の器具もありますが、初めてならそこまで用意する必要はないです。そして作り方の順序を理解すること、このことがもっとも大切になってきます。

美味しい味噌汁の作り方の手順

美味しい味噌汁の手作り方法になりますが、まずは基本となる出し汁をとっていきます。今回のレシピは4人分で、鍋に水4.5カップ、昆布10センチ角を入れてふたをしないで火にかけていきます。弱火で20分ほどかけて、沸騰前になったら昆布を取り出します。昆布や鍋に小さい気泡が出はじめるのが合図になります。これで出し汁の完成となります。ポイントとしては風味が落ちるので決して沸騰はさせない、また出し殻は捨てずに活用しましょう。 次に豆腐をさいの目に切って、長ねぎは小口切りに、生わかめは水で洗い、乾燥わかめは水でもどして水気を切っておきます。鍋にだし汁を320ccいれて火にかけ、豆腐とわかめを入れて煮立てます。だしが沸騰し、具材に火が通ったら一度火を止めます。沸騰を沈めたら味噌を溶き入れ、煮立たせないように注意しながら火を入れます。沸騰する直前で長ねぎを加えて火を止めます。味噌はそのまま入れずに必ず溶いて、沸騰する直前に火を止めることが大切です。 煮え花を椀によそって完成、吸い口を添えるのは食べる直前にしましょう。 簡単に作る場合は出し汁の代わりにインスタントの出汁のもとを使えばよく、基本を守れば美味しい味噌汁が作れます。

美味しい味噌汁の作り方のまとめ

美味しい味噌汁には、まず具材が欠かせません。豆腐、わかめ、長ねぎなどの基本的な具材から、ブロッコリー、トマト、鮭などさまざまな組み合わせで楽しむことができます。いろいろな具材に挑戦して、自分好みのものを見つけると良いでしょう。手軽に作りたいときは、顆粒だしが重宝します。切った具材のうち、根菜は水から入れると良いでしょう。水が沸騰し、野菜に火が通ったら、いったん火を止めます。沸騰がしずまったら、味噌をといて入れます。このときに日本酒を少し加えるとコクが出ます。水10に対し、味噌1が基本の割合です。水600mlであれば、味噌は60gを目安に入れましょう。そして再び、煮立たせないように注意しながら火を入れます。長ねぎや下ゆでをしたほうれん草はこのときに入れます。沸騰する直前に、顆粒だしを入れて、火を止めて完成です。顆粒だしは最初に入れてしまうと、風味がとんでしまうので最後に入れるようにします。仕上げにしょうゆやすりごまをいれても、味に深みが増すので良いでしょう。こだわりたいときは、だしを取ると非常に美味しい味噌汁を作ることができます。水に対し、昆布と煮干しを1%入れ、冷蔵庫で一晩置いておくだけで出来上がりです。それに同じように具材を入れ、味噌をときいれると、一段と美味しい味噌汁の完成です。

y001-1199

たけのこ料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

4月から7月にかけて旬を迎えるたけのこは、たけのこ料理には欠かせない食材です。一般的に食用とされるたけのこの種類は、孟宗...

y001-0335

母子手帳ケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

妊娠した方の場合では国内では母子手帳を入手することが行われています。タイミング的には妊娠していることが証明されたならば、...

ヘアゴムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な種類のヘアゴムが、販売されています。100均ショップでも、購入することができます。安く購入できるにもかかわらず、近...

プラ板の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラ板とは何でしょう?簡単に言えば「透明のプラスチックが板状になったもの」です。思わず懐かしくなる方もいるのではないでし...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で楽しむためです。バーベキューをするためには場キャンプ場などに行く...

y001-1326

キュウリのきゅうちゃんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

夏場になると、夏野菜を多くもらったり栽培をしていたら大量に収穫をする事ができると思います。大量にもらったり収穫をしても消...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

y001-0002

梅ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジャムを作る理由は簡単に梅の成分を摂取することができるからです。梅には健康によい成分がたっぷりと含まれています。梅干で...

y001-0442

豆ご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆ご飯を作るための目的として大切なのは、白米には少ない栄養を補うためです。玄米を精米すると米糠が失われて、大切な栄養を損...

y001-1018

ビーズブレスレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーもファッションの一種です。服がシンプルなものであってもアクセサリーをアクセントにすれば華やかな印象になります...

y001-1239

スープカレーの簡単な...

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スー...

y001-0794

果実酒ぶどうの簡単な...

果実酒といえばぶどうで作られているワインが有名ですが、果...

y001-0370

美味しい焼豚の簡単な...

ジューシーな美味しい焼豚は、お店で食べるだけではなく、自...

y001-0508

雪の結晶イラストの簡...

ペーパーアイテムとして販売されている種類は豊富に用意され...