日本伝統組木工法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本伝統組木工法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいう「日本伝統組木工法」とは、昭和初期に到来した在来軸組工法が普及する前から我が国日本に千年以上も前から今日まで受け継がれてきた工法の1つといえます。材木をホゾや継ぎ手、仕口、栓、楔(クサビ)などで組んで、構造躯体には、釘、接合金物などを殆ど使わない造りになっています。基礎などは、土台無しで足固めにより柱の足下を固める簡単な造りとなっており、開口部の上部においては差鴨居、桁固めで柱の上部を固めた上で桁を通すといったやり方です。そして筋交いが無く、貫、通し貫を入れる構造となっています。構造材自体は全て、地震時においての水平力に対して材の接点が抵抗要素となっており、自然に逆らわず極めて安全性の高い構造といった造りです。現在においても、このような伝統木工法で作られた築200年あるいは3、400年くらいを超える古民家が数多く存在しています。在来軸組工法のような正確なまるでCADなどを使用した精度が高い製図などを使わない、洗練された職人の腕のみによるこの日本伝統組木工法による建物などの作り方ではありますが、その分自由な形の工法による組み立てが可能なので、熟練した技に至っては、製図無しで大変精度が高い建築物を造ることが可能です。

日本伝統組木工法で作る事の楽しさ

なんといっても、組み木などの際には釘や留め金具などを一切使用しない点で柱の貫や通し貫のみを使い建物自体の骨組みを組み立てていくので、職人自身の技においての熟練さでの正確性が必要になってくるものといえます。その分、決して簡単とはいえませんが、熟練されていればいる程にその分、製図無しで自由な建物の基礎や骨組みの造りなどが正確に寸分の違いも無く行うことが可能です。この点において、日本伝統組木工法ならではのそれに携わる人々の建築の際での楽しさがあるものといえるかもしれません。確かに在来軸組工法に比べると作り方が簡単ではありますが、その分職人自らの正確な目測などによる柔軟な発想をその場において生かせるといった利点があります。こうした面においても工法に携わる職人の方にとっても物作りの面白さが味わえる日本伝統組木工法であり、これ自体による、その他の工法では決して味わうことが出来ないこれ自体の面白さの特徴といえます。こうした面白さや楽しさなども相埃って、最近の同工法自体の自由な職人自身による厳格性の無い、柔軟な発想による簡単な物作りの特徴が見直されている点も、最近の西洋式の工法においての限界の穴埋めといった意味においてもあるのかもしれません。

日本伝統組木工法で作る際に用意する物

もともと、在来軸組工法のような正確な製図などを必要とはせず、建築に携わる職人の勘や腕のみを主に頼る工法といえるものなので、出来上がりの完成予定図のみを作成することで十分といえます。しかし、近年においての著しいコンピューター技術の発達などによるOSの向上等により、大変すぐれた3D画像を駆使したCAD専用ソフトなどが現在建築業界やインテリア業界などにおいて目覚しい活躍などをしています。このため、事前に作成した完成予定図の画像をこれに入力してデータ分析を行い、部材配置や建材設置位置などを正確に画面表示し、2Dと3D両方の図面から具体的な分析を行いそれを職人のみなさんへ見せて具体的な造成計画を立てることなども可能です。こういった事前準備においてのやり方などはまさに、日本伝統建築と最新コンピューター技術との融合による準備計画といえるものです。こうした最新CADソフトウェアを使用した、日本伝統組木工法においての事前準備はこれまでの西洋建築工法の技術にはない、まったく新しいカタチでの日本伝統組木工法自体においてのやり方をシミュレーションしながら発想したりすることが可能といえるので、こうした3D、2Dともに使用が可能な最新式のCADソフトを用意する事がのぞましいといえます。



日本伝統組木工法での作り方の手順

何せこの日本伝統組木工法自体は職人自身の培われた熟練された勘や腕などがものをいうので、作業自体は簡単ではあってもこれの習得自体は少なくとも約20年は掛かるとも言われています。こうした面を考えても、とても同工法を体得する事が一筋縄ではいかないことがよく分かります。例えば柱などに使用する木材を正確に削る鉋(カンナ)捌きなど、製図無しで職人の勘のみに頼る洗練された正確性がものをいうので、力の入れ具合などの面においても大変習熟された腕が必要になります。また西洋建築においての土台にあたる礎石自体も建物を支えるくらいの強度や耐久度が必要であり、このことを考慮しながら、この礎石自体に正確な大きさである柱の柱頭に合った貫をくり貫くことがとても重要です。これらの各事例などからしても、やり方や作り方などが簡単には見えても、なかなか携わる職人自身によるこの工法を巡っての勘や腕のあり方自体がとても不可欠といえるものなので、大変な精度が要るものといえます。確かに先程挙げた最新式のCADソフトなどを使用して、3Dなどをも駆使しながら正確に組み立ての際での詳細な工法自体においての分析をしたりする事なども可能ですが、しかし日本伝統組木工法といった職人自身による大変熟練された勘と技がなければやはり、無理がある面もあるのかもしれません。

日本伝統組木工法での作り方のまとめ

過去約1千年と言われるだけの歴史ある日本伝統組木工法の作り方なので、工法自体は単純ではあっても職人自身による正確な勘や習熟された技を体得したりする事は大変困難であり、決して簡単ではありません。しかし、自らの勘や腕のみで建物などを正確に作ることが出来るものなので、そうした面においては製図の精度を頼りにして建築を進めていく在来軸組工法などをはじめとする西洋建築技術などには無い自由な柔軟性を持った発想などが可能であり、それを基にした物作りをしていけるといった利点があるので、こうした日本伝統組木工法としての、西洋建築技術の欠点などをカバー出来る点などをも含めたうえで、同工法が最近になって見直されていることも間違いはありません。また、先程挙げた在来軸組工法などは製図にある部材の準備や寸法どおりに仕上げなければやり直しが効かない場合などがあります。しかし、日本伝統組木工法においては職人自身による勘と腕により正確に工法どおりの作り方が可能なので、失敗などがあってもそれを自分なりに自由に修復が可能な場合があるので、こうしたメリットの面が大変注目出来ます。これからの我が国はもちろんのこと、国外においてもこの工法の活躍が注目されます。



y001-1388

お茶漬けレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お茶漬けは手作り方法がとても簡単で料理を普段しない人でも5分程度あれば、すぐにできます。また、使用する食材もご飯と冷蔵庫...

y001-1410

オニオンスープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玉ねぎをメインに使ったオニオンスープは、西洋料理の味わいあるスープです。日本では、オニオングラタンスープも有名です。オニ...

y001-1358

かまぼこの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一見作るのがとても難しそうに見える加工食品ですが、実は意外と簡単に手作りすることができます。白身魚を用意し、フ...

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

ジェルキャンドルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジェルキャンドルはキャンドル用のジェルを使い、ガラス容器の中にキャンドルを作るホビーです。容器の形を選び、中に入れる飾り...

y001-1183

チーズフォンデュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スイス料理として世界的に有名なチーズフォンデュは、お店で食べる特別な料理のような気がしますが実は材料さえ揃えば自宅でも簡...

y001-0342

米ナスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米国の品種であるブラックビューティを、日本において改良されたのが、米ナスであると言われています米ナスレシピの簡単な手作り...

y001-1122

ナップサックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ナップサックは小学生のお子さんなどが体操着などを入れるのにもよく利用されるリュックタイプのバッグです。両手があくのでちょ...

y001-1170

ちりめんつまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちりめんつまみ細工というのは使う布をちりめんに限定しているつまみ細工です。このちりめんという布は絹でできている物と、化繊...

y001-0942

ポケットポシェットの...

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている...

ダンボール迷路の簡単...

ダンボール迷路はいろいろな人が楽しむことができるので人気...

y001-0621

手作りろうそくの簡単...

炎というのは見ていてリラックス効果があるもので、その効用...

y001-0272

流木インテリアの簡単...

流木というのは、海や川に流れ込んだ樹木のことを言います。...