ローストビーフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ローストビーフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イギリスの伝統料理でもあるローストビーフは、その存在感から、食卓をゴージャスに飾ってくれるメニューでもあります。人をもてなすときにも重宝しますし、クリスマスパーティーのご馳走目的で作ることもあります。家庭での食事にも作りますし、アルコールの飲む時のおつまみにも最適です。レストランなどで食べるとなると、高級なお肉のメニューになりますし、市販のお惣菜にしても高級です。しかし自宅で調理すれば、大幅なプライスダウンで手作りすることができます。牛肉には、タンパク質に脂質、鉄分などを含みますから、栄養価も高い食材です。鉄の栄養成分に関しては、豚肉よりもたくさん含まれていますから、貧血予防にも効果的です。タンパク質の元となるのはアミノ酸であり、牛肉には必須アミノ酸が豊富に含まれています。体内で合成できない必須アミノ酸は、食品からしか摂取できないので、牛肉はその成分も補うことができます。アミノ酸というのは、神経伝達物質にもなりますし、皮膚の組織形成をするため、シワやシミを防ぐ作用も持っています。特に赤みの部分には、体内に吸収されやすい、ビタミンB12と、ヘム鉄の栄養成分も豊富です。この他に牛肉には、亜鉛もたくさん含まれています。風邪の予防や、味覚障害を改善していくためにも役立つ成分です。

ローストビーフを作ることの楽しさ

ローストビーフの手作り方法は、思いのほか簡単ですから、作ってみると拍子抜けするかもしれません。お手軽な調理方法では、電子レンジを活用して、5分というスピード調理で出来上がるレシピもあります。豪華な牛肉メニューを手軽に作れるのは、大きなメリットになります。牛肉料理はパワーも付きますから、力をつけたい時にも良いでしょう。5分でできる簡単ローストビーフでは、牛ももかたまり肉を使います。2人分であれば、300gもあればよいでしょう。塩こしょうに、ニンニクや粒マスタードをすり込みます。手軽に作るために、にんにくはチューブタイプのものを使用すると楽です。耐熱皿に牛肉をおいて、ラップをふんわりとかけます。500Wの電子レンジに、肉の入った耐熱皿を入れて、5分程加熱をします。加熱後は、ラップは外さないで、10分ほど時間をおきます。ここでひと手間加える余裕があれば、焦げ目をつけても良いです。フライパンを熱して、牛肉の表面に焼き色を付けると、より美味しくなります。ですが、この工程は、行わなくても構いません。耐熱皿の肉汁に、赤ワインと醤油、バルサミコ酢を加え、フライパンで温めてソースを作ります。牛肉とからめて、薄くスライスして完成です。

ローストビーフを作るのに用意する物

ローストビーフはイギリス料理で、オーブンなどで蒸し焼きにし火を通した料理です。 焼きあがった後はスライスして、調理した肉の肉汁を利用したグレイビーソースをかけて食べるのが一般的です。 ローストビーフを作る際に用意する材料は牛肉ブロック、塩、胡椒、香味野菜です。 牛肉と言っても部位によりさまざま名称のものがあり、モモやサーロイン、リブロースやランプなど部位によって脂の入り方が違うので触感も様々です。 好みにより使う部位は変えてもいいですが、バラ肉やスジ肉はローストビーフを作るには適していないため避けた方が無難です。 香味野菜はオーブンで焼く時に肉の下に敷いて、焼き終わった時にグレイビーソースを作る時に使います。 香味野菜として用意する野菜は玉ねぎ、にんじん、セロリ、パセリなどを用意します。 次に焼く時に用意するフライパンとオーブンです。 フライパンは牛肉ブロックが入る大きさのものを用意すると、焼きやすくなります。 オーブンは飲食店ならばスチームコンベクションがあると便利になりますが、家庭ではオーブンレンジで十分に対応可能です。 肉用の温度計があると簡単で作業がしやすくなりますが、ない場合は竹串で温度を感じる方法もあります。

ローストビーフの作り方の手順

事前にオーブンは200度に予熱しておきます。 ローストビーフの手作り方法はまず肉を常温に戻しますが、これは常温に戻すことで熱を伝わりやすくするためと均一に熱が伝わるようにするためです。 その後に塩と胡椒を刷り込みます。 塩の分量は肉の重量の1パーセントかそれより少し少ないくらいの量を刷り込みます。 フライパンに油をしいて、強火で肉の表面がこんがりと焼き色がつくまで焼きます。 ここでしっかりと焼いておくことで肉のうまみを閉じ込めることができ、出来上がりのジューシーさが変わってきます。 天板に香味野菜を敷き、その上に焼いた肉を置きオーブンで30分ほど焼きます。 途中で焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせ直接あぶられないようにします。 また焼きすぎそうになった場合は取り出し、余熱で火を通すこともできます。 肉用の温度計があれば中心温度を測れば焼き上がりが簡単に把握できますが、ない場合は竹串を刺して数秒待って抜いてから唇に当て熱いと感じたら火が通っていると判断できます。 次に残った香味野菜でソースを作ります。 フライパンか鍋に移し赤ワインを加え煮詰め柔らかくなったら濾します。 濾し終わった物を小鍋に移し塩コショウで味を調えたら水に溶いたコンスターチなどを加えとろみをつけて完成です。

ローストビーフの作り方のまとめ

ローストビーフは高級に見えるメニューですが、家でも手軽に作ることが可能です。赤ワインとはちみつで、簡単に作るレシピもあります。塩と黒胡椒、にんにくにローリエ、オリーブオイルを、牛肉とビニール袋に入れたら、しばらく寝かせておきます1時間くらいしたら、フライパンで肉の表面をこんがりと焼いていきます。鍋を用意して、玉ねぎと赤ワインを入れて煮立たせ、醤油とコンソメ、はちみつを加えます。焼き色をつけた牛肉を入れて落しぶたをして加熱します。火力は中火で、4分加熱したら、火を止めてフタをし、20分余熱で火を通します。仕上がりは、熱が冷めてからスライスします。ソースは、玉ねぎやローリエを取り除いてから、2/3くらいまで煮詰めてから、バターを加えてコクを加えてできあがりです。スライスしたローストビーフに、ソースをかけていただきます。炊飯器で作る、簡単なローストビーフレシピもあります。牛肉は調味料と合わせて、そのあとでフライパンで表面に焦げ目をつけます。食品保存用のビニールの小袋に、調味料と肉を入れて空気を抜いたら、炊飯器に入れます。沸かしたお湯も入れて、炊飯器の保温のスイッチをオンにして30分おきます。炊飯器から取り出してクールダウンさせて、冷蔵庫に入れておきます。食べる時になったら、薄くスライスしてお皿に並べます。

y001-1397

お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きは関西が発祥と言われている小麦粉を使った料理です。関西人はお好み焼きをご飯のおかずとして食べる事が出来る、おか...

ビーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズで作るアクセサリーには、誰でも簡単に作れるものがたくさんあります。アクセサリーを作るセットが売っていて、必要となる...

y001-1185

チーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チーズはいろんな食べ物がある中でも加工された食品としては最も歴史が古いものの一つです。チーズが作られ始めた正確な時期はわ...

ピーマン肉詰めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつの時代も子どもが大好きなおかずとして人気があるのがハンバーグです。お肉たっぷりで食べごたえがあるから大人だって好物の...

y001-0541

生ゴミ堆肥の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生ゴミ堆肥を作る目的の第一は、副産物として利用することで環境を保護することにあります。水分が極めて多い生ゴミは、処分場の...

y001-1361

カブトムシ折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、いろいろな形を表現することができます。花、動物、鳥、箱などの生活用品も作ることができるし、子どもたちの大好きな...

y001-1007

ピザ窯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷凍ピザや宅配ピザもいいけれど、本格的な窯で焼いたピザの味は格別です。イタリアンレストランで食べたような石焼きピザの味を...

pixta_4936214_S

手作り提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには提灯があります。古くから用いられている道具になり、本来では明るさ...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

y001-0125

花棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーデニングは日常生活での癒しのアイテムのようになっていますが、ガーデニングでも、すべての人に大きな庭がある家があるわけ...

y001-0020

おにぎらずの簡単な手...

毎日が忙しくても、簡単に作る事の出来るお弁当の定番メニュ...

y001-1406

おはじき遊び方の簡単...

国内では古い時代から存在している遊び道具の中には、おはじ...

y001-1325

きゅうりのキュウちゃ...

きゅうりのキュウちゃんと聞くと、だいたいの人は有名メーカ...

y001-1365

かに玉の簡単な手作り...

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになり...