2WAYワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

2WAYワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りする理由としては、1枚で異なるファッションを楽しめると言うことを挙げることができます。2WAYはその名の通りに2通りという意味合いを持っており、ワンピースも2WAY仕様であれば2通りのファッションを1枚のワンピースで作り上げることが可能です。ワンピースとしてはもちろん、ウエストの位置まで下げることでスカートとしても着用することもできるため、より個性やセンスアップを図りたい場合や、デイリーに着まわししたい場合に作る場合が多いのが2WAYワンピースです。また2WAYワンピースを作る理由としては、好みのデザインやサイズに仕上げられる点にもあり、市販されている2WAYワンピースはジャストサイズでは無い場合も多く、寸法をしっかり合わせられる手作りであればフィットさせることもダボつかせるサイズも自由自在ですし、色柄も好みの布生地を選ぶことで理想とするワンピースを作り出すことができるため、作られる場合が多いのも特徴となります。また、大人向けだけではなく子供向けにもアレンジが利き、親子でお揃いのワンピースを着用するために作る家庭も多く、生地を購入するだけなので市販品よりも手頃に作れるのも理由の1つに挙げられています。

2WAYワンピースを作る事の楽しさ

筒縫いで作り方が簡単な2WAYワンピースを作る事で、ファッションを自由に楽しむことへ繋げることが可能です。2WAY仕様であるため、ワンピースとしてはもちろん、スカートとして着用することができますが、型紙や裁断の仕方によっては肩紐を付けたり、シャーリングを強くしてベアトップデザインの2WAYワンピースに作ることも可能ですし、首の後ろで紐を結ぶネックストラップ仕様などのデザインに仕上げる楽しさを挙げることができます。また裾もロングスカートやセミロング・ミニ丈などの丈を好みで変えて作ることもできるため、アレンジできることも楽しさと言えます。また、使用する布も色柄や肌触り、素材などのバリエーションが豊富であり、既製品とは異なる布地を選んで2WAYワンピースに仕上げることができるため、オーダーメイド感覚で作れることも挙げることができます。テイストもキュート・フェミニン・カジュアル・クールなど、デザインや機能を自由に選べる手作りであれば、子供用や大人用、着用するシチュエーションやシーンによって1つの布地から様々に作り出すことができるのも2WAYワンピースを作る事の楽しさですし、所有しているスカートやワンピースを新たに2WAYに作り変え、子供用とするなどのリメイクもできるため、注目度も高めです。

2WAYワンピースを作る際に用意する物

2WAYワンピースを作る際に型紙を用いる場合には型紙を用意しますが、簡単な作り方での場合には型紙無しで手軽に仕上げることが可能です。さらに生地を切ったり縫ったりする前の型紙を作る作業を行う場合に必要となるのが模造紙であり、こちらも型紙から作る場合に用意しておきます。さらに布生地を裁断するための裁ち切りばさみをはじめ、シャーリングデザインのワンピースを作る場合にはゴムカタン糸もしくわシャーリングテープを必要とし、肌当たりを柔らかくしたい場合にはゴムカタン糸が程よく伸びてフィットするため、ゴムカタン糸も準備します。その他、糸切りばさみは、糸を切る際に軽い力で切れるために便利ですし、ミシンで縫った後の糸を布生地の際ギリギリで処理するため、裁ちばさみと同様に用意しておきます。その他、印を付けるために必要となるチャコペンは赤や青色などがあり、洗濯などで落ちるタイプが適しています。さらに自分に合ったサイズを作るため、身体の採寸や生地を測るために必要となるメジャーをはじめ、失敗した場合や糸が絡まる場合を想定し、糸ほどきのリッパーや、ピンクッション・マチ針・縫い針なども必要です。さらに手縫いでは時間がかかるため、簡単なのがミシン縫いであり、ミシンも用意しておきます。



2WAYワンピースの作り方の手順

2WAYワンピースの簡単な作り方として、出来上がりのサイズは総丈が90cmとなる大人向けの2WAYワンピースで、横60cm縦43cm、横80cm縦22cm、横110cm縦32cmの布をそれぞれ2枚用意しますが、前後の身頃であるため、横一続きとしてそれぞれ1枚でも作ることも可能です。ウエストまたは2WAYですので、胸元に当たる部分にシャーリングを施し、裾にはティアードデザインを施す作り方での手順となります。簡単な作り方として前後の身頃を接いで筒状にしますが、この時のポイントとして片脇の上端1cmにゴム口を作っておきます。上の布端はほつれてこないようにロック始末しておき、上端から2cmの所の生地を裏側に折り込み、布端はコパステッチで押さえます。さらに中にゴムを通せるように1cm上にステッチをかけ、1cm毎にゴムカタンなどを使いシャーリングデザインを施していきます。生地を伸ばしながらステッチしたり、好みでシャーリングの本数も増やしたり減らすなど、デザインを微妙に変えることも可能です。その後、ティアードスカートを作る際同様に、2段目・3段目となる生地をあらかじめギャザー寄せしておき、シャーリング1段目の布端と継ぎ合わせ、裾部分は三つ折り縫いです。肩紐無しでも有りでも良いデザインであり、肩紐もしくはネックストラップなども同生地で作ることでまた異なる印象のワンピースに仕上げられます。

2WAYワンピースの作り方のまとめ

手作り、いわゆるハンドメイドで作る場合には、好みの布地を見つけてデザインを決める楽しさが挙げられます。裁縫など、手先が不器用な方にも手軽に作れるように型紙も用意されていますし、手縫いと異なり仕上がりを重視したい場合にはミシンを利用して手早く作ることも可能です。2WAYワンピースであるため、2通りの着こなし方へとデザインすることが求められ、肩紐をプラスしたりシャーリング加工を施してワンピースやスカートとなるデザインへ作ることが必要です。また作り方1つ変えるだけで、様々な機能性ワンピースに仕上げることも可能で、シャーリングの幅や本数を変えたり、紐を取り外しできる仕様に変えるだけでベアワンピースやゴム入りの楽チンスカートに変化させることができます。作る場合には裁縫に必要となる道具を用意し、また布地の端の始末もしっかり行うことでほつれを防ぐことができます。シャーリング加工を施す場合、引っ張られて糸が戻りやすいため、縫い始めと終わりとなる糸を数cm余分に残しておき、ゴムが戻らないように2度縫いすることもポイントとなります。丈夫に仕上げるためには2度縫いは基本であり、また寸法もアバウトではなくしっかり測ることも必要となります。



y001-1033

はりはり漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はりはり漬けの材料と言うのは大根です。大根の漬物と言うとぬか漬けや沢庵などが有名ですが、はりはり漬けは手作り方法を覚えて...

y001-1231

ステテコの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高温多湿になるのが、日本の夏の特徴です。この時期は非常に汗を掻くことが多く、また湿度が高いですから、汗がじっとりと身体に...

y001-0006

イヤーカフの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イヤーカフは耳たぶに挟むタイプのアクセサリーです。ピアスホールを開けずおしゃれを楽しみたいという方の多くが利用しています...

y001-0597

小麦粉粘土の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土には様々な種類があります。油粘土、樹脂粘土、紙粘土、プラスチック粘土、小麦粉粘土と各種あります。これらの粘土のうち、...

y001-1356

がま口100均の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

100均で手作りするものはいろいろとあります。なぜ作るのか、というと、可愛いものや便利なものを自分の手で作っていくことが...

y001-0702

黒豆煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒豆は、お正月料理に欠かせない食材です。これは、江戸時代、丹波国を中心に栽培されていた黒豆が宮中に献上され、お正月に食べ...

y001-0753

牛丼レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今や日本の国民食化している、牛丼。大手牛丼チェーン店が、どこに行ってもあるような状態になっている昨今。牛丼を食べるなら大...

y001-0396

梅味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から、各地域では特産品などを利用して、その土地ならではの料理や保存食を作ってきました。最近では、調味料や保存食を手作り...

y001-0935

ホワイトソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ママにとって毎日の献立、悩みますね。お子さんがいれば長期の休みに入れば、ランチも用意しなければならないし…と朝昼晩の献立...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積極的に取り入れることで得られる効果は意外にたくさんあります。その...

y001-0132

レンガ囲炉裏の簡単な...

レンガ囲炉裏を作る理由としては夏などにバーベキューを庭で...

y001-0610

手紙の折り方の簡単な...

手紙は一般的に封筒に入れて送ります。ビジネス文書や公的な...

y001-1015

ビーフシチューの簡単...

牛肉と野菜を煮込んでソースで仕上げるビーフシチューは、家...

y001-0984

ぶどうの棚の簡単な手...

寒い冬が終わると、植物はそれぞれ葉を出して光合成を行いな...