液体肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

液体肥料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

液体肥料を作る理由は、市販されているもの買うと、結構値段がしますし、化学肥料を使わずに有機肥料で安全に野菜を作りたいと思っている方には、とてもいいからです。人間にだけでなく、その畑の土にとっても循環する、持続可能な作物の作り方ができるのでとても健康的です。口に入れるもので、体そのものを作っていくものになるので、なるべく安全で安心なものを使いたいものです。作り方が簡単で、とても低コストでできるので、経済的にとてもうれしいものです。また驚く程野菜が生き生きと育つのでやりがいがあります。醗酵の過程を見るのはまた、ただ買ってくるのとは違った、時間を経た楽しみがあります。最近では健康志向の食品もとても重宝されるようになったので、安全な食物をつくることは、とても大切なことです。季節に合わせた作物を作っていくことで、植物の日々の成長を見て楽しむことができるので、とてもやりがいがあります。液体肥料は植物にとっても吸収が良く、即効性もあるので、喜んでくれているように成長します。まずは無肥料で育ててみて、液体肥料を使ったものと同どれくらい成長が違うか判断材料に比べてみるのも良いです。自分で食べる分にもおすそ分けする分にも、生き生きと大きく育った野菜を作りたいものです。

液体肥料を作る事の楽しさ

液体肥料を作る事の楽しさは、作り方がとても簡単で、日々の発酵過程をみる事ができることです。どのように液体肥料ができていくかを観察できることは楽しいことです。また身近な素材でできるので、原材料がわかっている安心感もあります。少ない材料で、作ることで、余分なものの入らない豊かさを感じることができます。最初に入れたものが液体肥料として発酵し、土にしみ込みそれを植物が取り込み、それを人間が食べるというサイクルを実感できる楽しみがとてもあります。自分で育てた液体肥料で育てた野菜を食べるという循環を身近に感じることができることは、子供の教育にもとても良いです。自由研究などの題材にも良いでしょう。最近では、液体肥料をとる、コックつきの容器もあるので、そこに入れておけば良いのでとても作りやすいです。自然な菌の力を借りて、肥料を作るという、とても基本的のことをすることができるので、とても楽しいものです。1人でつくるだけでなく、複数で皆で作るのも、とても楽しいものです。ごみとして捨ててしまうものも、肥料としてもう一度使うことができるので目の当たりにすると、とてもやりがいがあります。複数で生ごみを持ち寄って良い液体肥料を作りたいものです。

液体肥料を作る際に用意する物

液体肥料を作る際に用意する物は、とても簡単で、ぼかし液を作るふた付き、コックつきバケツと、分解促進剤と、生ごみです。二つあれば、交互につくることができるので、とても使いやすいです。虫がわかないように、しっかり蓋をすることが大切です。作り方もとてもシンプルな材料で作ることができるので、やろうと思ったらすぐできることが楽しいです。生ゴミは普段捨ててしまうものなので、それを再利用することができることは、とてもやりがいがあります。自然の力を借りて再び土に帰ることができるので、見ていてとても楽しいものです。生ゴミは量が足りなければ、ご近所の方に声をかけて大量に集めても、良いです。大規模で作物を育てるのであれば、給食のある小学校などが近くにあれば、残飯をいただいてきて肥料に代えるのも、効果的です。普段口にしている食べ物が、どのような肥料で作られているかをきちんと把握することができるのでとても重宝します。しかも、とても身近なもので簡単に作ることができるので、安心感があります。最近では、様々なグッズも身近に扱われているので、自分で作ることができます。液体肥料を買ってくるよりも、そういう道具をそろえたほうが繰り返し使え、はるかに経済的です。



液体肥料の作り方の手順

液体肥料の作り方の手順は、簡単で、まずは、ぼかし液を作るバケツを買ってきます。それから、台所で出た、生ごみを上から投入して行きます。水気をきちんと切ることがとても大切です。生ごみの上から、分解促進を振りかけます。それから蓋をきちんと閉めておくことが大切です。このバケツが2つあると交互に使用できて、とても便利です。1つに生ごみを順次入れていき、いっぱいになる頃には、もう1つが発酵が終わっていて、液肥を採ることができます。そして、発酵した生ごみは、畑の野菜の脇に溝を掘って埋めておきます。簡単で、元肥料を作ることもできるのでとても重宝します。できた液肥は、薄めて、ジョウロでまきます。この液肥を、何本か菜園にストックしておくと便利です。本当に簡単で、時間が肥料を醗酵させてくれるので待つことがとても重要です。また、作り方は気温との関係もあるので、夏ならば1週間くらいで完成します。ぐんぐんと、液体肥料で作物が育っていくのを見るのはとても楽しいことです。簡単な液体肥料を使って、見事な野菜を作りたいものです。できた野菜のくずから、肥料をとってまた野菜に帰るという循環を実感できることがとても有意義なものです。ぜひ継続したいものです。

液体肥料の作り方のまとめ

液体肥料の作り方のまとめは、ぼかし液をつくるバケツと、発酵促進剤と、生ごみだけで簡単につくることができるのでとても重宝します。下から液肥をとり、残ったものは元肥として使うことができるのでとても経済的です。材料は身近に手に入りますし、作り方もとても簡単で、生ごみを入れ、発効促進剤を入れてふたをきっちりと閉めるだけです。それだけで、驚く程野菜が元気に育つので、とても頼もしいです。醗酵過程を見ることも楽しく、生ゴミが土に帰っていくのを見ることはとても有意義なものです。子供と一緒に観察することも良いです。自由研究の課題にもなり、教育にも役立ちます。何本か畑にストックしておけば、野菜の状態を見て与える事ができるのでとても重宝します。液体肥料は自然素材から作られているので、安心感があり、安全な食べ物を作ることができます。作物への吸収も早いので野菜がぐんぐんと元気に育ってくれます。最近では、自分で作ることのできるキットや発効促進剤の種類も沢山あるので、いろいろと試してみるのが良いです。環境を守っていくためにも自分で肥料をつくることはとても良い貢献になります。近所の生ごみを持ち寄って沢山作ってみることもいろいろと観察する上で良いです。



y001-0972

プリン石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

衣類や布製品の汚れを綺麗にするには、洗濯機を使うことになります。当然ながら洗濯機だけでは汚れは落ちませんので、市販の洗濯...

y001-0512

折り紙折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒を幼い頃、一度でも作ってみたことがあると思います。その時期を通り過ぎた大人になった今でも時々手紙を書きたいな、...

y001-0754

牛乳パック万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡って綺麗ですよね。それが手作り出来る事をご存じでしょうか。一見、凄く難しそうと思われるかもしれませんが、意外と身近...

y001-1409

オニオンスライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

オニオンスライスは玉ねぎだけで作ることができるシンプルな料理です。そのままサラダとしてドレッシングをかけて食べたり、グリ...

y001-0760

牛乳から生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シチューなどの料理に生クリームをほんの少し加えただけで、格段にコクの出方が違います。しかし、生クリームは乳脂肪分が高いも...

y001-1350

から揚げレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

から揚げは毎日の食事としても人気のメニューですがそのほかにもから揚げが登場する場面が多くあります。まずはお弁当です。最近...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

y001-1500

PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い物かごです。様々な素材の紐で編まれたかごは、軽い割には丈夫に作ら...

y001-1273

さばの味噌煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さばの味噌煮は日本人にとっては、和食の魚メニューの定番です。懐かしさを感じられながらも、今もなお美味しくいただける魚の煮...

y001-0921

マンゴー切り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

南国の果物の中でも特に人気のある果物であるマンゴーは、ねっとりした濃厚な甘みとコクのある香りで果物の女王と呼ばれています...

y001-0628

手作りトートバッグの...

トートバッグと呼ばれるバッグは一般的に物を入れる部分がマ...

y001-0568

酢大豆の簡単な手作り...

大豆は、畑の牛肉とも表現されるほど豊富な栄養素を含んでい...

y001-0856

レシピの簡単な手作り...

まず、簡単な料理の作り方、ときいて、気になるのは時間と材...

y001-1060

パウスカートケイキの...

フラダンスはハワイ伝統のダンスであり、見ているだけでも踊...