アイスクリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アイスクリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

原料に牛乳をたっぷりと使ったアイスクリームは、たくさんの人を笑顔にするスイーツでもあります。市販品も手軽ですが、手作りしてみると簡単なもので、家庭でもおいしいアイスクリームができます。家庭で作る目的は、おやつに手軽に作れるからですし、その工程も楽しめます。おやつを目的としてアイスを作ることもありますし、ほかのお菓子のアレンジ用に作ることもあります。シューアイスとか、アイスケーキ、コーヒーにアイスを浮かべることもできます。実は同じように見えるアイスは、4つのパターンに分類されています。乳固形分の配合が15.0%以上でありそのうち乳脂肪分が8.0%以上が、アイスクリームと呼ばれるものです。乳脂肪分と乳固形成分がたっぷりで、甘いミルクの香りが強く感じられるのも特徴です。市販のアイスには、ほかにも表現があります。アイスミルクというのは、乳固形分が全体の10.0%以上であり、そのうち乳脂肪分が3.0%以上のタイプです。アイスクリームよりも乳脂肪と乳固形分は少しだけ少ないものの、乳成分は牛乳と同じレベルで成分を含みます。乳固形分がもっと少ないのはラクトアイスで、果物の汁などを凍らせて作るアイスキャンディーは、氷菓菓子と呼ばれています。

アイスクリームを作ることの楽しさ

甘くてなめらかで冷たいアイスクリームは、できあがるのもワクワクします。手作りすると、甘さの調整やカロリーバランスをコントロールしたりできるのもメリットです。風味もスタンダードなバニラ意外にも、チョコ味や抹茶味など、好みで作れるのも、メリットと言えます。アイスクリームは、スーパーやコンビニで購入するものと思っていると、難しいレシピにも思えますが、実はとても簡単です。アイスクリームの手作り方法はパターンがありますが、ハンドミキサーとボウルがあれば、手軽にできるレシピもあります。材料は、卵と生クリームと砂糖です。1つのボウルに蛋白を入れて、ハンドミキサーで角がピンと立つまで泡立てます。別のボウルに生クリームを入れて、ハンドミキサーで泡立てます。もうひとつボウルを用意して、卵黄と砂糖を混ぜ合わせて、白くなるまで泡立てます。すべてを1つのボウルに入れて、今度はゴムベラを使い、切るようにして混ぜ合わせていきます。大きめなタッパーに入れて、冷凍庫で固めれば完成です。このレシピの場合、途中で冷凍庫から出して、何回も混ぜたりするという手間がありません。冷凍途中で混ぜたり、おやつにする直前に解凍する手間もありません。

アイスクリームを作るのに用意する物

夏に食べるアイスクリームが美味しいのはもちろんですが、冬の寒い時に食べるアイスクリームは夏とは違った意味で美味しいものです。今では時期を問わず簡単にコンビニやスーパーで買うことができますが昔は母親が手作りしていたことも多かったようで、家庭で作るアイスクリームは材料がシンプルな分やさしいシンプルな味だと言われています。そんなアイスクリームを手作りするのに必要な材料の基本は牛乳・生クリーム・卵黄・砂糖又はグラニュー糖になり、香りづけにバニラエッセンスを入れる方もいます。バニラ以外の味を作りたい方はこの基本の材料に、抹茶やココアなどの味を加えます。また牛乳は分類的に「成分無調整」のものを、生クリームは脂肪分が高めの動物性のものを選びましょう。卵黄は火を通さず生のまま混ぜるレシピもありますので、生で食べられる賞味期限内の卵を使用する方が無難です。そして調理器具は牛乳や生クリームを温めるお鍋と材料を混ぜる為のボウルと泡立て器・混ぜたものをこすザルか裏ごし器、そして冷やし固めるためのタッパー又は金属製の容器とアイスクリームの素を冷やす氷水、途中でかき混ぜる為のスプーン・材料を量るための計量カップと計量器・ラップなどが必要になります。

アイスクリームの作り方の手順

アイスクリームの手作り方法ですがまずはボウルに卵黄と砂糖又はグラニュー糖を入れ、砂糖がしっかり溶け白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ合わせておきます。次に牛乳をお鍋に入れ火にかけて沸騰直前まで温めたら火を止めます。次に温めた牛乳を先に混ぜておいた砂糖と卵黄の中に少しずつ加え、よくかき混ぜながら弱火にかけます。ここでも沸騰させないように気を付け、少しとろみが出て来たなと思ったら火からおろしザルや裏ごし器でこします。こしたアイスクリーム液を氷水に当てて冷ましますが、香りづけをするならここでバニラエッセンスを入れます。冷ましている間に生クリームを7分立てくらいに泡立てておき、泡立てができたら良く冷ましたアイスクリーム液をその中に入れ混ぜ合わせます。均一に混ざったらタッパーなどの清潔な容器に移してラップをして冷凍庫で2~3時間冷やし、容器の周りが固まってきたら一旦冷凍庫から出しスプーンで全体をかき混ぜて下さい。その後2、3回同じことを繰り返せばバニラアイスクリームの出来上がりです。ただ手作りのアイスクリームは冷凍庫の匂いが移りやすいですので一度にたくさん作るのではなく、すぐに食べきる量をこまめに作るほうが良いでしょう。

アイスクリームの作り方のまとめ

アイスクリームは、生クリームなしで簡単に作ることもできます。手作り方法は、材料に卵と砂糖と牛乳を用意します。牛乳の代わりに、豆乳を使っても構いません。卵は卵黄と卵白に分けます。卵白は思い切り泡立てておきましょう。別のボウルに牛乳と砂糖と卵黄を入れて混ぜ合わせたら、泡立てた卵白に入れて混ぜます。タッパーに混ぜたものを入れて、冷凍庫で3時間程冷やせば完成です。食感や味わいをもっと出したい時には、材料にも工夫して作ることができます。計量はしないで、ただ混ぜるだけのレシピもあります。材料は好みのクッキー5枚と生クリーム1パック、イチゴジャム150gを1つに、好みのナッツがあると食感が出ます。タッパーに、クッキを入れて砕き、ナッツも入れます。生クリームは1パック全て入れて、ジャムも全て入れたら、全体を混ぜます。タッパーを冷凍庫へ入れて凍らせれば、お手軽アイスのできあがりです。ヘルシーなアイスクリームの簡単レシピもあります。材料は絹ごし豆腐に豆乳か牛乳、砂糖です。すべてをミキサーに入れて攪拌し、冷凍保存用ビニール袋に入れて冷凍します。固まったらミキサーかフードプロセッサーで攪拌して出来上がりです。

y001-1303

ケープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

気温が下がる冬になると外出する際には厚手のコートを着用しますが、真冬になるまではコート以外のファッションアイテムでオシャ...

y001-0220

スイートポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スイートポテトと言えば子どものおやつの定番です。スイートポテトはパン屋さんやケーキ屋さんなどで販売されていますが、サツマ...

y001-0762

旗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旗にも様々な種類がありますが、自分で作る機会があるとすればそれはのぼりであることが多いと言えるでしょう。のぼりはお店など...

y001-1082

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒...

y001-0366

美味しい味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の気持ちよい朝のスタートに、美味しい味噌汁は欠かせない食べ物と言えるでしょう。もちろん昼でも夜でも和食には何でも合...

y001-1340

かわいい髪型学校の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女の子ならだれでもかわいくありたいものです。学校に行くときだってできるだけおしゃれしてかわいくいたいものです。とはいって...

y001-1095

ニョッキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもと小麦粉で作ったお団子のような料理であるニョッキは、イタリア料理でパスタやリゾットと並んで人気のあるメニューで...

y001-0318

味付きゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメン屋で食べるラーメンには、煮卵のような茶色く色づいた味付きゆで卵が載っていたりして、とてもおいしいのですが、作るの...

y001-1344

ガレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガレットはフランス北西部の郷土料理で、丸くて薄く焼いた生地に様々な具を包んで食べる料理やお菓子のことを指します。特にそば...

y001-0534

石灰水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

石灰水は小学生の理科の実験で使うものです。二酸化炭素に反応すると白く濁るのが特徴ですが、実はこれは自分で作ることもできま...

y001-1478

アルミ缶クラフトの簡...

アルミ缶を使って実用品や美術性の高い作品を生み出していく...

y001-0294

妖怪ウォッチの簡単な...

ゲームで人気を博し、TVアニメも大人気で2014年の紅白...

y001-1474

アンクレット手作りの...

アンクレットは、手軽におしゃれを楽しむことができるアイテ...

y001-0422

忍たまジャムの簡単な...

寒い時期はもちろん、暑い時期でも職場や自宅でエアコンを使...