うなぎ罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うなぎ罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うなぎ罠を作る目的は、現代と昔では大きく違っています。昔であれば、うなぎは全国の河川や用水路に生息していたため、日常的に捕まえて食べることができる魚でした。手づかみで捕獲するのは大変ですから、うなぎ罠を使って食料を確保する伝統が生まれました。現代においては、趣味として捕獲するための目的があり、素材も変わってきました。うなぎが生息している河川は少なくなっていますが、今でも追い求める人がいます。伝統的な仕掛けで捕まえることにこだわりがあれば、うなぎ罠も使いたくなるのが自然です。うなぎを傷つけずに捕まえることも、目的として重要です。釣りの方法で捕まえてしまうと、うなぎを弱らせてしまう可能性があります。効率よく捕まえて鮮度も保つために、うなぎ罠を使う必要があるわけです。伝統的な目的としては、川遊びの一環で行うことも重要です。川魚を捕まえるためには網を使う方法もありますが、工夫を凝らした仕掛けで捕まえることも楽しいものです。子供と一緒に仕掛けを考えて、最終的に完成させて作ることも目的となります。物作りの面白さを学んで、うなぎの生態にも造詣を深めることができます。最終的な楽しみとして、料理で使うことも重要な目的になります。

うなぎ罠を作ることの楽しさ

うなぎ罠を仕掛けることは本当に楽しいもので、河川が身近な存在になります。河床勾配や流速などを調べて、どこに仕掛ければよいかを探ることになりますから、うなぎとの真剣勝負になります。うなぎも賢い魚ですから、いい加減に設置しても結果がよくならないものです。知恵比べをして最終的に人間のほうが勝てば、自然からのご褒美を授かることになります。うなぎ罠を仕掛けることで得られるメリットには、時間を有効に活用できる点があります。釣りであれば常に様子を見ている必要がありますが、うなぎ罠を仕掛けてからは、その場を離れても逃げられることがありません。うなぎ罠の中に一度でも入ってしまえば、絶対に逃げられない構造となっています。この利点があるおかげで、仕事の合間に仕掛けをして、休日に結果を見に行くことも可能になります。その他のメリットとしては、天然のうなぎの美味しさを堪能できる点が魅力的です。昔はどこの川にも生息していた天然うなぎは、今では本当に貴重な存在です。幻になりつつありますが、利根川などの大河川にはまだ残されています。養殖物とは明らかに違う天然うなぎを捕獲して、詳細な鑑賞ができることも魅力です。捕獲すれば記念にもなり、一生の思い出としても残せます。

うなぎ罠を作るのに用意する物

うなぎは、日本ではかば焼きや鰻丼などの調理方法が考案されており、古くから食文化に深く関与してきた歴史を持っています。土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣は、江戸時代には既に行われていたと考えられています。しかも、これのもとになっている夏の暑い時期を乗り越えるためにうなぎを食べるという習慣は、万葉集にも記されています。 現在では食用のうなぎを確保するために養殖や輸入も盛んに行われていますが、野生のものに対しての人気が根強いので釣りや伝統漁法も実施されています。うなぎ罠はこれらの内の一種で、節をくり抜いた長い竹筒を水底に沈めておき、中に侵入してきたうなぎを捕獲するという内容です。 このうなぎ罠は、作り方自体は非常に簡単で難しい部分は特にありません。このために、手先が不器用な人や釣りについての知識を何も持たない様な人でも完成することが出来ます。実際にうなぎを捕獲できるかどうかには、経験やテクニック、運が必要となりますが、うなぎ罠を作ることによりチャレンジする資格を得られるということになります。用意するものは、青竹筒、園芸用のロープ、紐です。なお、青竹筒は出来れば焼き入れしたものの方が適当です。

うなぎ罠の作り方の手順

うなぎ罠の手作り方法は、まずは筒の長さを決めることからスタートします。うなぎは、基本的には自分の体長よりもながい筒を好むので、大きなものを狙っているのであれば長くしなければなりません。大体、1メートル前後程度が適当であり、これを2本1組で作ります。平行に並べて両端をロープで縛り、さらにロープ同士も縛りつけます。そして、そこからさらに岩や木などに括りつけるための紐を取り付けて完成です。 出来上がったうなぎの罠は、川に仕掛けるだけとなります。自分で外に出ることは出来ないので、一度中に入ってしまえば捕獲できるということになります。ただし、うなぎは嗅覚が非常に優れているので、新しい匂いのするものには入りません。このために、焼き入れした竹が向いているということになります。 焼き入れ出来なかった場合には、数時間水没させたり土の中に埋めるなどの作業を加えなければなりません。つまり、非常に勘の良い動物を相手にしなくてはならないということで、簡単に成功することはありません。少しずつ経験を積み重ねていくことにより、どの場所に仕掛けるのが良いのかやどれぐらいの時間が最適であるのかなどの知識が身についていくことになります。

うなぎ罠の作り方のまとめ

うなぎ罠の構造は簡単なもので、手作り方法の仕組みもすぐに理解できます。基本的には筒状になりますが、出入口の部分に円錐形の材料が使われています。入り口のほうが広くて、出口のほうが狭くなる構造です。出入口の部品は別に作ることにして、筒の部分を制作することから始めます。材質として使えるものには、竹やペットボトルなどがあります。竹は編んだものを使うことがありますが、モウソウチクをそのまま使うと簡単です。問題なのは、漏斗の形をした出入口を作ることです。出入口の部分は、塩ビの素材のパイプを用いて、ジグザクに切って漏斗状にして作ることができます。あるいは、大きめのペットボトルの先端に縦の切り目を入れて作ることもできます。手が器用な人であれば、竹を編んで作ることもおすすめです。漏斗状の仕掛けを筒に取り付けて、もう片方には小さな穴を開けて通水ができるようにします。うなぎ罠にはロープなどを取り付けて、簡単に引き抜けるようにしておきます。川に沈めておくためには、錘が必要なこともあります。錘もロープに一緒に取り付けておけば、全体的な仕掛けが完成します。精度を高めるためには、出入口の大きさを微妙に調節する必要があります。

y001-1419

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけた...

y001-1290

こどもワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

こどもワンピースを作る理由は、まずは自分の好きなデザインの布を使って好きなように作ることができることです。フリルの付け方...

y001-0358

氷こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

氷こんにゃくは現在、夢の食物と注目される食べ物です。氷こんにゃくを作り、食べる主な目的の1つにダイエットが挙げられます。...

y001-0890

もやし育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もやしはどこのスーパーでも安く売っているところをよく見かけますし、安く手に入るのにとても料理に使いやすくどんな料理にも使...

y001-0586

蒸しおこわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

蒸しおこわというのは、外食をした際にお店にあったりすると、ついつい注文してしまいたくなったり、デパートの地下などでおこわ...

y001-0771

巻物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハレの日のご馳走に、運動会やピクニックのおべんとうに欠かせないのが巻物です。巻物というと具材を芯にしてご飯で包んで海苔で...

y001-0267

料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人の食生活は非常に乱れており、栄養も偏っているといわれています。それはコンビニエンスストアやファーストフードなど手軽...

y001-0494

多肉植物寄せ植えの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在は癒しの効果があるなどといって部屋で観葉植物を育てている人が多いようです。そんな中で、植物を育てたことがないという人...

y001-1049

ハチマキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハチマキは運動会やイベントなどで作ることがあります。売られているものをそのまま購入するというケースもありますが、手作り方...

かごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

真っ平らなテーブルの上に道具を置くだけでは、テーブルに衝撃が加わり、揺れ動いた時に、置いた道具が床に落ちてしまう恐れがあ...

y001-1238

スカートの簡単な手作...

ゴムを使った、簡単なギャザースカートの作り方をご紹介しま...

y001-1063

パーラービーズ図案の...

最近になってブームとなってきているパーラービーズ、これに...

y001-1379

ガーリックソースの簡...

ガーリックソースは、スタミナ料理に仕上げたい目的で作るこ...

y001-0850

レジンの簡単な手作り...

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこの...