おいしいチャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいチャーハンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単でおいしいチャーハンの手作り方法を知っておけば、時短レシピとして活用出来ます。チャーハンを作るシーンとして、余った野菜や賞味期限の近いハムを片付けたいという時があります。こういう時にすぐにおいしくできるコツを知っておくと、満足感のあるレシピが作れます。チャーハンは料理初心者が取り組む基本レシピですが、プロのようにパラパラに仕上げるのはコツがいります。しかし、ここで紹介するマヨネーズを使った炒め方法ならば、誰でも自宅でパラパラチャーハンが作れます。がっつりチャーハンを食べたい時には分量を多くすればOKですし、具材を変えれば日替わりで飽きずに食べられます。お皿を何枚も洗うのが面倒な時や、子どもがご飯を食べてくれない時、一皿で栄養バランスの良い料理を作りたい時に作ると良いです。マヨネーズで作る方法は、チャーハン以外にも応用可能です。ピラフを作る時に、バター代わりに使うレシピにも応用できます。冷蔵庫の食材を片付けたい、一皿でボリューム満点の料理が作りたい、栄養バランスの良いレシピを作りたい、という時に活躍します。マヨネーズならば一人暮らしの人の冷蔵庫にも入っている調味料ですから、便利です。

おいしいチャーハンを作ることの楽しさ

おいしいチャーハンのポイントは、パラパラに炒めることです。プロの中華料理店で食べると、スプーンですくった瞬間にポロポロとほぐれます。しかし、自宅で作るとベチャベチャになって、スプーンですくっても塊ですくえてしまいます。 プロのチャーハンは、米粒一つ一つの表面が油でコーティングされています。自宅で作ると米粒の表面のコーティングにムラができてしまうので、パラパラの仕上がりにならないのです。 しかし、マヨネーズで最初にコーティングしておけば、火をつけてからいろいろとテクニックをこなさなくてもパラパラの仕上がりになります。 プロがチャーハンを作る時には大きな鍋で揚げ焼きのような状態で回し焼きしていますが、そんなことをしなくてもマヨネーズを使ったレシピならば、テクニック要らずでおいしく作れます。 火をつけて材料を入れてしまうと、焼けすぎないように、卵が塊すぎないように、などと気を取られているうちに失敗してしまいますが、マヨネーズを使ったレシピならば余裕を持って作ることができるので、失敗しづらいです。 マヨネーズでコーティングする方法を知っておくだけで、ベチャっとしがちな料理の仕上がりが全く変わってきます。

おいしいチャーハンを作るのに用意する物

おいしいチャーハンを作るときには、1人前で200gのご飯を用意しましょう。ご飯は冷凍のものや冷えたもの、炊きたてのものなどどんな状態でもかまいませんが、できるだけパラっとした、おいしいチャーハンになるように、ご飯に含まれる水分が少ない状態の冷えたものがおすすめです。具材として、卵がもっとも重要になります。新鮮な物の方が卵の黄色がきれいに出るでしょう。そして野菜ではネギが必須な食材になります。ネギがあることで全く違う味になりますから、長ネギや万能ねぎなど2種類用意するのもいいでしょう。その他の野菜は、色合いを考慮して、人参やピーマンなどを入れるといいでしょう。肉は、豚肉や焼き豚、ハムなどがおすすめです。焼き豚がしっかり煮汁の味がついていますのでおすすめです。その他にカニの缶詰やカニカマを入れてもおいしい味になります。調味料は酒としょうゆ、塩、こしょう、ごま油を用意しましょう。もしオイスターソースがあれば、少量使うことでプロに近い本格的なおいしいチャーハンを作ることができます。食材は、卵とご飯以外はすべて火が通りやすいようにみじん切りにしておくと、おいしいチャーハンを手際よく作ることができます。



おいしいチャーハンの作り方の手順

おいしいチャーハンの特徴は、飯粒はパラパラなのに口の中に入れるとまとまってしっかりおいしいということです。手作り方法でもパラパラのおいしいチャーハンを作ることは簡単です。お店のように火力が低い家のコンロでも作ることができます。作り方として、まずはフライパンを薄く煙が出るくらいまで熱します。出来れば鉄鍋を使うといいでしょう。熱くなったフライパンに薄く引いて広げ、そこに卵を入れて大きく混ぜます。卵が固まる前に、ご飯を入れます。ご飯はあらかじめ電子レンジで温めておくといいでしょう。ご飯を1粒ずつ卵で包み込むように混ぜながら、手際よく炒めていきます。卵とご飯が馴染んだら、ネギを入れて炒めます。ネギの独特の香りが出てきたら、お好みで塩をふりかけて炒めます。残りの野菜と肉の食材を入れて、馴染むようによく炒めます。最後に、鍋肌から酒やオイスターソース、ごま油を流し入れて、こしょうをお好みの量ふりかけて、さらに炒めると出来上がりです。レタスチャーハンにするときは、レタスのシャキシャキ感を楽しみたいですから、調味料を入れた後にレタスを入れてさっと軽く炒めるといいでしょう。炒める前によく鍋を加熱し、卵は半熟の時にご飯を投入する、この2つの要点を押さえておけば、おいしいチャーハンを家で作ることができます。

おいしいチャーハンの作り方のまとめ

パラパラでおいしいチャーハンを作るコツは、サラダ油ではなくマヨネーズで炒めることです。マヨネーズの中には黄味と乳化植物油が含まれています。この2つが米粒をコーティングすることで、中に水分が入るのを防いでパラパラした仕上がりになります。 用意するのは、1人分で、ご飯200g、卵1個、長ネギ1/6本、ハム2枚、塩少々、こしょう少々、マヨネーズ大さじ1(15g)です。調理時間の目安は10分程度です。 まず長ネギとハムを粗くみじん切りにしておきます。 マヨネーズと温かいご飯をあらかじめ混ぜておき、熱したフライパンで炒めます。先ほど用意した長ネギとハムを加えてさらに炒めて、炒まったら端に寄せて溶き卵を流し入れます。ご飯と混ぜて炒めて、塩とこしょうを振って味を調えれば完成です。 マヨネーズをフライパンで溶かしてから温かいご飯を投入する方法でもできますが、最初にマヨネーズと温かいご飯を混ぜておいたほうがご飯がしっかりコーティングされます。フライパンの中で混ぜすぎると米粒が潰れてしまいやすくなりますし、味にムラができてしまう可能性があります。 おいしいチャーハンにするコツは、材料を入れすぎずにシンプルにすることです。



y001-0721

広島風お好み焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お好み焼きには関西風お好み焼きと広島風お好み焼きの2種類が在ります。この二つの大きな違いは焼きそばやうどんの麺を使うかど...

y001-1456

うちわの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うちわは今では当たり前のように繁華街で無料配布されていますが、無料で手に入るものをあえて手作りするのには理由があります。...

スヌードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い季節、セーターやニット、手袋に帽子など、毛糸でできた防寒着が恋しくなりますよね。特に手編みのものだとより暖かく感じら...

y001-1291

こどもポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、ハンドメイド雑貨が流行しています。大手のフリーマーケットサイトも充実しており、中にはハンドメイドやDIYグッズを販...

小鳥の餌台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小鳥の餌台を作る理由は、自宅の庭などに設置致しますと、可愛い小鳥たちがやって来て、餌を食べる姿を見る事ができますから、そ...

y001-0593

焼きそばレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼きそばは、中華めんを肉類、野菜、魚介類など共に炒めて、ウスターソースや塩コショウで味を調える料理です。給食の定番メニュ...

y001-0057

テトラポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テトラポーチを作る理由は、作成方法が簡単だということが挙げられます。他にも、自分の工夫次第ですごく可愛らしく作ることがで...

ビーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズで作るアクセサリーには、誰でも簡単に作れるものがたくさんあります。アクセサリーを作るセットが売っていて、必要となる...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しかし食べないとエネルギーが補給できず、さらに疲労が蓄積されていって...

y001-1319

きり絵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きり絵は芸術の一種ですが作ることの目的は手先を器用にしたり芸術センスを磨くことにあります。きり絵は細かな作業が結構多くデ...

y001-0437

徳川家康年表の簡単な...

徳川家康年表を作る理由や目的は様々です。大学受験生が日本...

y001-0018

味噌の簡単な手作り方...

名古屋に生まれたこともあり、味噌は身近が食材で、小さい頃...

y001-1252

しゃぶしゃぶの簡単な...

家族みんなで取り囲んで、楽しくわいわいご馳走を食べたいと...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方...

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時...