お団子ヘアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お団子ヘアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

髪の毛を色々アレンジできることは、女性ならではの特権といえます。ショートカットやソバージュなど色々なヘアスタイルが有る中でも、お団子ヘアは幅広い世代で人気が有ります。お団子ヘアはなぜ人気があるかというと、髪の毛をまとめやすいからです。特に湿気が多い梅雨の時期には、自宅できちんとヘアセットしたのにもかかわらず、外出すると髪の毛がまとまらなくなります。高温多湿の時期には、髪の毛が広がり、ゴワついてしまいます。そんな状態で外を歩けば、見た目に恥ずかしい思いをします。ですが、湿気が多い雨の日にお団子ヘアにすることで、しっかりと髪の毛をきれいにキープしてくれます。髪の毛がきれいに整えば、髪の毛を気にすることもなくなります。仕事や勉強などに集中することができるので、お団子ヘアはとても重宝される髪型といえます。その他にも、お団子ヘアは男性に色っぽさをアピールすることができます。というのも、普通のヘアスタイルでは見せられない、うなじを男性に見せることができるからです。うなじを見ると、色っぽさを感じる男性は多くいます。そのため、デートや好きな男性にアピールする際に、お団子ヘアにすることをおすすめします。

お団子ヘアを作ることの楽しさ

お団子ヘアにすることは、女性にとって色々なメリットが有ります。そのひとつが、髪の毛をきれいにまとめられることです。たとえば、クセ毛の人の場合、髪の毛がきれいにまとまらず、朝のスタイリングに時間が割かれることが多いです。髪が四方に散らばって、なかなか外出する準備ができないこともあります。ですが、お団子ヘアは、髪の毛を縛ってまとめるだけで簡単です。クセ毛の人でも寝癖隠しもできてしまうので、女性にとって便利なヘアスタイルといえます。 さらに、お団子ヘアは、普段使いだけでなく、お誕生日界などのパーティーでも重宝されます。たとえば、お団子を作って、カチューシャや花飾り、リボンなどで飾ればフォーマルな印象になります。ひと手間加えるだけで、とても豪華でおしゃれな印象になります。 その他にも、お団子ヘアは、女性のスタイルを良くするというメリットも有ります。というのも、髪の毛を全体的にあげることで、首周りがスッキリする殻です。髪の毛がなくなることで、小顔効果が有ります。その他にも、デコルテもきれいに見えるので、女性にとって損はないヘアスタイルです。 いつものヘアスタイルに飽きてきたら、ぜひ試してみると良いです。

お団子ヘアを作るのに用意する物

夏にぴったりのお団子ヘアに最低限必要なものは、ヘアゴム、ヘアピンです。ヘアゴムは太めのものの方がしっかり髪の毛を固定できます。1本用意しましょう。ヘアピンは一般的な形のもので構いません。最低5本程度は用意が必要ですが、たくさん用意していた方が、しっかり固定できて安心だと思います。特に、髪の毛が短い方や、髪の毛を梳いている方は多めに用意しましょう。 あればよりよいものは、コテ、ワックス、髪飾りです。ワックスは、お団子ヘアにする時にまとまりやすいようにするためのもの、コテで巻く際に傷みにくく巻がとれにくいようにするためのものと、完成したあとに崩れないようにするためとアホ毛のように短い毛をはみ出さないためのハードスプレーのものの3つがあるといいです。コテはあった方が、ふんわりとしたお団子ヘアを完成することができます。ワックスは、あった方がまとまりがよく簡単に作ることができると思います。髪飾りは、ゴムでもピンについているものでも構いませんが、普段お団子をするのであれば小ぶりのお花やビーズのものがおすすめです。お祭りなどのイベントの時は、大きなお花の方がかわいくなります。用途にあったものを選びましょう。



お団子ヘアの作り方の手順

手作り方法は、 まず、コテやワックスがある方は土台を作っていきます。ワックスのみの方は、まとまりやすいように、緩めのワックスを髪の毛全体にもみこんでおきます。コテもある方は、コテの熱で傷まないようにワックスをつけてから、コテで毛先を巻きます。コテを使用しない部分もソフトワックスをもみこんでまとめやすくしておきます。 次に、お団子が作りたい高さでゴムで1つ結びにします。ここでしっかりと結ばないと、お団子を作っている間に崩れてくるので注意しましょう。 そして、1つ結びにしたゴムの部分を中心として、髪の毛を巻いてお団子にしていきます。これはふんわりと巻きつけた方が、かわいく仕上がると思います。巻いた毛先は、ピンで留めます。毛先だけでは、崩れてくるので、全体のバランスを見ながらほかの部分もピンで外側からお団子の中心に向かって止めていきます。お団子の中にピンが隠れるように意識すると、ピンだらけにならず、きれいに仕上がります。そして、短めの髪の毛や、髪の毛を梳いている方は、髪の毛がばらばらと落ちてこないように、ピンで留めていきます。 最後に、全体が固まるように、ワックスのハードスプレーで全体を吹きかけ、髪飾りをつけて完成です。 慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、練習していくうちに上手になります。頑張ってお団子ヘアでオシャレをしましょう。

お団子ヘアの作り方のまとめ

ここでは、初心者でも簡単にできるお団子ヘアの手作り方法を説明します。まず、ヘアスタイリングで準備するものは幅広のヘアバンド、黒いゴム、ヘアピンなどです。 準備したら、まずは髪の毛全体をブラッシングしていきます。まとめやすいように整髪料を最初につけて、髪のからみをほぐすように丁寧に梳いていきます。きれいにまとまったら、次にヘアバンドを付けます。ヘアバンドをつける目的は、ヘアセットの時間を短くするためです。ヘアバンドを生え際が隠れるようにおでこに付ければ、はみ出してくる毛を隠すことができます。よって、後でヘアピンで留める時間を短縮できます。 その後、後ろの高い位置でポニーテールを作ります。そして、まずは黒いゴムで縛り上げます。次に、縛った髪の毛を後ろにねじりあげて、お団子状にしていきます。そして、お団子の上からゴムでくずれないように丁寧に縛ります。また、ゴムで縛れなかった髪の毛は、ヘアピンで留めていきます。一通り出来上がったら、髪の毛が崩れないように、再び整髪料で固定していきます。 最後に、お団子のところにネットを被せたり、リボンで飾るとおしゃれになります。自分の好みの方法で、おしゃれを楽しむと良いです。



モッツァレラチーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

モッツァレラチーズは日本でもおなじみで人気があるチーズの一つです。フレッシュタイプで水牛や牛のお乳から作られます。原産は...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0703

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登...

梅づけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅づけは、全国の子供から大人まで誰もが一度は食べたことがある、ポピュラーな漬け物の一つです。子供には甘い梅づけを、大人に...

y001-1222

スマホケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スマートフォンは、現代人が情報ツールとして広く使われている物であり、アプリをインストールする事で機能強化を図れます。スマ...

y001-0999

ピンクッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピンクッションというのは、裁縫をする際に縫い針や待ち針を刺しておくためのもので、裁縫道具の中には必ず入っているものです。...

y001-0986

ふきの葉の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フキと言うのは、春になると地下茎から出て来る蕾でもあるフキノトウ、フキの茎の部分などを食べることが出来る食材です。しかし...

y001-0323

本しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

本しおりはもともと本にはさんであったり、書店でもらえることもありますがごくシンプルなので、しおりを手作りするときにはデザ...

y001-0390

箸袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お弁当などを作って仕事場で食べている方や学校でのお昼休みに利用している方、給食や外食であっても、いわゆるマイ箸として自前...

y001-0682

子ども神輿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校の行事や町内会の行事、もっと身近なサークル活動などでも子ども神輿を利用する場面があります。特に夏から秋にかけてのシー...

y001-0664

紙飛行機の簡単な手作...

紙飛行機と言えば子供の遊びと思われがちです。確かに、紙飛...

y001-1371

カスミ網の簡単な手作...

畑に作物などを植えているとそれを狙って鳥などがきてしまい...

y001-1054

パジャマの簡単な手作...

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とす...

y001-1084

作れるおもちゃの簡単...

子供が生まれると、色々な機会におもちゃ屋さんへ行きたいと...