お団子ヘアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お団子ヘアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

髪の毛を色々アレンジできることは、女性ならではの特権といえます。ショートカットやソバージュなど色々なヘアスタイルが有る中でも、お団子ヘアは幅広い世代で人気が有ります。お団子ヘアはなぜ人気があるかというと、髪の毛をまとめやすいからです。特に湿気が多い梅雨の時期には、自宅できちんとヘアセットしたのにもかかわらず、外出すると髪の毛がまとまらなくなります。高温多湿の時期には、髪の毛が広がり、ゴワついてしまいます。そんな状態で外を歩けば、見た目に恥ずかしい思いをします。ですが、湿気が多い雨の日にお団子ヘアにすることで、しっかりと髪の毛をきれいにキープしてくれます。髪の毛がきれいに整えば、髪の毛を気にすることもなくなります。仕事や勉強などに集中することができるので、お団子ヘアはとても重宝される髪型といえます。その他にも、お団子ヘアは男性に色っぽさをアピールすることができます。というのも、普通のヘアスタイルでは見せられない、うなじを男性に見せることができるからです。うなじを見ると、色っぽさを感じる男性は多くいます。そのため、デートや好きな男性にアピールする際に、お団子ヘアにすることをおすすめします。

お団子ヘアを作ることの楽しさ

お団子ヘアにすることは、女性にとって色々なメリットが有ります。そのひとつが、髪の毛をきれいにまとめられることです。たとえば、クセ毛の人の場合、髪の毛がきれいにまとまらず、朝のスタイリングに時間が割かれることが多いです。髪が四方に散らばって、なかなか外出する準備ができないこともあります。ですが、お団子ヘアは、髪の毛を縛ってまとめるだけで簡単です。クセ毛の人でも寝癖隠しもできてしまうので、女性にとって便利なヘアスタイルといえます。 さらに、お団子ヘアは、普段使いだけでなく、お誕生日界などのパーティーでも重宝されます。たとえば、お団子を作って、カチューシャや花飾り、リボンなどで飾ればフォーマルな印象になります。ひと手間加えるだけで、とても豪華でおしゃれな印象になります。 その他にも、お団子ヘアは、女性のスタイルを良くするというメリットも有ります。というのも、髪の毛を全体的にあげることで、首周りがスッキリする殻です。髪の毛がなくなることで、小顔効果が有ります。その他にも、デコルテもきれいに見えるので、女性にとって損はないヘアスタイルです。 いつものヘアスタイルに飽きてきたら、ぜひ試してみると良いです。

お団子ヘアを作るのに用意する物

夏にぴったりのお団子ヘアに最低限必要なものは、ヘアゴム、ヘアピンです。ヘアゴムは太めのものの方がしっかり髪の毛を固定できます。1本用意しましょう。ヘアピンは一般的な形のもので構いません。最低5本程度は用意が必要ですが、たくさん用意していた方が、しっかり固定できて安心だと思います。特に、髪の毛が短い方や、髪の毛を梳いている方は多めに用意しましょう。 あればよりよいものは、コテ、ワックス、髪飾りです。ワックスは、お団子ヘアにする時にまとまりやすいようにするためのもの、コテで巻く際に傷みにくく巻がとれにくいようにするためのものと、完成したあとに崩れないようにするためとアホ毛のように短い毛をはみ出さないためのハードスプレーのものの3つがあるといいです。コテはあった方が、ふんわりとしたお団子ヘアを完成することができます。ワックスは、あった方がまとまりがよく簡単に作ることができると思います。髪飾りは、ゴムでもピンについているものでも構いませんが、普段お団子をするのであれば小ぶりのお花やビーズのものがおすすめです。お祭りなどのイベントの時は、大きなお花の方がかわいくなります。用途にあったものを選びましょう。



お団子ヘアの作り方の手順

手作り方法は、 まず、コテやワックスがある方は土台を作っていきます。ワックスのみの方は、まとまりやすいように、緩めのワックスを髪の毛全体にもみこんでおきます。コテもある方は、コテの熱で傷まないようにワックスをつけてから、コテで毛先を巻きます。コテを使用しない部分もソフトワックスをもみこんでまとめやすくしておきます。 次に、お団子が作りたい高さでゴムで1つ結びにします。ここでしっかりと結ばないと、お団子を作っている間に崩れてくるので注意しましょう。 そして、1つ結びにしたゴムの部分を中心として、髪の毛を巻いてお団子にしていきます。これはふんわりと巻きつけた方が、かわいく仕上がると思います。巻いた毛先は、ピンで留めます。毛先だけでは、崩れてくるので、全体のバランスを見ながらほかの部分もピンで外側からお団子の中心に向かって止めていきます。お団子の中にピンが隠れるように意識すると、ピンだらけにならず、きれいに仕上がります。そして、短めの髪の毛や、髪の毛を梳いている方は、髪の毛がばらばらと落ちてこないように、ピンで留めていきます。 最後に、全体が固まるように、ワックスのハードスプレーで全体を吹きかけ、髪飾りをつけて完成です。 慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、練習していくうちに上手になります。頑張ってお団子ヘアでオシャレをしましょう。

お団子ヘアの作り方のまとめ

ここでは、初心者でも簡単にできるお団子ヘアの手作り方法を説明します。まず、ヘアスタイリングで準備するものは幅広のヘアバンド、黒いゴム、ヘアピンなどです。 準備したら、まずは髪の毛全体をブラッシングしていきます。まとめやすいように整髪料を最初につけて、髪のからみをほぐすように丁寧に梳いていきます。きれいにまとまったら、次にヘアバンドを付けます。ヘアバンドをつける目的は、ヘアセットの時間を短くするためです。ヘアバンドを生え際が隠れるようにおでこに付ければ、はみ出してくる毛を隠すことができます。よって、後でヘアピンで留める時間を短縮できます。 その後、後ろの高い位置でポニーテールを作ります。そして、まずは黒いゴムで縛り上げます。次に、縛った髪の毛を後ろにねじりあげて、お団子状にしていきます。そして、お団子の上からゴムでくずれないように丁寧に縛ります。また、ゴムで縛れなかった髪の毛は、ヘアピンで留めていきます。一通り出来上がったら、髪の毛が崩れないように、再び整髪料で固定していきます。 最後に、お団子のところにネットを被せたり、リボンで飾るとおしゃれになります。自分の好みの方法で、おしゃれを楽しむと良いです。



y001-0401

梅酒ゼリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒ゼリーは梅酒をもとに作られたゼリーの事です。梅酒が原液となっているのでアルコールが入っています。作る目的としては暑い...

y001-0732

犬の洋服型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

犬の洋服型紙を作るのは、犬用の洋服を作る為に必要不可欠です。型紙があれば犬用の洋服を簡単にしっかり作れますので、愛犬の服...

アラン編みベレー帽の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い時期になるとマフラーや手袋といった防寒のための雑貨がほしくなってきますが、毛糸の帽子もまた体を温かくしてくれます。最...

y001-1239

スープカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一般的なカレーはご飯の上にカレーをかけて食べますが、スープカレーはサラサラとしたスープ状のカレーにご飯を少しずつ付けて食...

y001-0078

黒板消しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒板消しは100円均一のショップなどでも販売されているので、買って取得するのは可能です。多少費用はかかる短所はありますが...

y001-0943

ホールトマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は殺菌作用が強く浴び続けると有毒性が強くなる紫外線が最も多い時期のため、その紫外線で受けたダメージを回復させる食材であ...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

y001-1162

テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大昔の人は、床や地面に直接ものや食べ物を置いて、作業をしたり食事をするなどしていました。そのうちにテーブルという道具が生...

y001-0614

手作り凧の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では古い時代に子供たちの間で人気を持っていた遊び道具として凧を用いる方法がありました。凧は風に乗せて空に飛ばすことを...

y001-0753

牛丼レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今や日本の国民食化している、牛丼。大手牛丼チェーン店が、どこに行ってもあるような状態になっている昨今。牛丼を食べるなら大...

ファスナー付け方の簡...

バッグは荷物を入れて移動するには、大変便利な道具です。荷...

リバティバッグの簡単...

その年によって流行となっている物は違います。今注目を集め...

y001-0627

手作りバックの簡単な...

バッグはさまざまなものを持ち運ぶために必要な道具です。小...

y001-0729

胡瓜キムチの簡単な手...

韓国のキムチの歴史は古く、7世紀から塩漬けの野菜として食...