キッズダンス髪型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッズダンス髪型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の習い事と言えばピアノやバイオリン、スイミングといったものが定番ですが、最近ではキッズダンスが人気を集めています。
子供がキッズダンスを習うことのメリットは、単純に楽しみながら続けられるということだけではありません。かなりハードな動きもあるので丈夫な体を育てることができるというメリットもあります。基礎体力が付くということは免疫力の向上につながるため、風邪等の感染症を予防することにもなります。また音楽に合わせて体を動かすことは脳にも効果があります。リズム感覚が育つことは集中力を高める効果もあるので、キッズダンスを通して学力の向上にも期待できます。子供がキッズダンスを始める時は用意しなければならない物がいくつかあります。トレーニングに使用する衣類やシューズを揃えることはもちろんですが、キッズダンスの場合は髪型にも特徴があります。特に女の子の場合はロングヘアにして編み込みにするタイプが一般的です。全体的に編み込むこともありますし、部分的に編み込んでオシャレに決めることもあるでしょう。ただ全体を編み込みの髪型にしてしまうと学校に通うのに支障が出るため、部分的に編み込む方法を覚えておくと便利です。

キッズダンス髪型を作ることの楽しさ

子供がキッズダンスを習っていると平日はスクールに通ってトレーニングを受けますが、週末になるとイベントに出演して日頃のトレーニングの成果を披露することがあるでしょう。イベントでは多くの人の前に出てダンスを踊りますから、親としてはオシャレな髪型に整えて送り出してあげたいですね。 キッズダンスで流行している髪型は編み込み以外にも色々あります。ショートヘアの場合は定期的に美容室でカットする必要がありますが、ロングヘアにすれば自宅で簡単にアレンジすることができます。アレンジする時はリボン等の飾りを手作りしてあげれば、毎回違う髪型でダンスを披露できるでしょう。様々なアイテムの作り方を覚えると同時に髪型をアレンジする時の手作り方法も覚えておくと、子供と一緒に親もキッズダンスが楽しめますね。実際にダンスを披露する時は数人の子供たちで一緒に踊ることになるでしょう。ファッションを派手めに決めても髪型が決まっていないとなかなか目立つことができません。日頃の練習の成果を披露できる機会ですから、少しでも目立たせてあげるためにも特徴のある魅力的な髪型を作ってあげましょう。 目立つ髪型と言えばやはりコーンロウですから、イベントの前に手軽に手作りできるよう腕を磨いておきましょう。

キッズダンス髪型を作るのに用意する物

キッズダンス髪型を作る際には、事前の準備が非常に大切です。 子供の年齢にもよりますが、男女問わず用意するものは、クシ(髪全体に使う通常のタイプの物と、髪をパーツごとに分ける時に使用する先細の2種類用意すると便利です)、バンダナ(標準の一般的サイズで可)、ヘアゴム、固定感の強いヘアワックス(スプレータイプと併用もお勧め)、ヘアピン、装飾品を付ける場合はコサージュか派手な色柄のシュシュ。 キッズダンスはグループで踊る事が多いので、そのチームカラーやイメージ、雰囲気に合わせて髪型を決めて、髪型の打ち合わせの上、飾り等は準備しても良いでしょう。 ヘアスタイルが1人だけ目立っても、メインのダンスが薄れてしまいます。 ダンスの種類や動きによってヘアスタイルを決めなければいけません。 女の子でロングヘアの場合は、少し派手目なコサージュや原色のリボンを編み込んでも可愛らしく仕上がります。 大きめのビーズを編み込むのも本場のストリート風でお洒落です。束ねた髪が通る程度の大きさのビーズを用意しても使えます。 ヘアバンドが合っても便利ですが、サイズに気を付けないと子供には大き過ぎて固定出来ない事もあります。 子供用のヘアグッズを取り扱う店舗で購入する事をお勧めします。



キッズダンス髪型の作り方の手順

キッズダンス用の髪型を手作り方法は、ポイントを押さえると簡単に完成します。 一緒に踊るチームのメンバーから浮かない程度に、華やかに仕上げる事を意識します。 ダンスの種類にもよりますが、子供のダンスで高度なレベルはごく僅かです。 長い髪は三つ編みかまとめ髪にして、激しい動きでも邪魔にならないように気を付けます。 汗をかいてもほどけないよう、男女ともやや強めに固定する事がポイントです。 男の子の場合はバンダナで頭全体を覆うだけで、ダンサー風になります。 ダンスヘアでバンダナは非常に便利なアイテムで、ストリートダンサーから人気になったアイテムならではの、お洒落でラフ且つ、髪をまとめてダンスの邪魔にならないという優れものです。 激しい動きが予想されるので、ヘアワックスでまとめて、最後の仕上げで全体にハードスプレーを吹きかけて完全に固定します。 気を付けたい点は、女の子で三つ編みした髪を下に降ろしていると、ダンス中に顔に当たって邪魔になるので、視界を遮らない事を意識して髪型を考えます。 ある程度慣れたら髪を降ろした髪型でも踊れます。 経験とダンスのレベルに合わせて髪型を考えなければいけません。 ダンスが終了したら、ワックスやスプレーを丁寧に洗い流す所まで気を配ります。

キッズダンス髪型の作り方のまとめ

キッズダンスのファッションは髪型で決まると言っても過言ではありません。ポニーテールやショートヘアも魅力的ですが、やはりコーンロウには敵わないでしょう。全体的に編み込んでしまうことには抵抗があるという方は、前髪やサイドを編み込んでオシャレなスタイルに決めるという方法もあります。ある程度の長さがあれば可能なスタイルですから、普段から練習しておいていざという時に披露できるようにしておきましょう。 一番初めは美容室に行って施術を受けたり慣れている人にやってもらった方が安心ですが、その時は近くで見て確認するようにしましょう。またインターネットで検索すればアップされている動画をチェックすることもできます。動画なら分からなくなったところで一時停止ができるので、多少時間がかかっても最後まで自分でできるでしょう。 コーンロウの髪型にするためにはヘアピン等のグッズが必要です。特に慣れていないうちは髪を留めながらでないと難しいので、少し多めに用意しておくことをおすすめします。長さもある程度必要になるため、今の長さに合った髪型を選ばなければなりません。結び目には可愛らしいゴムや飾りを付けると一層引き立つので、いくつか手作りしておきましょう。



y001-0938

ホットプレートパエリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

スペインはフラメンコや闘牛などの文化を持つ情熱の国として世界にその名を知られています。明るく陽気で情熱的なスペインの人々...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時に必要なアイテムであることが挙げられます。お祝い事やお悔やみ事な...

y001-1493

アイホンケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今やガラケーに取って代わって圧倒的シェアを誇るスマートフォンですが、中でも日本のアイホンの普及率は世界でも有数を誇ります...

y001-1219

すももジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すももも桃も桃の内という言葉がありますが、すももはバラ科サクラ属の落葉小高木であり、桃とは別の種類の植物です。名前の由来...

y001-1273

さばの味噌煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さばの味噌煮は日本人にとっては、和食の魚メニューの定番です。懐かしさを感じられながらも、今もなお美味しくいただける魚の煮...

y001-0510

折り紙箸置きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒の箸置きは、見栄えが良くて意外と使いやすく、家族や友達で集まるお祝いの場におすすめです。紙の素材や色を自由に選...

y001-0873

らっきょう漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょう漬けは、カリッとした歯ごたえが魅力で、カレーの付け合せとして知られています。らっきょう漬けはカレーの辛さを中和...

y001-0583

織田信長年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

織田信長年表を作る理由や目的は人それぞれです。大学受験生が受験対策の為に作る場合もあれば、歴史ファンが織田信長をもっと詳...

y001-1512

DIY引き出しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の中で使用する棚や物入れといった収納グッズは、空いているスペースを利用して使いたいものです。既に様々な種類の家具が設...

家事

大人エプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大人エプロンとは、大人の男性や女性が身に着けるエプロンのことです。子供エプロンに比べて、身に着ける人の身体が大きいことか...

y001-0879

よく飛ぶ紙飛行機の簡...

子供の頃なら誰しもが一度は紙飛行機を作成して飛ばした経験...

y001-1043

バッグの簡単な手作り...

バッグは毎日持ち運ぶものです。それゆえ、自分の好きな素材...

y001-0622

手作りマスコットの簡...

手作りマスコットは、小学校に入り針と糸が使える様になった...

y001-0111

木製名刺入れの簡単な...

就職して社会人になると必需品と言えるものに名刺と名刺入れ...