クコ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クコ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クコ酒は、ナス科の落葉低木であるクコの果実を焼酎に漬け込んで熟成させた薬用酒です。クコの果実は、古代中国で考案された治療法である漢方で生薬として使用されているほどで、身体の状態を整える作用があります。このために、クコ酒には健康状態を維持する為に有効であり、快適な生活を過ごしたい人におすすめできる内容です。また、クコの実にはビタミンやミネラル、食物繊維などの豊富な栄養素を含んでおり、食品としても非常に優秀な内容を備えています。このために、世界的に有名なアーティストやモデルなどのセレブがスーパーフードとして愛用しています。適切な栄養補給を行うことにより、年齢を重ねるにつれて発症率が高くなるトラブルを未然に防ぐことができます。ただし、クコの実はそのままでは少し食べにくいので、その栄養素を効率的に補給できるクコ酒はアンチエイジングとしてもってこいの内容です。いつまでも若々しい状態でいたいという人には、クコ酒は推奨できる健康飲料です。豊富な栄養素を継続的に楽しみながら補給できるので、痛みや不調に対しての防御となります。また、大腸の働きを活性化して体内に蓄積された毒素を排出する作用が期待できる食物繊維も含んでいるので、美容の大敵である便秘の改善も出来ます。

クコ酒を作ることの楽しさ

美容と健康に効果が期待できるクコ酒は、アンチエイジングやデトックスなど多様なメリットを得ることができます。ただし、あくまでも自然由来の原料を利用した薬用酒であり、飲むことにより苦痛が生じることはありません。この楽しみながら実践できるということが重要なポイントで、万病のもとになるストレスを遠ざけることになります。 クコ酒は、クコの実と氷砂糖を焼酎に漬け込むという作り方で、約1カ月が経過すると飲むことができます。ただし、飲み頃となるのは熟成される3カ月以降からで、日数が経過するごとに鮮やかな色に変化していく様子を観察するのは、クコ酒を作る上で得られる楽しみと言えます。 クコ酒は、少量飲むだけで十分な効果を得られる栄養価の非常に高い薬用酒です。一升作っておくだけで半年程度は楽しむことができます。また、寝かせることにより味も濃厚になるので、お湯や炭酸などで割るという飲み方も十分可能です。 身体の中に蓄積されていた不要な老廃物を、クコ酒を飲むことによりスムーズに排出することができます。これにより体内の代謝機能が活性化するので、免疫力が向上してストレスに負けない状態となります。また、体内の毒素を外に出せるので、吹き出物や体臭を改善する美容効果が得られるのもメリットと言えます。

クコ酒を作るのに用意する物

クコは、中医学で古くから滋養強壮、目の疲労回復の薬として使われてきました。日本でも不老長寿の薬として伝えられており、現代でも中華料理の食材やドライフルーツとして乾燥したクコの実が販売されています。 クコ酒を作る際に用意するものは、クコの実200g、ホワイトリカー1.8リットルで、そのままでも甘く仕上がりますが、好みで氷砂糖を100~200g入れてもよいでしょう。 クコは、4000年も前から親しまれてきた薬草で、特に肝臓や腎臓の働きを助ける働きがあります。身体を元気にして、血圧とコレステロール値を下げ、動脈硬化の予防やシミとくすみを予防する美容効果もあります。 クコ酒にするとさらに効果的で、毎日適量飲むことで、「血」と「水」を巡らせる効果がプラスされます。無力感、めまい、口渇などにもよく効き、ベータカロチンが含まれているので、免疫力をアップし、アンチエイジング効果もあります。疲れやすい人、更年期障害に悩んでいる人は、適量を毎日飲むと改善されます。その他、効能は多く、足腰の弱り、肝機能の強化、鎮咳、美白効果、視力減退、白内障、老眼への効果も期待できます。 ただし、妊娠中や授乳中の方は、飲まないようにしましょう。

クコ酒の作り方の手順

クコ酒の簡単な手作り方法をご紹介しましょう。 お酒は、ホワイトリカーの他、ラム酒やブランデーなどアルコール度数35度以上なら何でも使えます。砂糖を入れる場合は、氷砂糖以外にもザラメ、はちみつ、三温糖など好みで選んでください。 1.広口瓶を熱湯消毒し、乾燥させておきます。 2.クコの実と砂糖を交互に入れ、ホワイトリカーを注ぎ入れます。 3.冷暗所に保管します。 2ヶ月後くらいで飲み頃になります。クコの実は引き上げても、そのままでも、どちらでもOKです。引き上げたクコの実を食べる場合には、一度に10粒程度にしましょう。飲む目安は、1回に大さじ1杯程度で、ストレート、梅酒やカンキツ酒とのブレンドなどお好みで飲んでください。寝る前に飲むのが効果的です。 クコの実は、杏仁豆腐にも使われる赤い実で干しブドウのような甘味があります。栄養価も豊富ですので、クコ酒にすると、毎日楽しみながら飲み続けることができます。クコの実は一日に20粒程度までが適量なので、クコ酒も飲みすぎには注意しましょう。 プルーンや、少量のシナモン、クローブなどを一緒に漬けても効果的です。ドライプルーンを使う場合には、甘味を調整していください。

クコ酒の作り方のまとめ

クコ酒の作り方は非常に簡単で、準備が必要なのは容器だけといっても過言ではありません。クコの実と焼酎と氷砂糖とを入れて、最初の1週間は1日に1度撹拌するというのが手作り方法です。後は、内部で熟成されていくので、1カ月が経過するのを待つだけとなります。 容器として使用するものは、ガラス製のものが適当です。お酒が入っていた一升瓶やウィスキーの空き瓶などでも構いません。ただし、ペットボトルを使用するのは良くありません。これは、ペットボトルの成分がアルコールの中に入ってしまうからです。 クコ酒は、少量で十分効果が期待できるので、独りで消費する量は1日にお猪口1杯分程度です。このために、1度にそれほど大量に作る必要はありません。ただし、冷暗所であれば10年以上保存できるので、作り過ぎても無駄になるということはありません。 なお、クコ酒を作った残りのクコの実は、サラダや和え物などに混ぜて使えます。栄養は、既にクコ酒の中に出てしまっていますが、食物繊維は残っているので便秘の改善に効果的です。注意するポイントとしては、度数の低いアルコールを使わないということとペットボトルを私用しないということです。料理が苦手な人でも時間が経過することを待てるのであれば、美味しいクコ酒を作ることができます。

y001-0671

紙牛乳パックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙牛乳パックは、紙でできているものですがとても丈夫で、捨てるにはもったいないほどです。再利用を呼び掛けている自治体も多く...

y001-0274

立体お面の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYなどとして手作り品を製作して趣味や実用品などを楽しむ方法が紹介されています。その中には非常に数多くのジャンルに分か...

y001-1136

ドレッシングの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

野菜は過熱することでたくさんの量を食べることができますが、過熱することによって壊れてしまう栄養素もたくさんあります。特に...

y001-0414

廃油石けんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

廃油は工場などで発生するばかりでなく、家庭でも割と多く発生するものです。天ぷらやフライなどの揚げ物を作った時に、大量に余...

y001-0361

膝のテーピングの巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

運動をしたいのに膝に痛みがあるから思うように動けないという経験がある方は意外と多いです。特に怪我をしてしまった時や年齢に...

y001-1025

パンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パンツというと、いろいろな種類があります。ショートパンツやロングの長いパンツ、今年流行ったガウチョパンツなど、その時期だ...

y001-0389

八宝菜レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理の中には肉や魚などメインとなる食材があり、それに合わせて一緒に入れる具材を選ぶという方法もあります。その時には、メイ...

y001-1485

アジさばき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アジは色々な栄養がたっぷりと含まれており、子供の成長に最適な魚の1つです。中でもアジにはカリウムが豊富に含まれており、体...

水まんじゅうレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の和菓子と言えば、水まんじゅうを思い浮かべる人が多いでしょう。和菓子屋さんだけでなく、スーパーやコンビニのデザート売り...

y001-1254

じゃがいもレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもは、和でも洋でも、色々な方法で食べることができる、とても便利な食材です。結構日持ちもしますから、使い勝手が良く...

y001-1168

つけ麺スープの簡単な...

つけ麺スープは、つけ麺を美味しくいただくことを目的として...

y001-0627

手作りバックの簡単な...

バッグはさまざまなものを持ち運ぶために必要な道具です。小...

y001-0272

流木インテリアの簡単...

流木というのは、海や川に流れ込んだ樹木のことを言います。...

y001-0746

巾着袋手縫いの簡単な...

巾着袋とは、主に布で作られている袋で、口をひもで絞って中...