ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を使った料理のレパートリーを増やしたいという方は、ゴーヤを使ってゴーヤ佃煮を作ってみるといいでしょう。ゴーヤは数ある野菜の中でも特に苦味が強いことで知られていますが、煮ても焼いても独特な苦味を消すことはできません。同じように苦い野菜にピーマンがありますが、ピーマンなら強火で炒めれば苦味が全く気にならなくなるでしょう。しかし、ゴーヤの場合はどのような調理法でも苦味が残ってしまいます。この苦味がクセになるという方もいますが、できれば苦くないように料理をして食べたいという方がほとんどでしょう。それでもゴーヤを使う理由というのは豊富な栄養素が含まれているからです。特に夏バテを解消する効果が有名ですが、他にも様々なメリットがあります。ゴーヤを使った料理にはゴーヤチャンプルやゴーヤ天ぷらがありますが、中でも人気を集めているのがゴーヤ佃煮です。佃煮にすることでゴーヤの苦味が絶妙な味を作り出し、やみつきになる程美味しく仕上がります。ゴーヤ佃煮なら野菜が苦手なお子さんでも食べられますし、お酒のつまみにしたり晩御飯のおかずとして出すこともできます。ゴーヤ佃煮は作る方の好みで色々とアレンジできるので、自分の味を見つけましょう。

ゴーヤ佃煮を作ることの楽しさ

ゴーヤと言えば沖縄地方でよく食べられている野菜ですね。しかし最近では全国どこにいてもゴーヤが手に入るようになっています。熱帯地域の沖縄でしか育たないというわけではなく、気温が上がる地域なら家庭菜園で簡単に育てることができます。庭がなくてもベランダにプランターを設置すればどんどん伸びてくれるので、ベランダのグリーンカーテンとしても役立ちます。ゴーヤは食べるだけでなく育てる楽しみもあり、ちょうど良い大きさになったら美味しいゴーヤ佃煮を作って食べましょう。 ゴーヤには豊富な栄養素が含まれており、美容と健康に高い効果をもたらします。美容の面では肌の調子を整えたり腸内環境を正常に戻す働きがあります。肌に良い成分はビタミンCで、体の中から肌のケアができるためシミやくすみ、シワを改善して若々しい肌へと導いてくれます。また便秘を解消する食物繊維も含まれています。腸内の悪玉菌を取り除き腸内環境を改善して免疫力向上にも役立ちます。 夏バテ予防に良いことで知られているゴーヤですが、疲労回復効果をもたらす成分も補うことができます。さらには動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病を予防する働きもあり、健康維持に最適な夏野菜です。

ゴーヤ佃煮を作るのに用意する物

ゴーヤ佃煮の作り方について 必要なもの ゴーヤ1キロ 砂糖300g 醤油100CC 砂糖200グラム しいたけ2本 かつお節の量はお好みで調節します。 白ごまなどもあると、風味がいっそう変わりますのでそちらもお好みで入れます。 ゴーヤを水でよく洗い、半分に切ってスプーンなどで種と綿を取り除きます。 綿を残しておくと苦味もいっそう増しますので、なるべく残さないようにします。 食べやすい大きさにスライスして、苦味を無くすために水にしばらく浸しておきます。 手作り方法は、とりあえず煮詰めるだけというものですので、誰でも簡単に作る事ができるのでチャレンジしてみてください。夏場はゴーヤーがたくさん出来る時期で、佃煮にする事により食欲も湧いてきますので、夏バテ予防にはもってこいのものなのではないでしょうか。 ゴーヤーを食べるのは苦手な人もいるのですが、これだと食べられるという人もいますので苦手を克服するという意味でも良いですので、簡単ですので是非とも作ってみましょう。 ゴーヤの下ごしらえが出来たら、早速調理していきます。 ゴーヤと聞くと苦いイメージですが、佃煮にする事により食べやすくなりますので、余ってるのであれば作ってみてください。

ゴーヤ佃煮の作り方の手順

お鍋にゴーヤーを入れます。 ゴーヤー、しいたけ、砂糖の順に入れて、弱火で水分が出るまで煮詰めます。 水分が出てきたらゆする程度で食材を混ぜます。 鍋をゆする時に醤油を入れて、さらに煮立てます。 5分程度煮立てたら完成です。 最後にかつお節をまぶして出来上がりです。 お好みでかつお節の他に、ちりめんじゃこなどに変えても美味しくいただけますので、色々と試してみてください。ゴーヤ佃煮は腐りにくく保存食にもなりますので、たくさん作っておくというのも良いかもしれません。 甘く煮立ててありますので、ゴーヤーの苦味もなく食べられるので苦手な人でも十分に克服できるのではないでしょうか。ゴーヤーは夏バテを予防する働きがありますので、食べていると予防にもなりますしビタミンなども豊富に含まれているので、美容にも良いものです。 ゴーヤ佃煮のレシピは、調べてみると色々とありますので、いつも作るものとたまには違った作り方をしてみようというのであれば、自分なりに工夫してみるというのも良いかもしれませんので、自分なりのレシピを作ってみるというのも楽しい発見ができるのではないでしょうか。 美味しく食べて、暑い夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

ゴーヤ佃煮の作り方のまとめ

ゴーヤを使った料理の中でも炒め物なら作ったことがあるという方は多いと思いますが、ゴーヤ佃煮は一度も作ったことがないという方が少なくないでしょう。ゴーヤ佃煮にすれば強い苦味を感じる音なく美味しく食べられるのでおすすめです。ゴーヤ佃煮の手作り方法をチェックしてみましょう。 まずは材料ですがゴーヤにちりめんじゃこ、シイタケといった佃煮の材料を揃えます。さらにしょうゆ、酢、砂糖といった調味料があれば十分です。ゴーヤを縦半分に割ると中にワタとタネが入っているので、スプーン等を使って丁寧に取り除きます。苦味を取り除くためにも薄めに切っていき、他の材料も適当な大きさにカットしておきます。調味料を混ぜ合わせて鍋に入れて火にかけます。切り揃えておいた材料を入れて汁気がなくなるまで十分に煮詰めます。柔らかくなるまで煮たらゴマや鰹節を加えて汁気を飛ばします。ここから先はお好みで調整できるので、甘みを求める方は砂糖を足したり水分の多い佃煮が好きな方は汁気を多めにしておきましょう。 ゴーヤ佃煮はご飯にまぶして食べると美味しくて食欲が増進するので、食欲が低下しやすい暑い時期には最適です。手作りする時は多めに作って冷凍庫に保管しておくと便利です。

y001-1010

ピザの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピザはイタリアを中心に今では世界中で親しまれている人気の食べ物です。冷凍や宅配、チェーン店のピザなどは手軽ですぐに食べら...

y001-0018

味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

名古屋に生まれたこともあり、味噌は身近が食材で、小さい頃は母親や祖母が作った手作り味噌の料理を食べて育ちました。独立して...

y001-0971

ぶり大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぶり大根はもともとは北陸の郷土料理でした。北陸では16世紀頃にはすでにぶり漁が行なわれていたと言われており、晩秋から初冬...

y001-0668

紙袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は外国に比べて「包む文化」を大切にする国です。どんなものでもきれいな包装紙に包んだり、袋に入れたりして中身だけでなく...

y001-1119

ナメクジ駆除の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雨があがった後のすっきりした気持ちにひんやりと水をさすのが、ヌルヌルした巨大なナメクジです。何かあるなと気になり、よくよ...

y001-0346

腹式呼吸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

腹式呼吸を正しく練習するには、練習メニューを作るのが良いものです。手作り方法は簡単ですし、練習メニューを整理すれば練習が...

y001-0626

手作りバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバッグを作る理由で、近年多くなったのがエコバッグとして利用するためにという方が圧倒的に多くなっています。エコバッグ...

y001-1347

カレーのおいしいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国民の定番食にもなっているカレーは、なくてはならないレシピとなっています。日本のみならず、世界で愛されるカレーのおいしい...

y001-0746

巾着袋手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

巾着袋とは、主に布で作られている袋で、口をひもで絞って中身を封じるものの事を指します。小さめのものが多く、小物を分別して...

y001-0914

みたらし団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいみたらし団子、お好きな方も多いと思われます。あまじょっぱいタレというのは、お菓子だけではなく料理でも人気で、その...

y001-0458

鳥の巣箱の簡単な手作...

鳥に餌をやったりするときに非情に重宝するものといえば、鳥...

y001-1030

ハワイアンキルトの簡...

ハワイアンキルトはパッチワークの作り方の中の一つです。こ...

y001-1059

パウンドケーキの簡単...

パウンドケーキとは、小麦粉、バター、砂糖、玉子の4種類を...

y001-0952

ペットボトルロケット...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどま...