かに玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かに玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになります。肉や魚がない日でも、卵でメインのおかずになるのも、作る理由の一つです。かに玉は見た目も豪華に見えますから、夕食に作っても食卓が華やぎます。味がしっかりついているタレが付きますから、お弁当のおかずにも合います。見た目にはゴージャスなので難しそうですが、実は簡単に作ることができます。たっぷり使う卵は、栄養価の高い食材であり、元気の素にもなる栄養成分を含んでいます。卵はタンパク質に脂質、カルシウムも豊富です。一緒に調理に使われるのは、本物のかにではなく、カニカマであることが多いです。黄色い卵を色鮮やかに飾ってくれますから、食欲もそそられます。本物のを使う場合、栄養価はカニカマとは違ってきます。カニは高タンパクで有りながら、低脂肪なので、食材としてもヘルシーです。ビタミンB1やビタミンB2といった、脂質の代謝をよくする栄養成分も含みます。美味しく食べることができて、太りにくいのもカニのいいところです。簡単にできるレシピですが、ご馳走にもなるのが、かに玉のすごいところでもあります。子供向けに作るときには、豆腐を使ったりと、アレンジも自在です。

かに玉を作ることの楽しさ

かに玉はふんわりと仕上げるのも、作る楽しさの一つです。冷蔵庫にある食材でつくることができますしし、卵料理がメインディッシュになるのは、安上がりというメリットもあります。簡単にできる手作り方法では、最初に甘酢あんを作っておきます。甘酢あんの材料は、水100ccに酒小さじ1杯、醤油は大さじ1杯です。砂糖と酢とオイスターソースは小さじ1杯で、鳥ガラスープの素は小さじ1/2杯を使います。この材料を鍋に入れて沸騰させて、水で溶いた片栗粉を、状態を見ながら入れてとろみをつけます。卵3個はボウルで溶きます。カニカマか、本物のカニをほぐして入れて、塩と砂糖を加えて混ぜます。熱したフライパンに油をひいて、卵の液を一気に入れていきます。フライパンはタテに揺すりながら、全体を箸でかき混ぜるのがコツです。これをやると、ふわふわな卵になります。半熟になってきたら、ゴムベラなどを使って寄せ集めます。そのままお皿へ移して、作っておいたあんかけを、上にかけましょう。刻んだ青ネギも、上からまぶしていきます。卵の加熱は、火を長く通しすぎないことです。手早く仕上げるのが、おいしく仕上げるコツです。半熟になったら、火を止めて余熱で最後の仕上げをします。

かに玉を作るのに用意する物

ふんわりとした卵にとろりとした甘酢あんをかけたのが、かに玉の特徴です。 かに玉の簡単な手作り方法で用意するのは、4人分で、卵4個、かにのほぐし身80g、生しいたけ4個、にんにく(みじん切り)小さじ1、しょうが(みじん切り)小さじ1、長ねぎ1/4本、牛乳大さじ2、塩小さじ1、こしょう少々、ごま油大さじ3と1/2、甘酢あん(しょうゆ大さじ1と1/2、酢大さじ1と1/2、砂糖大さじ1と1/2、お湯200ml、鶏ガラスープのもと小さじ1)、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1、水大さじ1)です。 美味しく作るコツは、油をたっぷり目に入れる、油をしっかり熱する、の2つです。卵は半熟になるように、タイミングを見計らいます。油が熱い状態で溶き卵を入れることで、ふんわりと膨らませることが出来ます。 香味野菜としてにんにく、しょうが、が入るので味がぼやけません。 かに玉は中華の定番料理で、おかずだけではなくおつまみにもぴったりのレシピです。 甘酢あんがとろりとして喉越しが良いので、食欲のないときでも食べやすいです。 かにのほぐし身が手に入らないときには、かにかまで代用することも出来ます。グリーンピースを加えて緑色を加えてあげても綺麗です。

かに玉の作り方の手順

事前にしいたけ、長ねぎ、の下処理をしておきます。 しいたけは軸を切り落として、1cm角に切ります。長ねぎを粗みじんに切ります。 ボウルに卵を溶きほぐして、牛乳、塩、こしょう、を加えます。しっかりかき混ぜておきます。 次にフライパンにごま油大さじ1/2をひき、中火で熱したところに、みじん切りのにんにくとしょうがを加えて炒めます。香りがたってきたらしいたけとかにのほぐし身も入れて炒めます。ボウルに溶きほぐした溶き卵に炒めた具材を入れます。 空いたフライパンにごま油大さじ3を入れて中火にかけ、少し煙が出てくるまでしっかり熱します。ここがポイントです。煙が出てきたらボウルに移しておいた具材入りの溶き卵を一気に加えて、端が固まってきたら中央に寄せるようにしながら大きくかき混ぜて表面が半熟のうちにお皿に取り分けます。 空いたフライパンに甘酢あんの材料(しょうゆ大さじ1と1/2、酢大さじ1と1/2、砂糖大さじ1と1/2、お湯200ml、鶏ガラスープのもと小さじ1)を入れて、中火で煮立てます。そこに水溶き片栗粉を入れてとろみをかけて、お皿に取り分けたかに玉にかければ完成です。 油をしっかり熱すること、卵を一気に入れること、は必ず守りましょう。

かに玉の作り方のまとめ

かに玉は普段の食事にもなりますし、おもてなしメニューにもなる、便利なメニューでもあります。自宅で作るかに玉の基本材料は、卵とカニカマがあればできます。青ネギがあれば、色味も鮮やかになってキレです。卵の味付けは、塩と胡椒で十分です。甘酢あんかけも、シンプルなものでできあがります。水をベースに、醤油と砂糖、酢に片栗粉があれば、甘酢あんかけはできます。この材料での簡単レシピは、細く裂いたカニカマを卵と混ぜて、フライパンで半熟くらいまで火を通します。全体的に卵をまとめて、お皿へとスライドさせて、その上に調味料を合わせて、加熱をした甘酢あんかけをかければ出来上がりです。グリーンピースを散らしても、鮮やかさが増します。卵は、トロミがついてくるまで、菜箸でひたすら混ぜるというのも、上手に仕上げるコツです。甘酢あんかけを作るときにも、素早くませ合わせるのがポイントになります。もっとフワフワを目指すなら、絹ごし豆腐を使うと良いです。卵と一緒に、潰した豆腐も混ぜて焼きます。卵は半熟で火を止めて、お皿にのせて、甘酢あんをかけます。お豆腐を加えたかに玉は、さらに柔らかくて口当たりも良くなりますし、とても美味しいです。

ブーメランの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ブーメランは意外と知的な面白味のある道具で、作るにも飛ばすにも、知識や技術が必要なものです。ただ単純におもちゃとして作っ...

y001-0825

一閑張りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内には数多くの伝統工芸品に分類されているものがあり、中には非常に貴重で高価なアイテムも存在しています。伝統工芸品の中に...

y001-0342

米ナスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米国の品種であるブラックビューティを、日本において改良されたのが、米ナスであると言われています米ナスレシピの簡単な手作り...

y001-1179

チジミの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チジミは韓国風お好み焼きとも言われる食べ物であり、その独特の風味に夢中になる人も少なくありません。お好み焼きと同じく具材...

y001-1193

ダメージジーンズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本ではファッションの多様性が見られるようになっています。コンサバ、お嬢様系、小悪魔系、モード系など実に様々なファ...

y001-0617

手作り醤油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

醤油は、大豆と米、小麦を原料として製造する調味料で、弥生時代に大陸から伝わった醤油のベースの様なものが、日本で独自の発展...

y001-1314

クッキー作りレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理を覚えるための手始めとしてクッキー作りをしたという人も多いようです。クッキーの基本は、バターや油、ショートニングなど...

y001-0361

膝のテーピングの巻き方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

運動をしたいのに膝に痛みがあるから思うように動けないという経験がある方は意外と多いです。特に怪我をしてしまった時や年齢に...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘクセンハウスと言いますが結構簡単に手作りをすることが出来ます。子...

トマトステーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの料理と作るのが本当に苦手でほとんどレパ-トリ-がないのですが、そんな中でトマトステーキは自炊を始めたばかりの頃か...

y001-1086

にんにく酢の簡単な手...

にんにく酢はとても簡単に作れる上に、さまざまな料理との相...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り...

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉...

y001-0964

ぶんぶんごまの簡単な...

ぶんぶんごまは昔ながらのおもちゃです。ぶんぶんごまの遊び...

y001-0336

保冷バッグの簡単な手...

保冷バッグは季節を通して出番がある、非常に便利なものです...