コールスローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コールスローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

野菜というのは積極的に食べなければ、毎日の必要量を摂ることが難しいものですが、しかしながらサラダにすると大量には食べにくく、だからといって温野菜などは手間がかかって面倒という厄介なものです。しかも野菜によっては過熱すると栄養素が破壊されてしまうものもあり、どうしても生野菜、サラダ系で食べなければいけないものもあります。好きだったり得意な人はいいのですが、苦手な人間にとってはなかなかに厄介なものだったりします。そんな時におすすめなのがコールスローになります。名前は聞いたことがある、恐らく食べたこともある、しかし詳しく説明しろと言われていまひとつできないものであったりするのです。ではコールスローとはそもそもどういったものなのかというと、キャベツサラダを意味するオランダ語が変化したもので、もともとは細かく切ったキャベツをマヨネーズや生クリームなどの入ったクリーミーなドレッシングで和えたものをいいます。主に肉料理の付け合せに使われていて、しっかりとマヨネーズやドレッシングで和えているために、野菜が苦手な人でも比較的食べやすくなっています。ただしその分、カロリー的には高いので注意が必要となります。

コールスローを作ることの楽しさ

コールスローというのはサラダの中でもマヨネーズや生クリーム系のドレッシングを使うことで、比較的カロリーが高くなるのが欠点になっています。ただそれゆえに食べやすく、野菜が苦手な人でもこれなら大丈夫といった場合があって、付け合せには良く使われています。 自宅でも簡単に作ることができますし、わざわざコールスローと考えなくとも、自然と作っているのかもしれなく、生活に直結した身近な料理と言えます。ではカロリーの高さを補うメリットがどこにあるかというと、野菜が大量に食べられるという点にあります。一般的なサラダに比べてマイルドな味は食欲増加に繋がりますし、こってりとした肉料理を食べた後に含むと、意外なくらいに口の中をさっぱりとさせてくれる効果があるのです。しかもキャベツは整腸作用に適した野菜ですので、付け合せのサラダとしてはぴったりなものとなっています。 それゆえレストランだけではなく家庭で作ることも多くなっていて、キャベツの千切りの練習にはもってこいのものとなっています。また包丁ではなくスライサーを使っても作れますので、料理初心者の方でも簡単に作ることができるのも嬉しく、そういった意味でも人気のある料理となっているのです。

コールスローを作るのに用意する物

コールスローは、キャベツを細かく切ってドレッシングで和えただけのシンプルな料理です。それだけに、キャベツとドレッシングの美味しさが味を左右します。 簡単な手作り方法で用意するのは4人分のレシピで、キャベツ200g(6~7枚)、きゅうり100g(1本)、カニカマ4切れ、塩小さじ1(きゅうりに揉み込む用)、合わせ調味料(マヨネーズ大さじ2、お好みの酢小さじ1、粒マスタード小さじ1、砂糖小さじ1、塩少々、こしょう少々)です。 きゅうりは水分量が多いので、塩を揉み込むと大量に水分が出てきます。これをしっかり絞ることがポイントです。 甘いのが好きな人は、砂糖の量を多くすれば調整出来ます。もしくは、コーンを入れると甘くなります。 コールスローはキャベツだけだと緑と白で見た目が寂しいので、カニカマの赤、コーンの黄色、などで色を整えてあげると見た目が良くなります。 酢は好きなものを使って構いませんが、ここではリンゴ酢で作ります。リンゴ酢はりんごの果汁を発酵させて作った酢で、フルーティな風味がします。リンゴ酢で作る場合にはプラスしてパインやキウイなどの果物を入れても美味しく食べられます。 ドレッシングさえできれば入れる具材は変更可能なので、バリエーションが豊富なサラダです。

コールスローの作り方の手順

コールスローの手作り方法です。 まずきゅうりを細切りにします。包丁でも良いですが、スライサーを使うと時短出来ます。細切りにしたら揉み込み用の塩小さじ1を加えます。塩もみして水分をしっかり絞ります。 カニカマを割いて、3cmの長さにカットします。キャベツを洗い、水気を切って千切りにします。 合わせ調味料の、マヨネーズ、リンゴ酢、粒マスタード、砂糖、を全て混ぜ合わせて、ドレッシングを作っておきます。そこにカットしたカニカマを入れて、混ぜ合わせます。 最初に塩もみしておいた、きゅうりを加えて混ぜ合わせます。さらに千切りキャベツを加えて混ぜて、塩とこしょうで味を調整します。 そのまま食べても良いですが、冷蔵庫で冷やしても美味しいです。お皿に盛り付ければ完成です。 サラダとしてそのまま食べるのはもちろん、サンドイッチの具材として挟んでも美味しく食べられます。 比較的水分が少ない料理なので、お弁当に入れても大丈夫です。 保存は不向きですが、1日くらいならば冷蔵庫に入れておけば食べられます。 マヨネーズのカロリーが気になる場合にはヨーグルトとマヨネーズを混ぜてマヨネーズのカロリーをカットしてあげると良いです。さっぱりした酸味が味わえます。

コールスローの作り方のまとめ

それでは美味しいコールスローの手作り方法ですが、必要な食材はメインであるキャベツ、他にニンジンやコーンなどがあっても彩が綺麗になります。そして和えるソースであるマヨネーズやドレッシングですが、最近はコールスロー専用のドレッシングなども販売されていますので、そちらを使用してもいいです。もちろん手作りすることもできますので、お好みの応じて使い分けてください。 基本のレシピはキャベツ1/2、マヨネーズ大さじ4~5、酢大さじ1/2、砂糖大さじ1~2、塩、コショウが適量となっています。 まずはキャベツの葉をはずして水洗いして、良く水気を切った後に千切りにしていきます。包丁が難しい場合はスライサーを使うと便利になりますが、どちらも指を切らないよう注意が必要です。そして千切りにしたキャベツに塩を少し混ぜて良くもんで、水気を出していきます。さらに水洗いしてキャベツの塩気を完全に落として、しっかりと水気を切っておきます。 調味料を混ぜ合わせて、そこに水気を切ったキャベツを加えて和えれば出来上がりです。彩りを楽しむのなら人参、コーン、ハムなどを入れると見栄えがしますので、場合によっては加えてみるのもいいかと思います。

y001-1009

ピザ釜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

世界との食の文化交流において日本に最もなじんだ食文化と言えるのが、西洋の芸術の都と言われるイタリアの料理です。そのイタリ...

y001-0823

印刷ソフトデザイン満彩の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

自宅のパソコンに印刷ソフトをダウンロードをして、年賀状や、暑中見舞い、寒中見舞い等を自作する人は少なくないでしょう。最近...

y001-0570

人形服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さい頃に着せ替え人形で遊んだように、大人になっても着せ替えをするのは楽しいものです。着用する服のデザインによって、世界...

y001-0916

ミサンガ初心者の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガとは数種の糸を何本も組み合わせてつくる組み紐のことです。ミサンガが作られるのはファッションの一部として利用する目...

y001-0279

卵豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵豆腐は豆腐の名前がついていますが、大豆は含まれていません。主原料は豆腐とだし汁で、貧血を予防する効果があります。卵には...

怪味ソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近話題の”怪味ソース”を知っていますか。決して怪しいソースという意味ではありません。唐揚げなど色々な料理に合う万能ソー...

y001-1287

ごま油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ごま油というのは、嫌いな人がいないのではと思われるほど、老若男女が好むものと言われているものです。香ばしい味わいと、油な...

y001-0059

干し柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

秋になるとたくさん柿が実り、庭先などで干し柿を作っている光景を良く目にすることがあると思います。ずらりと並ぶ干し柿を見る...

y001-0884

ヤリイカ仕掛けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヤリイカの胴体は他のイカと比べると細長く、しかも円錐形をしているのが特徴です。また、この姿が槍の穂先に類似している事から...

ニンニクの醤油漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクの醤油漬けは優れた保存食品である上、あればとても便利な調味料でもあります。ニンニクは気温が高ければすぐに発芽して...

y001-1422

おいしいたこ焼きの簡...

たこ焼きといえば、縁日や夏祭り、花火大会といったイベント...

y001-0049

ハンバーグの簡単な手...

ハンバーグを作る理由として、家庭を持つ主婦の場合には家族...

y001-1476

アロエ化粧水の簡単な...

アロエ化粧水は簡単に手作りすることもできます。手作り方法...

y001-0639

手芸ふくろうの簡単な...

簡単に作ることが出来る手芸ふくろうを作る理由や目的はいく...