チーズケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チーズケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チーズケーキを作ろうと思ったらクリームチーズが切れていた、というときでも作れる「スライスチーズを使ったレシピ」です。クリームチーズは買うと結構高いです。それに比べると、スライスチーズは常備している家庭も多く、安く買えます。使うのはピザにのせるようなスライスチーズで、溶けるタイプでも溶けないタイプでも作れます。溶けないチーズの方が扱いが楽ですが、どちらでも無理ではありません。チーズケーキの手作り方法をマスターしておくと、ちょっとしたおもてなしやおやつにも活用出来ます。甘いケーキが苦手な人でも、塩気を感じながら食べられます。用意するのはスライスチーズの他、卵、牛乳、薄力粉、というどこの家庭でも常備している材料です。クリームチーズのように常温に戻す手間がかからなのも便利です。スライスチーズの使い道に困っているというときや、大量消費したいとき、チーズ嫌いを克服させたいとき、などに作ってみると良いです。また、クリームチーズが高くて手を出しにくいときにも使えます。材料が足りないときや、クリームチーズの値段が高いと感じたときには、スライスチーズを使って作るのが良いです。ちゃんとチーズケーキの味になります。

チーズケーキを作ることの楽しさ

作るのはスライスチーズを使った、スフレチーズケーキです。スフレにするには、卵黄と卵白を別にしてメレンゲを作る必要がありますが、そこさえ失敗しなければふんわりとした美味しいチーズケーキができます。 スライスチーズは固形になっているので、クリームチーズのようにするために牛乳を使って伸ばします。この後メレンゲを作っていくわけですが、メレンゲ作りにはコツが要ります。まず必要最低限守らなければならないのは、油や汚れがついていない綺麗なボウルを用意することです。油や汚れが入っていると、綺麗なメレンゲは出来ません。最悪の場合、いくらかき混ぜても水っぽいままになってしまいます。メレンゲを作るコツは、卵白を冷凍庫で冷やしておくことです。冷やすことでかき混ぜたときに空気が入りやすくなり、早く泡立つようになります。冷凍庫に入れるとすぐに固まってくるので、それを使います。 最初はメレンゲ作りで失敗するかもしれませんが、何度も作っているうちに綺麗にメレンゲを作るコツがわかってきます。 メレンゲ作りはスフレチーズケーキの他にも、オムレツやスポンジケーキ作りにも応用できるので、マスターしておきたいところです。もちろん、泡立て器やミキサーなどを使っても構いません。

チーズケーキを作るのに用意する物

チーズケーキは日本人が大好きなケーキの一つです。材料を混ぜて焼くだけなので、お菓子作りの初心者でも簡単に作れます。混ぜて焼くだけな分、中に入れる材料を変えてアレンジレシピを考えるのも楽しいですよね。基本的な材料はまずクリームチーズと生クリームです。クリームチーズはキリやフィラデルフィアが有名ですが、値段が少々高めです。トップバリュから安いクリームチーズが販売されていますが、成分を見ると余計な物も入っているので、美味しいチーズケーキのためには材料をけちってはいけません。生クリームは脂肪が気になる方は低脂肪のものを選びましょう。バターは無塩のものを選びます。有塩バターはお菓子作りには不向きです。あとは卵と薄力粉、レモン汁を加えるとさわやかな味わいになります。器具は大き目のボールとハンドミキサーがあると楽に混ぜられます。ゴムべらと粉ふるい器、ケーキ型は丸型でもスクエア型でもパウンドケーキ型でもかまいません。気取らずに作れるのが魅力の一つです。好きな型で焼きましょう。焼きあがって冷ましたら、上に粉砂糖をふるうとちょっとおしゃれですね。カロリーが気になる人はクリームチーズの代わりにサワークリームや、ヨーグルトを手作り方法でカッテージチーズにして使っても良いでしょう。

チーズケーキの作り方の手順

まずオーブンを温めておきます。予熱が不十分だと、焼き上がり時間がレシピと変わってしまいますし、焼きむらが出来てしまいます。ケーキの型にはバターを塗り、薄力粉をふるっておくと生地がくっつきにくくなりますので、やっておきましょう。クリームチーズを卵は常温に戻しておきます。常温でやわらかくなったクリームチーズをゴムべらで練り、クリーム状になるまで頑張ります。そして砂糖を加えてしゃりしゃりとした感触がなくなるまで混ぜ合わせます。次に卵を卵白と卵黄に分け、卵黄だけを加えます。卵白はラングドシャなどのクッキーにすると無駄がありませんね。卵黄も混ざったら、生クリームを加え、ハンドミキサーの低速でしっかりと混ぜていきます。バターは湯銭で溶かしておき、ここで生地に加えます。オーブンの予熱で溶かしておくと熱をムダにしないですみます。最後に薄力粉をふるい入れます。ここでゴムべらに持ち替え、下からすくいあげるように混ぜます。練らないように気を付けましょう。この生地をケーキの型に流しいれ、数回空気抜きをします。あとはオーブンに入れて焼くだけです。焦げ目がつかないよう、途中でアルミホイルをかぶせましょう。あっというまにおいしいチーズケーキの出来上がりです。

チーズケーキの作り方のまとめ

スライスチーズを使った簡単なスフレチーズケーキのレシピです。 18cm型のレシピで、牛乳180cc、スライスチーズ3枚、砂糖20g、薄力粉40g、メレンゲ用卵白・卵3個分、メレンゲ用砂糖60g、卵黄3個分、レモン汁大さじ1、バター60g、です。 まず鍋に用意した牛乳の半量の90ccを入れて温めて、スライスチーズも入れて溶かします。チーズが完全に溶けたら火を一旦止めます。 ボウルに薄力粉40g、砂糖20g、残りの牛乳90ccを加えて混ぜます。 ここでオーブンを160℃に予熱しておきます。 鍋にボウルの中身を入れて、再度火をつけます。泡立て器で混ぜながら、カスタードくらいの固さになるまで混ぜて火を止めます。ここに卵黄を1個分ずつ加えて、バターも加えて溶かします。さらにレモン汁も加えて、粗熱をとっておきます。大きめのボウルに移しておくと早く冷めます。 卵白でメレンゲを作ります。卵白ボウルに入れて、砂糖60を少量ずつ加えながら角が立つまで泡立てます。 粗熱をとったボウルの中身に、メレンゲを1/3入れます。混ざったら残りの2/3も入れて、泡をつぶさないようにヘラなどで切るようにして混ぜます。 18cm型にオーブンシートを敷いて、生地を入れて160℃に予熱したオーブンで1時間ほど蒸し焼きにします。オーブン皿に熱湯を1cmくらい入れれば蒸し焼きになります。 チーズ色に焼ければ完成です。

y001-1002

ビビンバの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉店に行ってしめで頼む料理といえばビビンバで、お好きな方は多いはずです。普通のものから石焼まであって、それぞれの店によ...

ファスナー付け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッグは荷物を入れて移動するには、大変便利な道具です。荷物を手に持って移動するには、持つものの数に限りがありますし、手が...

y001-0262

冷やし汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

冷やし汁というのは九州地方の郷土料理ともいわれていますが、じつは東北や関東でも郷土料理として食べられています。冷やし汁は...

y001-1478

アルミ缶クラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アルミ缶を使って実用品や美術性の高い作品を生み出していくアルミ缶クラフトは、本来捨てられてしまうものを再利用する意味でエ...

y001-0742

空き缶風車の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

空き缶風車は、比較的簡単に作る事ができて、見た目の面白い風車です。薄い金属という性質を生かして、ペットボトル風車とは違っ...

y001-0444

棟札の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

持ち家として特に木造の一戸建て住宅に居住されている方の場合では、棟札と呼ばれるものをDIYとして製作することができます。...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と言われているのが、にがうりです。沖縄ではゴーヤーと呼ばれており、...

y001-1234

スタンド手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅で使用する照明器具はオシャレな物がいいですね。天井に設置するならシャンデリアやシーリングファン等がありますが、部屋全...

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せ...

y001-0059

干し柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

秋になるとたくさん柿が実り、庭先などで干し柿を作っている光景を良く目にすることがあると思います。ずらりと並ぶ干し柿を見る...

釜戸の簡単な手作り方...

夏になるとキャンプを楽しむ人が増えます。キャンプは、春か...

y001-0240

笹刈り刃の簡単な手作...

笹刈り刃とは草刈りを行う際に使われる刃です。メインとして...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単...

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘ...

y001-1151

面白い実験の簡単な手...

子供達から理科離れが問題となっている現代において、それを...