パウスカートケイキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パウスカートケイキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フラダンスはハワイ伝統のダンスであり、見ているだけでも踊りの美しさに癒されてしまうものです。古代のハワイ人が海や山、花などハワイの美しい自然を表現している踊りなので、一つ一つの振り付けにも深い意味を持っています。激しい動きをすることもないので、高齢の女性にもエクササイズの習い事として人気があります。また、子供さんにも人気の習い事として通っている子もいます。フラダンスに欠かせない衣装にパウスカートがあります。ゆったりとした踊りに美しく揺れるスカートは魅力的であり、パウスカートを履いてみたいという女性も多いものです。子供さん用のパウスカートはケイキパウスカートと呼ばれていますが、生地とゴムがあればギャザースカートのように簡単に作ることができます。ギャザーを多めにすることによってフラダンスを習うのにピッタリですが、少なめのギャザー分量で作れば普段着用するにも適しています。フレアースカートも同じように動きに対して揺れるスカートですが、風が吹いただけでもスカートがめくれてしまう心配もあります。しかし、ギャザースカートではウエスト部分に近くなるほどに布地が密に寄っているためにある程度の重さがあり、風にも安定して裾だけが揺れる仕様になっているので、風を気にすることなく安心して踊ることができます。

パウスカートケイキを作ることの楽しさ

ケイキパウスカートは商品としてもたくさん販売されていますが、なかなか気に入ったものが見つからないことが多いものです。また、生地から選んで作ってもらうこともできますが、大人用と違って丈が短いので出来上がってみたら柄が途中で切れてしまうということもあります。裾だけに柄が入っている生地であっても、子供用であれば長さが短いことから全体に柄が入ってしまうので雰囲気が変わってしまいます。ケイキパウスカートは、パウスカート用の生地から出なくても普通の綿生地からも作ることができるので、自分で手作りしてみるのも楽しいものです。 パウスカートは、一般的には生地幅を着丈として使用し、脇にはハギが来ないようになっています。そのため、ギャザー分量だけの生地が必要になってしまいますが、予算を抑えたいという時には子供さんの身長によっては生地幅の半分で済ませることができ、脇ハギをしてみるといいでしょう。ギャザーが寄っているためにハギは分かりにくいことが多く、生地代を半額に済ませるメリットがあります。子供さんの成長は早く、すぐにスカート丈が短くなって着ることができなくなってしまいます。リーズナブルにたくさんのケイキパウスカートを作ってあげてみてはいかがでしょうか。

パウスカートケイキを作るのに用意する物

スカートは布を筒状にして腰より下を覆うための衣類のことです。スカートといっても、いくつかの種類がありますが、その丈からロングスカート、ミニスカート、ミディスカートに分類されます。ロングスカートは足首まで達するスカートですが、ミディスカートはひざの高さ程度まで、ミニスカートはひざ上の高さまでの丈になります。また布を加工したり骨を入れたりすることでその印象を大きく変えることができます。 スカートを作るための材料としては、ベースとなる生地と、それらを縫い合わせる糸や針などです。また腰の部分に伸縮性を持たせるためにゴム糸を入れる場合もあります。縫い合わせるのは手縫いでも可能ですが、ミシンがあると効率よく作ることができますし、また必要に応じてアイロンがけすることで縫製が楽になります。 パウスカートはスカートの種類の名前で、主にフラダンスなどに用いられるものです。パウスカートの語源はハワイ語のことで、パウそのものが本来はスカートを意味しています。しかし、スカートであることが分かるように一般にはパウスカートと呼ばれています。パウスカートの特徴としては、ふんわりとした作りであるのが特徴ですが、一方で簡単に作ることができるスカートとなっています。

パウスカートケイキの作り方の手順

パウスカートの手作り方法としては、用意すべきものはパウスカート用の生地と腰で止めるためのゴムが3本になります。パウスカートそのものは特に生地にルールはありませんが、それぞれハワイらしい柄の生地を選ぶのが無難です。ハワイらしい生地としては、花や植物の葉などが染め抜かれたもので、どちらかといえばパステルカラーに近いものになります。もちろんシックな色のものもあります。これらはハワイアン生地として国内でも簡単に手に入れることができます。 パウスカートの作り方では、まずは裏が表になるように筒を作ることになります。このさいに、縫製する場所は筒にするための部分ですが、ゴムを入れる部分は縫いません。筒が出来たあとに上辺部分を折り返し、ウェスト部分となる場所にゴムを入れるために2センチから2.5センチごとに一周するように縫製することになります。縫製して作った穴にゴムを入れることでウェスト部分の完成です。なお、ゴムを入れた時点でウェスト部分が収縮されるので、ふんわりとしたスカートにすることができます。 一方でケイキパウスカートも同じ要領で作ります。ケイキは子供用を意味しており大人用のパウスカートを子供の寸法に合わせるだけです。一般にはフラダンス用のスカートというイメージがありますが、ふんわりとしたスカートなのでケイキパウスカートは普段着としても使うことができます。

パウスカートケイキの作り方のまとめ

ケイキパウスカートの手作り方法は実に簡単です。ハギがある部分は縫い合わせて輪の状態にし、縫い代の端はロックミシンをかけてこれ以上ほつれないようにしておきます。 裾は布の耳から1㎝の部分でアイロンをかけ、再び折山から2㎝の部分でアイロンをかけて三つ折りにしておきます。1㎝と2㎝に折ることで段差ができるため、裾だけが厚みが出るという心配もありません。2㎝に折った後に2㎝で折るという完全三つ折りの状態にしてしまうと、裾だけが急に布3枚が重なった状態になるため、優しく揺れてほしい裾のラインがかたくなってしまいます。また、縫い代が足りなくて柄が入ってしまう場合やスカート丈が足りないなどの場合にはこの縫い代寸法にこだわることはありません。アイロンの後は、ミシンステッチや手縫いのまつり縫いで止めつけます。 ウエスト部分にはゴムが入りますが、3本から5本程度が一般的です。本数が少なければゆったりとした着心地になりますが、本数が増えればしっかりとウエストを固定することができるので激しい動きにも対応できます。ゴムは後からウエストサイズが変わっても調整できるように、かた結びで固定しないようにするといいでしょう。

ホームページの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネット社会と呼ばれている今、いろいろな形態と内容のホームページが実在しています。例に出して言えば、料理に関する内容、子育...

y001-0092

イノシシの罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イノシシの罠を作る理由ですが、イノシシの罠の存在理由としては、山村部に住む人にとっては非常に有意義なものとなっています。...

y001-0915

ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

過去、空前のサッカーブームとセットになって、ミサンガも若者を中心に大流行して、その当時に作るのにはまったという方も多いは...

y001-0612

手作り帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作り帽子を作れば、自分の思い通りの帽子が手に入ります。しっかり作るには準備と作業が必要になりますし、こだわりを求めれば...

y001-0357

付け帯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。たとえ練習してなんとか結べるようになったとしても、いざ着物を着た...

y001-1317

クイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クイズを作る理由は様々あります。パーティーなどで場を盛り上げる為に、クイズを出題する場合もあります。その場合には景品など...

減塩梅干しの漬け方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅はバラ科サクラ属の落葉高木で、その果実は強い酸味を持っているのが特徴で薬用や食用として古くより使用されてきた歴史を持っ...

y001-0828

椅子カバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

キッチンに設置しているダイニングセットは、テーブルと椅子がセットになっています。椅子が二つのタイプと四つのタイプが一般的...

y001-0193

マシュマロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コラーゲンがたっぷりはいっているマシュマロはお肌をぷりぷりにするにはとってもよいおやつです。肌を綺麗にする為に、一日に必...

レジンピアスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンピアスを作る理由、目的は人によって様々です。たとえば、市販されているピアスではいまいち自分の好みに合わないとか、も...

y001-1512

DIY引き出しの簡単...

自宅の中で使用する棚や物入れといった収納グッズは、空いて...

y001-1432

えびレシピの簡単な手...

えびを使った料理は子供に人気があります。えびの天ぷらから...

y001-0501

前髪ポンパドールの簡...

前髪のアレンジ方法であるポンパドールを作る理由として、伸...

アイロンビーズ図案の...

アイロンビーズ図案は市販されている図案もありますが、自分...