マーボー豆腐レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボー豆腐レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボー豆腐は中華料理の代表的な料理の1つです。本来は四川料理ということもあり、ひき肉と唐辛子、花椒と呼ばれる中国の山椒などを使う、舌の痺れるような辛さがあることが特徴です。最近では日本でも本場のレシピとほぼ同じものを提供するお店が登場しており、人気を博しています。そのようなマーボー豆腐ですが、家庭でも簡単に作ることができます。また、手作りすると辛さや味を好みに調節することが出来、お子様のいる家庭では辛みをなくすなど、その家庭にあった味で作ることが出来ます。また最も重要な素材である豆腐に関しても、木綿や絹で食感や味に大きく違いが出ます。ひき肉に関しても通常では豚ひき肉を使いますが、鶏ひき肉を使うことであっさりとした味になり、カロリーを抑えることが出来ます。味付けにおいても同じです。鶏がらスープをベースに作るのが一般的ですが、和風だしを使用し醤油で味付けをすればたちまち和風にも変身します。またお年寄りやダイエットを意識した人はお店で食べるより油の量を減らして作ることも可能です。このように家庭で作ることにより、自分や家族の好みに合わせたオリジナルのマーボー豆腐を味わうことが出来るというのが作る理由として挙げられます。

マーボー豆腐レシピを作ることの楽しさ

マーボー豆腐を家庭で作ることで1番得られるメリットは、とても材料費が安く抑えられるということです。 豆腐は1年間を通しても価格に大きな変動はなく、とても安価です。 またひき肉も、肉の中では価格がとても良心的です。 そしてメインであるこの2つの食材は、どこでも売っていて買い求めやすいことも手作りすることにおいて利点であると言えます。 このようなマーボー豆腐はとてもよく家庭で作られており、レシピも無数にあります。 プロの作るような本格的なレシピから、電子レンジなどを使用して作れる、驚くほど簡単な手作り方法まで様々です。 様々なレシピを味わうことが出来ることも、手作りならではの楽しさであると言えます。 またもう一つ大きなメリットとして、日本人の主食である、白いご飯にとても合うという点があります。 お店でもマーボー丼などのメニューがあるように、ご飯にかけるととても美味しいです。 食べ盛り、育ち盛りのお子様のいる家庭ではとても重宝される料理になっています。 安価で量もたくさん作れるところも、それは当てはまります。 逆にダイエット中の女性などは、肉の種類や油の量を調節することで非常にヘルシーな一品にすることもできます。

マーボー豆腐レシピを作るのに用意する物

マーボー豆腐は唐辛子の辛さを持つものと、山椒を入れて辛味を出す2つのタイプが在ります。 これらはマーボー豆腐の辛味の源とも言えるものなのですが、唐辛子は豆板醤、山椒を利用する事が多いのです。 しかし、小さな子供が居る場合など、辛いマーボー豆腐は子供には無理ですので、甘く仕上げるケースが多いものです。 辛い物が駄目な人もいますが、辛くなければ美味しくないと言う人も多いわけです。 子供用に作った後に、大人用の味付けをすると言う人もいます。 尚、マーボー豆腐に欠かせない食材は豆腐です。 豆腐には絹ごし豆腐と木綿豆腐の2つの種類が有りますが、マーボー豆腐は絹ごし豆腐でなければならないと言う決まりは在りませんし、好みでどちらかを選ぶことが出来るのが特徴です。 但し、豆腐は水切りをしておかないと、時間の経過とともに豆腐から水分が出てしまい、水っぽいマーボー豆腐になります。 電子レンジなどを利用して過熱をするだけで簡単に水切りを行うことが出来るのでお勧めです。 水きりを行う場合は、お皿の上にキッチンペーパーを敷いて、その上に豆腐を置いて包んであげてからレンジで加熱を行うだけで良いのです。 後は、豚の挽肉や白ネギのみじん切りと言ったレシピを見て食材を用意しておけば良いわけです。

マーボー豆腐レシピの作り方の手順

マーボー豆腐のレシピの中に記載されている材料と言うのは、豆腐、豚の挽肉、白ネギ、にんにく、しょうが、鶏がらスープ、甜麺醤や豆板醤、山椒、水溶き片栗粉、醤油やお酒、塩や胡椒、ラー油といったものがレシピに記載されています。 手作り方法としては全ての調味料などの材料が揃わなくても簡単にマーボ豆腐を作ることは可能です。 しかし、辛味を出したい場合は山椒や豆板醤は必須ですし、鶏がらスープなどの出汁も必要となります。 甜麺醤は甘辛い味噌になるのですが、これは味噌とお砂糖を混ぜる事で代用は可能になるのです。 作り方の手順としては、豆腐は水切りをし、白ネギは細かく刻み、にんにくや生姜はみじん切りにしておきます。 また、水溶き片栗粉は大さじ2の量の片栗粉に水を加えて置いておいて、利用する時に混ぜ合わせて水溶き片栗粉の液を作れば良いのです。 準備だけしておけば手際よく作ることが出来ます。 豚の挽肉、みじん切りにしたにんにくや生姜を入れてから、豆板醤を適量加えて炒めます。 挽肉に火が通ったら、お酒、醤油、甜麺醤、鶏がらスープを加えた調味料をフライパンに入れて沸騰させ、醤油、胡椒、山椒などで味を調え、豆腐を加ええて一煮立ちさせてから火を止めて水溶き片栗粉を入れて、火を再びつけて強火で混ぜ合わせればとろみがついたマーボー豆腐の完成となります。

マーボー豆腐レシピの作り方のまとめ

マーボー豆腐の手作り方法は無数のレシピが存在しますが、オーソドックスなものは次のようなものがあります。 豆腐(絹でも木綿でもよいです) 1丁 豚ひき肉100g 生姜 1片 ニンニク 1片 ネギ 10cmくらい 豆板醤 小さじ1 調味料 鶏ガラスープ150㏄ 酒大さじ2 醤油大さじ1 砂糖小さじ2 味噌大さじ1 ごま油少量 水溶き片栗粉適量 1、豆腐はキッチンペーパーで包み電子レンジ600wで3分温め、しっかり水切りをします。生姜とニンニク、ネギはみじん切りにし、調味料は混ぜておきます。 2、まず弱火で生姜・ニンニク・ネギを炒めます。香りがたってきたら豆板醤を加え炒めていきます。 3、豚ひき肉を加え肉の色が変わったら、合わせておいた調味料を加えていきます。 4、もう一度沸いてきたら、豆腐を一口大にちぎりながら加えます。包丁で一口大にさいの目形に切って加えても構いません。 5、弱火でしばらく煮、水溶き片栗粉を様子を見ながら回し入れとろみを付けます。とろみの加減はお好みです。 ご飯などにかけるときは、とろみを強めにしてください。 6、ごま油少量を香りづけに回し入れたら完成です。 ひき肉も豚ひき肉となっていますが、お好みで合いびき肉や鶏ひき肉でも美味しく作ることが出来ます。

y001-0370

美味しい焼豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジューシーな美味しい焼豚は、お店で食べるだけではなく、自宅でも手作りすることができます。自分で作れば味も家族の好みに合わ...

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-1482

あずま袋リバーシブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

あずま袋リバーシブルを作る目的は、エコバッグの代わりに使えるからです。2枚仕立てで丈夫になり、しっかりと作ればある程度の...

パニエ100均の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

何時の時代でも女の子に憧れのものは綺麗でかわいいもの、それゆえマンガやアニメに出てくるお姫様やアイドルのような衣装という...

y001-1058

パエリアレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パエリアはスペインのバレンシア地方発祥のお米料理で、世界でも人気があります。パエリアの語源となったのはバレンシア語のパエ...

y001-0648

室内ゲームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年では遊びというと、デジタルゲームや既成品のおもちゃなどが当たり前で、手作りのもので遊ぶという機会が少なくなりました。...

y001-0591

焼き豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お店で売られているラーメンには必ずといっていいほど入っている焼き豚、それ以外にもチャーハンに入れたり、丼にしたり、おつま...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

y001-1491

アクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーを作る理由は、自分の好みで作れることです。自分で身に付ける目的で作ることもできますし、上手に作れるようになっ...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

塩ウニの簡単な手作り...

ウニといえば高級品として、日本人には人気のある食材です。...

手作りアルバムの簡単...

手作りアルバムを作るには、いろいろな目的があることでしょ...

y001-0042

フェルトマカロンの簡...

マカロンと言えば、その見た目からとても人気が有るスイーツ...

y001-0802

夏休み自由研究小学生...

小学生の夏休みと言えば、セミやカブトムシを追いかけて日が...