ムニエルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ムニエルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はなかなかデフレ経済から脱却できずにいます。給与や景気の回復が報道されていますが、それは一部のエリートサラリーマンや富裕層に限ったことであり、一般サラリーマンにとって好景気の実感は一切ありません。そのため多くのサラリーマン家庭では家計の切り詰めや様々な節約が強いられるようになっています。とくに娯楽や外食に充てる費用の捻出は難しく、家庭において食事を摂るのは当たり前になっています。しかし毎日切り詰め、節約の生活であると家族も息が詰まってきます。しかし家庭での食事メニューを工夫することで、こうした悩みは解消されます。普段とは違うメニュー、物珍しいレシピ、外国の食事メニューなどに拘って料理するといつもの家庭での食事も変化に富み、非常に楽しいものになります。また家族全員が集まってエンターテイメント性の高い食事メニューを作るのもよいでしょう。手巻き寿司、焼肉、鍋、お好み焼き、たこ焼きといったメニューは家族全員が参加できる料理で非常に楽しい食事タイムを過ごすことができます。こうした参加型の料理を楽しむことは、子供たちに対して良い食育になるといえます。幼少期から食事に興味を持たせることは非常に大切なことです。

ムニエルを作ることの楽しさ

デフレ経済で家計の切り詰めが強いられ、外食できないことは非常に辛く悲しいことのように感じている人も少なくありません。確かに贅沢できなくなることは、心に余裕がなくなってしまうように感じます。しかし外食でなく、家庭で料理して食べることには外食では得られない様々なメリットが存在します。まず第一に、非常に経済的で無駄な費用の捻出が減り蓄えを増やすことができます。同じ食事メニューでも外食するのと手作りするのでは、そのコストが倍近く異なってきます。毎日手作り料理をすることで、貯金額は単純に倍増することになります。また手作りすることは、栄養バランスのとれた食事を摂取できるようになります。外食であるとどうしても脂質や肉類過多で、野菜不足に陥る傾向にあります。しかし手作りすれば家族の健康状態やコンディションに合わせた野菜豊富なヘルシーメニューを作ることができます。また毎日家で手料理していると、料理に変化をつけたくなり、料理のレパートリーが増え、料理技術が向上するようになります。同じ魚を食べるにしても、焼いたり、煮たりするだけでなく、蒸したりムニエルにするなど、料理の応用が見られ、料理が一層上達するようになります。

ムニエルを作るのに用意する物

ムニエルとは魚に小麦粉を軽くまぶし、バターと一緒に焼いて作る料理です。魚の身は柔らかくしっとりとしていて、外側の皮はパリッと香ばしいので、非常に美味しい料理です。レストランなどで食べる機会もあると思いますが、実は自宅で簡単に作ることができます。用意する材料は、魚の切り身、塩、こしょう、小麦粉、バター、オリーブオイル、お好みでパセリのみじん切りです。魚は何の種類でも大丈夫ですが、一般的には鯛、ヒラメ、タラ、鮭などがムニエルに使われます。塩とこしょうはちょっとした味付け程度にしか使わないのでひとつまみ程で大丈夫です。小麦粉は大さじ1杯、バターやマーガリンは大さじ2杯分用意しておいてください。オリーブオイルは大さじ1杯程度で、辛めの味付けが好きな方は、これとは別に醤油を小さじ1杯程度用意しておいてもいいです。爽やかな味付けに仕上げたい方は、レモン汁を少しだけ用意しておいてください。後は、魚を焼くためのフライパンと魚をひっくり返す際に使用するフライ返しを用意しておいてください。脂っこくなってしまうのが嫌な方は、調理の途中で油を切るためにキッチンペーパーやティッシュなどを用意しておくのがよいです。



ムニエルの作り方の手順

魚のムニエルはそれほど難しい技術を使わずに作ることができます。手作り方法は、まず魚の切り身に塩、こしょうを振りかけて、5分ほど置いておきます。塩とこしょうを魚の切り身に浸透させるために待ちます。あまり置きすぎると魚から水分が出てきてしまうため、やりすぎないように注意してください。5分経ったらキッチンペーパーを使って魚の切り身の表面についた水気を取り除きます。水分を取り終わったら小麦粉を切り身の両面に薄くまぶしていきます。ムニエルは小麦粉をまぶして焼く料理ですが、あまり小麦粉をつけすぎると火の通りが悪くなり、ベトベトしたムニエルになってしまうため、つけすぎないように注意してください。つけすぎた場合は軽く叩いて表面の小麦粉を落としてください。小麦粉をつけたらフライパンを温めてオリーブオイルを垂らして、魚の切り身を均等に並べていきます。片面にこんがりと焼き色がつくまで中火で焼いてください。焼き色がついたらひっくり返してもう片面をじっくりと焼いていきます。両面を焼き終わったら、バターを入れて余熱で溶かしていきます。溶けたバターを魚の切り身と絡ませたら出来上がりです。好みによって醤油やレモン汁などを入れてください。盛り付ける際にパセリのみじん切りを乗せるのもおすすめです。

ムニエルの作り方のまとめ

毎日自宅で母親の手料理を食べることは非常に幸せなことですが、どうしても母親の得意料理や簡単に出来るメニューに傾倒してしまい、家族も飽きてくることが多々あります。こうした場合、料理の手作りの方法を工夫してみて同じ手料理に変化をつけると良いでしょう。魚料理はオメガ三系の多価不飽和脂肪酸であり、血液をサラサラにしたり、頭の回転をよくするなど非常に体に良い影響を与えるものです。そのため家庭ではたんぱく質を肉からではなく、青魚から積極的に摂取すると良いといえます。しかし魚料理というと、どうしても焼いたり、煮るということが一般的で変化が見られず飽きられてしまいます。こうした場合に、ムニエルという手作り方法で料理してみるとよいでしょう。小麦粉、塩コショウ、バターさえあれば非常に簡単に出来てしまいます。とくに舌平目、たら、あじ、鮭などの魚がムニエルに適した魚であるとい得ます。魚に塩コショウで味を調え、魚の表面を小麦粉で綺麗に白くお化粧します。その後中火のフライパンにバターを投入し、そこに魚を乗せてじっくりと表面が狐色になるまで火を通します。魚を皿にうつしたら、フライパンに残ったバターに醤油、白ワインなどを投入し、ソースをつくります。それを魚の周りに乗せれば美味しいムニエルの完成です。



y001-0590

焼き飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンよりも腹持ちが良いですし、地産地消にも貢献しやすいです。焼き飯で使う...

y001-1270

サングリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

サングリアといえばスペインのお酒ですが、これは赤ワインと果物を使って作られていて、スペインでは簡単に作れることから家庭で...

y001-0177

きゃらぶきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

きゃらぶきは、一番的な家庭で食卓に出てくることもたまにありますが、若い人が多い家庭ではあまり食べるきっかけはなく、手作り...

バック持ち手の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさがあるので、市販品よりも味もあっていいものなのです。もちろん、市...

y001-0917

ミサンガ6本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはプロミスリングなどとも呼ばれ、つけているうちに切れたら願いごとが叶うといわれています。少し前、Jリーグ全盛期に...

y001-0151

連絡網の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

連絡網を作るいちばんの理由は、いつでも連絡を取りたい人が複数おり、その人たちと常に連絡を絶やさずにいたいという場合と、必...

y001-0561

水ようかんレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

水ようかんを手作りすることは難しいのではないか、と考える人もいますが、そうでもないといいます。水ようかんはいろいろな種類...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0154

ミニアイロン台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りをする場合、アイロンを使う事は多々あります。しかし実際に普段ワイシャツ等のアイロンかけをする時に使うサイズの物を使...

y001-0417

納豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

納豆というのは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の伝統的な食品です。高栄養な発酵食品であり、たんぱく質や繊維、ミネラル...

y001-0864

リボンの結び方の簡単...

リボンというのは、女性なら誰もが好きなアイテムといえまし...

y001-1511

DIY収納棚の簡単な...

家族の人数が多いとその分部屋数が必要になりますが、それぞ...

y001-0977

フランスパンの簡単な...

フランスパンは、フランスのパリ発祥のパンの総称で、小麦粉...

ドクダミ化粧水の簡単...

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、...