レゴ恐竜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レゴ恐竜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レゴで恐竜を作ってみましょう。パズルやブロック好きな子どもなら誰しもが通る道、レゴ。そのレゴの中でも人気があり、血が騒ぐ、レゴ恐竜の製作を通じて、より、クリエイティブな感覚を磨きましょう。レゴは手先だけでなく、頭も使う遊びです。あの小さな部品を組み合わせることにより、作品を作り上げていく。カチャカチャ組み上げている最中、子どもの物凄い集中力に驚かされます。見ている大人は、出来るだけ手出し、口出しを我慢しましょう。横から答えを言ってしまうと、子どもの頭の回転が止まってしまいます。どうしても先に進めなくなった時だけ、ヒントを出してあげましょう。その際、いくつかの選択肢をあげるのが良いです。そうすれば、答えは一つじゃなくていいことを子どもは学びます。後に書きますが、型にはまったやり方だけでは無いことを教えることもレゴ恐竜製作の大きな目的の一つです。完成図を描きながら、それを楽しみに作り進んでいく訳ですが、それが途中で変わっていいのです。むしろ、変わっていく方が良いとも言えます。柔軟な発想力とそれを形にしていく力、両方を同時に学べるレゴは身近にあるとても優れた教材であると断言できます。楽しんで、作っていきましょう。

レゴ恐竜を作ることの楽しさ

一つ一つのパーツを組み上げていって大きな完成形に繋げていく。少しずつ出来上がっていくレゴ恐竜に、確かな手応えと達成感をおぼえ、楽しさは増していきます。レゴ恐竜を買い与えた時の子どもの表情を想像してみてください。それだけで十分楽しさはわかるはずですが、作っていく中で、その楽しさが増していくという感覚は、他ではなかなか得られない経験です。発想力、建設的思考、思考の柔軟性、忍耐力。レゴ恐竜を作ることで養われるメリットは、挙げ出すときりが無いほどです。また、それを間近に見ることができる親御さんもまた、この上なく楽しいはずです。そばで見ていると、その自由な発想や、大人では想像もつかない形を作り上げてしまう子どもに、嬉しい驚きをおぼえるはずです。そんな時の子どもの誇らしげな表情、親としての手応えから、絆が深まっていくことを感じることができます。完成した後も、そこで終わりではありません。更に改良を重ねて格好良さ、力強さを追求していく。更に上を目指し続ける姿勢を自然に学ぶことができます。この思考に持っていくのはさすがに少しだけ大人の手伝いが必要になるかもしれません。しかしそれすら、共同してモノを作る姿勢を学ぶことに繋がり、子どもの成長を助けることになるでしょう。

レゴ恐竜を作るのに用意する物

世界的に有名なブロック状のおもちゃであるレゴを使って作る恐竜のことをレゴ恐竜と言います。最初から恐竜を作るために販売されているレゴもあれば、自由に組み合わせられるレゴブロックを自身で組み合わせて作ることも可能になっています。 レゴ恐竜を作りたいと考えている際に用意するものとしては、作りたい恐竜のそれぞれの身体に合う色合いのレゴブロックのみであると言えるでしょう。特に接着剤やヤスリのようなものを用意する必要は無いため、通常のプラモデル製作時に用意すべき道具などを揃えずにいいと捉えておいてください。 レゴブロックの色は完成させたい恐竜の色に似せたものでも、完全に自身の好きな色でも構いません。真っ赤な恐竜や真っ青な恐竜などを作りたい場合、そのような色のレゴブロックを揃えてしまって構わないのです。 ただすべて同じ色のレゴブロックを用意するのではなく、目の部分に使う白いレゴブロックや胴体の色の差別化を図るための別色レゴブロックなども用意しておいてください。レゴブロックの種類としては2連型や4連型の長方形タイプや4連型の正方形タイプ、6連型や8連型の長方形タイプや底の厚い2連型三角形タイプなどを手元に置いておいてください。



レゴ恐竜の作り方の手順

レゴ恐竜の手作り方法は、まず底の厚い2連型三角形タイプふたつと4連型の正方形タイプひとつをつなぎ合わせて土台となる足の部分を作ります。次に4連型の正方形タイプを味の部分の上に重ね、8連型の長方形タイプを足より前に出るように繋ぎ胴体と腕の部分を作ります。胴の部分は足や腕とは別の色で作っても構いません。腕と胴を繋ぐように2連型や4連型の長方形タイプを重ねて胴体部分の固定化を図り、足が向いている方向とは逆側に2連型三角形タイプを上下逆さまに取り付け背中の部分を作ります。4連型の長方形タイプや8連型の長方形タイプで再度固定化を図るように上乗せして、6連型長方形タイプのブロックの後方に4連型の正方形タイプを取り付け足より若干前にはみ出るように、2連型三角形タイプを正面に三角形の傾斜が来るように付けます。最後に好みで目の部分を白いレゴブロックで飾れば完成です。 材料は少ないですし早ければ1分程度で出来上がるためとても簡単に作れると言えるため、小さなお子さんがひとりで作ることも可能でしょう。文章ではなく図で作り方を確認したいと考えているようであれば、インターネット上に投稿されているレゴブロックの作り方動画を視聴して参考にしてみてください。

レゴ恐竜の作り方のまとめ

レゴ恐竜の作り方はセットを買えば説明書も付いてきますから簡単です。それに従って組んでいけば完成します。しかし、それだけでは面白くありません。オリジナリティー溢れる手作り方法を示します。それは、キットの他にたくさんのパーツを用意することです。もちろん、今まで遊んだ、家にあるもので構いません。それらをどこにどう使い、どんなレゴ恐竜に仕上げていくのか、この可能性を示してあげましょう。他のどこでも見たことが無いような巨大なツメ、鋭い目、強力なアゴ。自分が住む町を我が物顔で歩き回る巨大な恐竜を想像して、型にはまらない、自由な発想で作るレゴ恐竜は、世界で一つの大切な宝物になります。しかも、この遊びにはある意味、終わりがありません。明日にはまた新しいアイデアが湧いて形を変えるはずです。頭に赤いトサカが付くかもしれませんし、翼だって生えても不思議はありません。自由な発想をたくさん褒めてあげて下さい。そうすれば子どもは、もっともっと凄いレゴ恐竜を作り出すでしょう。親としてもその頑張る姿勢を見て、大いに感じるものがあるはずです。レゴ恐竜を通して、親子の絆も深めて下さい。それから、出来たレゴ恐竜は写真に収めてあげることをお勧めします。最初はこんな形だったんだとか、この時は十分と思ったけど、まだ先があったんだなとか、言葉には上手くできないかもしれませんが、後から見て子どもの成長を助けることになるはずです。



y001-1330

キャベツホイコーローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

キャベツホイコーローを作る理由は、1皿でバランスの良いおかずが作れることです。キャベツ等の野菜をたっぷり取ることができ、...

y001-0504

浅漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食卓に出されると嬉しいメニューの一つが「浅漬け」です。素材そのものの味や食感がしっかり残っているこの漬け物は、毎日の食事...

y001-1317

クイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クイズを作る理由は様々あります。パーティーなどで場を盛り上げる為に、クイズを出題する場合もあります。その場合には景品など...

y001-0250

燻製の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食品を買いに行ったとき、燻製を見かけることが良くあります。他の食材に比べて値段が高い場合が多いです。それは作るのにとても...

y001-0451

天丼のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

超・簡単手作り方法の天丼のタレ!決め手はごま油を1滴たらすだけ。せっかくカラリと揚がった天ぷらを贅沢に天丼にしたとき、何...

y001-0103

スクエアポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スクエアポートとは四角い形の小物入れで、化粧用品や必要品等を入れるポーチの事です。そのスクエアポーチを作る訳は、手作りを...

y001-1097

にがりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にがりは、海水からとれる塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物で、主に豆乳を豆腐に変える凝固剤として使用されています。...

y001-1455

ウッドデッキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家を建てるならウッドデッキのある家がいい、そんな夢を思い描く人は少なくありません。木製のデッキがあるだけで何となく家の外...

y001-1219

すももジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すももも桃も桃の内という言葉がありますが、すももはバラ科サクラ属の落葉小高木であり、桃とは別の種類の植物です。名前の由来...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は用意するものが、ビーズ、レース糸、かぎ針の3つほどで作ることがで...

y001-0408

梅の蜂蜜づけの簡単な...

梅の蜂蜜づけを家庭で作っているという方は少なくないでしょ...

y001-1123

ゼリーの簡単な手作り...

明日はお客さんが来るけれど、暑くて何もする気が起きないと...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り...

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在で...

丸太テーブルの簡単な...

丸太テーブルは自然を肌で感じる事が出来る素晴らしいもので...