稲の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

稲の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人にとってお米は欠かすことができない食料のひとつです。毎日食べるものとても馴染みのあるものです。お米を食べるためには稲を育てなければなりません。稲を育てることでお米を収穫することができます。農家の人は大きな田んぼで多くの稲を栽培しています。大きな田んぼを管理しながら稲を栽培することはとても大変な作業です。天候などにも左右されてしまい、収穫量が大きく変わってしまうようなこともあります。それでもお米がないということがないように生産されています。最近ではパン食が主流となっている人も多くなっていますが、古来から食べてきたお米を食べることで活力にもつながると考えられています。お米は白米として食べることが多いですが、いろいろな加工をして食べられることもあります。もち米などを使ってお餅を作って食べたりされることも多いです。おにぎりにしてお弁当として持っていくこともあります。日本人にとってお米は切っても切り離せない食べ物です。お米がどのようにしてできていくのかをしっかりと勉強することもとても大切です。自分が食べているものがどのようにできるのかを知ることでありがたみを感じる事ができます。農家の人の苦労も知ることができます。

稲を作ることの楽しさ

日本の主食であるお米を手軽に作ることができる手作り方法があります。田んぼは春に稲を植えて、夏に穂が実り、秋に収穫をするという流れになっています。以前はいろいろな場所に田んぼがあったために季節の移り変わりの様子として見ることができましたが、今では田んぼの数も少なくなってきて都会では見ることできなくなった風景でもあります。都会で田んぼを探そうと思うと大変ですが、バケツを使って稲を作る簡単な方法があります。バケツはどんな場所でも用意することができるので、余裕がある人は是非挑戦してみてください。まず用意するものは15リットル以上のバケツです。できれば20リットルくらいのものが望ましいです。あまり小さなバケツだと稲が大きく育たない可能性があるので、できるだけ大きなバケツを用意しましょう。他に用意するものは軟式野球のボールやすり鉢。精米用の瓶などです。これらは収穫した稲を精米するときに必要となる道具です。春から秋にかけての半年間で稲を栽培することになります。すぐにできるものではないですが、時間をかけて栽培することでお米がどれだけ手間と時間をかけて作られているのかを知ることができます。とても大切な経験をすることができると思います。

稲を作るのに用意する物

日本人の主食として欠かせないものが、ご飯になります。 ご飯は稲から作られた米を炊いてできますが、稲を育てるのには時間がかかります。 都会から離れて田舎の方へ行くと、水田で稲を育てているのが視界に入ります。 水田に水をはり、苗を植えて収穫するという一連の流れは簡単に想像できますが、細かい部分までは知らないことの方が多いです。 そして稲は水田でしか作れないから家庭で作るのは無理だと思うかもしれませんが、家庭でも作ることができます。 しかし家庭で作るには面積が足りないので大量には作ることができませんが、身近なものを使って簡単に栽培することができます。 稲を家庭での簡単な手作り方法で用意するものは、種または苗、土、化成肥料、栽培用のポットです。 種から育てる場合はまずは発芽させなければいけないので、バットのようなある程度の幅がありそこが深くない容器を用意します。 土は田んぼの土が一番いいのですが用意するのは難しいので、畑や土手の土やホームセンターなどで売っている赤玉土でも問題ありません。 栽培用のポットはある程度の深さがあり水の漏れないものがよく、バケツや発泡スチロールの容器、中栓があり水が漏れないようにできるプランターなどがあれば大丈夫です。

稲の作り方の手順

稲の作り方でまず行うのは、種から作る場合は発芽をさせなけばならないので発芽させることから行います。 バットなどに水を入れ、種を浸し暖かいところに置いて発芽するまで放置します。 この間は毎日水を変えます。 バケツやプランターなどに土を口ギリギリまで入れ、バケツやプランターを少し持ち上げ軽く落とします。 そうすると土が締り、何センチか余裕が生まれます。 水をひたひたに入れ、苗を植えますが密集させると生育が悪くなるため密集させないようにします。 水が不足しないよう常に水があるようにします。 七月上旬くらいになり暑くなってきたら、水を抜き中干しします。 土の表面が乾いて割れるまで乾燥したら、水を少しずつ足していきます。 一度に一気に水を加えずに2センチくらいの水量になったらなくなるまで待ち、また同じくらいの水を加え最終的には5センチくらいの水量を保つようにします。 5センチくらいの水を保つようになったら、肥料を加えます。 この時期に栄養不足や水不足、日照不足にならないように気をつけることが大事になります。 9月ごろになると穂が黄色く色づいて水もあまり必要でなくなるので、少しずつ水を切っていきます。 9月下旬ごろになると穂がほとんど黄色に色づくので、刈る時の目安になります。

稲の作り方のまとめ

4月の下旬あたりから種もみを水につけて保管していきます。種もみを表面積の大きなバットなどに入れ、水に浸けて暖かいところに置いておきます。毎日水を取り替えていると7日目くらいで芽が出てきます。環境などではもっと早く芽が出ることもあります。芽が出てきたらバケツの土の表面まで水を入れて7mmくらいの深さに種もみを植えていきます。間隔をあけて植えていきます。何日かすると葉が出てきます。葉が3枚ほど成長して15cmくらいに伸びたところで苗を移し替えていきます。苗を一度抜くときは土の中に手を入れて土ごと抜くようにします。苗だけを抜こうとすると根が切れてしまう可能性があります。苗を間隔をあけて植え付けていきます。バケツの水が干上がったりしないように注意しましょう。水の中にボウフラがわくこともあるのでボウフラを取り除くようにします。天候等に注意をしながら秋頃まで育てていきます。穂が実って黄金色になったのを目安に収穫をしていきます。刈り取った稲は物干しなどに吊るして干していきます。10日間ほど干すと良いです。もみを稲穂から取り、すり鉢や軟式野球のボールを使ってもみ殻をはがしていきます。もみ殻が剥がれたものが玄米となります。

y001-0566

酢豚のタレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢豚は中華料理の定番メニューの一つです。サラリーマンなどのランチなどでも人気が高く、お昼から少々ボリュームが在るおかずを...

y001-1415

おいしい梅ジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自家製のおいしい梅ジュースを毎年作る人が増えています。既製品のものは香料や甘味料が入っているものが多いですが、自家製のお...

y001-1227

スノードームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スノードームというと、雪を降らせたようなものが人気のせいか、冬やクリスマスなどのイメージがありますが、夏にあうスノードー...

y001-0804

夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体力が落ち、さらに夏バテを招くといった悪循環に陥りがちです。暑い日...

ベビーポンチョの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

真夏などの暑い季節になりますと、どうしても気になるのが紫外線ですよね。赤ちゃんも、大人と同様に、強い紫外線に当たってしま...

y001-0485

大根の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根の漬物を作る理由としては、簡単に作れて美味しいために、常備菜として便利なことが挙げられます。根の部分だけでなく、葉の...

y001-0767

甘茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

砂糖の1,000倍以上の甘さがありながら、カロリーゼロ。しかも、人工ではなく自然の甘みという驚きのお茶甘茶(あまちゃ)。...

y001-1317

クイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クイズを作る理由は様々あります。パーティーなどで場を盛り上げる為に、クイズを出題する場合もあります。その場合には景品など...

y001-1389

お茶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お茶というのは、日本人にとっては毎日の生活の中で欠かせないものとなっています。朝起きてから、食事の後に、そしておやつの時...

ポストイットアートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日の仕事や、生活の中であると便利に使えるのが、ポストイットです。そんなポストイットをアートにしてしまうという試みが、今...

y001-0437

徳川家康年表の簡単な...

徳川家康年表を作る理由や目的は様々です。大学受験生が日本...

y001-0694

桜の簡単な手作り方法...

樹木や花などの植物の中でも国内では古くから人気の高いもの...

y001-1036

パペットの作り方!簡...

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、...

y001-0559

水引の簡単な手作り方...

「水引」は、お祝いごとやお悔やみごとの際に用いられる飾り...